フリード

【ホンダ・フリード】アクセサリーおすすめ!電源やソケットは?

お気に入りのホンダフリードで出かける際、

ドライブ中も、なるべく快適にすごしたいものです。

ホンダフリードは標準搭載のアクセサリーも充実していますが

アクセサリーをより活用して、

より便利で快適な車内空間にすることができます!

ホンダフリードのアクセサリー電源はこれ

ホンダフリードのアクセサリー電源はこれ引用:https://www.automesseweb.jp/2016/09/16/10736/_d3b4861

走行中の様子を記録してくれるドライブレコーダーや

映像や音声を楽しむためのAV機器、

車外や車内をライトアップする照明機器、

防犯機能を果たしてくれるアラーム類など

たくさんの自動車用アクセサリーが販売されています。

これら便利な電装品を使うには、電源が必要ですが、

車のアクセサリー電源(ACC電源)を使用します。

ホンダフリードのアクセサリー電源はこれ引用:https://www.automesseweb.jp/2016/09/16/10736/_d3b4861

アクセサリー電源は、キーを1段階回したり、

プッシュボタンを軽く押すと発動する場合が主です。

エンジンがかかっていない状態でも、アクセサリー電源に

接続されている電装品は使うことができます。

当然、長時間使い続けることで、バッテリーを圧迫し、

エンジンがかからなくなってしまいますが、

ちょっとした操作なら、エンジンをかけずに

行うことができます。

ホンダフリードのアクセサリー電源はこれ引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/design/

ドライブレコーダーや各種のAV機器など、

標準搭載ではない、後付けで追加するタイプの電装品は、

ほとんどがアクセサリー電源を使用します。

アクセサリー電源は、車内のいろいろなところから

取ることができますが、ヒューズボックスから

とる例が一般的といえるでしょう。

 

電源のつなぎ方は、ヒューズボックスにある多数のカプラーに

割り当てられている色と、電装品のコネクターの色を合わせると

接続されることがほとんどです。

電装品メーカーが、車種や型式に応じた接続マニュアルを

つくっている例も多いので、特別な知識がなくても

簡単にとりつけられるものもあります。

ホンダフリードのアクセサリー電源はこれ

引用:https://instagrammernews.com/detail/1370855212767655871

ヒューズボックスは前列のダッシュボードの下部分、

シガーソケットなどが取り付けられている裏側に設置されている

ことが多く、業者などに依頼するだけでなく、自分で

取り出すことも可能です。

その際、パネル類やナビなどに傷がつかないよう、

マスキングテープなどで十分に保護しておくとよいでしょう。

【ホンダフリードのアクセサリー電源をCheck!】

ホンダフリードのヒューズボックスは、

ハンドルの右下部分に格納されていることが多いようです。

型式などで、必ず確認してから作業を行ってください。

また、配線が見えないように、フロントピラーなどを一旦外して

中を通すことも多くあります。

その際も、必ずカバーの外し方を事前に確認して、

進めましょう。

ホンダフリードのアクセサリー電源はこれ引用:https://www.diylabo.jp/basic/basic-02-1.html

後席に大型のスピーカーを積んだり、

モニターを追加するときなどは、

フロントのヒューズボックスからではなく、

車内の配線からアクセサリー電源をとることもあります。

事前に十分に調べて作業をすれば、素人でも

取り付けられますが、複雑な作業になることも

多いので、予算が許すなら専門業者に頼んでみても良いでしょう。

ホンダフリードのアクセサリーソケットはこれ

ホンダフリードのアクセサリーソケットはこれ引用:https://clicccar.com/2016/11/30/421609/

アクセサリーソケットは、シガーソケットとも呼ばれ、

専用の端子で電源をとることができます。

本来の目的は、たばこに火をつけるシガーライターを

温めるものですが、近年では、各種の電装品を使用するための

電源として使われることが多くなっています。

全く使わないという人は珍しいかもしれませんが、

このソケットをより活用することで、カーライフがより快適になります。

【ホンダフリードのアクセサリーソケットをCheck!】

ホンダフリードのアクセサリーソケットは、

全席フロントパネルの下、センターコンソールとカーゴスペースの

助手席側に取り付けられています。

専用のカバーがついているので、使用する際はカバーを

空けて使用し、使わないときはしっかりと閉じておきましょう。

アクセサリーソケットの内部にほこりや、汚れが入ると、

思わぬ不具合につながることもあります。

ホンダフリードのアクセサリーソケットはこれ引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/design/

