フォレスター

【スバル・フォレスター】安全性はどう?自動ブレーキはいいのか!?

スバルの世界戦略車となったフォレスター

アメリカでは特に評判となっていますが実際のところどうなのか。

おおよそ6年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたフォレスター

安全性、横滑り防止機能について説明していきます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スバルフォレスターは運転しやすい?しにくい?

スバルフォレスターは運転しやすい?しにくい?引用:https://clicccar.com/2018/07/15/608898/

スバルの車は走りの気持ち良さ、乗員全ての快適性、衝突安全性能といった「人を中心としたクルマづくり」がテーマです。

かつてはラリーで荒野を駆るイメージが先行しがちですがこれは昔の話。ここからのフィードバックが

今のスバルのクルマづくりに、そしてフォレスターにも確実に生かされております。

フォレスターといば、スバル車を代表するクルマであり現在はスバルの世界販売で最も売り上げているいるクルマです。

背景にSUVブームがあるということは、言うまでもありませんがスバルが最も力を入れて開発しているクルマであることも事実です。

スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)を用いて開発されたクルマであり、これが高剛性化と低重心化、そして衝突安全性能の向上に一躍をかっています。

今回のフォレスターは2.5L N/Aの設定とeBOXERという2Lのハイブリッドの2パターンが設定されています。

スバルフォレスターは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.motortrend.ca/

前者のエンジンは先代の2Lターボから大人の進化を遂げたエンジンと言えます。

かつてのフォレスターといば暴力的な加速を見せるSUVということで、人気を博しました。

2Lターボを振り回して楽しむということで言えば、聞こえはいいですが運転しやすいクルマかと言うと

そうではありません。

現行車に於いては184PS/24.4kgf.mと大人のSUVを演出しており運転しやすいクルマに仕上がっています。

大排気量化した分だけアクセルを踏み込んだ際のなめらかな出だしや、

加速の余裕がやはりN/Aエンジンの魅力でしょう。

スバルフォレスターは運転しやすい?しにくい?引用:https://gqjapan.jp/car/review/20180818/subaru-forester-fujino

後者のeBOXERはスバルのハイブリッドシステムの総称です。

モーターのみで13.6PSを発生しエンジンのパワーを補っています。

走行性というよりは、ストップ&ゴーや低速時などはモーターのみで走行し

高速走行時はエンジンパワーのみでの走行します。

アシストに徹する高効率なハイブリッドシステムを採用していることが、運転のしやすさを

損なわないスバルのクルマづくりの真骨頂だと言えます。

スバルフォレスターは運転しやすい?しにくい?引用:https://e-nenpi.com/article/detail/311881

また、今回eBOXERに設定されている制御機能はとても多彩です。

「SI-DRIVE」のスポーツモードを選択すると踏み込んだ瞬間から

力強い加速を発揮しレーシーな走りをみせます!

「ECOクルーズコントロール」を選択するとモーターのアシストと回生ブレーキを最大限に発揮し

燃費重視の走りをみせます。

「X-MODE」ではSUVならではの走破性をみせます。

モーターのトルクフルなところを感じレスポンスの良さを生かして悪路の脱出性や安心感を

得ることができます。

スバルフォレスターの安全はどうなのか?自動ブレーキの効きは良いの?

