比較・ランキング

ホンダの新車や現行車種の人気ランキングを紹介します!ミニバン編

近年、ホンダ車の販売台数の増加は目立っています。

N-BOXなどの軽自動車をはじめ、人気の高いモデルが増えています!

今回は、ホンダ車の現行型のミニバンの人気ランキングを紹介します。

ホンダ現行車種でミニバンの人気ランキング

引用:https://www.honda.co.jp/

ミニバンの魅力といえば背が高いボディーを持ち、車内は広く家族で乗るにも適している車です。

ミニバンにも色々な種類があり、3ナンバーボディを持った大型ミニバンや2000ccクラスの中級ミニバン。

1500ccなどの小さめのエンジンを搭載したコンパクトタイプのミニバンといったように、3種類ぐらいに分けられます。

どのミニバンも車内は広く、いざとなれば大人数でも乗れるのが特徴です。

その便利なミニバンですが、ホンダの現行型では、どのようなミニバンがあるのでしょう。

ホンダの人気ミニバンをチェックしてみました。

<人気第1位>
ステップワゴンスパーダ

引用:https://gazoo.com/

ホンダのミニバン人気ナンバーワンに輝いたのは「ステップワゴンスパーダ」です。

スパーダにはいくつかの特徴がありますか、ユニークなのはバックドアに通常の跳ね上げに加え、左側の1/3を横開きにしているということです。

バックドアからの物の出し入れが、非常にしやすい作りになっています。

そして、スパーダが人気の理由として、ステップワゴンのハイブリッド設定は、スパーダにのみあるからです。

燃費がよくて、快適なハイブリッドミニバンを探すなら、「ステップワゴンスパーダ」になると思います。

<人気第2位>
オデッセイ

引用:https://response.jp/

現行型のオデッセイは5代目となるモデルです。

1994年に登場して進化し続けて現在の形になっています。

オデッセイの現行型の特徴として、以前のオデッセイはリアがヒンジでしたが、現行のオデッセイになりスライドドアになっています。

この部分の変更はとても大きく、他メーカーのミニバンと戦えるだけの車になりました。

そして、発売当初からオデッセイの武器とも言えるのが、3列シートのミニバンでありながら低い車体を持っているということ。

ミニバンといえば背が高くて、風が強い時は、段差などではフラフラした感じになりますが、低重心のオデッセイはそのような影響を受けにくいです。

それだけではなく低車高のため、車の走りが良くハンドリングを楽しめる車。

高速走行時も安定して運転できるため、長距離移動にも適しています。

オデッセイは、ミニバンぽくないセダンの感覚の走りができる車といえます。

<人気第3位>
フリード

引用:https://www.webcg.net/

フリードはホンダのミニバン型の普通乗用車です。

ミニバンの中でもコンパクトなボディーを持ち、ファミリーユーザーに人気が高い車。

3列目シートをたためば、荷物を積むことも可能になり、実用性が高いコンパクトミニバン。

2016年9月2フルモデルチェンジし、フリードハイブリッドも発売されています

フリードの特徴は、ズバリ、サイジングにあります!

とても扱いやすく車の大きさと車内の空間、運転しやすさを含めたサイズが抜群にいい車です。

【ホンダ現行車種の人気No.1】ステップワゴンスパーダ

引用:http://kakaku.com/

ホンダのミニバンで人気ナンバーワンは、「ステップワゴンスパーダ」です。

現行型のステップワゴンは5代目のステップワゴンとなっています。

そのステップワゴンの中で、スポーティーなグレードがスパーダになります。

ステップワゴンスパーダには特徴があります。

その特徴は、スパーダは通常のステップワゴンとは違い、スパーダ用の専用のスポイラーが装備され、外装が変わっていること。

メッキパーツも使用され、通常のステップワゴンよりも高級感があります。

かっこよさや高級感を求めるなら、ステップワゴンスパーダの外観はグッドです。

また、車内に関してもカラーはブラックで統一され、本革巻きステアリングが装備され車内も高級感があり、乗ってみると1ランク上の車ではないか?と思ってしまいます。

また、エンジンも魅力的です。

ステップワゴンスパーダは、ハイブリッドの設定があります。

引用:https://www.carsensor.net/

新開発された1.5リッターダウンジングターボを搭載し、小さなエンジンでも、低速でのトルクやパワーを発揮する気持ち良いエンジン。

小さな1.5リッターとは思わせないような走りをし、1.5リッター以外に2.0リッターエンジンもあります。

CVT (無段自動変速機)を搭載し、燃費性能と走行性能も向上。

ステップワゴンのハイブリッド燃費は25km/L (JC08モード)
WLTCモードで20km/L となっています。
(市街地モードで18.8 km/L)

燃費は2.0リッターエンジンの方がいいです。

引用:https://www.honda.co.jp/

ステップワゴン(スパーダ)には、ホンダ先進の事故回避システム Honda SENSINGが採用されています。

中でも、自動ブレーキはとても重要で安全に貢献する装備。

もしもの時に起こる事故や、ついうっかりした時に起きる事故を防いでくれる効果もあり、このような装備がついてると、とてもありがたいですね。

ステップワゴンスパーダは、全車にホンダセンシングが標準装備されているのもポイントです!

