ハリアー

【トヨタ・ハリアー】スペックや加速、乗り心地はどうなのか!?

様々なクロスオーバーSUVの中で、高級車のカテゴリを作ったのが、トヨタハリアーです。

1997年に発売され、現在まで3代目が発売されています。

2017年にマイナーチェンジも行われていますので、スペック面で変わった点はあるのか、

調べてみました。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

トヨタハリアーのスペックはこれだ!

トヨタハリアーのスペックはこれだ!

引用URL https://toyota.jp/harrier/

基本的なスペックを見ていきます。

■サイズ

・全長 4,720㎜

・全幅 1,835㎜

・全高 1,690㎜

・室内長 1,965㎜

・室内幅 1,480㎜

・室内高 1,220㎜

・ホイールベース 2,660㎜

・車両重量

ターボ車 1,660kg~1,740kg

ハイブリッド車 1,770kg~1,810kg

ガソリン車 1,580kg~1,670kg

・最小回転半径

ターボ車 5.6m

ハイブリッド車 5.7m

ガソリン車 5.6m

ELEGANCE(ハイブリッド車) 5.4m

ELEGANCE(ガソリン車) 5.3m

・乗車定員 5名

トヨタハリアーのスペックはこれだ!

引用URL https://toyota.jp/harrier/

■エンジン関連

・燃費

ターボ車(2WD) 13.0km/L

ターボ車(4WD) 12.8km/L

ハイブリッド車(2WD) 21.4km/L

ガソリン車(2WD) 16.0km/L

ガソリン車(4WD) 14.8km/L~15.2km/L

・タンク容量

ターボ車 無鉛プレミアム 60L

ハイブリッド車 レギュラー 56L

ガソリン車 レギュラー 60L

・エンジン

ターボ車

型式 8AR-FTS

種類 直列4気筒DOHC インタークーラー付きターボ

最大出力 170KW(231PS)/5,200rpm~5,600rpm

 

ハイブリッド車

型式 2AR-FXE

種類 直列4気筒DOHC

最大出力 112KW(152PS)/5,700rpm

 

ガソリン車(2.5L)

型式 3ZR-FAE

種類 直列4気筒DOHC

最大出力 111KW(151PS)/6,100rpm

トヨタハリアーのスペックはこれだ!

引用URL https://toyota.jp/harrier/

エンジンに関して、説明します。

まず、型式に関してです。

ハリアーのターボ車、ハイブリッド車に搭載されているのが、ARエンジン、ガソリン車に搭載されているのが、

ZRエンジンです。これは、トヨタの直列4気筒ガソリンエンジンの系列である事を意味しています。

 

エンジン種類についての説明です。

エンジンの種類には、V型と直列があります。

V型はシリンダーを左右交互にV字型に配置したエンジンです。

直列は、シリンダーを直列に並べたエンジンです。

V型のメリットは、排気量を大きくしても、エンジンのサイズをコンパクトに出来るメリットがあります。

直列のメリットは、エンジンの構造がシンプルになる為、部品数が少なく済むことです。

ハリアーのエンジンは全て直列4気筒です。

 

次に最大出力についてです。

最大出力とは、エンジンの最大の仕事量を表す数値となります。

例えば、ターボ車のエンジンで言うと、5,600回転の時点で、170kw、231馬力の性能が出せる、という事を意味します。

この出力が大きければ大きいほど、スピードが出せる事になります。

トヨタハリアーの乗り心地は…どうなのか!?

トヨタハリアーの乗り心地は…どうなのか!?

引用URL https://toyota.jp/harrier/

次にハリアーの乗り心地について、調べてみました。

実際のオーナーや試乗した方の口コミで、良い口コミ、悪い口コミを

集めました。

【良い口コミ】

・遮音性は良く、エンジン音は聞こえない。

・足回りが柔らかく、乗り味がソフト。

・視界が高く、運転がしやすい。

・電動シートは細かくポジションが決められるのが良い。

・コーナーのロールやブレーキング時のノーズダイブはかなり少ない。

・シートヒーターとシートベンチレーションは快適。

・T-Conectは便利。

・シートがしっかりしているので、長時間運転をしても、さほど疲れない。

・LEDヘッドライトの照射がワイドで明るい。

・ハイブリッドのモーター走行はものすごい静か。

・低速では多少ゴツゴツするが、スピードを出すと安定する。

・前のモデルのハリアーに比べると、縦横の車体の揺れや段差処理は改善されている。

トヨタハリアーの乗り心地は…どうなのか!?

