ハスラー

【スズキ・ハスラー】色を紹介します!人気カラーは何なのか!?

ハスラーと言えばアウトドアシーンでも便利な遊べる軽として人気な軽自動車。

そんなハスラーには全部で8色のカラーがありますが、具体的にどのようなカラーが人気なのでしょうか。

今回はハスラーのカラーの種類と人気のカラーについて触れていきます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スズキハスラーの色見本は?

ハスラーのカラーにはどのようなものがあるのかについて見ていきましょう。

ハスラーのボディカラーはグレードごとに選べるものが違います。

ベースグレードのAの場合だと全5色、中間グレードのG・GターボになるとAの5色に加えて2トーンカラーが9色ほど追加され全14色、上級グレードのJ・Jターボでは2トーンカラー含めて全7色が用意されています。

では、具体的にどのような色なのかグレードごとに見ていきましょう。

スズキハスラーAのカラー

スズキハスラーの色見本は?

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ハスラーのベースグレードであるAのカラーはクールカーキパール、ブルーイッシュブラックパール、シフォンアイボリーメタリック、ピュアホワイトパール、スチールシルバーメタリックの全5色展開。

ベースグレードでありながらどのカラーも質感が高く、クールカーキパールメタリックはSUVならではを強く押し出した配色になっていますね。

因みにAには2トーンカラーは設定されていませんので、2トーンカラー仕様のハスラーが欲しい方はAは避けた方が良いでしょう。

2トーンじゃなくても良いという方はAを選択しても問題ありません。

スズキハスラーG・Gターボのカラー

スズキハスラーの色見本は?

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ハスラーの中間グレードであるG・Gターボは上記の9色にベースグレードのAの5色を合わせた全14色展開。

単色のみならず、ルーフ部分がホワイトの2トーンルーフカラーが7色、ルーフ部分がブラックの2トーンルーフが2色追加されており質感はとても高いです。

2トーンルーフカラーのハスラーが欲しい方は必然的にG・Gターボ以上のグレードが選択肢に入ってきますね。

因みに2トーンルーフカラーの種類はG・Gターボが一番多くなっていますので、カラー選びで迷っている方はその点も頭に入れてお気に入りのカラーを選ぶと良いでしょう。

スズキハスラーJ・Jターボのカラー

スズキハスラーの色見本は?

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ハスラーの上級グレードであるJ・Jターボのカラーは上記の全8色。

G・Gターボに比べると選択できるカラーの種類は減っていますが、ブラック2トーンルーフの選択肢は増えていますね。

G・Gターボはホワイト2トーンルーフをメインに、J・Jターボはブラック2トーンルーフをメインに販売しているイメージを持っていただくと購入すべきグレードが分かりやすくなるでしょう。

また、個人的にはピュアホワイトパールブラック2トーンルーフがとても質感が高く見えておすすめです。

スズキハスラータフワイルド・ワンダラーのカラー

スズキハスラーの色見本は?

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ハスラーには特別仕様車としてワンダラー、タフワイルドの2つがありそれぞれカラーが違います。

とはいえワンダラーはベースがJ、タフワイルドはベースがGですのでボディカラーはベース車のものを使用し、ルーフやボディの一部に特別感を出すために異なる配色をしている作りとなっています。

ワンダラーの場合はこれまでのホワイト、ブラックではなく自然感あふれるブラウンをルーフ部分に塗装していて高級感が出ていますね。

タフワイルドの場合だとルーフ部分はブラックで統一されている他にリアクォーターパネルにもブラックの加飾がなされていて文字通り力強い印象です。

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

ここまではグレードごとに選べるカラーについて見ていきましたが、ここからはハスラーの人気カラーをランキング形式で紹介していきましょう。

因みに今回の人気カラーのランキングは全グレードが対象になっており、中には追加費用が発生するカラーもありますので費用についても同時に紹介いたします。

1位.フェニックスレッドパールブラック2トーンルーフ

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ハスラーのボディカラーの1番人気はフェニックスレッドパールブラック2トーンルーフ。