ステップワゴンスパーダの魅力は、やっぱりエンジン性能。

1.5 L エンジンでも、パワフルでストレスなく走れるのはホンダ車の魅力です。

そして静粛性も優れており、長距離ドライブなどにも適してる車と言えるのではないでしょうか。

このサイズで燃費も良くよく走る車というのがステップワゴンが人気の理由だと思います。

【ホンダ現行車種の人気No.2】オデッセイ

引用:https://clicccar.com/

現行型のオデッセイは5代目となるモデルになり、5代目オデッセイからはハイブリッドエンジンが追加されています。

最上級となる、「ハイブリッドアブソルート ホンダセンシングEXパッケージ」の7人乗りは、燃費はJC08モードで26km/L。

ハイブリッドの場合は、カタログ値でも26Km/L。

オデッセイのようなボディサイズを持つミニバンクラスでは、この燃費が非常に良い結果でトップレベルになっています。

街乗りでの燃費も18km/L前後あり、ハイブリッドの能力がとても高いです。

ガソリンモデルの場合は14Km/L(JC08モード)

燃費を重視したいならハイブリッドモデルが圧倒的にいいですよ。

また、オデッセイのサイズは、一般的な駐車場に入るサイズに収まっているため、立体駐車場なのでも駐車がすることが可能です。

・全長 4830mm
・全幅 1820mm
・全高 1695mm

大きく感じる車ですが、取り回しも良く、街乗りも十分こなすことができる車です。

オデッセイハイブリッドの価格帯は、383万円から415万円台

ガソリン車の価格帯は、298万円から354万円台となっています。

オデッセイの人気グレードは、「ハイブリッドアブソルート EX ホンダセンシング」です

引用:https://ucar.honda.co.jp/

EX にはマルチビューカメラなど、先進安全装備が充実し助手席パワーシートなどの快適装備があります。

アブソルートの特徴はスポーティーさで、足回りも専用のチューンがされており、走りが楽しめる車。

スポーツ系の車が好きな方にも、満足できる足回りですよ。

そして、低重心のボディと相まって、ミニバンでありながらセダンのような走りが楽しめるのは、オデッセイの大きな魅力です。

オデッセイは、低重心で走りを楽しみつつも大きなボディを持ち、広い車内を持つ車です。

ハイブリッドモデルに関しては、燃費も良くこのようなサイズの車としては、非常にバランスがいいのが人気の理由なのではないでしょうか?

【ホンダ現行車種の人気No.3】フリード

引用:https://autoc-one.jp/

フリードの魅力は何と言ってもサイジング。

・全長 4265mm
・全幅 1695mm
・全高 1710mm

車の全長は4300mm以内ととても扱いやすく、普段乗りでも問題ないサイズ。

外観の大きさだけでなく、広くて多彩に使える車内は大きな武器。

3列シートのコンパクトミニバンで、シートアレンジが工夫されていて、荷物の収納も優れています。

引用:https://www.honda.co.jp/

乗車定員は6人乗りのキャプテンシートと、前後スライドだけのタイプと7人乗りのベンチシートがあります。

3列目シートは左右跳ね上げ式で、ラゲッジ荷物を積むときはシートを上げて荷物のスペースを作ることも可能。

このようなシートレイアウトは、荷物の収納にとても便利ですよ。

また、車内の静粛性が非常に上がっており、車の居住性はとてもいいです。

あえてデメリットと言えば、3列目シートが狭いぐらいです。

フリードのエンジンは、「1500cc ガソリン」と「1500cc +モーターのハイブリッド」の2タイプがあります。

ハイブリッドの燃費は27.2 km/L (JC08モード)
ガソリン車の燃費は19.0km/L (JC08モード)

人気のグレードは G ホンダセンシング 。

引用:https://response.jp/

フリードでは、ハイブリッドよりもガソリンの方が人気が高いようですが、人気のグレードは「Gタイプ」です。

Gグレードには、ホンダセンシングが装備され、自動ブレーキもあるのが人気の理由です。

ただフリードは、ホンダセンシングが全車に標準装備ではないので注意が必要です。

ホンダ フリード の新車価格
188万円~313万円

ホンダフリードが人気の理由はやはりサイズが一番の理由だと思います。

ボディのコンパクトさはもちろん、車内の空間の広さ使い勝手がいいところが大きな武器。

取り回しがしやすいため女性が乗るにも都合がよく、普段の買い物の足や街乗りに活躍できます。

燃費も良いため、家計にも優しいのが、フリードの魅力なのではないでしょうか?

今回は、ホンダの現行車種の「人気ミニバンのランキング」を紹介しました。

ファミリーカーとして使い勝手いいミニバン。

ホンダのミニバンでの人気ナンバーワンは、「ステップワゴンスパーダ」でした。

いろいろなミニバンがありますが、普段の使用条件などを考慮して、トータルで選んでいくのがいいと思います。

ぜひ、お気に入りの一台を見つけてください。

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!