全席のアクセサリーソケットで使いやすいのは、

なんといってもスマートホンやタブレットなどを充電する

USB充電器でしょう。

いまや、カーナビ機能もスマートフォンで代用されるドライバーも

多く、自動車1台につき1個は取り付けられているといっても

良いでしょう。

コンパクトサイズのものや、充電口が複数あるもの、

急速充電が可能な高電圧のものなど、さまざまなタイプが販売されています。

ホンダフリードのアクセサリーソケットはこれ

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

また、カーナビや音楽再生プレイヤーがなく、ラジオでしか音楽を聞けない場合は、

アクセサリーソケットを使用して、FMトランスミッターを使ってみては

いかがでしょうか。

面倒な配線はなしで、携帯型音楽プレイヤーや、スマートフォンの中に記録されている

音楽を楽しむこともできます。

 

後付けのドライブレコーダーの中には

アクセサリーソケット対応タイプも販売されています。

面倒な取り付け作業がほとんどないので、こちらもおすすめです。

【ホンダフリードプラスのアクセサリーソケットをCheck!】

ホンダフリードのアクセサリーソケットはこれ引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリードプラスには、後席のカーゴスペースの助手席側にも

アクセサリーソケットが取り付けられています。

こちらも、USB充電は可能ですが、冷蔵庫やステレオなど、

かさばる電装品を使うことができます。

また、電流を変換するカーインバーターを使用すれば、

家庭用の電気機器を使用することも可能です。

照明や扇風機、テレビやゲームなども車内で使えるため、

車中泊やキャンプにもおすすめです。

ホンダフリードのアクセサリーオススメはこれだ!

ホンダフリードのアクセサリーオススメはこれだ!引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/ledrooflight/

ご家族でのアウトドアや旅行といったロングドライブから、

ちょっとした送り迎えやお買い物など、日常生活の中で

さまざまに活躍するホンダフリード。

純正アクセサリーも、多様な使い方を想定して、

便利なアイテムの数々がラインアップされています。

【ホンダフリードアクセサリーおすすめをCheck!】

◎インテリア編

・インパネイルミネーション

・ドアライニングイルミネーション

・フットライト

・LED照明

・プラズマクラスター搭載LED照明

・ハンディクリーナー

車内のムードをぐっと高めてくれる照明機器が

充実していますね。

家族を載せていると、もちこんだ荷物を探したり、

子どもがシートの間などにおもちゃを落としてしまう

ことも多くあります。

夜間のドライブでも、休憩時などに何かと重宝するので、

購入時にオプションとして選択してみることを

おすすめします。

ホンダフリードのアクセサリーオススメはこれだ!引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/handycleaner/

また、ハンディクリーナーも便利です。

お子さまの食べこぼしはもちろん、ペットを

同乗させる場合は、毛の掃除がはかどります。

◎セキュリティ・運転サポート編

・リアワイドカメラシステム

・コーナーカメラシステム

・おもてなしフォグライトシステム

・ドライブレコーダー

・リモコンエンジンスターター

今や急速に普及しているドライブレコーダーだけでなく、

カーナビと連動させた各種カメラシステムも充実しています。

寒冷地では、冷たい車内の空気をあらかじめあためておく

ためにも、リモコンエンジンスターターが重宝しますね。

◎ナビ・オーディオ編

・カーナビゲーションシステム

・後席モニター

・オーディオ

・スピーカー

・ETC車載器

・オーディオリモコンスイッチ

ホンダフリードのアクセサリーオススメはこれだ!引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/handycleaner/

お出かけの必需品ともいえるカーナビゲーションシステム

はもちろん、カーナビがいらないという方向けにオーディオ単体

のアクセサリーも販売されています。

ETCは、現金を持ち運んだり、受け渡しの手間が省けるだけでなく、

高速料金が割引されることも多いので、

ぜひとも取り付けておきたいところです。

 

いかがでしたでしょうか。

ホンダフリードを快適に、便利に、かっこよくしてくれる

アクセサリー類。

購入後、しばらく乗ってみて、必要なものを後付けで取り付けても良し。

取り付けの手間を考慮して、購入時にオプションとして

取り付けても良し。

ご自身のライフスタイルや好みに合ったアイテムを

かしこく選んでくださいね。

 

アイキャッチ画像引用:http://www.hondacars-tokyochuo.co.jp/home/campaign/freed/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!