ハリアー

【トヨタ・ハリアー】改造やカスタムは?エアロパーツは何がある?

クロスオーバーSUVとして、高い人気を誇るのが、トヨタハリアーです。

人気のある車だけに、街中でも走っているのを良く見かけます。

そこで、ハリアーが欲しいけど人は同じは、、という方の為に、カスタムでどのようなものが

あるのか、調べてみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタハリアーの改造パーツ紹介!マフラーはどんなのがある?

トヨタハリアーの改造パーツ紹介!マフラーはどんなのがある?

引用URL https://toyota.jp/harrier/

ハリアーでカスタムしているのは、どこが多いのか調べてみました。

①エアロパーツ

まずは、エアロパーツを付ける、という方が多いです。

具体的には、フロントバンパーを交換すると、見た目がかなり変わります。

 

②ホイールカスタム

次に、ホイールの交換です。ホイールのデザインを変える、インチアップをすることです。

インチアップをすることで、走行性能に影響がでたり、車検に通らない、という事もあるので、

注意が必要です。

トヨタハリアーの改造パーツ紹介!マフラーはどんなのがある?

引用URL https://toyota.jp/harrier/

③フロントリップ、ハーフスポイラー

こちらは、バンパーをそのまま残して、付けることのできるエアロパーツです。

フロントバンパー下部に装着するのがフロントリップ、元々のバンパーをつけたまま付け足すタイプを

ハーフスポイラーといいます。

 

④フロントグリル

フロントグリルは車の前面にある、網状又は格子状になっている部分の事です。

フロントグリルの機能は、エンジンやラジエーターに空気を取り込んで冷却し、ボンネット内の熱気を逃がしたりする事です。

エアコンの空気を取り入れる口として使用されている場合もあります。

 

フロントグリルは、車の前面にある為、車の顔、とも言える部分です。各メーカーがこの部分にモデルの特徴を

持たせている、という事が多いだけに、この部分を変えるとかなり印象が変わります。

トヨタハリアーの改造パーツ紹介!マフラーはどんなのがある?

引用URL https://toyota.jp/harrier/

⑤マフラー

車の前面部分だけでなく、後部のカスタムで代表的なのが、マフラーの交換です。

マフラーの役割は、エンジンで発生した排気ガスを、外部に放出する際に発生する排気音を低く抑えることです。

 

マフラー交換をすると、見た目の変化以外にも、好みの排気音、いわゆるエキゾーストサウンドに変えることができる、

パワーアップに繋がる場合がある、というメリットがあります。

逆にパワーダウンしたり、音が思っていたよりも大きい、というケースもありますので、注意が必要です。

 

マフラーの素材の主なものとして、スチール、ステンレス、チタン、カーボンがあり、素材によって、

排気音がかなり変わります。

トヨタハリアーの改造パーツ紹介!マフラーはどんなのがある?

引用URL https://toyota.jp/harrier/

⑥ヘッドランプ

見た目にはあまり変化を付けたくない、という方には、ヘッドランプのカスタムがオススメです。

ランプの種類としては、主に、ハロゲンランプ、HIDランプ、LEDランプの3種類があります。

 

ハリアーのヘッドランプはハロゲンランプか、LEDランプなので、HIDランプに交換する、というのが一般的です。

HIDランプとは、電球内に封入したキセノンガスに通電することで発光するヘッドランプで、高輝度放電ランプともいいます。

少し青みがかった色が特徴で、ハロゲンランプに比べると、3倍明るい、と言われています。

トヨタハリアーのカスタム仕様や内装はこれ!

ハリアーのカスタム仕様

純正カスタムがいくつか用意されていますので、紹介します。

トヨタハリアーのカスタム仕様や内装はこれ!

引用URL https://toyota.jp/harrier/

①STYLING PACKAGE Ver.1

・フロントスポイラー(ターボ用) 45,360円

・サイドマッドガード 64,800円

・リヤバンパースポイラー(ターボ用) 49,680円

・ビラーガーニッシュ 10,800円

・アクセントステッカー 5,400円

・リヤスポイラー 38,800円

 

②STYLING PACKAGE Ver.2

・フロントスポイラー 43,200円

・サイドマッドガード 64,800円

・リヤバンパースポイラー 47,520円

 

③STYLING PACKAGE Ver.3

・フロントメッキガーニッシュ 43,200円

・ロアグリル(シルバー塗装) 23,760円

・ナンバーフレームイルミネーション 21,600円

・メッキドアミラーカバー 12,960円

・バックドアガーニッシュ 21,600円

トヨタハリアーのカスタム仕様や内装はこれ!

