フリード

【ホンダ・フリード】フリード、プラス、モデューロXどれにすべき?

ホンダフリードには、ちょうどよいサイズの

コンパクトミニバンというコンセプトはそのままに、

5人乗りでゆとりある空間設計が特徴のフリードプラス、

特別仕様車であるフリードモデューロXと

異なるタイプも販売されています。

ここではそれぞれの特徴や違いについて調べてみました。

フリード、フリードプラス、モデューロXの価格はこれだ!

フリード、フリードプラス、モデューロXの価格はこれだ!引用:https://autoc-one.jp/honda/freed/newmodel-2902845/

数多くのグレードが販売されているフリード。

フリードプラス、モデューロXを含め、

それぞれの価格帯を調べてみました。

【フリード、フリードプラス、モデューロXの価格をCheck!】

◎フリード希望小売価格

・ハイブリッド

フリードHYBRID B〈FF〉 2,256,000円 〈4WD〉2,472,000円

フリードHYBRID G・Honda SENSING 〈FF/6人乗り〉2,496,000円、

〈FF/7人乗り〉2,517,600円、〈4WD/6人乗り〉2,728,200円

フリードHYBRID EX〈FF〉2,656,000円

・ガソリン車

フリードB 〈FF〉1,880,000円、〈4WD〉2,096,000円

フリードG 〈FF/6人乗り〉1,980,000円、〈FF/7人乗り〉2,001,600円、

〈4WD/6人乗り〉2,212,200円

フリードG・Honda SENSING 〈FF/6人乗り〉2,100,000円、〈FF/7人乗り〉2,121,600円、〈4WD/6人乗り〉2,332,200円

フリード、フリードプラス、モデューロXの価格はこれだ!引用:https://www.autodeft.com/deftreport/all-new-honda-freed-launch-japan-2016

◎フリードプラス

・ハイブリッド

フリードプラスHYBRID B 〈FF〉2,276,000円

フリードプラスHYBRID G・Honda SENSING 〈FF〉2,516,000円、

〈4WD〉2,748,200円

フリードプラスHYBRID EX 〈FF〉2,676,000円

・ガソリン車

フリードプラスB 〈FF〉1,900,000円

フリードプラスG 〈FF〉2,000,000円、〈4WD〉2,232,200円

フリードプラスG・Honda SENSING 〈FF〉2,120,000円、〈4WD〉2,352,200円

フリード、フリードプラス、モデューロXの価格はこれだ!引用:https://www.automesseweb.jp/2016/09/16/10736/_d3b4861

◎モデューロX

・ハイブリッド

フリードHYBRID Modulo X Honda SENSING 〈FF/6人乗り〉3,130,920円、

〈FF/7人乗り〉3,152,520円

・ガソリン車

フリードX Honda SENSING 〈FF/6人乗り〉2,830,680円、〈FF/7人乗り〉2,852,280円

フリード、フリードプラス、モデューロXの価格はこれだ!引用:https://autoc-one.jp/honda/freed/report-5000805/

フリード、フリードプラス、モデューロXのサイズはこうです

価格の違いに続いては、サイズの違いについて調べてみました。

6人、7人乗りがあるフリード、モデューロXと

5人乗りのフリードプラス。

実際のサイズはどう違うのでしょうか?

【フリード、フリードプラス、モデューロXのサイズをCheck!】

◎フリード、モデューロX

【全長】:4265mm-4295㎜

【全幅】:1695mm

【全高】:1710-1735 mm

【ホイールベース】:2740 mm

【トレッド 前/後】: 1480/1485 mm

【最低地上高】:0.135-0.150 m

【車両重量】:1400kg-1490㎏

【客席内寸(長さ/幅/高さ)】:3045/1455/1 275 mm

【最小回転半径】:5.2m

フリード、フリードプラス、モデューロXのサイズはこうです引用:https://carbikenews.xyz/minibanhikaku/

◎フリードプラス

【全長】:4265mm-4295㎜

【全幅】:1695mm

【全高】:1710-1735 mm

【ホイールベース】:2740 mm

【トレッド 前/後】: 1480/1485 mm

【最低地上高】:0.135-0.150 m

【車両重量】:1400kg-1490㎏

【客席内寸(長さ/幅/高さ)】:2310/1455/1275-1285 mm

【最小回転半径】:5.2m

フリード、フリードプラス、モデューロXのサイズはこうです引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

サイズは、フリード、フリードプラス、モデューロXと

ほとんど同じです。

客室内寸のみ、フリードプラスが小さくなっていますが、

シートは2列目までに限定され、ラゲッジスペースを区切っている

分、数値上は小さくなっていますが、実際の大きさはほとんど同じ。

3列目がない分、ラゲッジスペースに余裕があるのは

フリードプラスといえるでしょう。

フリード、フリードプラス、モデューロXの大きな違いは?

