ハリアー

【トヨタ・ハリアー】安全性は?運転しやすい?自動ブレーキは?

先進の機能とラグジュアリーな室内空間を併せ持つトヨタハリアー。

トヨタが次世代に向けて送り出す中心的なクロスオーバーSUVマシンです。

そのトヨタハリアーがもつ安全性能はどのようなものかをチェックしていきましょう。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタハリアーは運転しやすい?しにくい?

トヨタハリアーは運転しやすい?しにくい?

引用元:https://toyota.jp

まずは安全性能の前に、操作性能に関連する部分をご紹介していきます。

運転しやすさと安全性能は対になる話ですので、この部分をしっかりと押さえておく必要があります。

試乗によって得た印象を交えてご紹介します。

運転しやすさのポイントは?

トヨタハリアーは運転しやすい?しにくい?

引用元:https://toyota.jp

まずは運転しやすさのポイントについて整理してみましょう。

車において、運転しやすさのポイントをまとめてみると次のようになると思います。

・操作性能、運転に関わるパーツ類がどのように配置され、運転中に如何に気を取られずに操作することができるのか。

・視認性、運転席からみた視界の中で死角になり得る部分がないか。

この2点が極めて重要でしょう。

このどちらかがかけても運転性能としては次第点をつけることはできないと思います。

例えば、初期のプリウスにおいてありましたが、ルームミラーを通しては後方を見ることが非常に困難でした。

そのため、後方を確認するためにはドアミラーを使うことが必須となり、ドアミラーにはどうしても死角があるので、その意味では後方に非常に気を遣う運転となった記憶があります。

そのように、デザイン上でもピラーの位置や太さが視認性には非常に影響します。

また、操作関係でもシフトの位置やタイプに応じて、誤操作に繋がるケースもあります。

最近ではほぼなくなりましたが、昔だと、ATシフトの操作で一気にバックに入るケースもありましたよね。

他に、ブレーキの踏みやすさも非常に重要です。

ブレーキにひっかかりのようなものを感じると危険性が増しますし、うっかりとブレーキ下にものが挟まったりすると大変なことになります。

トヨタ・ハリアーは運転しやすい?

トヨタハリアーは運転しやすい?しにくい?

引用元:https://toyota.jp

では、トヨタハリアーの運転性能はどうなのか、チェックしていきましょう。

まずは視認性ですが、トヨタハリアーの運転席位置は適度な高さがあり、ピラーからボンネットの傾斜も非常に自然なフォルムで作られているので、前方視認性は非常に良いと感じます。

また、ピラー形状ですが、後方視認性などは非常にストレスを感じませんでした。

一方、Aピラーについてはちょっと太めかなって思いました。

特に助手席側の前方ではちょっと邪魔に感じるケースもありました。

操作性ですが、ハリアーはシフトが足元にあり、特にパドルシフト等も採用しておりません。

その意味では非常にノーマル的な操作性能だと思います。

高速時等におけるシフトチェンジも、足元シフトで横に移動して上下というパターンですので、これも一般的でしょう。

個人的には、これだけのパワートレインなので、パドルシフトを入れても良いのではないかと感じました。

トヨタハリアーの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

トヨタハリアーの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

引用元:https://toyota.jp

次に、トヨタハリアーの安全性能をチェックしていきましょう。

特に2017年のマイナーチェンジでは安全性能に対するテコ入れが多数行われましたので、そのあたりを中心にご紹介します。

安全機能をチェック!

トヨタハリアーの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

引用元:https://toyota.jp

まずは、安全性能をチェックしていきましょう。

2017年のマイナーチェンジの際に追加採用されたのが、〝Toyota Safety Sense P〟という機能です。

この機能はどのようなものなのでしょうか。

さっそくみていきましょう。

Toyota Safety Senseはトヨタが推し進める安全に対するコアとなる施策の一つであり、いわゆる自動ブレーキのことをさします。

これは、コンパクト車向けのToyota Safety Sense Cとミドルクラス向けのToyota Safety Sense Pとに分かれます。

その中でToyota Safety Sense Pは単眼カメラとミリ波レーダーを活用し、対人ブレーキが作動する点が大きな特徴と言えます。

基本的には運転者がきちんと注意を払って安全運転をすることが前提とはなりますが、いざという時にこのようなサポート機能があるのはとても嬉しいことですよね。

トヨタでは、日米欧の全ての乗用車にこの機能を展開しており、ハリアーでは標準展開しました。

自動ブレーキの性能は?

