フィット

【ホンダ・フィット】後部座席や荷室の容量は?車中泊はできるの!?

「室内空間の広さ」をホンダフィットの優れた特性の一つして評価するユーザーは非常に多いようです。

「コンパクトなボディーに広い空間」このコンセプトは初代ホンダフィットから代々受け継がれ、3代目となった今、更に磨きがかかったように感じられます。

「クラストップレベル広さが生み出す、圧倒的な開放感」

乗車する人の全てが新型ホンダフィットの、このキャッチフレーズを体感できるものと思われます。

しかしながら、室内空間全体としては解放感を感じるホンダフィットですが、その構成する各部(運転席・助手席・後部座席・荷室等)を個々に検証した場合、各部全てにおいても同様の評価を得ることができるのでしょうか?

ここでは「後部座席」と「荷室」に着目して実際どれくらいの容量をもち、またその空間は車中泊を可能とするのか?を検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダフィットの後部座席の広さは?

引用:https://kakakumag.com/

ホンダフィットの「室内空間」の広さについては、かねてから定評があり誰もが認めるところではありますが、「後部座席」だけに限定した場合のその広さはどのように評価されるのでしょうか?

各メーカーを代表するコンパクトカーの室内空間について、その数値を確認しながら比較してみたいと思いますが、残念ながら「後部座席の空間」だけを測定した数値はどこにも表示されていません。

おそらく運転席、助手席ともに前後に稼動すれば、当然後部座席の空間にも影響するため「後部座席」だけの広さはあまり意味を持たないのではないかと考えます。

したがいまして、後部座席の広さも室内空間全体の広さに比例すると仮定したうえで、数値的な比較検証をしてみたいと思います。

室内空間サイズ比較

引用:https://response.jp/

ホンダフィット        室内長 1,935mm   /  室内幅  1,450mm   /  室内高  1,280mm

トヨタアクア       室内長 2,015mm   /  室内幅  1,395mm   /  室内高  1,175mm

ニッサンノート      室内長 2,065mm   /  室内幅  1,390mm   /  室内高  1,255mm

マツダデミオ       室内長 1,805mm   /  室内幅  1,445mm   /  室内高  1,210mm

スズキスイフト      室内長 1,910mm   /  室内幅  1,425mm   /  室内高  1,225mm

引用:http://hf-nebiki.com/

室内サイズを比較すると「室内長」ではトヨタアクア・ニッサンノートに劣りますが、反面、室内幅・室内高が大きく、運転席及び助手席のポジションに影響されない空間の大きさは「後部座席」を大きく感じさせる要因であると考えられます。

実際に乗車すれば、普通の大人が3人乗っても窮屈さを感じさせない広さでであることがわかります。

後部座席の広さは数値的にも実証されましたが、この室内空間を生み出している技術について触れたいと思います。

センタータンクレイアウトの採用

引用:https://www.honda.co.jp/

一般的に後部座席、荷台、トランク等の下に配置する燃料タンクを前席の下に移動する技術を「センタータンクレイアウト」と称しますが、ホンダフィットにはまさにこの技術が採用されています。

燃料タンクが前に移動した事により、特に後部座席の床面から天井までの高さが増して、より開放的な空間を作り出す事に成功しています。

後部座席を倒せば荷台がフラットになるのもこの技術による効果のひとつではありますが、その他多彩なシートアレンジにも機能していると言えます。

以上、ホンダフィットの後部座席はコンパクトカーの中でもトップクラスの広さを誇りますが、技術的な側面を見れば、さらに快適な居住空間を作りだそうとするメーカーの意気込が感じとれるのではないでしょうか?

ホンダフィットの荷室容量はどのくらいなの?

引用:http://jpy1979.blog103.fc2.com/

「人」が乗る居住空間の広さには定評があるホンダフィットですが、「物」をのせる「荷室」の容量はどれぐらいでしょうか?