このカラーはG・GターボやJ・Jターボの他に特別仕様車のタフワイルドにて選択可能なカラーで、追加費用として43,200円ほどかかってきます。

しかしながら、赤黒の組み合わせは上質な雰囲気を醸し出しており市街地に映えるデザインで老若男女問わず非常に人気が高いです。

赤単色だけであれば少し派手な印象を受けますが、黒を取り込んでいることで上手く落ち着いた雰囲気を得ていますね。

2位.パッションオレンジホワイト2トーンルーフ

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

2位に輝いたのはパッションオレンジホワイト2トーンルーフ。

パッションオレンジホワイト2トーンルーフはG・Gターボにて選択が可能なカラーで、パッションの名のごとくエネルギッシュな雰囲気が漂っています。

アウトドアなイメージのハスラーにとってこのカラーはある意味ではハスラーらしいカラーであり、CMでもよく見かけることから特に女性からの人気が高くなっています。

また、こちらのカラーも43,200円ほど追加費用がかかってきます。

基本的にG・GターボやJ・Jターボにて選択可能なカラーは43,200円ほどの追加費用がかかってきますので注意しましょう。

3位.アクティブイエローブラック2トーンルーフ

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

3位に入ってきたのはアクティブイエローブラック2トーンルーフ。

アクティブなイメージのSUVにはピッタリなカラーであり、SUV好きからの支持を得ています。

因みにこちらのカラーはG・Gターボ、J・Jターボ、タフワイルドにて選択が可能なカラーで、追加費用は例によって43,200円です。

4位.ブリクスブルーメタリックホワイト2トーンルーフ

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

4位にはブリクスブルーメタリックホワイト2トーンルーフがランクイン。

ハスラーのイメージカラーとなっているこのカラーは海辺でよく映える作りで、夏空を思い起こさせる雰囲気があります。

晴れやかな青は、ドライバーだけでなく周りの人々をも楽しい気分にさせてくれることでしょう。

なお、このカラーはG・Gターボのみで選ぶことが可能で追加費用はこれまでと変わらず43,200円です。

5位.アクティブイエローホワイト2トーンルーフ

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

5位にはアクティブイエローホワイト2トーンルーフが選ばれています。

2位にこのカラーのブラック2トーンルーフが選ばれていますが、こちらはブラック2トーンルーフとはまた違った印象がありますね。

白と黄色のマッチングが上手くいっており、こちらもSUV好きからの支持を多く得ているだけでなく女性からも人気です。

なおこのカラーはG・Gターボ、J・Jターボで選択することが出来ます。

6位.フェニックスレッドパールホワイト2トーンルーフ

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

6位はフェニックスレッドパールホワイト2トーンルーフ。

こちらは1番人気のフェニックスレッドパールブラック2トーンルーフよりは人気が下がるものの、それでもトップ10には入っています。

赤黒が上質な感じで高級車のような雰囲気があるとしたら、こちらは気楽でオモチャのように乗ることが出来る雰囲気を持っているといった印象ですね。

個人的には、赤黒の組み合わせも赤白の組み合わせもどちらも良い組み合わせであると考えています。

赤白は言い換えれば縁起の良い紅白カラーでもあるということになりますからね。

因みにこのカラーが選択できるのはG・Gターボ、J・Jターボで選択出来ます。

7位.ピュアホワイトパールブラック2トーンルーフ

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

7位にはピュアホワイトパールブラック2トーンルーフが入ってきました。

白のボディに黒の組み合わせはシンプルでありながらも上質な感じがしますね。

個人的にはもう少し上位にランクインしても良いのでは、と思いましたが遊べる軽としてその名が知れているハスラーにとっては白黒の組み合わせは物足りない印象があるためか、7位という結果に落ち着いています。

また、ピュアホワイトパールの2トーンルーフでない通常の単色仕様もこの順位にランクインしています。

なお、このカラーの追加費用は21,600円とこれまでのカラーよりも安い追加費用で選択できるグレードはピュアホワイトパールがAとG・Gターボ、ピュアホワイトパールブラック2トーンルーフがJ・Jターボで選択することが可能です。

8位.クールカーキパールメタリックホワイト2トーンルーフ

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

8位にはクールカーキパールメタリックホワイト2トーンルーフがランクイン。

クールカーキパールメタリックは画像のように山中などの自然溢れる場所で特に映えるカラーで、暖かみのある配色となっているのが特徴です。

このカラーもハスラーのイメージカラーの1つとなっており、男性からの人気が高くなっています。

なお、こちらはG・GターボとJ・Jターボで選択可能で追加費用は例によって43,200円です。

9位.クールカーキパールメタリック

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

9位には2トーンルーフ仕様じゃない単色のクールカーキパールメタリックがランクインしています。

2トーンルーフ仕様が若者を意識して落ち着いた配色に白を加えることで少し刺激を加えているのに対し、こちらは単色とすることで2トーンルーフ仕様よりも一層落ち着いた雰囲気が出ているため大人な方にとても人気があります。

このカラーはA、J・Jターボにて選択が可能なカラーで追加費用はかかりません。

追加費用がかかるのはG・GターボとJ・Jターボから選択が可能な2トーンルーフカラーであると考えると良いでしょう。

10位.スチールシルバーメタリック

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

10位にはスチールシルバーメタリックがランクイン。

定番のシルバーは10位という結果になってしまいましたが、チープさが目立つようなシルバーではなくガンメタリックよりは薄いもののそれでも充分に濃いシルバーとなっています。

