比較・ランキング

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】はどっち?

スバル三菱といえば永遠のライバルといえましょう。

ルパン三世と銭形刑事、アムロ・レイとシャア・アズナブル、源氏と平氏、武田信玄と上杉謙信。。

世の中には好敵手というものが常に存在しており、存在し合うから進化し続けるというものです。

これは過去の車種別ではレガシィとレグナム、ランサーエボリューションとインプレッサ、そして新たなSUVの世界ではフォレスターアウトランダー

今も尚、戦いは繰り広げられているのです。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】価格はどっち?

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】価格はどっち?引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/outlander/whichone-1382159/0002.html

この新たなSUVという現代の土俵で切磋琢磨し合うアウトランダーとフォレスターの価格から比較してみましょう。

スバルフォレスター

・2,808,000円〜3,024,000円 (税込)

※ Advance e-Boxer

・3,099,600円(税込)

三菱アウトランダー

・2,668,680円〜3,356,100円(税込)

※アウトランダーPHEV

・3,939,840円〜5,090,040円(税込)

さて、まずはスバルフォレスターはエントリーモデルが280万からスタートに対して三菱アウトランダーは266万からエントリーできます。

入りやすさではどっちかと言うと三菱アウトランダーに軍配が上がります。

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】価格はどっち?引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

何と言ってもカラバリエーションが7色もあり、そしてタウンユースする方には2WDという駆動方式が選べる点はいいクルマです。

これが、価格を安く設定できる三菱アウトランダーの長所と言えましょう!

また、4WDモデルも電子制御4WDなのでボタン一つでドライブモードが3パターン選ぶことができるのです。

燃費に優れた4WD ECOモード・様々な路面状況に適応する4WD AUTO・悪路などで走破性を発揮する4WD LOCK

SUVの初心者から、玄人まで幅広いユーザーに応えるクルマがこの三菱アウトランダーと言えましょう。

一方、スバルフォレスターはと言うと硬派な印象を与えるSUVと言えます。

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】価格はどっち?引用:https://www.subaru.ca

価格の幅が狭いその所以は、全車駆動方式がフルタイム4WDであるシンメトリカルAWDの採用に全てが統一されております。

そして、この4WDの走り方をどうチョイスするかのモードが備えられているのみでとてもシンプルなのです。

常に4WDでどう走るかだけなので余計なことは考えないあたりが硬派と言えましょう。

さて、※印の車種はどっちの車種もハイブリッドと、プラグインハイブリッドです。

この2車種は比べられないので比較からは外していますがスバルフォレスターのe-Boxerは309万円から始まるのに対して

三菱アウトランダーPHEVは393万から!最上級グレードは509万と高級車に仲間入りです。

技術的にも全く違うので価格等で比較はできませんが、、

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】大きさは?

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】大きさは?引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/outlander/whichone-1382159/photo/0003.html

さぁ、それでは居住性が高まっている昨今のSUV2車種はどっちが大きさと使い勝手が良いかエクステリアから比較してみましょう!

スバルフォレスターの外寸

  • 全長:4,595mm
  • 全幅:1,795mm
  • 全高:1,695mm
  • ホイールベース:2,640mm
  • 最低地上高:220mm
  • 車両重量:1,440-1,590kg
  • 最小回転半径:5.4m

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】大きさは?引用:https://www.subaru.ca

三菱アウトランダーの外寸

  • 全長:4,695mm
  • 全幅:1,810mm
  • 全高:1,710mm
  • ホイールベース:2,670mm
  • 最低地上高:190mm
  • 車両重量:1,490-1,570kg
  • 最小回転半径:5.3m

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】大きさは?引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

並べてみると、全体的に三菱アウトランダーが一回り大きい印象です。

それでいて、車重は同じか車種によっては軽いモデルがあるのがポイントと言えましょう。

そして、大きいと言いながらも最小回転半径はより小さく回れるようです!そこまで大きな差ではないものの比較的大きいSUVとしては重宝します!

これはタウンユースをより進めていることから数字に表れてきたものでしょう。

比べてスバルフォレスターは、ここでも武骨な一面が見える印象です。

どっちを選ぶにしても、好敵手とは言え対象的な2車種と言えるかもしれません。

それでは、インテリアの内寸を比較してみましょう!

