フリード

【ホンダ・フリード】モデルチェンジ予想!情報はある?時期はいつ?

「ちょうどいい」をテーマに、コンパクトカーでありながら7人乗りのホンダフリード

コンパクトミニバンの先駆けとして、非常に人気が高まっています。

そんなフリードですが、モデルチェンジの情報があります。

また、モデルチェンジ予想や時期についてもご紹介します。

ホンダフリードのモデルチェンジ情報とは?

ホンダフリードのモデルチェンジ情報とは?引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/modulox/

車は発売されてから数年は、1年を境に「車の型番を変化させずに」ちょいちょい車の性能・形状を変化させていきます。

これがちょっとした変化や外見にほとんど影響しない場合は一部改良、外見に若干の変化が生じたり大きな性能の変化があった場合を「マイナーチェンジ」といいます。

たとえばトヨタ・ヴォクシーの場合、2016年1月の一部改良では「Toyota Safety Sence C(現在はCが取れています)」を採用したほか、塗装を自己修復機能付きに変更しています。

2017年3月に「マイナーチェンジ」を行っていますが、その際はヘッドランプやテールランプの形状・材質が変化し、リアの「VOXY」ロゴが新意匠に変更されました。

ホンダフリードのモデルチェンジ情報とは?
引用:http://kspec-now.com/2017/11/13/2341/

正直なところあまり違いはないので、メーカーが一部改良と言うか、マイナーチェンジと言うかの違いだと思って差し支えありません。

一方、数年に一度「完全なる次世代車」「新型車」として、その車を一から新しく作り替えますが、これを「フルモデルチェンジ」といいます。

フルモデルチェンジした場合、発売される車は「名前が同じ新型車」となるため、車の型番まですべて変化します。

たとえばR32型スカイライン・GT-Rがフルモデルチェンジをした時は型番が「BNR32」から「BCNR33」に変化し、R33型スカイライン・GT-Rとなりました。

もちろん名前だけでなくボディの形状や性能も大きく変化しています。

ホンダフリードのモデルチェンジ情報とは?
引用:https://autoc-one.jp/catalog/nissan/skyline_gt-r/grade/

フリードが最後にフルモデルチェンジをしたのが2016年で、現行モデルは2代目になりますから、フリードはまだ一度しかフルモデルチェンジをしていないことになります。

フルモデルチェンジを行った場合、先述のとおりボディの形状や走行・環境性能が大きく変化するので、古いモデルに乗っている人にとっては絶好の乗換の機会となります。

一応大半は「改善・良化」のモデルチェンジなので、さらに性能の良い車に乗り換えたくなる気持ちは当然ですね(たまーに改悪になってしまっているフルモデルチェンジもありますが、たまーに、です)。

以上、マイナーチェンジとフルモデルチェンジについてご紹介しましたが、今回は、今後フリードがモデルチェンジするならどこが変わるのか、いつモデルチェンジするのかを、様々な観点から予想してみたいと思います。

ホンダフリードのモデルチェンジを予想します!

ホンダフリードのモデルチェンジを予想します!
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

では、次のモデルチェンジでフリードがどうなっていくのか予想しましょう。

おそらくですが、次に来るのは「マイナーチェンジ」でしょう。

フリードは2016年にフルモデルチェンジを終えたばかりで、わずか2年でのフルモデルチェンジというのはあまりにも早すぎるからです。

また、先代のフリードが2008年の発売開始以降でマイナーチェンジを行ったのは「2010年」「2011年」「2014年」と、だいたい2年周期でマイナーチェンジが行われていることがわかります。

そう考えると、次来るのは「マイナーチェンジ」という予想が立てられますね。

マイナーチェンジの時期予想については次の「ホンダフリードのモデルチェンジ時期はいつ頃?」で詳しく考察していますのでご覧ください。

今回のマイナーチェンジ予測ではもっとも最近にマイナーチェンジを遂げた「CR-V」を基準として予想しています。

変更点予想①ヘッドライト

ホンダフリードのモデルチェンジを予想します!
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

ここ数年、ホンダの車はヘッドライトのリフトアップといいますか「つり目」がトレンドになっているように思われます。

それはフリードも例外ではなく、現行モデルも「つり目」になっていますね。

このライトですが、現在は「ハロゲンヘッドライト」と「LEDヘッドライト」の2種類が存在し、LEDヘッドライトは上位モデルにのみ標準搭載、もしくはオプション装備となっています。