SUVらしい重厚感を保ちつつも、ハスラーの持つ気楽なイメージを崩さないこのカラーは少し控えめなカラーが欲しい人からの人気が高いです。

また、シルバーということから汚れも目立ちにくいため洗車が面倒な人からも支持を得ています。

こちらは単色ではありますが追加費用21,600円が発生し、選択できるグレードはA、G・Gターボです。

11位.シフォンアイボリーメタリック

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

11位にシフォンアイボリーメタリックがランクイン。

こちらはピュアホワイトパールのような真っ白という配色ではなく、暖かみを持たせたクリームカラーのような配色になっています。

このカラーは、春の暖かい日に田舎道をゆっくりと走る場面で良く映える印象ですね。

暖かみのある配色であることから、女性からの人気が高くなっています。

因みにこのカラーの追加費用は発生せず、選択できるグレードはAとG・Gターボです。

12位.チアフルピンクメタリックホワイト2トーンルーフ

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ハスラーのイメージカラーの1つであるチアフルピンクホワイト2トーンルーフは12位という結果に。

こちらはカラーがカラーなだけに、女性からの人気が圧倒的です。

男性がこのカラーを選ぶのはかなり勇気が必要でしょう。

追加費用は43,200円、選択可能なグレードはG・Gターボのみです。

13位.ムーンライトバイオレットパールメタリックホワイト2トーンルーフ

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

13位にはムーンライトバイオレットパールメタリックホワイト2トーンルーフが選ばれました。

個人的な意見で申し訳ないのですが、このカラーはもう少し評価されても良いのではと感じましたね。

紫に白の組み合わせはかなり個性的であるが故にこの順位になってしまったのでしょう。

また、追加費用が64,800円と今までのカラーと比べると高額なことも一因ですね。

因みにこのカラーを選択できるグレードはG・Gターボのみです。

14位.ブルーイッシュブラックパール3

スズキハスラーの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

最後に選ばれたのはブルーイッシュブラックパール3。

ブラック系カラーにブルーを組み合わせたカラーは定番ではあるのですが、何故かハスラーではあまり人気が高くないようです。

これには様々な要因がありますが、黒ベースのため汚れが目立って洗車が大変というのも一つの要因でしょう。

追加費用こそ発生しませんが、洗車の大変さを考えると中々手が出せないカラーですね。

因みにこのカラーのみ、特別仕様車を除く全てのグレードで選択が可能です。

スズキハスラーの手入れはこうやろう

スズキハスラーの手入れはこうやろう

ここまでハスラーの人気なカラーについて触れていきましたが、車を所有する上で気になるのが汚れ。

ここからはハスラーの手入れについて触れていきましょう。

因みにブラック系のカラーは一見すると洗車が大変そうに見えますが、実際は大変というより洗車の頻度が多いといった感じですので洗車そのものが苦手でない方はブラック系のカラーを選択するのも良いでしょう。

洗車の基本は「たくさんの水と泡で滑らせるように」洗うことが大事

スズキハスラーの手入れはこうやろう

洗車をする際、スポンジに水と泡を含ませてゴシゴシとこすりながら洗う方もいるかと思いますがちょっと待ってください。

その方法ですと、傷が付く可能性があります。

車のボディを人間の肌に例えると、ゴシゴシとこすり続けるとスポンジの繊維によって車の塗装部分に傷が入ります。

スポンジの繊維だけでなく、水洗いでは落としきれなかった砂やゴミなどが間に混ざるとどうなるかは容易に想像できるでしょう。

洗車をする際は、まずは水で一通り洗い流した上でスポンジに水と泡を多く含ませて滑らせるように洗車しましょう。

水によってできる膜の上から洗うイメージを持つと、分かりやすくて良いですね。

洗車機での洗車後の拭き上げは必須級

スズキハスラーの手入れはこうやろう

洗車をする際に手洗いで行う方の他に、ガソリンスタンドなどに設置されている洗車機で洗車する方も多いでしょう。

一昔前の洗車機では傷が付きやすいといった、あまり良くないイメージが強かったですが最近の洗車機ではボディに優しい布ブラシを装備しているものも多くなってきて、洗車機でも手洗い洗車と変わらないクオリティに仕上がるタイプも増えてきました。

さて、そんな洗車機ですが洗車が終わった後に拭き上げはしていますか?

洗車機での洗車の後は必ず拭き上げを行いましょう。

洗車機のブローである程度水は弾き飛ぶとはいえ、わずかに水滴は残っています。

水滴を放置しているとウォータースポット、つまり水垢が残ってしまうため洗車後は拭き上げを行うようにしましょう。

因みに拭き上げの際もなるべくゴシゴシとこするようなことはせず、優しく拭き上げるようにすると傷が付きにくくなります。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