フォレスター

【スバル・フォレスター】リセールや下取り価格は現在いくらなのか?

本格的ミドルサイズSUVとして人気のスバル 新型フォレスター

その悪路走破性や充実したユーティリティから、旧型を中心とした中古市場においても、

人気とタマ数の少なさから、非常に高止まりの価格状態が続いています。

そんな「値段の落ちない」フォレスターのリセールについて、検証していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スバルフォレスターはリセールバリューは高い?安い?

スバルフォレスターはリセールバリューは高い?安い?引用:https://www.carsensor.net/catalog/subaru/forester/F003/

スバル フォレスターの中古車市場の現状

冒頭でも述べましたが、先代(SJ型)フォレスターや3代目(SH型)フォレスターは、

長らく中古市場において価格の高止まり状態が続いていました。

これにつられる形で、下取および買取価格も高止まり状態となっていました。

実際の販売金額を、中古車市場価格について「価格.com」で調査してみました。(2018年9月現在)

スバルフォレスターはリセールバリューは高い?安い?引用:https://www.subaru.ca/

先代(SJ型)については、前期型(A~C型)において、販売から5年近くが経過しているにも関わらず、

販売価格帯におけるボリュームゾーンが200万円前後と、当時の新車価格と比較しても、あまり大幅な値落ちが見られません。

直近の販売モデルである先代(SJ型)の後期型(D~E型)については、ボリュームゾーンが200万円超となっており、驚くほどに値落ちが見られません。

さらに3代目(SH型)においても、販売から10年近く経過しているにもかかわらず、

現行型(SK型)発売後の現在においても70万円前後、最終型においては130万円前後の価格帯をキープしています。

これは日産 エクストレイルやマツダ CX-5には見られないほどの価格のキープ率であり、いかに中古市場においても人気があるかを示していますね。

中古市場に支えられたリセールバリュー

スバルフォレスターはリセールバリューは高い?安い?引用:https://www.subaru.ca/

こうして高値で再販できるクルマは、それだけ高く買い取られる傾向が強く、こういった状況を指して「リセール(バリュー)が良い」と言います。

反対に中古価格が比較的安いクルマは、どんなに高年式であっても、買取価格は低くなる傾向にあり、これを「リセール(バリュー)が悪い」と言います。

一般に中古市場で選ばれることが多いクルマは価格が高止まりするのですが、どうしてそのようなことが起こるかというと、

  • 新車が高い(値引きが少ない)
  • 納期が長い(中古車はすぐ納車できる)
  • 旧型のデザインが悪くない

といったことが、クルマにおいて旧型・中古が積極的に選ばれる理由として挙げられるためです。

スバルフォレスターはリセールバリューは高い?安い?引用:https://www.subaru.ca/

そうした現状から、下取されるクルマも高値で再販できると期待されるため、高値で買い取られます。

逆に、新車のうちに値引きが大きく、納期も早いようなクルマでは、新車購入のハードルが低いため、

「せっかくクルマを買うなら、中古じゃなくて新車にしておこう」という心理が働きやすく、中古が選ばれにくいです。

そうやって安い新車がたくさん売れると、中古市場の在庫も潤沢になり、同時に新車価格に対抗するために中古価格も安くなり、

そのクルマを下取・買取する側としては、あまり高値では再販できないと予測されるため、安く買い叩かれることとなります。

スバルは値引きが少ない!?

スバルフォレスターはリセールバリューは高い?安い?引用:https://www.subaru.ca/

スバルの新車販売店(=ディーラー)は、販売時の値引きが渋い傾向にあります。

また国内自動車メーカーとしては、工場が群を抜いて小規模であることから、納期もかなり長めだといいます。

「少しでも安く」というユーザーは中古市場に流れるわけですが、そこでまた高い中古市場価格という壁にぶち当たります。

中古車販売業者としては、そうやって中古市場に足が向き易かったり、

タマ数(=市場在庫)に限りがあり、強気の値段設定が可能なクルマであるため、非常に販売し易いクルマでもあるわけです。

そうすると下取・買取時には、再販による利益が十分に見込めるため「スバル フォレスターだから高く買い取ろう」となるのです。

スバル フォレスターは、買うときは高いが売るときも高いクルマ、ということですね。

つまり、スバル 新型フォレスターはリセールバリューが高いクルマ、と言えます。

スバルフォレスターは下取り価格はどのくらい?

スバルフォレスターは下取り価格はどのくらい?引用:http://kakaku.com/item/K0000286685/catalog/

「下取」とは?

クルマの売却に当たって「下取」「買取」があることはご存知の方は多いと思います。

では、その両者の違いは何か、知っていますか?

