ハスラー

【スズキ・ハスラー】不具合とリコール情報紹介します!何があるの?

車につきものなのが故障や不具合などの問題になります。

車も消耗品ですから、必ずどこかで故障などが起きますが、車の製造時に起きた不具合をリコ一ルと言ったりします。

リコ一ルは通常の故障とは違い、無償でパ一ツの交換や整備を受けることができます。

ここではスズキハスラ一に起きているリコ一ルや自然故障などの不具合も含め、紹介していきます。

早速みていきましょう。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキハスラーの不具合報告はあるの?

引用:https://pixabay.com/

スズキの軽は故障が少ない、という情報がネットやスズキユ一ザ一からちらほら聞こえてきますが、実際のところはどうなのでしょうか。

スズキに限らずですが、車はラインで大量生産で作るので、それなりの品質は保たれていますが、必ずしも壊れない車ができるというわけではありません。

車の使用条件などで、車の寿命は変わりますし、全て同じ品質ということはありえません。

ではハスラ一に起きやすい故障や不具合はどのような状態なのでしょうか。

車の故障はタイミングが読みづらい

引用:https://pixabay.com/

車の故障は急に壊れることと、段々と不具合が起きる(異音がする、異臭がする、警告表示が出る、車が異様にし振動する)の二つに分けることができます。

特に前者はなんの前触れもなく起きるので、非常に読みづらいものです。

定期的に車のメンテナンスをしていれば、問題ありませんが、全員が定期的に車のメンテナンスをできるわけではありません。

車検の時に同時にするか、ディ一ラ一からのDMからでメンテナンスをするかでしょう。

それと日本の車は全体的に「故障しづらい」というのが当たり前で、ほぼノ一メンテナンスで走り続けることができます。

エンジンオイルをほとんど変えていなくても、冬でも問題なくエンジンがかかるなど、日本の車の技術の性能の高さならではですが、スズキのハスラ一も例外ではありません。

しかし、前触れなく故障が来るのは世界共通のメ一カ一で言えることなので、このことに関しては避けられないと考えておくのがいいでしょう。

電気系統の故障

引用:https://pixabay.com/

スズキのハスラ一でよく聞くの故障や不具合は電気系統に関することです。

ただし最初に述べておきますが、日本の車は故障は少ない方です。

外車になりますと、原因不明の故障になったり、エンジン総取っ替えみたいな故障になることもよくありますので、あまり比較対象になりませんが、それだけ日本は素晴らしい車を作っているということになります。

ハスラ一の電気系統の故障はまずオルタネ一タ一やプ一リ一の故障です。

しかし、水を差すようですが、オルタネ一タ一の故障は全メ一カ一ほぼ平等に起きる故障で、しかも突然訪れたりします。

なので、ハスラ一だけ特別多いわけではなく、どのメ一カ一の車にも言えることなので、ハスラ一だけ特別多いわけではありません。

その前兆としては、エアコンの効きが著しく悪くなったり、メ一タ一の警告灯にバッテリ一マ一クが点灯したなどありますので、その際は早急にディ一ラ一や安全な場所に車を止めましょう。

CVTの故障

引用:https://pixabay.com/

続いて、スズキのハスラ一で故障が多いのがCVTの故障です。

近年低燃費を向上させるために、ギアではなく、無段階のギアを採用することによってエネルギ一ロスを減らし燃費の向上に貢献しております。

また通常の1速→2速と進んでいく、ギアと比べ無段階なので、変速のショックも少ないので、スム一ズな走り出しで、街の乗りでは気持ちの良い走りを提供してくれます。

しかし通常のギアとは違い、ベルトを使った構造なので、少々複雑な機構になるので、故障をするとギアそのものも交換となることが多いです。

また最悪な場合ですと、車自体の買い替えをしないといけないこともあるので、かなり重大な故障と言えます。

ハスラ一はこのCVTの故障が多いと言われていますが、恐らく少しの情報が大きく拡散されているだけなので、そこまで頻繁に起きる故障とは言えないでしょう。

CVTの故障は車の走りに関する大きな役割を果たしている部分なので、この箇所が頻繁に故障をしていてはメ一カ一にとって信頼を落とすことになってしまうので、CVTもしっかりと作られています。

スズキハスラーのリコールの情報は出ているのか?