フリード、フリードプラス、モデューロXの大きな違いは?引用:https://www.autodeft.com/deftreport/all-new-honda-freed-launch-japan-2016

価格の差や、サイズの違いについて調べてみましたが、

フリード、フリードプラス、モデューロXとそれぞれの

違い、ポイントはどこにあるのでしょうか。

ここではそれぞれの特徴をピックアップしてみました。

【フリード、フリードプラス、モデューロXの特徴をCheck!】

◎フリード

新型ホンダフリードの最大の特徴は、ちょうどいいサイジングと性能。

道幅がせまく、小回りが要求される日本の道路環境に

ぴったりとあてはまるパッケージが魅力です。

ハイブリッドタイプも発売され、燃費もモデルチェンジを

重ねるごとに向上。

乗車定員も6名、7名に設定され、3列目を使用しないときは

シートを跳ね上げることでラゲッジスペースとしても使用可能。

弱点が見当たらないほど、ユーティリティーにあふれる

車種と言えるでしょう。

フリード、フリードプラス、モデューロXの大きな違いは?

引用:https://worldcar-ranking.com/honda-new-freed/

◎フリードプラス

フリードプラスは、2列シートタイプとして発売された兄弟車

フリードスパイクが前進です。

デザイン性よりも、利便性や機能を重視するフリードスパイクユーザー

に合わせ、フリードプラスはフリードとデザインを統一し、

その他の面がブラッシュアップされています。

 

最大の特徴は後席の使い方です。

2列シートに限定している分、ラゲッジスペースの使い方に

バリエーションが生まれています。

バックドアの高さが335mmと低く、荷物の積み下ろしが

容易になっています。

5名までの乗員で、アウトドアや旅行など、アクティブに

動くユーザーを意識した仕様といえるでしょう。

フリード、フリードプラス、モデューロXの大きな違いは?

引用:https://instagrammernews.com/detail/1370855212767655871

サイズやグレードはホンダフリードと同様で、

価格にも大きな差はないため、

ご自分の家族構成やライフスタイルに合わせて

ホンダフリードとフリードプラスのどちらかを

選ぶのが良いでしょう。

◎モデューロX

2017年からラインアップに加わった特別仕様車が

モデューロXです。

ホンダ純正のドレスアップパーツやオプションなどを

開発するモデューロというブランドが手掛けていることが

特徴で、一見して標準モデルとは異なるエクステリアと、

走行性能の高さが特徴です。

フロントグリルを中心に、精悍な印象をあたえるエアロパーツや

LEDフォグライトなど、スポーティーでありながら上品な

ルックス。

サスペンションも専用に開発されており、ハンドリング性能も

向上。

ホンダフリードの走行性に難色を示すこだわりのドライバーにも

おすすめのモデルとなっています。

フリード、フリードプラス、モデューロXの大きな違いは?引用:https://www.webcartop.jp/2018/02/202557/webcartop_freed_modulox03

フリード、フリードプラス、モデューロXではこれにしろ!

ここまでホンダフリード、フリードプラス、モデューロX と、

3タイプの違いについて調べてきました。

それぞれにグレードも多数用意され、乗車定員や

FF、4WDタイプと個性もさまざま。

どれにしようか迷っている方は、次のような基準で

考えてみてはいかがでしょうか。

◎ホンダフリード

どれにしようか迷ったらこれ!というスキのない

機能を備えたホンダフリード。

5人家族で、時には友人や親せきを載せる、という家庭には

3列目シートを使えるホンダフリードがおすすめです。

◎フリードプラス

2名から5名までの定員で十分な場合は

フリードプラスを検討してみてはいかがでしょうか。

なんといってもラゲッジスペースの使い方がぜいたくで、

車中泊を楽しむドライバーも多数。

釣り竿や自転車といった長さのある荷物も楽々積めるので、

趣味やお子さまの部活に大活躍します。

ホンダフリードと価格面でも大差がなく、

ハイブリッドも用意されています。

フリード、フリードプラス、モデューロXではこれにしろ!引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

◎モデューロX

ホンダフリードの機能性や使い勝手の良さに魅力は感じるが、

一味違う走りとデザインを求める方にはモデューロXがおすすめ。

エアロパーツの数々はホンダ純正のため、人目を引く

華麗さと、ホンダフリードの雰囲気を損ねない絶妙なバランス。

DIYでのカスタムでは実現できない、仕上がりが楽しめます。

価格は、ホンダフリードやフリードプラスよりも若干高く

設定されていますが、せっかくの1台を徹底的に

こだわりたい!というドライバーはぜひ検討してみてください。

フリード、フリードプラス、モデューロXではこれにしろ!引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/equipment/equipment/

ということでフリード、フリードプラス、モデューロXを紹介していきましたが、著者の独断と偏見で言いますと

・・・

どうせなら人とは違う「モデューロX」を選びましょう!

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!