スバルフォレスターは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/

スバルの「人を中心としたクルマづくり」を行う原点には前身である航空機メーカーとしての考え方があります。

航空機はわずかな判断ミスや、操作ミスが大惨事に直結することは言うまでもありません。

直感的に全てドライバーが把握できて操作できる安全性の高いクルマであること。

また、これは世界ラリー選手権でのフィードバックも大いにあり崖から落下しても人を守るようなクルマを

造ってきたことも大きなポイントでしょう。

スバルフォレスターは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.subaru.ca/

この開発思想が現行のフォレスターにも生かされていることが、安全性に直結しているということです。

スバルには根底に「0次安全」という考え方があります。そもそも事故を起こしにくいクルマを造る

ということが前提にあります。

これは視界を可能な限り遮らないようにデザインされたピラーやインターフェースです。

メーターと同じ高さに配置されたナビ画面は大きく視界を動かさなくてもいい位置に配置。

目で見なくても操作できるようにデザインされた空調やオーディオのスイッチは手の届きやすい位置に

配置されています。

スバルフォレスターは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

今回大きな安全性のトピックスといばドライバーモニタリングシステムがフォレスターで

初搭載されたことでしょう。

簡単に言うとアイサイトのドライバー版と言えましょうか。

ドライバーが一定時間以上目を閉じたり、大きく視線をはずした際に注意喚起をする機能です。

ドライバーに眠気や不注意を察知すると警報音を鳴らして運転をサポートする仕組みです。

この機能にはおもてなし機能というものもあり、シートポジション、エアコン設定、平均燃費などの

表示も行えるという機能で、最大5人まで設定が可能です。

スバルフォレスターは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

そしてスバルといえば水平対向エンジンと、先進の安全性を兼ね備えた「アイサイト」ではないでしょうか。

これはフォレスターの全車種に標準設定されています。

今回の「アイサイト」前方の2カ所に配置された「ステレオカメラ」による認識によって目で見て考えて判断するという

人と同じの基本的なメカニズムです。

広い視野角と視認距離、カラー画像での認識によりブレーキランプの点灯や白線などの把握も可能です。

ここで危険を察知した際の自動ブレーキ・後方警戒システムなどがドライバーの運転をアシストします。

また、セイフティプラスではハイビームの照射範囲をコントロールするなど安全性がより高められています。

これは国土交通省が定めるセーフティーサポートカーの「サポカーSワイド」という最高水準の安全性に

ランクしております。

スバルフォレスターの横滑り防止機能の性能はいかに!?

スバルフォレスターの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://www.chibasubaru.com/news/20180721_01/

フォレスターにはアイサイトの自動ブレーキ機能以外にも走行安全性を高めるべく

横滑り防止機能が備わっています。

VDC(ビークルダイナミックコントロール)といった自動ブレーキを備えています。

これはクルマがコントロールを失う限界付近で、アンダーステア(カーブを曲がる際に

大きく膨らんでしまうこと)やオーバーステア(カーブを曲がる際に内側に巻き込んで

しまうこと)に陥る前に各センサーが瞬時に状況を察知してエンジンの回転数や

4輪ともブレーキが別々のブレーキングを掛けることによってコントロールを保ち

急な危険回避を行います。

これはABS(アンチロックブレーキシステム)と連動して機能を果たしており、

悪路や特に雪道などで大きく機能が発揮してSUV特有の走行性を提供します。

スバルフォレスターの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://www.chibasubaru.com/news/20180721_01/

また、この危険回避の先進機能として「アクティブ・トルク・ベクタリング」という

旋回性を高める要素が盛り込まれております。

これはVDCが内側のブレーキを掛けるのと相対的に、外側の駆動力を大きくして

旋回性能を高めます。

三菱自動車で備えているAYC(アクティブヨーコントロール)などと似たシステムで

スバルでは「アクティブ・トルク・ベクタリング」と呼んでおり自動ブレーキのひとつです。

このVDC、アクティブ・トルク・ベクタリング、ABSは必要性をクルマが認識した際に

初めて作動するシステムです。

滑り始めて、「ちょっとヤバいかな?」となって制御することになります。

そもそも、スピード超過した状況で横滑りした際に制御してくれるかというと、

そういうわけではありません。

過信することなく安全な運転をして尚、保険という認識でいるべきでしょう。

スバルフォレスターの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

そして何よりもスバルのクルマの一番の横滑りしにくい安定性は左右対称に造られた

「水平対向エンジン」がもたらすバランスの良さと、このエンジンが低位置に

配置されたことによる低重心化が図られているということでしょう。

そもそもSUV車というのはクルマの車高が高いことにより不安定になりがちです。

いくら先進のブレーキシステムを積んでいてもクルマ自身がそもそもアンバランスで、

一番の重量物であるエンジンが高位置にマウントされていると話は違います。

スバルフォレスターの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://www.subaru.ca/

いま、SUVブームであらゆるメーカーが凌ぎを削ってリリースする中でポルシェや

フェラーリまでもがラインナップに揃えています。

スバルのフォレスターはこのSUVの中でも、圧倒的に低重心で造られています。

ここが一番の横滑り対策をする上でのアドバンテージです。

ここを念頭に、安全運転を心がけて尚且つバランスに優れたフォレスターを

チョイスするという選択をされてはいかがでしょうか。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