フリード

【ホンダ・フリード】維持費やローンは?残価設定にすべきか!?

ホンダフリードは、ファミリーでも使える

容量と、コンパクトさが「ちょうどいい」ミニバン。

車体価格だけでなく、維持費もリーズナブルにおさめたい世帯に人気です。

今回はホンダフリードの維持費やローンについて見ていきましょう。

ホンダフリードのローンはどのくらい?

ホンダフリードのローンはどのくらい?引用URL:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/design/

フリードとフリード+のセルフ見積もりをしてみましょう。

条件は人気のフリード G Honda SENSING FF 6人乗り

ボディカラーはブルーホライゾン・メタリック

インテリアカラーはモカにして費用を抑えていきます。

 

オプションは純正ナビに、

2列目用のフロアカーペットマット、ラバーマット、

ハンズフリースライドドア、

ラゲッジマット

i-サイドエアバッグ+サイドカーテンエアバッグを設定しています。

この辺りは実用を考えると最低限の装備として選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

 

この時の費用が以下のようになりました。

ホンダフリードのローンはどのくらい?

【メーカー希望小売価格(税込み)】

車両本体\2,544,600

ディーラーオプション\145,756

合計\2,690,356

 

【諸費用】

自動車税                     \11,500

自動車取得税             \0

自動車重量税             \0

自賠責保険料(37ヵ月)            \36,780

手続代行費用(参考価格 消費税込み)     \46,440

預り法定費用             \6,000

リサイクル法関連費用                \10,350

合計           \111,070

 

【支払総額】

\2,801,426

ホンダフリードのローンはどのくらい?

引用:https://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=18515/?lid=k_prdnews

クレジット(36回)

月々(×35回) \78,800(初回のみ\79,930)

支払条件:実質年率3.5% 36回均等払い

ボーナス月加算額:なし

 

頭金\111,070

所要資金(割賦元金)2,690,356円

クレジットでの支払い総額(分割支払金合計)

\2,837,930

 

クレジット(60回)

お支払い参考例 月々(×59回) \48,900(初回のみ\51,229)

お支払い条件: 実質年率3.5% 60回均等払い

ボーナス月加算額:なし

頭金\111,070

所要資金(割賦元金)\2,690,356

クレジットでのお支払い総額(分割支払い金合計)

\2,936,329

ホンダフリードのローンはどのくらい?

次にフリード+の方もみておきましょう。

HYBRID G Honda SENSING FF 5人乗りで、

先ほどの条件と同じオプションです。

 

メーカー希望小売価格(税込み)

\2,559,200

車両本体   ¥2,559,200

ディーラーオプション                ¥132,991

合計           ¥2,692,191

 

諸費用

自動車税(11月登録の場合)    ¥11,500

自動車取得税             ¥0

自動車重量税             ¥0

自賠責保険料(37ヵ月)            ¥36,780

手続代行費用(参考価格 消費税込み)     ¥46,440

預り法定費用             ¥6,000

リサイクル法関連費用                ¥10,350

合計           ¥111,070

 

支払総額\2,803,261

ホンダフリードのローンはどのくらい?

引用:http://www.hondacars-tokyochuo.co.jp/home/campaign/freed/

クレジット(36回)

支払い参考例 月々(×35回) \78,800(初回のみ\81,770)

支払い条件: 実質年率3.5% 36回均等払い

ボーナス月加算額: なし

頭金\111,070

所要資金(割賦元金)\2,692,191

クレジットでの支払い総額(分割支払い金合計)

\2,839,770

 

クレジット(60回)

支払い参考例 月々(×59回) \48,900(初回のみ\53,070)

支払い条件: 実質年率3.5% 60回均等払い

ボーナス月加算額: なし

頭金\111,070

所要資金(割賦元金)\2,692,191

クレジットでの支払い総額(分割支払い金合計)

\2,938,170

ホンダフリードの残価設定はいくらなの?

ホンダフリードの残価設定はいくらなの?引用URL:https://www.honda.co.jp/HFC/auto/zankure/

まず残価設定型ローンについて基本的な知識をおさえておきましょう。

「月々の支払いが抑えられる」「数年後に自分の好きな支払い方法が選べる」というメリットは耳にしますが、

仕組みが独特であるため、少々わかりづらいともいえます。

 

「残価」とは、数年後にその車を下取り車として出した場合の価値=下取り価格のことです。

支払い期間に応じて設定された「残価」が据え置きのローンなのですね。

 

メーカのサイトでは次のように説明されています。

「あらかじめ数年先のクルマの残価を設定し、その額を差し引いた分だけ、分割してお支払いとなります」

ホンダフリードの残価設定はいくらなの?

引用:http://www.hondacars-tokyochuo.co.jp/home/campaign/freed/

ここで注意が必要なのは、残価として保証される下取り価格は、

あくまで最終回に据え置かれているだけで、ローンとして借り入れる金額そのものからは引かれていない、という点です。

つまり残価分にも金利がかかる、という点に注意が必要です。

 

残価設定型ローンのメリットとして、下取り額が中古車市場に左右されない、という点が挙げられます。

中古車市場で上向きになっている時期であれば、その差額はそのまま下取り価格に上乗せされ、

下取り価格が残価より上がることはあっても下がることはないのは安心です。

 

ですが、下取り価格の保証には明確な基準があります。

車両返却時の(一財)日本自動車査定協会の基準に基づくカーチェックによる内外装に関する減点が100点以内、かつ月間走行距離1,000㎞以下。

この条件を超えた場合、内外装に関する減点1点につき1,000円、走行距離1㎞につきフリードの場合6円/kmを負担。

また違法改造や事故の修復歴があった場合は別途規定の精算金額を負担。

(月間走行距離は1,500㎞も可。その際、最終回の支払い金額は変動します。)

ホンダフリードの残価設定はいくらなの?引用URL:https://www.honda.co.jp/FREED/

万が一の車両の修理にリスクのある人、走行距離が多い人、

初心者や高齢者などの運転に不安がある人は注意が必要です。

契約前によく確認しましょう。

 

これらを踏まえた上で、

前の項でみたフリード G Honda SENSING FF 6人乗りの同様の条件で

残価設定型クレジットでの金額をみてみましょう。

ホンダフリードの残価設定はいくらなの?

