比較・ランキング

ハリアーとプジョー5008を比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

日本の代表するSUVのハリアー vs 生まれ変わったコンパクトSUVプジョー5008

どっちも大人気だけど、維持費や乗り心地はどっちが優れているの?

大きさから燃費まで徹底的に比較します!

ハリアーとプジョー5008の乗り心地や大きさはどっち?

ここではまず、ハリアープジョー5008の大きさについて比較してみましょう。

引用:https://toyota.jp/harrier/

ハリアーの大きさは以下の通りです。

全長→4725mm

全幅→1835mm

全高→1690mm

車両重量→1660kg~1740kg

乗車定員→5名

となっています。

一方のプジョー5008の大きさについてもお伝えします。

引用:https://web.peugeot.co.jp/

全長→4640mm

全幅→1840mm(5008 GT BlueHDiグレードは1860mm)

全高→1650mm

車両重量→1690kg

乗車定員→7名

となりました。

この大きさは3008のデザインアイデンティティを受け継ぎながら、全長4640mmと190mmサイズアップしたダイナミックなボディとなっています。

ここで乗り心地に対しても比較してみましょう。

どっちの車種も、乗り心地に関する性能について一緒にお伝えします。

ハリアーは「ボディ剛性を高め、上質な乗り心地を。」をコンセプトにしています。

ターボ車のサイドメンバー前後端にパフォーマンスダンパーを搭載し、車両のロール剛性を上げるためボディの微小変形を抑制して高速走行時の直進安定性や操縦安定性を確保し、上質でスポーティな走りを実現します。

また運転の邪魔にならないよう、昼間でもくっきり見やすい赤で全体を統一したスポーティーかつ質感の高いオプティトロンメーター(メーター照度コントロール付)を装備しています。

そしてハリアーには運転をさらに充実させる

・駐車場や交差点で周囲の安全確認をサポート等の安全性能

・シーンに応じて走りのテイストをチェンジする走行性能

・スポーティな走りを可能にする6速オートマチックトランスミッション[6 Super ECT](シーケンシャルシフトマチック付)

・明るく開放的なマイコン制御チルト&スライド電動ムーンルーフ(電動ロールシェード&挟み込み防止機能付)

・どんな日も快適にドライブ出来る快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)

・車の中でエステ気分を味わえるナノイーオプション

などマニュアル車にも負けないスポーティな走りながらも、快適に車内を過ごせるよう工夫されています。

一方のプジョー5008はさらなる進化を遂げ、性能にも進化した形が表れています。

新たに8速オートマチックトランスミッション・8速EATを搭載し、洗練のシフトフィールをもたらしました。

エンジンはクリーンディーゼル2.0L BlueHDiと1.6Lガソリンターボの2種類で、どちらも距離も、高低差も、悪路さえもドライビングプレジャーへと変えてしまう優れた走破性が特長です。(アドバンスドグリップコントロール)

プジョー5008は室内空間を「SUVのレベルを超えたクオリティと気品を備えた室内空間。」と例えています。

まさにそれはドライバーズシートに身を置けば、今やプジョーのアイデンティティとなった先鋭的なi-Cockpitに心を奪われ、快適な乗り心地を実感することでしょう。

そして安全性能にも力を入れていて、先進のセーフティテクノロジーがドライビングの安全をサポートするため状況の検知、警告、そして制御/制動機能が事故の被害を最小限に食い止めるクルマを、危険に出会っても回避できるクルマを、そして危険そのものに近づかないクルマにしています。

さらにオプションには滑らかで上質なナッパレザーシートに加え、運転席マルチポイントランバーサポートやパノラックサンルーフなどの上級装備をセットにしたファーストクラスパッケージを新たに設定されたことにより、ファーストクラスの乗り心地を実感出来るようになりました。

プジョー5008は、これらの性能によって快適な乗り心地が約束されています。

ここでハリアープジョー5008の乗り心地に対する口コミも比較してみましょう。

ハリアー 乗り心地に対する口コミは以下の通り

「リジカラやドアスタビライザー、G’z用メンバーブレ-スを追加したことで固めでカッチりした乗り味になっており、純正の乗り心地よりは多少固めかもしれませんがこれくらいボディ剛性がないとボディが足周りに負けてしまいます。」

「静粛性や乗り心地はいいです!低速の時、少しハンドルが重いかな。ていねいに運転したくなります笑」

一方のプジョー5008 乗り心地に対する口コミは以下の通り

「同じような価格帯の国産7人乗りSUVも比較しましたが、5008の乗り心地は別格でした。足回りは柔らかくないのですが、道路の継ぎ目などは軽くいなしボディはフラットなままです。比較対象車は橋の継ぎ目で不快な突き上げを感じましたが、この車は足だけで受け止め、突き上げを感じません。」

「硬めではありますが、しっとりした感じも持ち合わせています。若干リアがばたつく場面がありますが、基本的には乗り心地はいいです。」

このように、両車どっちも乗り心地に対する口コミは様々な意見が寄せられています。

ハリアーとプジョー5008の維持費はどっち?

