ハスラー

【スズキ・ハスラー】内装や内寸はどんな感じなの?快適なのか!?

キャンプに釣りに、アウトドアなシーンでも便利に使える車として人気のハスラー

そんなハスラーですが、車内の広さや内装の質感が気になる方も多いでしょう。

今回はハスラーの内寸と内装の質感、おすすめのインテリアカスタム例をご紹介いたします。

今回の記事を参考に、ぜひ自分だけのオリジナルなハスラーを組み上げてみてください。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキハスラーの内寸はどうなの?

スズキハスラーの内寸はどうなの?

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ハスラーは遊べる軽として様々な使い方が出来る軽自動車として人気で、ハスラーのオーナーの中にはキャンプなどアウトドアを楽しみたいという方も多いでしょう。

そんな時に気になることと言えば、車内の広さなど内寸について。

ここではまずハスラーの内寸について紹介するとともに、車中泊が可能な広さなのかについても触れていきましょう。

ハスラーの内寸について、まず数値から見ていくと室内長2,160×室内幅1,295×室内高1,250mmの広さとなります。

数値だけ見ると長さは充分に確保されており例えば長さが180cm程度のサーフボードのような長物であっても車内に積むことが可能です。

スズキハスラーの内寸はどうなの?

引用:https://www.suzuki.co.jp/

幅に関しても、軽自動車ということを考えると充分に確保されておりたとえ荷物を積んだとしても快適に乗ることが可能です。

しかし、室内高に関しては前席こそ拳一個半程度の広さはあるものの、後部座席の頭上の広さは拳一個の半分程度のスペースしかありません。

これはハスラーがSUV風に作られていることもあり、最低地上高が高くなっていることで室内の天井高が逆に低くなってしまうからです。

そのため、後部座席に関してはあくまでおまけ程度に考えておくのが吉でしょう。

それでも、同じくスズキから販売されている本格クロカン4WDのジムニーに比べるとある程度は快適性を保つように作られています。

スズキハスラーでの車中泊について

スズキハスラーの内寸はどうなの?

引用:https://minkara.carview.co.jp/

ここまではハスラーの広さについて触れていきましたが、ここからは車中泊が可能なのかについても触れていきましょう。

ハスラーの内寸は前述の通りですが室内長の数値を見てみると2,160mm、つまり約2メートルほどになります。

幅に関しても1,295mm、約1.2メートルですので充分に快適な車中泊が可能です。

更にハスラーには公式からアクセサリーパッケージが用意されており、車中泊向けにベッドクッション、カーテン、ラゲッジボード、シェードの4点セットが販売されています。

また、グレードによって車中泊の快適さが違っておりベースグレードのAだとリアシートのスライド機能や運転席のシートリフターが省かれていますので基本的には1人での車中泊がおすすめです。

中間グレードのGや上級グレードのJではリアシートスライド機能とシートリフター、どちらも装着されていますのでこちらのグレードであれば2人車中泊も充分に可能ですね。

1人で車中泊をするのか、2人で車中泊をするのかによってグレードを選択すると良いでしょう。

スズキハスラーの内装色の選択できる範囲は?

スズキハスラーの内装色の選択できる範囲は?

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ここまではハスラーの内寸や車中泊が出来るかどうかについて触れてきましたが、ここからはハスラーの内装色について触れていきましょう。

ハスラーの内装色はアイボリー、イエロー、カーキの3色の他にブラックインテリアパッケージというものが用意されていて、こちらはメーカーオプションとなっています。

シートカラーに関してはシートパイピングと言ってシートの一部分にアクセントを施したような作りになっており、そのカラーはホワイト、イエロー、カーキの3色展開となっています。

また、内装色はグレードによって指定出来る範囲が決まっており例えばベースグレードのAだとインパネのカラーはアイボリーのみ、シートパイピングは無しといういかにもベースグレードらしい構成。

中間グレードのGとGターボ、上級グレードのJとJターボからはインパネカラーにアイボリー、イエロー、カーキの全3色を指定可能、シートパイピングに関してもホワイト、イエロー、カーキの3色が指定可能です。

ここまでグレードごとのカラーの構成について紹介いたしましたが、よほどのことがない限りはベースグレードのAは避けた方が良いでしょう。

少しでも購入費用を抑えてDIYでカスタムしたいという方であれば、Aも購入候補に上がってきますが充実したインテリアを有している車が欲しい方であれば中間グレードのG、Gターボや上級グレードのJ、Jターボがおすすめです。

特別仕様車のワンダラー、タフワイルドについて

スズキハスラーの内装色の選択できる範囲は?