引用URL https://toyota.jp/harrier/

【悪い口コミ】

・凸凹をひろいやすく、安定していない。

・アイドリングからエンジン始動の際の振動が不快に感じる。

・ロードノイズが大きく、振動も大きい。

・後席が前作と比べて狭くなった。

・ボンネットが長い為、前が見にくい。

・凸凹道での突き上げがかなり気になる。

・足回りが硬く、バタバタ感があり、段差も直に受けるイメージ。

・リアシートの背もたれがもう少し倒れてくれたら、快適。

 

良い口コミでは、静粛性が多く挙げられていました。

高級SUVならではの特徴と言えます。

 

悪い口コミで多かったのは、凹凸面に対する処理です。

運転席や助手席より、後部座席では、路面の凸凹をひろってしまい、揺れが気になる様です。

それでも以前のモデルに比べると改善された、との口コミがありますので、対策は講じられています。

高級車のソフトな乗り心地をイメージされている方が多いことも多少は影響していると思います。

トヨタハリアーの加速性能を報告します!

トヨタハリアーの加速性能を報告します!

引用URL https://toyota.jp/harrier/

ハリアーの加速性能の口コミ、レビュー

まずは、仕様毎に加速性能の口コミ、レビューを見ていきます。

①ガソリン車

・加速は期待以上に滑らか。

・スピードが急激に上がるというよりも、マイルドに加速していく感じがする。

・街中での走りでは、加速性能は充分ある。

・走行性能は普通だが、加速性能に物足りなさを感じる。

 

②ターボ車

・高速走行時の加速はスムーズになっている。

・ターボエンジンはガソリンエンジン、ハイブリッドエンジンと比べると、パワーを感じる。

・ターボエンジンは、ナチュラルな加速で扱いやすい。

・ターボエンジンは、加速時に気持ちよく伸びる。

・ターボエンジンのレスポンスが悪く、サイトにうたわれてる様なハイパワーエンジン、という感じはしない。

トヨタハリアーの加速性能を報告します!

引用URL https://toyota.jp/harrier/

③ハイブリッド車

・加速は滑らかで、ハイブリッド車の非力さは感じない。

・ハイブリッドモーターが加速をしっかりアシストしている。

 

ハイブリッド車に関しては、ネガティブな口コミ、レビューはあまり見られませんでした。

ガソリン車、ターボ車に関しては、一部で、加速性能に不満なユーザーもいる様です。SUV

SUVということで、走行性能への期待感はかなりあると思いますが、レビューなどを見る限りでは、

街中で優雅に走る車、という印象です。走行性能にこだわりのある方は、試乗の際に、確認をした方が良さそうです。

0-100km/hの加速タイム比較

トヨタハリアーの加速性能を報告します!

加速性能を判断する際に使われる、0-100km/h加速タイムをしらてべてみました。

0-100km/h加速タイムは、発進から100km/hに達する秒数を計測するものです。

参考までに、他の車のタイムも調べました。

【0-100km/h加速タイム】

ハリアー(ターボ)    7.1秒

ハリアー(ハイブリッド)  7.6秒

ハリアー(ガソリン)     9.6秒

クラウン(2.0L)     7.5秒

86          7.3秒

アルファード(3.5L)   7.5秒

プリウス        9.5秒

ヴォクシー       11秒

トヨタハリアーの加速性能を報告します!

引用URL https://toyota.jp/harrier/

ハリアーのターボ車に関しては、走りに特化したモデルだけあり、スポーツカーの86よりも100km/h到達タイムが

早い、という結果になりました。

 

当然ながら、ファミリー向けの色が強い、プリウスヴォクシーに比べると、格段の差があります。

また、高級車というカテゴリで見ると、クラウン、アルファードとほぼ同等の加速性能になっています。

高級クロスオーバーSUVと言うだけあって、加速性能は、高級車と同じレベルに設定されています。

 

ちなみに、レースカーなどにも使われる、日産GTRは2.7秒、ホンダNSXは3.0秒です。

ハリアーの半分以下のタイムですが、普通に走るのではあれば、そこまでの加速性能は不要だと思います。

ハリアーの加速性能で、ネガティブな意見はそこまで多く見られないのは、この結果でもわかります。

トヨタハリアーの加速性能を報告します!引用URL https://toyota.jp/harrier/

いかがでしたでしょうか?

 

ハリアーのスペック、乗り心地、加速性能を調べてみました。

 

乗り心地に関しては、前作から改良されている部分はあるものの、凹凸面への対応に関しては、

評価が分かれるようです。この部分は試乗でしっかり確認したい点です。

 

加速性能については、ターボ車、ガソリン車については、評価が分かれます。

ただ、0-100km/hタイムを見る限りでは、クラウン、アルファードなどの高級車と比べても、

充分な加速性能はあります。スムーズな加速は充分楽しめるレベルです。

 

乗り心地、加速性能については、個人の好みが大きく反映される部分でもあります。

特にハリアーは高級SUVなので、購入して不満な点があっても、すぐに買い替え、とは

なりづらいと思います。

 

実際の用途がどのようなシーンで乗ることが多いのか、また、良く通る道で試乗をしてみて、

自分のイメージと合うかどうかを確認することをお勧めします。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/harrier/customize/modellista1/?padid=ag341_from_harrier_ex_modellista1

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