フリード

【ホンダ・フリード】後部座席や荷室で車中泊は可能か!?容量は?

「ちょうどいい」をテーマに、コンパクトカーでありながら7人乗りのホンダフリード

コンパクトミニバンの先駆けとして、非常に人気が高まっています。

そんなフリードですが、後部座席の広さや荷室容量はどれほどなのでしょうか。

また、車中泊するときのポイントもご紹介します。

ホンダフリードの後部座席の広さは?

ホンダフリードの後部座席の広さは?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

フリードには6/7人乗りの「フリード」と5人乗りの「フリード+」がありますので、両方紹介します。

フリードの後部座席

ホンダフリードの後部座席の広さは?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

フリードの客室内寸法は、全長が3,045mm、全幅が1,455mm、全高が1,285mmとなっていて、この大半が後部座席の広さと考えていいでしょう。

フリード+の後部座席

ホンダフリードの後部座席の広さは?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

フリード+の客室内寸法は、全長2,310mm、全幅1,455mm、全高1,275mmとなっています。

3列目シートがない分やや短くなっていますが、幅と高さはほとんど変化していません。

とまあ、2台の後部座席の広さをご紹介しましたが、イマイチピンときませんね。

多分、これが広いのか狭いのか、比較するものがないからだと思います。

そこで、ライバル車と室内空間の広さを比較してみましょう。

①トヨタ・シエンタの広さ

ホンダフリードの後部座席の広さは?引用:https://toyota.jp/sienta/design/

フリード最大のライバルとして立ちはだかるのはこの車しかいないでしょう。

トヨタが自信を持って送り出すコンパクトカー・シエンタです。

その室内の広さは、全長2,535mm、全幅1,470mm、全高1,280mmです。

全幅と全高はフリードとほぼ互角ですが、フリードより短くなっています。

フリード+よりは長いですね。

トヨタ・ルーミー/タンク&ダイハツ・トールの広さ

ホンダフリードの後部座席の広さは?
引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/03_exterior.htm

なぜこの3台を同時に紹介するかというと「ルーミー」「タンク」はディーラー違いの姉妹車関係であり、またどちらもダイハツ「トール」からのOEM供給で生産されていることから、全く同じ大きさだからです。

極端な話「一卵性双生児」だと考えていただければいいです。

その広さは、全長2,180mm、全幅1,480mm、全高1,355mmです。

こちらも全長は短いですが、全幅と全高はフリードをやや上回っています。

車の中で立ったり座ったりをする場合は、この3台の方が向いているかもしれませんね。

スズキ・ソリオの広さ

ホンダフリードの後部座席の広さは?
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/styling/

スズキが送り出すコンパクトカー、ソリオです。

その広さは、全長2,515mm、全幅1,420mm、全高1,360mmとなっています。

フリードより短いですが、高さはフリードを上回っています。

フリード+よりも長いので、5人乗りの車では広い方でしょう。

以上、ライバル車の候補をいくつか挙げてみましたがいかがでしょうか。

それぞれの大きさをを比較した場合、全長なら

フリード>シエンタ>ソリオ>フリード+>ルーミー3兄弟

全幅なら

ルーミー3兄弟>シエンタ>フリード=フリード+>ソリオ

全高なら

ソリオ>ルーミー3兄弟>フリード>シエンタ>フリード+

といった順番に並びますね。

こう見ると、フリードの持ち味は3列シート車の長さを生かした長い空間が持ち味の車ということがわかります。

幅と高さは他と比較して決して大きいとは言えないものの、シートアレンジはしっかり行えるのでコンパクトカーとして最低限の広さはあると考えてよいと思います。

ホンダフリードの荷室容量はどのくらいなの?

ホンダフリードの荷室容量はどのくらいなの?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

車の収納として一番よくつかわれるのが荷室(ラゲッジスペース)です。

荷室の広さによって、旅行の際にどこまで詰めるかも変わってきますから、レジャー好きな人たちにとっては死活問題かもしれません。

フリードの荷室

ホンダフリードの荷室容量はどのくらいなの?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリードの荷室は、開口部の高さが1,110mm、開口部の最大幅が1,080mm、開口部の地上からの高さが480mm、ラゲッジスペース全体の高さが1,255mmとなっています。

サードシートを跳ね上げることでたたむことなくベビーカーが収納可能で、セカンドシートを目いっぱい前へずらせば自転車も積むことができます。

フリード+の荷室

ホンダフリードの荷室容量はどのくらいなの?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリード+の荷室は、開口部の高さが1,255mm、開口部の最大幅が1,080mm、開口部の地上からの高さが335mm、ラゲッジスペース全体の高さが1,255mmとなっています。

どちらかというとフリード+の方が収納に特化しており、開口部の高さがフリードよりも広く、何より低床設計なので高く積むことができます。

また、フリード+オリジナル装備「ユーティリティボード」を使用することで、ラゲッジスペースを二分割して使用することが可能です。

こちらも、ライバル車と比較してみましょう。

①トヨタ・シエンタの荷室

ホンダフリードの荷室容量はどのくらいなの?引用:https://toyota.jp/sienta/utility/space/

トヨタ・シエンタのラゲージサイズは、高さ1,085mm、幅が1,260mm、地上からの高さが505mmとなっています。

フリードが縦に長いのと比較してこちらは「横」に長く、幅の広いものが積めます。

そして、ラゲッジスペース床下に収納スペースをつけることでデッドスペースを収納として利用することができる「アンダートレイ」を装備しています。

一方、シエンタもシートアレンジによって自転車などの大きな荷物も積むことができますが、フリードが2列目を「前に押し出す」だけだったのに対してシエンタは「前に出してたたむ」必要があり、たたむ手間が発生します。