引用URL https://toyota.jp/harrier/

④MODELLISTA Ver.1

・フロントスポイラー(LED付き)

塗装済 95,040円

素地 89,640円

・フロントスポイラー

塗装済 60,480円

素地 55,080円

・サイドスカート

塗装済 54,000円

素地 41,040円

・リヤスタイリングキット(リヤスカート+マフラーカッター)

塗装済 82,080円

素地 76,680円

・リヤスタイリングセット(リヤスカート+リヤフォグランプべゼル+マフラーカッター)

塗装済 90,720円

素地 84,240円

・クールシャインキット 81,000円

フロントグリルガーニッシュ 41,040円

ミラーガーニッシュ 16,200円

バックドアガーニッシュ 30,240円

 

⑤MODELLISTA Ver.2

・フロントスポイラー(LED付き)

塗装済 95,040円

素地 89,640円

・サイドスカート

塗装済 54,000円

素地 41,040円

・リヤスタイリングキット(リヤスカート+マフラーカッター)

塗装済 77,760円

素地 72,360円

・リヤスタイリングセット(リヤスカート+リヤフォグランプべゼル+マフラーカッター)

塗装済 86,400円

素地 79,920円

・バックドアスポイラー

塗装済 42,120円

素地 34,560円

・マフラーカッター 19,440円

・LEDトップノットアンテナ

塗装済 27,000円 素地 25,920円

トヨタハリアーのカスタム仕様や内装はこれ!

引用URL https://toyota.jp/harrier/

⑥TRD Ver.1

・フロントスポイラーVer.1(LED付き)

塗装済 114,480円

素地 110,160円

・サイドスカート

塗装済 51,840円

素地 47,520円

・リヤバンパースポイラー

塗装済 69,120円

素地 64,800円

・リヤフォグランプガーニッシュ

ブラック/シルバー 10,800円

・フロントバンパーガーニッシュ

ブラック/シルバー 34,560円

・クォーターパネルスポイラー

塗装済 21,600円

素地 17,280円

・ハイレスポンスマフラーVer.5 73,440円

 

⑦TRD Ver.2

・フロントスポイラーVer.2

塗装済 68,040円

素地 63,720円

・サイドスカート

塗装済 51,840円

素地 47,520円

・リヤバンパースポイラー

塗装済 69,120円

素地 64,800円

・18インチアルミホール「TRD TF6」&ナットセット

ブラックマイカ/ダイヤモンドカットシルバー

169,020円

・ラグナットセット 21,600円

・モーションコントロールビーム 48,600円

・ドアスタビライザー 32,400円

トヨタハリアーのエアロパーツやインチアップ、ホイールについて紹介

ハリアーのエアロパーツ

トヨタハリアーのエアロパーツやインチアップ、ホイールについて紹介

引用URL https://toyota.jp/harrier/

上記の純正品のエアロパーツ以外にも、社外品でエアロパーツは、あります。

・フロントスポイラー

・フロントバンパー

・サイドステップ

・リアスポイラー

・リアバンパー

・リアウィング

・フロントグリル

・アイライン

 

これらのカテゴリで色々なものがあります。純正品よりも、値段は安いものが多いです。

 

ハリアーのインチアップ、ホイール

トヨタハリアーのエアロパーツやインチアップ、ホイールについて紹介

引用URL https://toyota.jp/harrier/

ハリアーの純正タイヤサイズは以下の通りです。

・235/55R18タイヤ

PROGRESSシリーズ

PREMIUMシリーズ

ELEGANCE(ターボ車)

・225/65R17タイヤ

ELEGANCE(ハイブリッド車、ガソリン車)

 

ユーザーのレビューを見る限りですと、19インチ又は20インチにインチアップしている方が多い様です。

ハリアーはノーマル車高のままで、22インチまでインチアップが可能です。

インチアップすることで、ホイールの割合が増えますので、ホイールも一緒に変更する方が殆どです。

 

ハリアーはタイヤハウスに余裕があるため、大径タイヤを装着しやすくなっています。

アルミホイールの社外品はかなり種類が出ている為、色々なものから選ぶことができます。

 

ただ、気をつけたいのは、インチアップすることで、タイヤが薄くなってしまう為、車内での快適性や

乗り心地といった部分に関しては、失われてしまいます。

ハリアーの乗り心地が気に入っている、という方はインチアップをしない方が無難です。

トヨタハリアーのエアロパーツやインチアップ、ホイールについて紹介

引用URL https://toyota.jp/harrier/

いかがでしたでしょうか?

 

ハリアーは高級クロスオーバーSUVという事で、純正カスタムがかなり充実しています。

もちろん、社外品に関しても、選べる幅は広くなっています。

 

特にエアロパーツとインチアップに関しては、見た目ではっきり差が出るので、

他の方と違うハリアーにしたい、という方にはオススメです。

 

ただ、エアロパーツにした場合は、段差には気を使わなくてはならなくなりますし、

インチアップした場合は、乗り心地が犠牲になってしまいます。

 

ハリアーに乗ることで何を得たいのか、自分の中で整理してから、改造していきましょう。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.modellista.co.jp/product/harrier/special/gallery.html

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