スバルフォレスターの内寸

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】大きさは?引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

  • 室内長:2,110mm
  • 室内幅:1,545mm
  • 室内高:1,270mm
  • 乗車定員:5

三菱アウトランダーの内寸

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】大きさは?引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/interior/

  • 室内長:2,580mm
  • 室内幅:1,495mm
  • 室内高:1,265mm
  • 乗車定員:7

ここでも、三菱アウトランダーが居住性が高まったと言えるかもしれません。

ただ、乗車定員はフォレスターが5人に対してアウトランダーは7人ということで大きくはなりがちです。

また、室内全体の大きさから一人当たりの占有スペースを算出してみるとフォレスターが814mmに対して、アウトランダーは697mmとなります。

いずれのクルマも定員数いっぱい乗ったとなるとフォレスターがより、ゆったり乗れるということになりそうです。

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】大きさは?引用:https://www.subaru.ca/

また、カーゴルームはいずれのクルマも500Lほど取れており、居住性はとても高いSUVと言えるでしょう。

フォレスターにはオールウェザーシートのオプションや、インテリアのオプションが多い傾向にある一方でアウトランダーはルーフキャリアのオプションの幅がとてもたくさん設定されています。

スキー、スノーボード、サイクルキャリア、サーフボード、ルーフネットと中だけでなく外にもいろんなものを載せてしまおう!という遊び心が感じられます。

この辺りからもより幅広いユーザーからSUVを選んでもらおうという意図が見えます。

各メーカーともに、趣向を凝らしている感じが比較するとよくわかります!あなたはどっち?

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】燃費はどっち?

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】燃費はどっち?引用:http://news.livedoor.com/article/image_detail/15339451/?img_id=18832804

経済性や、環境性が必須項目と言える昨今では燃費性能というのは現代のクルマにとっては外せないキーワードです。

この2車種、ここまで見てきてもどっちも甲乙つけがたいスペックといえます!

経済性としてはどうか比較してみましょう。

スバルフォレスターの燃費

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】燃費はどっち?引用:https://www.subaru.ca

  • JC08モード:14.6km / L
  • 実燃費:14-15km / L
  • 燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
  • 総排気量:2,498cc
  • 燃費達成レベル:平成27年度燃費基準+5%達成

三菱アウトランダーの燃費

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】燃費はどっち?引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/exterior/

  • JC08モード:14.6-16.0km / L
  • 実燃費:9.5-10km / L
  • 燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
  • 総排気量:2,359cc(4WD)1,998cc(2WD)
  • 燃費達成レベル:平成17年基準排出ガス75%低減レベル

JC08モードで見た両車種の燃費性能は大きくは変わらない傾向にあります。

ただ、昨今燃費の不正問題等々を受けてWLTCモードでの試験が、本年より義務付けられております。

このWLTCモードはより実燃費に近い数値が出るようになっており、市街地モード・郊外モード・高速道路モードの3種類を計測します。

しかしながらアウトランダーは、まだその対象ではないためにここで比較することができませんでした。

その代わり、実燃費で比較してみると大きく差が出ました。

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】燃費はどっち?引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

これは一般ユーザーのレビューを元にしておりますが概ねこの数値に収まります。

アウトランダーはカタログ値より乖離が見られて、かなり燃費の気になる車種と言えます。

SUVというカテゴリーはそもそも燃費性能はいいカテゴライズではありませんが、とは言えリッター5kmほど変わってくると大きいですね!

購入時の価格以上にランニングコストがかかってくるとなると、どっちを選ぶか考えてしまいますね。

燃費達成レベルではフォレスターが上回っており、今後のエコカー減税の対象幅など鑑みるとここはフォレスターに軍配が上がると言えます。

また、フォレスターのe-BoxerとアウトランダーPHEVとではどうか?

スバルフォレスターe-Boxerの燃費

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】燃費はどっち?引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

  • JC08モード:18.6km / L
  • WLTCモード:14.0km / L

三菱アウトランダーPHEVの燃費

【スバル・フォレスター】VS【三菱・アウトランダー】燃費はどっち?引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/index.html

  • JC08モード:18.6km / L
  • WLTCモード:16.4km / L

実燃費についてはフォレスターe-Boxerのデータがまだ出てきてないのでわかりません。

アウトランダーPHEVの実燃費についてはおおよそ24-25km / Lほどとのことです。

先行するプリウスPHEVなどと比較すると見劣りしますが、EVのみでの航続距離は40-50kmほどあるとのことで悪くはありません。

ただここでは、WLTCモードでカタログ値に載っており比較するとアウトランダーPHEVがより燃費が良いようです。

価格差が90万ほどあって、ランニングコストと天秤にかけるとどっちなのかよく検討したほうがよいでしょう。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