ところが2018年8月に国内向けが発売されたホンダ・CR-Vでは、全グレードでLEDヘッドライトが標準装備されています。

このことから、人気車種であるフリードもマイナーチェンジ後にはLEDヘッドライトが標準装備、もしくはメーカーオプションで装備可能になるのでは、と予想されます。

変更点予想②エンジン

ホンダフリードのモデルチェンジを予想します!引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/performance/driving/

現在フリードのハイブリッド車には「SPORT HYVRID i-DCD」、ガソリン車には「1.5L 直噴 DOHC i-VTEC」と呼ばれるエンジンが搭載されています。

これは2016年の発売当初ではホンダの最新鋭エンジンでした。

一方最近発売された新型CR-Vには「SPORT HYBRID i-MMDという新型エンジンが搭載されています。

これは走りを追求するSUVに対して、高性能と低燃費を両立させたエンジンになっています。

性能はV6エンジンと互角でありながらクラストップレベルの低燃費性能を持つエンジンです。

さすがにフリードにV6のパワーは必要ないと思うものの、i-MMDエンジンの1.5Lモデルを制作し、搭載されることは十分に考えられます。

とりわけ、車中泊を重視してつくられるフリード+と走りを意識したModulo Xにはパワーが必要でしょうから、これは期待できそうです。

変更点予想③Honda SENSING

ホンダフリードのモデルチェンジを予想します!
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/performance/active-safety/

ホンダには「Honda SENSING」と呼ばれる独自の予防安全装備が存在します。

しかし、フリードのスタンダードグレードであるBグレードには搭載されておらず、またガソリン車のGグレードはメーカーオプションとなっています。

CR-VではすべてのグレードでHonda SENSINGが標準装備になっています。

昨今の安全装備の需要の高さは説明するまでもないでしょうから、これは至極当然の流れですね。

すると、マイナーチェンジ後にはフリードでもHonda SENSINGが全グレードで標準装備されるのではないでしょうか。

ホンダフリードのモデルチェンジ時期はいつ頃?

ホンダフリードのモデルチェンジ時期はいつ頃?引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

モデルチェンジ予想が終わったところで、次はモデルチェンジの「時期」を予想してみましょう。

モデルチェンジ周期から見る予想時期

ホンダフリードのモデルチェンジ時期はいつ頃?引用:https://cobby.jp/freed-minorchange.html

フリードは2018年に発売されて以降、1~2年周期でマイナーチェンジを行ってきました。

2016年に2代目のフリードが発売されていますから、そこからマイナーチェンジ時期を考えると「2018年」といいたくなります。

しかし、2017年にModulo Xがグレードに追加されて以降は特に音沙汰がなく、すでに11月に差し掛かろうかという時期なので、本年のマイナーチェンジはなさそうです。

そうなると時期的には「2019年春or秋」と予想されます。

なぜかというと、過去のフリードのモデルチェンジが春、もしくは秋に行われてきたので、今回も同時期にモデルチェンジをしてくるのではないかという根端です。

もしマイナーチェンジの月までぴったり合わせてくるとすれば「2019年4月・5月・9月・10月」のどこかでマイナーチェンジが来るのではないでしょうか。

インターネット情報から見る予想時期

ホンダフリードのモデルチェンジ時期はいつ頃?引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

インターネット上では様々なサイトがフリードのモデルチェンジ予想をしています。

その予想の多くが「2018年12月~2019年12月」となっており、上記の周期とそこまで差はありません。

ライバルであるシエンタが2018年6月にマイナーチェンジを行っていますので、2018年ギリギリの12月としているサイトもありました。

ただ、インターネット上の情報は真偽が定かではない可能性もありますので、一番良いのは公式の発表を待つことです。

ホンダフリードのモデルチェンジまとめ

ホンダフリードのモデルチェンジまとめ
引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

ここまでフリードのモデルチェンジについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

フリードのモデルチェンジは2019年、統括すると「たくさんの装備が標準装備に昇格」といったところでしょうか。

コンパクトなのに7人乗りという大容量さで人気を博したフリード、ココからどういった進化を見せるのか、非常に楽しみです。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!