ハスラー

【スズキ・ハスラー】新型や旧型でどう違ってくるの?年式毎に紹介!

広いワイドタイプの軽自動車が人気の中、

突如登場した、人気のコンパクトカースズキ・ハスラー

印象的なデザインで、見る人をひきつけます。

そんな、スズキ・ハスラーを年式毎に紹介します。

スズキ・ハスラーの魅力を十分感じてください。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキハスラーの現行・新型機の紹介します!

スズキ・ハスラーの現在のモデルを紹介します。

スズキハスラーの現行・新型機の紹介します!

https://kakaku.com

現在のスズキ・ハスラーは、2018年11月にマイナーチェンジされたものが一番新しいスズキ・ハスラーとなっています。

紹介します。

スズキ・ハスラー大きさ

・全長×全幅×全高:3395×1475×1665mm

・室内長×室内幅×室内高:2160×1295×1250mm

新型スズキ・ハスラーは、マイナーチェンジ後、大きさは変わりません。

カラーは13色と多彩なカラーになっています。

スズキハスラーの現行・新型機の紹介します!

https://clicccar.com

グレード・価格

現在のグレードは、A・G・J・Gターボ・Jターボ・特別仕様車のWandererが採用されています。

特別仕様車

TOUGH WILD(2WD/4WD)
・2WD/CVT:1,487,160円~

Wanderer(2WD/4WD)
・2WD/CVT:1,608,120円~

標準グレード

グレードA

5MT・2WD/4WD
2WD/5MT:1,100,520円~

CVT・2WD/4WD
・2WD/CVT:1,100,520円~

グレードG

5MT・2WD/4WD
・2WD/5MT:1,197,720円~

CVT・2WD/4WD
2WD/CVT:1,323,000円~

ターボ・2WD/4WD
2WD/CVT:1,409,400円~

グレードJ

2WD/4WD
・2WD/CVT:1,485,000円~

ターボ・2WD/4WD
・2WD/CVT:1,578,960円~

価格は、1,100,520円~1,734,480円と、最小グレードのAの価格は変更ありませんが、特別仕様車が新しくなり価格が上がっています。

また、旧型のグレードGよりも安全性能が充実したため、グレードGも約5万円上がっています。

グレートで変わった点は、今まであったXのグレードがなくなり、今まで特別仕様車のみであったグレードJが標準車になったことです。

 

エンジン燃費・安全性能

燃費性能に関しては、今までのエンジンが変更になり、最廉価の「A」グレードと5速MT車以外のエンジン性能は、スズキのハイブリッドシステムのSエネチャージが装備され、小型モーターにより再始動の気になる音がないアイドリングストップが可能になりました。

このことにより、燃費性能があがっています。

・自然吸気エンジン+S-エネチャージ:32.0km/L

・ターボエンジン+S-エネチャージ:27.8km/L

・自然吸気エンジン(グレードAのみ):26.6km/L

スズキハスラーの現行・新型機の紹介します!

https://car-japan.info

安全性能に関しては、これまで全てのグレードに搭載された「レーダーブレーキサポート」が、最新の「デュアルカメラブレーキサポート」に変更されました。(Aを除くCVT車)

「デュアルカメラブレーキサポート」とは、衝突被害軽減ブレーキに2つのカメラを搭載したステレオカメラ方式を採用し、人の目と同じように左右2つのカメラが対象との距離や形をとらえ、そのサイズや輪郭から歩行者やクルマを認識する機能です。

このことによって、対物・対人への認識が早くなりました。

・車線逸脱警報機能(Aを除くCVT車)

・ふらつき警報機能(Aを除くCVT車)

・先行車発進お知らせ機能(Aを除くCVT車)

の安全性能があります。

このように、2018年11月にマイナーチェンジされてスズキ・ハスラーは安全性能・燃費の向上がが上がっている仕様になっています。

スズキハスラーの現行・新型機の紹介します!

https://autoc-one.jp

スズキハスラーの旧型機を紹介します!

