比較・ランキング

ハイブリッド車の人気は軽で何があるの?オススメの軽を紹介します!

ハイブリッド車は注目度の高い車です。

燃費が良くて人気があるハイブリッド車。

最近では軽自動車にもハイブリッド車が増えています。

軽自動車には、どのような車があるのかをチェックしてみました。

ハイブリッド車人気ランキング!軽自動車

引用:https://cobby.jp/

最近、「ハイブリッド車」いう言葉を聞くことは増えていませんか?

ハイブリッド車は、エンジンとモーターを持った車のことで、燃費がいいという特徴があります。

環境に優しいエコブームの影響があり、現在も低燃費の車に注目・人気が増えています。

車の維持費になる、ガソリン代が安く上がるというメリットもあり、この部分はハイブリッド車の大きな魅力の一つ。

そのハイブリッド車といえばプリウスをはじめとする普通車のイメージが多いですが、最近では軽自動車でもハイブリッドの車が増えています。

軽自動車で注目のハイブリッド車。

人気があるのはこのような車です。

<人気1位>
スズキワゴン R

引用:http://kakaku.com/

軽自動車の最初となるハイブリッド車がワゴンRです。

発進時や加速時にエンジンをアシストする、マイルドハイブリッドシステム S エネチャージを搭載しています。

エンジンの補助として、モーターが駆動するシステムが、マイルドハイブリッドシステム。

ハイブリッドは、モーターの走行ができますが、マイルドハイブリッドシステムは、エンジンを手助けするモーターがついていて、モーターだけでの走行はできないのが特徴です。

またスズキワゴンRのOEM車、マツダフレアも同じハイブリッドシステムになっていますが、基本的に、「スズキワゴンR」と「マツダフレア」の2台は同じです。

<人気2位>
スズキスペーシア

引用:http://kakaku.com/

スズキの軽自動車パレットの後継者として登場したスペーシアです。

2015年のマイナーチェンジから S エネチャージを搭載し、ワゴンRに近い燃費性能を持っています。

スペーシアには、通常モデルとスペーシアカスタムモデルがあります。

通常グレードとカスタムでは、エクステリアも違うため、外観の好みので選ぶことができます 。

高級感を出したい方は、カスタムの方がいいですよ。

<人気3位>
スズキハスラー

引用:http://kakaku.com/

個性的な外観を持ち、大ヒットの軽自動車がハスラーです。

軽のクロスオーバーという位置づけで、トールワゴンとSUVが合体した車になっています。

スズキの人気車ハスラーにも、Sエネチャージが搭載されて、モーターをアシストするシステムが使われています。

Sエネチャージが搭載され、通常のガソリンモデルより、燃費性能も向上している人気の軽自動車がスズキ・ハスラー。

軽自動車のハイブリッドチェックしましたが、軽のハイブリッド車はスズキがほとんどです。

軽自動車はもともと燃費がいいですか、ハイブリッドを搭載することでさらに燃費が良くなっています。

車の維持費を抑えたい方は、このようなハイブリッド車の選択がオススメです!

次は、軽のハイブリッド車の燃費や、個別の車の情報についてみていきたいと思います。

【軽のハイブリッド車おすすめNo.1】ハスラー

引用:https://navikuru-car.com/

スズキの人気自動車のハスラー。

色々な世代に人気があり多くの人に乗られている車で、常に軽自動車の人気ランキングに登場する車です。

そのハスラーにはハイブリッドモデルがあります。

2015年の5月から回生エネルギーを加速にアシストとして活用する S エネチャージに進化。

スズキのハイブリッドはマイルドハイブリッドと言われ、常にハイブリッド(モーター)で走るわけではなくて、ブレーキなどで蓄えられたエネルギーを加速時や車の走り出す時に使って走るシステム。

停車する時には速度が一定以下になるとエンジンがストップし、運動エネルギーをモーターで回収してリチウムイオンバッテリーにチャージする仕組みになっています。

車のエンジンのサポートをしてくれるモーターを搭載している車です。

引用:https://autoc-one.jp/

そのマイルドハイブリッドが搭載されているのは、「ターボ J・G」 と「J・G」 の2種類に搭載。

燃費はターボではない、「J・G」の方が燃費がいいです。

燃費を重視するなら、ターボなしのモデルを選ぶのがいいですよ。

その最大燃費は、リッター32km(JC08モード)となっています。もちろんエコカー減税の対象です。

燃料消費率(JC08モード)
2WDで32.0km/L、4WDでも30.4km/L

ターボ車の場合は、
2WDで27.8km/L、4WDでも26.2km/L(JC08モード)