また、たたむということは戻す手間もかかるので少し大変です。

トヨタ・ルーミー/タンク&ダイハツ・トールの荷室

ホンダフリードの荷室容量はどのくらいなの?
引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/04_interior.htm

ルーミー・タンク・トールは、開口部の高さが1,080mm、開口部の幅が1,077mm、地上からの高さが527mmになっています。

他の2台と比較して若干狭いうえに地上からの高さがあるので、重いものを持ち上げるのは少々苦労するかもしれません。

それでも、防汚シートを標準装備しているために汚れ物や自転車を気にすることなく積むことが可能で、また相応の高さもあるので背が高いものでもしまえることから、入口の狭さに慣れれば使い勝手は良いはずです。

スズキ・ソリオの広さ

ホンダフリードの荷室容量はどのくらいなの?
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/luggage/

ソリオの荷室は、開口部の高さが960mm、開口部の幅が1,065mm、地上からの高さが665mmと、一番狭く、一番高い荷室です。

積み込み・積み下ろしという観点でいえば一番使い勝手が悪いでしょう。

ただ、高い地上高と引き換えにサブトランクの容量は充実しており、また荷室からでもリアシートが倒せるため、こちらも慣れれば使い勝手は良さそうです。

以上、ライバルの荷室もご紹介しましたが、いかがでしょうか?

コンパクト「カー」とコンパクト「ミニバン」で荷室の大きさに差が出てしまうので、フリードとシエンタ、ルーミーらとソリオで特徴が二分しています。

前半グループは多機能に加えて積み込み・積み下ろしまで考慮した低床の荷室を持ち、後半グループは低床ではないもののサブトランクルームを導入して荷室容量の向上に成功しています。

フリード、フリード+ともに充実した荷室機能に広い開口部を持つ、優れた荷室であることは間違いないでしょう。

ホンダフリードでの車中泊は可能か?

ホンダフリードでの車中泊は可能か?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

キャンプや貧乏旅行、果ては災害時の家代わりまで、現代は車中泊をする機会が増えてきました。

当然フリードユーザーの中でも「車中泊とかできないかな?」と考える方は少なくないはずです。

そんな方々のために、フリードで車中泊できるのかどうかを検証してみましょう。

結論「超できる」

結論から言うと、フリード、フリード+ともに「ぜひ車中泊で使ってください」といえるレベルです。

荷物さえしっかり持っていければ、楽しい車中泊ができるでしょう。

その根拠をご紹介します。

フリード車中泊ポイント①シートアレンジ

ホンダフリードでの車中泊は可能か?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

車中泊する車になくてはならないのが「眠るための空間」です。

フリードのシートは室内の広さのわりにシートアレンジがしっかりできて、くつろぐ空間もしっかり確保できます。

画像では2列目をフラットにしたうえで3列目と合わせてフラットな空間が完成していますが、3列目をたたんだうえで2列目を目いっぱい下げ、1列目を倒してフラットにすることも可能です。

ただし、座席の段差はどうしても気になるので、市販のマットレスなどをもっていくとより快適に過ごせると思います。

フリード+は3列目シートがない代わりに荷室のユーティリティボードがそのままフラット代わりになります。

また、2列目を「前に」倒すことでユーティリティボードと一体型のフラットスペースが出現します。

こちらはフリード2列目にある段差が解消されるので、より快適なフラット空間が完成するでしょう。

フリード車中泊ポイント②プラズマクラスター搭載エアコン※オプション装備

ホンダフリードでの車中泊は可能か?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/equipment/equipment/

車内ってどうしてもニオイがこもりがちになりますよね。

車内でご飯を食べて、翌日まだご飯のニオイがのこっているなんてこともザラです。

その点、フリードはプラズマクラスターをエアコンに搭載しているので、稼働させるだけで空気清浄・脱臭などの効果が期待できます。

フリード車中泊ポイント③電源装備※アクセサリーオプション

ホンダフリードでの車中泊は可能か?引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/ac_concent/

車中泊でお湯を沸かしたりする際、電気ケトルを使用しますよね?

そんな時、どこかでコンセントを借りてお湯を沸かし、それを車内で使うんじゃ使い勝手が悪すぎます。

フリードはアクセサリーとして、車内にAC電源(100V/100W)を追加装備することが可能です。

あまりワット数は高くありませんが、ドライヤーやケトルくらいであれば問題なく使用できるでしょう。

また、フリード+だけの装備として「ラゲッジルーム内アクセサリーソケット」があります。

ホンダフリードでの車中泊は可能か?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/equipment/equipment/

荷室内についているのがポイントで、これがあればいちいち運転席に行かなくても充電が可能です。

フリード+の方がより車中泊向き?

ホンダフリードでの車中泊は可能か?
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/equipment/equipment/

フリードは車中泊でも十分力を発揮してくれるはずですが、より車中泊に向いているのはフリード+の方だと思いました。

フリード+の荷室には、荷室アレンジ用のナットやフックがいたるところにあるほか、なんといってもユーティリティボードの汎用性の高さです。

また、荷室内のテールゲートランプや先ほど紹介したアクセサリーソケットなど、荷室である程度生活することを考慮した嬉しい装備が充実しています。

以上から、フリード+の方がより車中泊に向いているのではないでしょうか。

ホンダフリードの後部座席まとめ

ホンダフリードの後部座席まとめ
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

ここまでフリードの後部座席についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

フリードの後部座席はライバル車と比較してもそん色ない広さがありました。

また、ライバルにはない低床の荷室で、積み込みや積み下ろしもらくらく行えそうです。

そして、フリード+には車中泊を考慮した親切装備が、フリードより多くありましたね。

運転席は運転するための席ですから、後部座席はリラックスできる空間であってほしいもの。

快適空間を演出するフリードのポテンシャルは、相当な高さでした。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!