スズキ・ハスラーの旧型機を紹介します。

スズキ・ハスラー大きさ

・全長×全幅×全高:3395×1475×1665mm

・室内長×室内幅×室内高:2160×1295×1250mm

ボディカラーには2トーンルーフカラーを含む全11色です。

https://car.watch.impress.co.jp/

グレード・価格

グレードは、A・G・Gターボ・X・Xターボの5つのグレードがあります。

それぞれ価格を紹介します。

グレードA

5MT・2WD/4WD
・2WD/5MT:1,048,950円~

CVT・2WD/4WD
・2WD/CVT:1,048,950円~

グレードG

5MT・2WD/4WD
・2WD/5MT:1,127,700円~

CVT・2WD/4WD
2WD/CVT:1,211,700円~

ターボ・2WD/4WD
2WD/CVT:1,295,700円~

グレードX

CVT・2WD/4WD
2WD/CVT:1,369,200円~

ターボ・2WD/4WD
2WD/CVT:1,453,200円~

スズキ・ハスラーの価格は、1,048,950円~1,576,050円と設定されています。

価格重視でマニュアルエアコン搭載のグレートA。

内装が充実しているG、Gにターボ搭載のGターボ。

シートの仕様上級グレードX、Xにターボ搭載のXターボとなっています。

スズキハスラーの旧型機を紹介します!

https://keivel.com/

エンジン燃費・安全性能

スズキ・ハスラーは、軽量で低騒音なR06A型エンジン(その後、改良しています)

・5MT:23.2~24.4km/l

・CVT車:26.0~29.2km/l

・ターボ25~26.8km/l

となっています。

また、エネチャージ(Aを除くCVT車)、エコクール(Aを除く)、新軽量衝撃吸収ボディーTECTなど、スズキ独自のグリーンテクノロジーを採用しています。

 

安全性能

・レーダーブレーキサポート「衝突被害軽減ブレーキ」

・誤発進抑制機能

・エマージェンシーストップシグナル(急ブレーキを踏んだ際、後続車の追突を防ぐため制動灯の点滅)

・ヒルディセントコントロール(急な下り坂の速度を約7km/lに維持する)

・グリップコントロール(雪道での路面の発進のサポート)

・ESP(横滑り防止装置)

Aを除く全てをのぞくグレードに標準装備されています。

グリップコントロールは2014年現在の軽自動車初の安全性能です。

スズキハスラーの旧型機を紹介します!

https://car.biglobe.ne.jp/

スズキハスラーを年式毎に比較!!

スズキハスラーを年式毎に比較!!

https://kuruma-kau.net/

スズキ・ハスラーを年式ごとに比較します。

スズキ・ハスラーは2014年1月のデビューしたまだ発売されて

5年ほどしか経過しない新しいタイプのコンパクトカーです。

初代スズキ・ハスラーMR系(2014年~)

スズキ・ハスラーの初代は2014年1月8日に発売されました。

・全長×全幅×全高:3395×1475×1665mm

とその後のフルモデルチェンジはありませんので大きさはかわっていません。

遊べる軽自動車として、A・G・X・Gターボ・Xターボの5つのグレードを設定しました。

また、A・GグレードではCVT車に加えて5速MT車も発売しました。

 

2014年4月

消費税増税により価格の変更

 

2014年12月(特別仕様車を追加)

RJCカーオブザイヤー受賞記念に特別仕様車JSTYLEを発表しています。

外観は、エンブレム・ホイールを白に変更などオシャレにしています。

外装のエクステリアは、赤・カーキ・黒の車体色へ白色のルーフを組み合わせた専用の2トーンカラーを採用しており、カラーは3色にしています。

内装は、専用のフロアーマットラバー、助手席シートヒーターを装備しています。

 

2015年5月(一部変更)

エンジン性能の変更

・エンジンをNA(自然吸気)・CVT車に搭載していたエネチャージ からS‐エネチャージに変更しています(Aは除く)。

・S‐エネチャージとR06A型エンジンを(改良し燃費向上)組み合わせることで2WD車は32.0km/Lの優れた燃費性能を実現しています。(燃料消費率JC08モード走行)

