比較・ランキング

【ホンダ・フィット】VS【スズキ・スイフト】ではどっちがいいか?

【ホンダ・フィット】と【スズキ・スイフト】は共に国内のハッチバックタイプの人気車種です。

いよいよ購入という時は、どちらにするか迷う方も多いと思います。

そこで今回は、ぜひクルマ選びの参考にして頂きたい大切なポイント3点を

比較してみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【ホンダ・フィット】VS【スズキ・スイフト】価格はどっち

引用:honda.co.jp

引用:suzuki.co.jp

共に静岡県浜松市で起業し、オートバイの製造からスタートしたホンダとスズキですが、

現在ではコンセプトの全く異なる車作りをしています。

様々な世代から幅広く支持されるホンダフィットと、

コアなファンから根強い支持を受け続けるスズキスイフト。

この2社が作る2車種は、同じコンパクトカーでありながらユーザーカラーが全く異なります。

それだけに値段の比較はなかなか難しいのですが、今回はそれぞれの車種の中で

ユーザーが最も興味を持つと思われる車種について価格を比較してみましょう。

引用:honda.co.jp

ホンダフィット

HYBRID・L Honda SENSING               2,079,000 円

引用:honda.co.jp

引用:suzuki.co.jp

スズキスイフト

RSt 2WD 6AT                                 1,867,320円

 

フィットはハイブリット車、スイフトはガソリン車だから比較はどうか?

という声もあると思いますが、

そもそもフィットユーザーは快適な乗車と優れた実用性に、

そしてスイフトユーザーはヨーロッパ車に近い力強い走りに一番重きをおいているという点で、

今回はユーザーの最も興味を引く車の価格比較をしたいと思います。

 

フィットは人気モデルの特別仕様車より更にワンランク上の車種で、

安全装備の最高ランク「ASV ++」を獲得したホンダ自慢のHonda SENSINGを装備した

セーフティ・サポートカーに該当しています。

更に1.5Lハイブリットエンジンを搭載したエコで実用的な車です。

高級感のあるインテリアと豊富なカラーバリエーション、

そして何と言っても安全装備、性能の面でもかなり充実した内容になっているので、

200万円超えの価格は十分に納得できる価格と言えます。

 

続いてスズキスイフトは、スイフトシリーズの中で唯一3気筒のターボエンジンを搭載した

馬力のある力強い走りが売りで、しかも2017年度JNCAPの最高ランクをダブルで獲得した

衝突安全、予防安全機能をフル搭載しています。

この走りのために特化した仕様はハイブリット車も多種類あるスズキスイフトシリーズの中で、

最もスイフトらしい車、と言えます。

 

以上のように装備の点では2車種とも申し分ないのですが、

20万円近い価格の差はハイブリット車かガソリン車か

というところにあります。

この2車種に関しては価格で選ぶというよりも、それぞれの方のクルマに対して求める

コンセプトで選ぶ車、と言えます。

あなたならガソリン車とハイブリッド車どっちがいいでしょうか?

この点については後に説明する燃費についても含めて考えていったほうがいいと思います!

【ホンダ・フィット】VS【スズキ・スイフト】大きさは?

引用:honda.co.jp

続いては大きさの比較です。

ホンダフィット

全長4,005㎜

全幅1,695㎜

全高1,525㎜

引用:suzuki.co.jp

スズキスイフト

全長3,840㎜

全幅1,695㎜

全高1,500㎜

 

サイズ的にはホンダフィットの方が全長が少し長く、全高が僅かに高いだけでほぼ変わりません。

両車種共に、立体駐車場にスムーズに入るコンパクトカーならではの1,550㎜以下の全高と

狭い駐車場にも停めやすく、街中の路地など細い道も走りやすい小回りのきくサイズ感です。

 

外観には大きな差はありませんが、乗り心地に直結する室内環境についてはどうでしょうか。

 