下取とは、車両の購入に当たって販売店(=ディーラー)が行う買取のことで、新車の注文書に「支払い方法」の内訳として表示されます。

原則として新車の納車日当日まで乗れて、なおかつユーザー側の瑕疵(事故や故障など)が無ければ、

納車日における査定相場が変わっていたとしても、その買取金額を保証するというケースがほとんどです。

スバルフォレスターは下取り価格はどのくらい?引用:https://www.subaru.ca/

デメリットとしては、買取業者による買取価格より低くなる場合が多い、ということです。

販売店による下取は、その後販売店の「中古車部」などに送られ、状態がよければそのまま再販されますが、

販売商品の基準が厳しい正規ディーラーなどは、その下取車の大部分が基準を満たさず、業者向けのオートオークションに出されることが多いです。

結果として下取車を再商品化して得る利益全体が少ない=高く買い取りできない、という構図で、

これが「ディーラーの下取が安い」と言われる原因となっています。

スバル フォレスターの下取相場

スバルフォレスターは下取り価格はどのくらい?引用:https://www.subaru.ca/

スバル フォレスターの下取価格を、下取・買取相場サイトの「ナビクル」で調査してみます。

 

参考にするのは2015年式の先代(SJ型)フォレスターの前期型です。

EyeSight(アイサイト) ver.2が標準装備化され、内装も質感が高められた「C型」と呼ばれるモデルです。

日産 エクストレイルの「エクストリーマーX」というオーテック特装車を意識したグレード「X-BREAK」が追加された最初のモデルでもあります。

最量販グレードである「2.0i-L EyeSight」を基準に、次のような条件を設定します。

  • 試用期間:35ヶ月(車検まであと1ヶ月)
  • 走行距離40,000km
  • 骨格部位の修復はないものとする

スバルフォレスターは下取り価格はどのくらい?引用:https://www.motortrend.ca/

この状態で、新車購入時に249万円であったスバル フォレスターの下取相場は、

  • 2018年9月:147.5万円(残存率59%)
  • 2018年7月:151.1万円(残存率61%)
  • 2018年5月:155.7万円(残存率63%)
  • 2018年3月:159.6万円(残存率64%)

と、ここ6ヶ月ほどは非常に安定して推移しています。

3年使用し車検残が少なく、標準よりも10,000kmほど多い過走行車という少し意地悪な設定にもかかわらず、

対新車価格で約60%もの残存率ですから、低くなりがちな下取査定においても非常にリセールの良いクルマであると分かります。

スバルフォレスターの買取価格はどのくらい?

スバルフォレスターの買取価格はどのくらい?引用:https://carvel.xyz/forester-anzen-soukou

「買取」が「下取」より高くなるワケ

先ほど、下取価格は買取業者による査定額より低くなるケースが多い、と述べました。

ではなぜ買取業者による査定額が、ディーラーの下取査定より高くなるのでしょうか。

正規ディーラーでは、再販にあたっての再商品化の基準が極めて高いため、なかなか中古車販売による利益を確保できない現実があります。

一方の買取業者は、そうした状態の良い車両の再販はもちろんのこと、正規ディーラーでは取り扱えない過走行車や年式の古いクルマ、改造車などを再商品化し販売する仕組みがあります。

また国内では価値の無いクルマでも、たとえば東南アジアを中心とする新興国等では、活発な日本車の中古市場において驚くほどの高値で取引されていることがあり、

そうした海外への輸出、販売といったネットワークを持っているのも買取業者の強みです。

そうした中古車を再販することによる収益化の構造がしっかりしているため、たとえ正規ディーラーでは買取が厳しかったクルマであっても、高値で買い取ることができるのです。

スバルフォレスターの買取価格はどのくらい?引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

スバル フォレスターの買取相場

スバル フォレスターの買取価格を、下取・買取相場サイトの「ナビクル」で調査してみます。

 

先ほど下取相場を調査したフォレスターの買取価格は、次のようになっています。

  • 2018年9月:152.2万円(残存率61%)
  • 2018年7月:155.8万円(残存率63%)
  • 2018年5月:160.4万円(残存率64%)
  • 2018年3月:164.3万円(残存率66%)

こちらも下取相場と同様ここ半年ほどは非常に安定した相場感ですが、全体を通して約5万円ほど高く買い取られています。

スバルフォレスターの買取価格はどのくらい?引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

ただしこのあたりの年式・走行距離は、正規ディーラーで十分再販される程度のものですので、

より走行距離が伸びていたり、また年式が古かったりするクルマにおいては、さらに差が広がるものと思われます。

そうであったとしても、やはり買取のほうが査定額が高い現実がありますので、

あなたがフォレスターを乗り換える際には、ディーラーによる下取査定だけでなく、買取業者による買取査定も行ってみることをオススメします。

 

アイキャッチ画像引用:https://carnews.jp/articles/4ykXR

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