引用:https://pixabay.com/

題の通り、スズキのハスラ一はリコ一ルの情報が出ているのでしょうか。

リコ一ルに関してのことは後ほど説明しますが、まずはハスラ一のリコ一ルの情報を見てみましょう。

ハスラーのリコールは一件のみ

引用:http://www.suzuki.co.jp/

ハスラ一はスズキの他の車種とパ一ツを共有しているので、ワゴンRやスペ一シアなども同じリコ一ル内容ですが、その内容はエンジンと電気系統をつなぐベルトの耐久性のリコ一ルです。

基本的にはエンジンは動力でありながら、バッテリ一を充電するための発電機でもあるため、その動力を繋げるためのベルトの耐久性がに問題があるというリコ一ル内容です。

車の電気系統が作動しなくなると、ライトがつかなくなったり、パワステやパワ一ウィンドウや、ABSやエアバッグなどあらゆるものが機能しなくなるので、かなり重大なリコ一ルと言えます。

引用:https://pixabay.com/

また画像にも書いてありますが、電気系統が働くなると、エンジンも止まってしまうので重大な事故になりかねないので、かなり大事なリコ一ル情報となります。

しかしハスラ一に関するリコ一ルはこの一件だけで、まだ販売開始から5年ほどの車なので、件数が少ないのも理由の一つです。

スズキハスラーの不具合とリコール対応状況とまとめ

引用:https://pixabay.com/

では最後にスズキハスラ一のリコ一ルの対応の情報をご紹介していきます。

リコ一ルの情報が届いた際はどのように対応すべきなのか、その辺りを見ていきましょう。

リコールは無償で対応してくれる

引用:https://pixabay.com/

リコ一ルの根幹の考えは、「より良い交通環境」ということなので、環境に何らかの害を及ぼすことが考えられることは対応するという考えに基づいています。

また情報の発信源は国土交通省からで、メ一カ一と国土交通省双方がその取り組みに関わっているので、ある意味国を挙げての車の不具合の対応ということになります。

引用:http://www.mlit.go.jp/

上記の画像は国土交通省からのものになりますが、リコ一ルまでの流れを表しております。

環境の保全は国の務めでもありますし、環境破壊にかかわらず、人間の生活や自然に対しての脅威となることは避けたり、対策を取る必要があるわけです。

なのでリコ一ルというのはとても重要なものとなっており、ハスラ一にはリコ一ルの情報が出ていますので、早急に対応してもらう必要があるわけです。

しかし意外と知られていないのか、リコ一ルにはお金がかかると思っている方も少なからずいるようですが、リコ一ルは無償で対応してくれます。

このことに関してはユ一ザ一に責任があるわけではなく、製造過程で起きたことやパ一ツそのものの不具合にありますので、ユ一ザ一はー切関与できないことです。

なのでリコ一ルというのは無償で対応してくれるので、まだリコ一ルの修理や交換をしていない方は最寄りのディ一ラ一に持っていきましょう。

またこのことも多く知られていませんが、中古車でもリコ一ルの対応はします。

新車限定というわけではなく、対象となっている車全てがリコ一ル対象なので、中古車で手に入れたハスラ一も必ずディ一ラ一で見てもらいましょう。

そして一番大事なことですが、リコ一ルは必ずディ一ラ一は受け付けないといけないことが決まっているので、必ず対応してくれます。

ほとんどの確率でありえないことですが、リコ一ルの対応をしていないディ一ラ一などがあればそれは問題がありますので、本社などに問い合わせるといいでしょう。

またディ一ラ一としてはリコ一ルはメ一カ一負担なので、ディ一ラ一そのものの売り上げとなりますので、まず間違いなくリコ一ルは受け付けてくれます。

 

 

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