「ターボ」か「NA」
「2WD」か「4WD」かで燃費と金額は違います。

「S エネチャージ」を搭載したハスラーのメーカー希望小売価格は、約132万~170万円。

ハスラーはボディデザインが特徴的で人気のある車ですが、このように走りの部分でもハイブリッドを搭載して、燃費もよく環境に優しい車になっています。

見た目も走りも楽しめるハスラーは、人気が高いハイブリッドの軽自動車です。

【軽のハイブリッド車おすすめNo.2】ワゴンR

引用:https://www.webcg.net/

ワゴンR は、非常に歴史の長い車で、初代は1993年に発売を開始しています。

現在まで進化を続け、現行モデルではついにハイブリッドモデルまで存在しました。

2017年にフルモデルチェンジを行い、6代目のワゴンRとなっています。

<ワゴンRハイブリッドのグレード>
「HYBRID FX」
「HYBRID FZ」
「スティングレー HYBRID T」
「スティングレー HYBRID X」

※他にFAグレードがあります。

ワゴンR のハイブリッドは、スタート時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを搭載しています。

このハイブリッドの仕組みは、スズキのハスラーなどと同じで 加速時などにモーターがアシストしてエンジンの負荷を軽減してくれます。

そのため車の燃費向上にも大きく繋がります。

車の燃費が良くなるなとてもありがたいことですね。

このようなのハイブリッドシステムを搭載し、ワゴン R は、リッター33.4km/Lという「軽ワゴンNo.1」の低燃費を実現しています。

軽ハイブリッドで、燃費を優先するなら「ワゴンR」が最強です。

また、燃費だけでなく、安全装備も充実。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

安全装備では単眼カメラとレーザーレーダーで、歩行者を捉えて衝突を回避してくれる自動ブレーキも装備。

このような安全機能は、もしもの時に役に立ち、運転の大きなサポートとなります。

ワゴンRは車内も広く使え、後席も使いやすいスペースになっているため、大人4人が乗っても移動可能な軽自動車となっています。

女性にも人気があり、ちょっとした買い物などの足として実用性の高い車がワゴンRです。

ワゴンRハイブリッドの価格は、117万円~177万円(消費税込)

ワゴンRは、ハイブリッド化に伴い、燃費も向上しており、財布にも優しい軽自動車になっているのではないでしょうか。

【軽のハイブリッド車おすすめNo.3】スペーシア

引用:https://gazoo.com/i

スズキの軽自動車のスペーシア。

スペーシアは、箱型のボディ形状を保ち、見た目も大きく見えて、力強い雰囲気がある車です。

形はホンダ N-BOXに近い部分もありますが、N-BOXよりも丸みがあるため、女性的な優しい雰囲気が漂っています 。

そのスペーシアに搭載されるエンジンは、スズキのマイルドハイブリッドです。

マイルドハイブリッドはスズキのエンジンで低燃費を追求し、モーター付きの発電機が手助けをしてくれます。

発進後10秒間は、モーターのみでの走行も可能で、車の発進時のアシストをしてくれます。

それだけではなく、加速時にもモーターがエンジンのアシストしてくれます。

引用:https://www.webcg.net/

スペーシアのエンジンには、「NAエンジン」と「ターボエンジン」があります。

・NAエンジンは、52ps
・ターボエンジンは、64ps

ターボエンジンの方がパワーがある分、走りやすそうですが、街乗り中心ならNAエンジンでも特に問題は感じないパワーです。

高速道路は、パワーのあるターボの方が有利なので、高速走行が多い方はターボエンジンの方がいいですよ。

ターボの設定があるのはカスタムのみのため、ターボ車がいい方は、カスタムの選択になります。

ただカスタムにすると外観が変わってしまいますので、外観デザインの好みも考慮して選んでくださいね。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

スペーシアにも安全装備が充実しスズキセーフティサポートが付いています。
(デュアルセンサーブレーキサポート/後退時ブレーキサポート/後方誤発進抑制機能/誤発進抑制機能/車線逸脱警報機能/ふらつき警報機能/先行車発進お知らせ機能/ハイビームアシスト/標識認識機能/ヘッドアップディスプレイ/全方位モニター用カメラ)

最近では軽自動車でもこのような安全装備が装備され、自動ブレーキや後方誤発進抑制機能などがついています。

スペーシアの燃費は、
HYBRID G 30.0km/l(JC08モード)
HYBRID X 28.2km/L(JC08モード)

カスタムにのみハイブリッド XS ターボというターボの設定があります。

スペーシア カスタムのハイブリッドXSターボは、
燃費:25.6km/リッター(JC08モード)です。

スペーシアには通常のスペーシアとカスタムがあります。

ハイブリッドGとハイブリッド Xに分かれ、駆動方式は FF と4WDがあります。

グレードにより燃費が異なりますので、燃費を重視される方はグレード選びにも注意が必要です。

軽自動車ながらハイブリッドを搭載し、車内も広く使えるのがスペーシアの大きな魅力です。

引用:https://autoc-one.jp/

今回は、ハイブリッド車の人気の軽をチェックしてみました。

人気の軽自動車は3種類ありますが、中でもオススメの軽ハイブリッド車は「ハスラー」です。

見た目のデザインと燃費性能が両立され、性別・年齢関係なく幅広い世代が乗れる車だからです。

ただ、軽自動車のハイブリッド車は、燃費の差はそれほど開きがないため、デザインや使いやすさで選ぶのもいいのではないでしょうか?

ぜひお気に入りの車を見つけてくださいね。

 

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!