残価設定型クレジット(36回)

支払い参考例 月々(×34回) \47,700(初回のみ\49,896)

支払い条件: 実質年率3.5% 36回均等払い

ボーナス月加算額: なし

頭金\111,070

所要資金(割賦元金)\2,690,356

最終回支払い額

(1)新車に乗り換え\0

(2)車両を返却 \0

(3)乗り続ける \1,225,179

クレジットでの支払い総額(分割支払い金合計)

(1)新車に乗り換え\1,671,696

(2)車両を返却 \1,671,696

(3)乗り続ける \2,896,875

ホンダフリードの残価設定はいくらなの?

引用:https://www.webcg.net/articles/-/35306

残価設定型クレジット(60回)

支払い参考例 月々(×58回) \36,500(初回のみ\38,865)

支払い条件: 実質年率3.5% 60回均等払い

ボーナス月加算額: なし

頭金\111,070

所要資金(割賦元金)\2,690,356

最終回支払い額

(1)新車に乗り換え\0

(2)車両を返却 \0

(3)乗り続ける \848,201

クレジットでのお支払い総額(分割支払い金合計)

(1)新車に乗り換え\2,155,865

(2)車両を返却 \2,155,865

(3)乗り続ける \3,004,066

ホンダフリードの残価設定はいくらなの?

フリード+もみていきます。

残価設定型クレジット(36回)

支払い参考例 月々(×34回) \49,500(初回のみ\51,406)

支払い条件: 実質年率3.5% 36回均等払い

ボーナス月加算額: なし

頭金\111,070

所要資金(割賦元金)\2,692,191

最終回お支払い額

(1)新車に乗り換え

(2)車両を返却 \0

(3)乗り続ける \1,161,119

クレジットでの支払い総額(分割支払い金合計)

(1)新車に乗り換え

(2)車両を返却 \1,734,406

(3)乗り続ける \2,895,525

ホンダフリードの残価設定はいくらなの?

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

残価設定型クレジット(60回)

支払い参考例 月々(×58回) \37,200(初回のみ\39,219)

支払い条件: 実質年率3.5% 60回均等払い

ボーナス月加算額: なし

頭金\111,070

所要資金(割賦元金)\2,692,191

最終回支払い額

(1)新車に乗り換え

(2)車両を返却 \0

(3)乗り続ける \805,675

クレジットでの支払い総額(分割支払い金合計)

(1)新車に乗り換え\2,196,819

(2)車両を返却 \2,196,819

(3)乗り続ける \3,002,494

ホンダフリードの残価設定はいくらなの?

まとめましょう。

 

フリード(クレジット支払総額(乗り続けた場合の費用)/月々の順)

クレジット36回:\2,837,930/\78,800

クレジット60回:\2,936,329/\48,900

残価設定型クレジット36回:\2,896,875/\47,700

残価設定型クレジット60回:\3,004,066/\36,500

 

フリード+

クレジット36回:\2,839,770/\78,800

クレジット60回:\2,938,170/\48,900

残価設定型クレジット36回:\2,895,525/\49,500

残価設定型クレジット60回:\3,002,494/\37,200

ホンダフリードの維持費結局どのくらいかかるの?

ホンダフリードの維持費結局どのくらいかかるの?引用URL:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

本体価格やオプションも気になるところですが、

その他の維持費も忘れてはいけません。

最後にフリードのガソリン車とハイブリッド車で維持費を比較してみましょう。

 

(ガソリン/ハイブリッドの順)

 

自動車税                     \11,500(共通)

自動車取得税             \44,200/\0

自動車重量税             \16,800/\0

自賠責保険料(37ヵ月)            \36,780(共通)

手続代行費用(参考価格 消費税込み)     \46,440(共通)

預り法定費用             \6,000(共通)

リサイクル法関連費用                \10,350(共通)

合計           \172,070/\111,070

ホンダフリードの維持費結局どのくらいかかるの?

引用:http://www.hondacars-tokyochuo.co.jp/home/campaign/freed/

ガソリン代は実燃費をもとに、年間走行距離8,000 km、2018年10月30日時点での全国平均価格153.4円/Lとして試算しています。

ガソリン車は実燃費15.9km/L、ハイブリッドは実燃費21.4km/Lで計算します。

前者は年間(8000/15.9)*153.4=77,182→三年間で\231,546

後者は年間(8000/21.4)*153.4=57,346→三年間で\172,037

 

なお、車検時点検費用、タイヤ、ワイパーなどの消耗品、オイル交換代、自動車保険(任意保険)などの変動の大きい費用は割愛します。

 

フリードとフリード+について、様々なパターンでシミュレーションしてみました。

話題の残価設定型ローンについてもみてきましたが、

確かに月々の費用は抑えられるものの、

支払完了後にどうするかによって支払い金額は大きく変わってきます。

ホンダフリードの維持費結局どのくらいかかるの?引用URL:https://www.honda.co.jp/FREED/

短いスパンで車を乗り換えたい人には良いかもしれませんが、

乗り続けるという場合はむしろ高くついてしまう場合もあります。

 

維持費というかガソリン代に関しては驚くスピードで値上がりしていて、

今日調べたのも来月にはアテにならないレベルです。

自分のライフスタイルとお財布と相談して決めていきたいですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!