比較・ランキング

フォレスターとレネゲードを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

個性派のSUVとして根強い人気のあるスバルフォレスタージープレネゲードですが比較してどうなのか気になる方も多いと思います。

今回はフォレスターレネゲードの大きさや乗り心地、燃費など維持費について検証していきたいと思います。

フォレスターとレネゲードの乗り心地や大きさはどっち?

フォレスターとレネゲードの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

スバルフォレスターの大きさを調べてみました。

全長4625mm

全幅1815mm

全高1730mm

ホイールベース2670mm

室内長2110mm

室内幅1545mm

室内高1270mm

ジープレネゲード

全長4255mm

全幅1805mm

全高1695mm

ホイールベース2570mm

フォレスターとレネゲードの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

フォレスターはレネゲードと比較して370mm長く10mm広く35mm高くなっています。

ホイールベースは100mm長くなっていて、レネゲードの室内寸法は提示されていませんがフォレスターの室内長が2110mmということを参考にするとやや短いものの充分は広さは確保されていることがわかります。

エクステリアデザインから受ける印象は同じSUVのジャンルに属してはいますがフォレスターは都会的でレネゲードはより本格SUVに写ります。

フォレスターはモノコックシャシーですからランクルやジムニーの様なラダーフレームのタフな4WDではなくシティトレイラーの括りに入ってきます。

スバルのAWDを装備していますからハードなオフロードでなければ走破性は折り紙付きで2.5Lの排気量と1.5Lのそれほど重量級ではない車体から動力性能も軽快になっています。

レネゲードはフォレスター同様にモノコックシャシーの都会派SUVになっていて、実はその本格的なクロカン4WDの印象からは少し離れてしまう形になりますがAWDの設定はなくなり、FFのみとなります。

フォレスターとレネゲードの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

エンジンは1.4Lガソリンターボの一種類で動力性能に不足はなく、街中から高速までストレスない走りを提供してくれます。

インテリアは上質な本革シートにグリップも備え付けられているオフロード感タップリのインパネは雰囲気は抜群で日常からレジャーまで快適に過ごせるスペースとなっています。

そういった理由でSUVでも性格はかなり異なり、フォレスターは日常から軽いオフロード走行まで、レネゲードは主に4WDのスタイルを味わいながら都会で楽しむクルマという事になります。

価格帯はフォレスターが280〜310万円でレネゲードが355万円のモノグレードですから本質を選ぶか感覚を選ぶかという選択になりそうです。

フォレスターとレネゲードの維持費はどっち?

フォレスターとレネゲードの維持費はどっち?

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

ここまではスバルフォレスターとジープレネゲードの大きさや乗り心地の比較をお知らせさせて頂きました。

ここからはフォレスターとレネゲードの税金などの維持費について検証していきたいと思います。

クルマを維持するには様々な税金を納めなくてはなりません。

自動車税は購入時には月割りで納付し、翌年度からは5月までに納付します。

重量税は購入時に3年分納付し、次回からは車検ごとに2年分納付します。

自動車所得税は購入時に納付します。

フォレスターとレネゲードの維持費はどっち?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

スバルフォレスターの税金関連はどのようになっているのでしょうか。

自動車税は2.5Lガソリンはグリーン化税制の対象になっていませんので購入翌年度に45,000円を納付します。

2.0Lハイブリッドはグリーン化税制の対象になっていますから購入翌年度に20,000円を納付します。

重量税は2.5Lガソリンはエコカー減税の対象になっていませんので購入時3年分で30,000円を納付します。

2.0Lハイブリッドはエコカー減税の対象になっていますから購入時3年分で15,000を納付します。

車検は格安車検で75,000円程度てエコカー対象車は65,000円程の予算が考えられます。

ディーラー車検では100,000〜150,000円程の予算を用意しておくと良いでしょう。

フォレスターのタイヤサイズは225/50R18オールシーズンタイヤですので交換時には4本で70,000円程度の予算が必要です。

サマータイヤ仕様は225/60R17ですから4本で60,000円程度の予算を考えておくと良いでしょう。

ジープレネゲードの税金関連はどのようになっているのでしょう。

フォレスターとレネゲードの維持費はどっち?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

自動車税はグリーン化税制の対象になっていませんので購入翌年度に34,500円を納付します。

重量税はエコカー減税の対象になっていませんので購入時3年分で22,500円を納付します。

車検費用は格安車検では輸入車は追加費用が必要ですから85,000円程の予算が必要です。

ディーラー車検では150,000円程の予算を用意しておくと良いでしょう。

輸入車の場合には消耗品であるオイルやバッテリー、ワイパーブレードなどは積極的に交換を推奨しますからその分の費用は予算に考えておくことが必要です。

レネゲードのタイヤサイズは215/60R17オールシーズンタイヤですので60,000円程度の予算を用意しておくと良いでしょう。

フォレスターとレネゲードの燃費はどっち?

フォレスターとレネゲードの燃費はどっち?

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

ここまではスバルフォレスターとジープレネゲードの大きさや乗り心地、税金などの維持費についてお知らせさせて頂きました。

ここからはフォレスターとレネゲードの燃費について比較検証してみたいと思います。

スバルフォレスターのカタログ値の燃費を調べてみました。

2.5Lガソリンのカタログ値の燃費はWLTC平均モード 13.2km/L、市街地モード9.6km/L、郊外モード14.6km/L、高速モード16.4km/Lとなっています。

2.0Lハイブリッドのカタログ値の燃費はWLTC平均モード で14.0km/L、市街地モード11.2km/L、郊外モード14.2km/L、高速モード16.0km/Lとなっています。

フォレスターとレネゲードの燃費はどっち?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

実燃費はどうなっているのでしょう。

2.5Lガソリンの実燃費は10.5km/Lとなっています。

同様に2.0Lハイブリッドの実燃費は12.1km/Lとなっています。

年間走行距離を1万キロとした場合の1ヶ月あたりの燃料費を調べてみました。

2.5Lガソリンの実燃費は10.5km/Lですから10,000÷10.5=952×130レギュラー=123,760÷12=10,313円という結果になりました。

同様に2.0Lハイブリッドの実燃費は12.1km/Lですから10,000÷12.1=826×130=107,380÷12=8,948円という結果になりました。

フォレスターとレネゲードの燃費はどっち?

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

ジープレネゲードのカタログ値の燃費を調べてみました。

1.4Lガソリンターボの燃費はWLTC平均モードで13.5km/L、市街地モード9.7km/L、郊外モード14.0km/L、高速モード15.8km/Lとなっています。

フォレスターとレネゲードの燃費はどっち?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

レネゲードの実燃費はどうなっているのでしょう。

1.4Lガソリンターボの実燃費は12.3km/Lとなっています。

年間走行距離を1万キロとした場合の1ヶ月あたりの燃料費を調べてみました。

1.4Lガソリンターボの実燃費は12.3km/Lですから10,000÷12.3=813×150ハイオク=121,950÷12=10,162という結果になりました。

クルマの比較は単純な数値だけでは計り知れない物があります。

価格帯は少し上になりますがジープレネゲードの雰囲気は他には変えがたいものがあり、その形が好きならば迷わず所有すると良いでしょう。

フォレスターはその個性的なメカニズムに魅力を感じられるファンが多いですから長く乗り続けられる良いクルマだと思います。

比較してみた結果、都会にすんでいるなら個性的なレネゲードをおススメしたいですね。

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!