ここでは避けることのできない、維持費について比較してみましょう。

ハリアーに関する維持費については以下の通り

引用:https://toyota.jp/harrier/

ハリアーの車両重量は1660kg~1740kgとなっています。

それにより、自動車重量税が約4万9200円となります。

また、ハリアーの総排気量は1998Lまたは2493Lとなっています。

したがって、自動車税は約3万9500円または約4万5000円となりました。

ですがハリアーはターボ車とハイブリット車が存在し、ハイブリット車はエコカー減税対象車となっています。

エコカー減税対象車のグレードは、自動車重量税は100%減税・自動車税は概ね75%減税、更に自動車取得税も100%減税となります。

引用:https://web.peugeot.co.jp/

一方のプジョー5008に関する維持費は次の通り

プジョー5008は車両重量が1550kg~1690kgとなっています。

ですので、車両重量税は約4万9200円(本則税率3万円)となります。

また総排気量は1598Lまたは1997Lですので、自動車税は約3万9500円となります。

プジョー5008はターボ車とグリーンディーゼル車のグレードが存在しますが、グリーンディーゼル車の5008 GT BlueHDiグレードがエコカー減税対象車となっています。

エコカー減税対象グレードは車両重量税は100%減税・自動車税は75%減税・さらに自動車取得税も100%減税となっています。

どっちもエコカー減税対象のグレード車があり、購入する際に大きなメリットとなりますね。

他にもガソリン代・駐車場代・高速代・自賠責、任意保険代など様々な角度から、維持費は降りかかってきます。

ご自身のライフスタイルに合わせて、一度計算してみることをおススメします。

ハリアーとプジョー5008の燃費はどっち?

ここではハリアープジョー5008の燃費について比較してみましょう。

ハリアー ターボ車の燃費は13.0㎞/Lとなっていて、ハイブリット車の燃費は21.4㎞/Lとなっています。

また一方のプジョー5008 ターボ車の燃費は13.6㎞/Lとなっていて、グリーンディーゼル車の燃費は17.8㎞/Lとなっています。

どっちもガソリン代を計算してみましょう。

ハリアーで計算するガソリン代は140円とし、どっちも年間10000㎞走行・計算式は下記を使用します。

ガソリン1リットルの値段×移動距離÷燃費

引用:https://toyota.jp/harrier/

ここでハリアー ターボ車の燃費13.0㎞/Lを当てはめてみましょう。

140円×10000㎞÷13.0㎞/L=10万7692円

年間ガソリン代が約10万7692円となり、月割にすると

10万7692円÷12か月=8974円

ハリアー ターボ車の月にかかるガソリン代は、約8974円となりました。

次にハリアー ハイブリット車の燃費21.4㎞/Lを当てはめてみましょう。

140円×10000㎞÷21.4㎞/L=6万5421円

年間ガソリン代が約6万4521円とし、月割にすると

65421円×12か月=5452円

ハリアー ハイブリット車の月にかかるガソリン代は、約5452円となりました。

次にプジョー5008についてもガソリン代を計算してみましょう。

引用:https://web.peugeot.co.jp/

プジョー5008はハイオク車ですので、ガソリン代を170円に設定します。

プジョー5008 ターボ車の燃費13.6㎞/Lを計算式に当てはめてみましょう。

170円×10000km÷13.6㎞/L=5万1471円

年間ガソリン代を約5万1471円とし、月割にすると

5万1471円×12か月=4289円

プジョー5008 ターボ車の月にかかるガソリン代は約4289円となりました。

次にプジョー5008 グリーンディーゼル車の燃費17.8㎞/Lを当てはめてみましょう。

170円×10000km÷17.8㎞/L=95506円

年間ガソリン代を約9万5506円とし、月割にすると

9万5506円÷12か月=7959円

プジョー グリーンディーゼル車の月にかかるガソリン代は約7959円となりました。

ハリアーとプジョー5008を比較まとめ

様々な角度からハリアープジョー5008を比較してみましたが、皆さんの想像通りでしたか?

大きさを比較してみると、全長+85mmと全高+40mmはハリアーが大きいものの、プジョー5008の方が全幅+5mmの誤差ではありますが、大きいことが判明しました。

ハリアーの広々とした室内空間は気になるものの、コンパクトSUVとして人気を博しているプジョー5008は日本の狭い道も走りやすく、乗り心地も褒めている口コミが多数目に留まる結果となりました。

維持費に対してはあまり違いはありませんでしたが、両車どっちもエコカー減税対象車があることで購入する大きなメリットなることは間違いありませんね。

また、維持費に関わる問題としてガソリン代がありますが、ターボ車同士だとハリアーの方が燃費が良くガソリン代がかからない結果となりました。

ですが、エコカー減税対象車であるグレードを比較すると、プジョー5008の方が燃費の良い結果となりました。

また、同じハリアープジョー5008でもターボ車とハイブリット車・グリーンディーゼル車では月にかかるガソリン代は約3000円も違うことが判明し、こちらも購入に関わる大きな材料としたいところです。

そしてガソリンの種類がレギュラーか、ハイオクかの違いもガソリン代に大きく影響するところですので、チェックしましょう。

個人的には、乗り心地の良いと評判なプジョー5008のシートに乗って軽やかにドライブしたいと思っています。

皆さんも、ご自身にとって最適な一台を見つけてくださいね!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!