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ここまで通常モデルのハスラーのインパネ、シートカラーについて触れていきましたがハスラーには2つの特別仕様車があります。

1つは力強くワイルドなイメージのタフワイルド、もう1つは自然に溶け込むような冒険心に溢れるデザインのワンダラーが特別仕様車として販売されており、特別仕様車と通常モデルのインパネカラー、シートパイピングも含めたシートカラーのどちらとも5色展開です。

インパネカラーの種類に関してはタフワイルドがオフブルー、イメージ的には淡い水色でシートカラーは高級感のあるネイビー&ブラウン。

ワンダラーはウッド調のインパネカラーにブラック&イエローブラウンのシートカラーが採用されています。

更に通常モデルだとステアリングカラーはブラック1色のみでしたが、特別仕様車はステアリングカラーが変わっておりワンダラーがイエローブラウン、タフワイルドにはガンメタリックが指定されています。

因みにタフワイルドは通常モデルのGがベースになっていますので価格は16万円増の1,487,160円、ワンダラーはJがベースになっており12万円増の1,608,120円です。

どちらともベースとなったグレードから20万円以下の増額で購入することが可能で、インテリアをカスタムしたと思えばリーズナブルと言えます。

ベースとなったGやJを購入して自分なりにカスタムするのも良し、特別仕様車を購入して充実したインテリアを楽しむのも良しですね。

スズキハスラーの内装を改造したい?できます!!

ここまではハスラーの内装色について触れていきましたが、ここからはハスラーの内装をカスタムしたい方に向けてその情報をお伝えしていきましょう。

因みに、ハスラーを車中泊仕様にする際の費用についても触れていきますのでハスラーでの車中泊を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

スズキハスラーのインパネ周りをカスタム

スズキハスラーの内装を改造したい?できます!!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ハスラーのインパネ周りは良くも悪くも軽自動車らしいデザイン。

これはこれで良いのですがせめてもう少し高級感は欲しい、そういった方は思い切ってインパネ周りをカスタムしてみましょう。

ハスラーにはメーカーからインパネ周りのカスタムパーツが販売されており、様々なカラーがあります。

スズキハスラーの内装を改造したい?できます!!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

上記の画像が純正カスタムインパネで、デカールによって遊び心が増していますね。

高級感とは少し違いますがハスラーのキャラクターに良くあうカスタムパーツで、値段も10,692円とリーズナブルで手が出しやすいのが嬉しいところです。

またこの他にも、高級感をプラスした木目調パネルも販売されています。

スズキハスラーの内装を改造したい?できます!!

引用:https://wowma.jp/

こちらがWoumaというネットショッピングサイトから入手することが可能な木目調パネルです。

こちらの木目調パネルは送料無料で16,848円で販売されており、純正カスタムパーツよりは値が上がるものの高級感を出すための定番のアイテムとしてはむしろリーズナブルな価格です。

木目調パネルは個人的にもとてもおすすめできますので、インパネ周りのカスタムを考えている方はぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

スズキハスラーの車中泊仕様について

スズキハスラーの内装を改造したい?できます!!

引用:https://www.suzuki.co.jp/

ハスラーの内装をカスタムする上でぜひおすすめしたいのが車中泊仕様にカスタムすること。

ハスラーは遊べる軽として人気であり、キャンプなどのアウトドアの場面で特に重宝します。

キャンプのようにテントを外に張って寝床を作る方法も良いのですが、冬場などの寒い時期は車内で睡眠を取りたい方も多いでしょう。

ハスラーは純正アクセサリーにて車中泊キットが販売されており、その総額はおよそ160,758円ほど。

価格だけ見ると非常に高いですがあくまでメーカーが示した一例でありますので、必要に応じて使うアイテムを減らすと価格が抑えられるでしょう。

SUVらしくフルフラットに近い空間を作れますので、思ったよりも快適な車中泊空間を作ることが可能です。

スズキハスラーの内装を改造したい?できます!!

引用:https://www.rakuten.co.jp/

車中泊仕様にする上で絶対に欠かせないベッドクッションについては、純正品は39,960円と安くはない金額です。

純正品が高くて手を出せないという方は、社外品にはなりますがこちらのLevolvaスマート車中泊マットを利用すると良いでしょう。

この車中泊マットだと、楽天市場で17,800円ほどで販売されていますので純正品よりもかなり費用を抑えて車中泊環境を整えることが可能です。

使わない時は折りたたんでラゲッジスペースに置くことも可能ですので、ぜひ検討してみてください。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