トヨタハリアーの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

引用元:https://toyota.jp

自動ブレーキの性能については、Toyota Safety Sense Pにおいては最大40km/hの減速が可能という風に設計されているそうです。

また、作動スピードも時速10km/h以上で作動することができ、最高速度レンジに限定がないという点も非常に優れています。

これは、コンパクトカーに搭載されているToyota Safety Sense Cの場合は上限速度が80km/hまでだそうなので、この機能を重視される方にとっては大きな違いですよね。

また、他に2017年のマイナーチェンジの際にパーキングブレーキも電動パーキングブレーキに刷新されました。

これは確実にパーキングブレーキを設定することができる安全機能と言えますし、駐車後の誤発進抑制という面でも意味のある仕様変更だと思います。

トヨタハリアーの横滑り防止機能の性能はいかに!?

トヨタハリアーの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用元:https://toyota.jp

最後に、もう一つトヨタハリアーの核となる安全機能の一つである〝横滑り防止機能〟についてもご紹介しましょう。

これって、名前から想像はつくものの、まだまだ一般的にはなっていない機能かもしれませんので章を設けてご紹介いたします。

横滑り防止装置ってなに?

トヨタハリアーの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用元:https://toyota.jp

この横滑り防止装置って、名前は一般的ではありませんが、実は今日の車においてはかなり一般的となっておりますし、トヨタにおいても相当数の車種に搭載しています。

トヨタにおける、横滑り防止装置の名前は〝Vehicle Stability Control〟略してVSCと呼ばれています。

この機能は文字通り、車の走行時に横滑りを防止する装置です。

昔からでいくと、車でブレーキを踏むと四輪にあるブレーキに油圧系統を経由してその力が伝わり、タイヤの回転を止めていくものですが、この時に路面の状態やスピードに応じてスリップが生じ、結果として大事故に繋がります。

このスリップ事故を抑制すべく、VSCは走行状態や路面状態に応じて、コンピュータが自動的に四輪のブレーキの掛け方を制御することで、スリップ事故を軽減・抑制する機能なんです。

非常に重要な仕組みですよね。

トヨタ・ハリアーの横滑り防止装置をチェック!

トヨタハリアーの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用元:https://toyota.jp

では、トヨタハリアーのVSCの性能についてチェックしていきましょう。

トヨタハリアーにおいては VSCの他にもステアリング制御(EPS)、ABS、駆動力制御の一つであるTRC、さらには四輪駆動の場合は4WD制御があります。

これらの機能がそれぞれに動くとせっかくの安全制御機能も十分な能力を発揮することができませんので、協調しあって制御することで車がもっとも安全な状態になるようにコントロールすることができます。

特に雪道においては4WD制御とVSCがダイナミックに協働することで雪道における運転リスクを大きく軽減することができます。

このあたりもハリアーが万能型クロスオーバーSUVとして高い評価を受ける所以だと思います。

トヨタハリアーの安全性能に関するまとめ

トヨタハリアーの安全性能に関するまとめ

引用元:https://toyota.jp

今回はトヨタハリアーの安全性能に関してまとめてみました。

自動車の進化の中でもっとも技術の進歩が目覚ましいのが安全に関する技術に関する部分だと思います。

この技術の進化によって、非常に多くの命が救われています。

一方で、正しくメンテをしないとこの機能が働かず、結果として、機能を過信して防げる事故が起こってしまうという悲劇もありえます。

しっかりと機能を知り、正しく維持をして快適なカーライフを送りたいものですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.modellista.co.jp/product/harrier/special/gallery.html

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