これも他のコンパクトカーと比較しながら確認したいと思います。

ホンダフィット   荷室長 約670mm~最大約1,480mm /  荷室幅 約1,050mm 室内高 約890mm

トヨタアクア    荷室長 約700mm~最大約  900mm  /  荷室幅 約1,000mm  /  室内高 約820mm

ニッサンノート   荷室長 約670mm~最大約1,240mm /  荷室幅 約1,020mm  /  室内高 約850mm

マツダデミオ    荷室長 約640mm~最大約1,380mm /  荷室幅 約1,020mm  /  室内高 約860mm

スズキスイフト     荷室長 約675mm~最大約1,390mm /  荷室幅 約   985mm  /  室内高 約865mm

引用:https://www.honda.co.jp/

後部座席を起こした通常の状態におけるホンダフィットの荷室長は670mmであり他のコンパクトカーと比較して大きいとは言えません。

また荷室高と荷室幅は他のコンパクトカーと比較してわずかに大きいようですが、総じて通常時の荷室は決して大きいとは言えないようです。

しかしホンダフィットの荷室は、後部座席前にを倒した時、荷室長が1,480mmまで拡張され、センタータンクレイアウトにより床がフラットになる為、比較的背の高い荷物も奥まで容易に収納できるようになります。

このように他のコンパトカーの追随を許さない大容量荷室スペースを作り出す事ができます。

引用:https://www.honda.co.jp/

またホンダフィットのリアゲートは間口は大きく、比較的背が高くて大きな荷物でも容易に積み込みできるように設計されています。

荷室の空間をさらに有効活用できる構造を兼ね備えている点にも注目したいと思います。

「人」だけではなく「物」を乗せる事も視野に入れたホンダフィットの室内空間作りに、コンパクトカーの更なる進化と可能性を見つける事ができるのではないでしょうか?

ホンダフィットでの車中泊は可能か?

引用:https://www.honda.co.jp/

さてこれまで、ホンダフィットを移動手段としてみた場合の「後部座席」及び「荷室」について、その広さがどうであるかを検証してきましたが、室内で寝泊りする事を想定した場合はどうでしょうか?

まず、ホンダフィットで車中泊をするのであれば次の方法になると思います。

1. 運転席あるいは助手席のシート精一杯後ろに引いて、後方にシートを倒して横になる。

2. 後部座席にそのまま横たわる。

3. 後部座席を前に倒して荷室を広げてその上に横たわる。

引用:https://matome.response.jp/

恥ずかしながら、宿泊費節約と称して初代ホンダフィットで全て試したことがあります。

個人的な経験則によれば、

上記1については、比較的脚はまっすぐ伸ばせるもののシート幅が狭いため寝返りがうてない。シートがフラットにならない為頭の位置が固定されず不安定。

上記2については、体は水平にはなりますが幅が狭いため、足をくの字に折り曲げてあおむけに寝るか、横向きに寝ることを余儀なくされる為非常に疲れる。

上記3.すこし傾斜があるものの、足をのばして横になることができ一番快適に車中泊ができる。

引用:https://ecoeco-taizen.com/

コンパクトカーの中でも広い室内空間を誇るホンダフィットではありますが、車中泊をするには上記1・2はかなり厳しいものがあります。

快適な車中泊を求めるのであれば、広い荷室を利用するのが一番の選択肢ではないでしょうか?

初代ホンダフィットは後部座席を前に倒しても床面がフラットにはなりませんでしたが、センタータンクレイアウトを採用した現行ホンダフィットは完全フラットを実現できるようになりました。

前方に倒した後部座席の背面が床面に変わり、更に前座席を前方に移動した際に生まれる空間を加えれば身長180cmの大人が足を伸ばしても横になれる荷室サイズになります。

一人で車中泊をするには十分な広さであると言えます。

「乗る」「運ぶ」「泊まる」すべてを満足させるコンパクトカー、ホンダフィットの「空間造り」に今後とも注目していきたい思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