ホンダフィットは、コンパクトカーを長きにわたって作り続けてきたホンダならではの

機能的でワイドな空間が特長です。

空間のムダを徹底して省き、燃料タンクを後席下から前席下に移動させる事で、

座った時の足元や頭上にゆとりが生まれ、運転者にも同乗者にも快適な乗り心地を提供します。

また多彩なシートアレンジも魅力です。前席のヘッドレストを外して後に倒せば、

大人が手足をゆったり伸ばして横になれる広々とした空間が生まれます。

長距離移動やアウトドアで少し横になりたい時などにも、これは嬉しい機能です。

引用:honda.co.jp

引用:suzuki.co.jp

更にリアシートのアレンジは荷室をフラットで大容量にすることができます。

開口部の床も低いから、重い荷物の出し入れもスムーズです。

アウトドア用品を積んだり、週末に大型店舗でまとめ買い、という時にも

収納にストレスを感じさせません。

コンパクトカーの見た目に反し、室内の広々とした開放感がフィットの強みです。

街乗りからアウトドアまで多彩に対応し、ご家族どなたもが快適に過ごせる室内環境は

ホンダフィットの大きな魅力といえます。

引用:honda.co.jp

走りを一番に重視するスズキスイフトは、車と運転者が一体となる空間作りを

実現しました。

短く低いボディーサイズでありながら、新プラットフォームの採用により

エンジンルームをできる限り小さくする事で、

窮屈感を感じやすい頭上や足元に十分なゆとりを持たせて

長時間運転をしてもずっと快適な室内空間を作りました。

引用:suzuki.co.jp

更に荷室にも工夫をし、6:4分割可倒式リアシートを倒せば

ゴルフバッグも余裕で入る大容量の荷室が生まれます。

また開口部の高さを715ミリにする事で荷物の出し入れもしやすくなっています。

走りにこだわるスイフトらしく、同乗者も運転者も快適なドライブが楽しめる

細部まで配慮した機能的な空間が魅力です。

また、実は公用車にも多く使われるスズキスイフトはその手堅い機能性もポイントです。

【ホンダ・フィット】VS【スズキ・スイフト】燃費はどっち?

引用:honda.co.jp

引用:suzuki.co.jp

最後は乗るほどに大切さを実感する事になる、燃費についての比較です。

 

ホンダフィット 34.0L/km

スズキフィット 20.0L/km

ハイブリット車とガソリン車の違いから、当然のことながら差が出ています。

 

ホンダフィットは走行状況に合わせて3つのモードに

自動的に切り替わるのが大きな特長です。

発進や市街地での走行には燃料消費を抑えた静かでエコな走りを、

高速走行にはエンジンのみを使い燃料を節約しながら軽快で楽しい走りを

加速や上り坂ではモーターとエンジンを両方使った低燃費で力強い走り、と

低燃費でありながら街乗りにも遠出にも対応する軽快かつ実用的な走りを実現します。

 

スズキスイフトはガソリン車ではありますが、

堅牢なボディでありながら軽量な上、燃費を補う3気筒ターボエンジンを搭載することで

小さな排気量で燃費を抑える、ヨーロッパ車に近い馬力のある強力な走りが楽しめます。

長距離走行も得意で、走るのが大好きな走りにこだわる人を喜ばせるスポーティーな

走りを実現します。一度スイフトに乗ると同じ車種を乗り続ける方が多いのも、

この個性的な走りの魅力が理由と言えます。

 

2017年にフルモデルチェンジをしたスズキスイフトと

2019年にフルモデルチェンジを予定しているホンダフィットは

今の段階でも比較が面白く、また今後の展開が楽しみな2車種でもあります。

それぞれにユーザーの期待を裏切らない機能を搭載したホンダフィットと

スズキスイフト、どちらも特長のある魅力的な車です。

今回は価格、大きさ、燃費という大きなカテゴリで比較していきましたが

その他にも比較要素はあると思います。

あなたがこの記事を見てベストなクルマ選びのご参考になれば嬉しいです。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