ボディカラーの変更

・カラーも変更し全車にクリスタルホワイトパール、クリスタルホワイトパールブラック2トーンルーフを新たに設定(Aは除く)。

スズキハスラーを年式毎に比較!!

https://www.monster-sport.com

2015年12月(一部改良)

ボディカラーを追加

・ボディカラーは、ハスラー専用色となるポップで遊び心をくすぐる新色アクティブイエロー ブラック2トーンルーフ、「ポジティブグリーンメタリック ブラック 2トーンルーフを新たに設定し、全11色用意しています。

特別仕様車を追加

・X・Xターボベースに特別仕様車「JスタイルII」を設定。(外装・内装の装備、デュアルカメラブレーキサポートを標準装備。全方位モニター付メモリーナビゲーションをメーカーオプション設定するなど装備を充実させました。カラーは、専用のホワイト2トーンルーフ車を含め全7色)

ターボ車にもS-エネチャージを採用

・G・Xターボ、特別仕様車JスタイルIIターボの2WD車の燃費が27.8km/lへアップ。

安全性能の一部改良

・X・Xターボには、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備し、全方位モニター付メモリーナビゲーションをメーカーオプション設定として購入できるようになりました。

 

2016年12月(追加)

Gをベースに特別仕様車Fリミテッド、Fリミテッド セットオプション装着車を追加。

・テレオカメラ方式の衝突被害軽減システム、デュアルカメラブレーキサポートをメーカーオプション設定することができるようになり、安全性能の充実できるようになりました。

・ボディカラーはオレンジ×黒の2トーン、ホワイト×黒の2トーン、イエロー×白の2トーンの専用色を含む全4色。

 

2017年1月、2017年5月

カラー変更

2017年12月(一部変更)

Gをベースに特別仕様車FリミテッドII、FリミテッドII デュアルカメラブレーキサポート・バックアイカメラ装着車、FリミテッドII デュアルカメラブレーキサポート・全方位モニター用カメラパッケージ装着車を設定。

・スズキ セーフティ サポートを採用しとして、レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能を搭載。ハスラー初となるスチールシルバー2トーンルーフや車体色同色のフロント・リヤバンパーガーニッシュを採用しています。

X、Xターボをベースに特別仕様車JスタイルIII、JスタイルIIIターボを設定

・デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を搭載したほか、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプション設定しています。

スズキハスラーを年式毎に比較!!

https://minkara.carview.co.jp

2018年7月

Gをベースに特徴的なブラック2トーンの車体色を採用した特別仕様車タフワイルドを設定

・スズキ セーフティ サポートを採用し、デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を標準装備するとともに、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプション設定してます。

・ディスチャージヘッドランプやLEDフロントフォグランプを搭載したほか、LEDサイドターンランプ付ドアミラーや「ナノイー」搭載フルオートエアコンを採用

FリミテッドII デュアルカメラブレーキサポート・全方位モニター用カメラパッケージ装着車の一部改良

 

2018年11月

スズキ セーフティ サポートのデュアルカメラブレーキサポートをGとGターボに標準装備

特別仕様車「ワンダラー」を設定

・ディスチャージヘッドランプやLEDフロントフォグランプを搭載するなど、装備を充実

J、Jターボを新しく設定

・パドルシフト、クルーズコントロールシステムを採用し、機能の向上を図るとともに、快適装備を充実

【スズキ・ハスラー】新型や旧型でどう違ってくるの?年式毎に紹介!まとめ

【スズキ・ハスラー】新型や旧型でどう違ってくるの?年式毎に紹介!まとめ

https://clicccar.com

スズキ・ハスラーの新型や旧型年式ごとに紹介してきました。

2014年に異色の遊べる軽自動車としてデビューしたスズキ・ハスラー。

いまだに軽自動車の人気の1台となっています。

これまで、フルモデルチェンジは一度もしていませんが、マイナーチェンジを繰り返し、安全性能・燃費を向上させています。

2019年末~2020年にはフルモデルチェンジの可能性もあると言われていますので、ますますスズキ・ハスラーに目が離せません。

 

アイキャッチ画像引用:http://www.graceokinawa.com.e.tb.hp.transer.com/suzuki/hustler/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