ハスラー

【スズキ・ハスラー】安全性はどう?運転しやすい?自動ブレーキは?

遊べる軽!でお馴染みのスズキハスラー

現在軽自動車の中でも注目されている車種の一つです。

豊富なカラーバリエーション、燃費性能も良いだけではなく、遊び心満載で

アウトドアにもピッタリなスズキハスラー

今回はそのスズキハスラーの安全性、運転のしやすさ、自動ブレーキについて紹介していきます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スズキハスラーは運転しやすい?しにくい?

引用:https://matome.response.jp/

運転しやすい車とは?

引用:http://kuruma-kamisama.com/hustler-size/

運転しやすい車の条件としていくつか挙げられると思います。

ボディサイズの小ささ、最小回転半径の小ささ、車高の高さ、運転席からの見晴らしの良さ等

いくつかあります。

スズキ・ハスラーの最小回転半径は4.6m。

同じスズキのワゴンRは4.4mですのでそれに比べると少し大きいですが

困るようなレベルではありません。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

Uターン、狭い道などでも問題なく1発で回転できると言えます。

スズキ・ハスラーは車高の高さは180㎜(4WDは175㎜)あり、車高が高くなっているため

運転席に座ると目線も高く見通しが良いです。

小回りもよく、運転席からの見通しもよいため運転しやすい車と言えそうです。

口コミ評価

引用:https://keivel.com/122

・車高が高く運転しやすい

・雪道でも安心して運転できる

・視野が広く運転しやすい

・軽だと感じさせない走り

・小回りが利く

・燃費が良い

・乗り心地が悪く、路面からの突き上げや揺れを感じる

・足回りが貧弱で乗り心地が悪い

等ここでは書ききれませんが良い口コミも悪い口コミもありました。

良い口コミをまとめみると

・車高が高い為見晴らしがよく運転しやすい。

悪い口コミをまとめてみると

・乗り心地が悪い、足回りが気になるといった口コミが多い気がしました。

ただし、人によっては運転しにくい、乗り心地が良いという人もおります。

人それぞれ感じ方も違うので当然のことだと思います。

購入する際は試乗をする等してみて実際に乗った方がよさそうです。

スズキハスラーの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

引用:https://kei-car-life.com/

スズキハスラーの安全装備は?

スズキには事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」

というものがあります。

事故を未然に防いだり、万が一の場合でも被害を軽減するための技術になります。

スズキ・ハスラーの安全性能は先進の技術が活かされて、運転サポートが充実しています。

・車線逸脱機能(Aを除くCVT車)

車線のはみだしを予防

前方不注意などで、予測された左右の区画線からはみ出しそうになると

ブザー音などの警報によりドライバーに知らせる。

・ふらつき警報機能(Aを除くCVT車)

眠気などによるふらつきを予防

眠気により車両が蛇行し、システムがふらつきを判断した場合

ブザー音などの警報によりドライバーに知らせる。

・先行車発進お知らせ機能(Aを除くCVT車)

うっかり出遅れを予防

信号待ちなどで車が停車中、前の車が動き出し約4m以上離れても

自車が停車し続けたときに、ブザー音や表示でドライバーに知らせる。

・全方位モニター(全方位モニター用カメラパッケージ装着車)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/safety/

見えない場所を映し出す。

メーカーオプションにはなりますが、車の前後左右にカメラが1つずつ設置され

対応ナビゲーションを装着することにより、車を真上から見たように映し出してくれます。

・デュアルカメラブレーキサポート(Aを除くCVT車)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/safety/

2つのカメラを搭載した衝突被害軽減ブレーキ

ルームミラーの前方に2つのカメラが設置され、その2つのカメラが人間の目と同じように

対象との距離や形をとらえることが出来る。それにより輪郭やサイズから歩行者、車、左右の区画線などを

認識します。その情報をもとに警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートします。

自動ブレーキの効きは?

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

デュアルカメラブレーキサポートについてもう少し詳しく説明します。

上記で述べたようにデュアルカメラブレーキサポートは

2つのカメラを搭載した衝突被害軽減ブレーキです。

そのデュアルカメラブレーキサポートは状況によっていくつかの段階に分かれおります。

・前方衝突警報機能

カメラが車両、歩行者を確認し衝突の可能性があると判断するとブザー音とメーター内の

表示で警報で知らせる。

・前方衝突警報ブレーキ機能

更に衝突の可能性が高まると、警報と自動で弱いブレーキが作動しドライバーに注意を促す。

・前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能

前方衝突警報ブレーキにより自動で弱いブレーキが作動したときにドライバーが強いブレーキを

踏むとブレーキアシストが作動し制動力を高める。

・自動ブレーキ機能

衝突が避けられないと判断すると自動で強いブレーキをかけて制御する。

 

スズキハスラーは「デュアルカメラブレーキサポート」「全方位モニター」搭載車が

2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにて最高ランク評価の【ASV++】を

獲得しております。この予防安全性能アセスメントとは衝突が避けられない場合に自動でブレーキを

かける技術などで自動車の先進安全技術の評価をすることです。

スズキ・ハスラーの自動ブレーキは国からも安全技術が認められた車となっています。

スズキハスラーの横滑り防止機能の性能はいかに!?

横滑り防止機能とは?

自動車の旋回時における姿勢を安定させる装置の一種。

路面状況の変化などにより、危険を回避する際に急なハンドル操作を行い車両姿勢が乱れ

横滑りなど不安定な挙動を抑制する。車両の姿勢を安定させるシステムの事です。

スズキハスラーは雪道に強いのか?

スズキハスラーの横滑り防止機能はESP【車両走行安定補助システム】というものになります。

ESP=Electronic Stability Programの略称となっております。

ESPは安定感のある走りをサポートしてくれます。

各種センサーにより、走行中の走りを監視し、カーブなどでのタイヤのスリップ、横滑り、急ブレーキ

でのタイヤロックを抑え、車両の姿勢を安定させます。

では実際スズキハスラーは雪道にも強いのでしょうか?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/safety/

スズキハスラーのタイヤは大径タイヤを採用しており、最低地上高は180㎜となっております。

それによりわだちや雪道などの路面も余裕をもって走行可能です。

スズキハスラーは軽自動車では初となる、グリップコントロール(Aを除く4WD CVT車)

という制御機能を搭載しております。グリップコントロールとは滑りやすい路面で、片輪が空回りした

場合空回りしているタイヤにブレーキ制御をしグリップ側に駆動力を集めることで発進をサポートする

システムになります。

もう一つスズキハスラーには軽自動車では初となる、ヒルディセントコントロールという機能が

あります。ヒルディセントコントロールは、急な下り坂でも自動でブレーキをかけることで約7km/hの

速度を一定に保つ機能です。アイスバーンなどの急な下り坂でのドライバーの不安を解消してくれる

機能となっております。

 

スズキハスラーが

「雪道でも、ちょっとしたラフロードでも、しっかり走れると安心感が違います」

と謳っている理由になります。

引用:http://www.vipauto.co.jp/

スズキ・ハスラーには事故を未然に防ぐために、今までにはなかったような様々な安全装備が

搭載されております。またここでは全ての安全装備を説明できませんでしたが、他にもいくつも

安全装備が搭載されており、ドライバーが安心して運転できるように取り組まれております。

遊べる軽!だけではなく安心、安全も兼ね備えている軽と言えます。

 

 

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