イグニス

【スズキ・イグニス】安全性は?運転しやすい?自動ブレーキは?

コンパクトクロスオーバーとして個性を醸し出しているスズキイグニスですが実際に運転しやすいのか気になる方も多いと思います。

今回はイグニスの運転しやすいのか運転しにくいのかを検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキイグニスは運転しやすい?しにくい?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

まずはイグニスの車体サイズを調べてみました。

全長3700mm

全幅1660mm

全高1595mm

3700mmという全長は普通車では最も小さな部類に属し、5ナンバー枠である1695mmを下回る1660mmの全幅はかなりコンパクトですね。

全高の1595mmは機械式駐車場の規定である1550mmを上回ってしまい、都心のマンションなどにお住まいのユーザーは駐車場探しに苦労しそうです。

イグニスの最小回転半径は4.7mとなっています。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

軽自動車と比較すればやや大回りなものの道路の狭い地域にお住まいでも大きさを持て余して取り回しに大変な思いをする事はなさそうです。

運転しやすさを左右するのが四隅を確認する時の車両の見切りですが、コンパクトカーは車内寸法の拡大のためにボンネットやトランクも一体化したモノフォルムデザインを採用しています。

車体の四隅が丸いと運転中に目視で確認がしにくいという点が挙げられます。

慣れてしまえばそれまでですが、慣れないユーザーも多くいるために最近では様々な運転支援システムが採用されていますね。

イグニスは比較的四角に近いデザインを採用していますので車内からボンネットを目視する事が可能になっています。

ミニバンなどでも工夫されているピラー越しの視界はやや確認しにくい状態です。

これはデザイン優先で車体剛性も確保しなくてはいけない事情も垣間見れますが前方斜めが見難いと交差点の右左折で歩行者が死角に入ってくる事がありますから注意が必要です。

後方の視認性はどうでしょうか。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

イグニスのバックドアは角度がついた形になっていて、リアウインドウと傾斜がついていますからルーミーとまでは言いにくい環境になっています。

リアクォーターは後ろ席のウインドウが切り欠き状になっていますから面積が多めなのです。

従ってCピラー付近の視認性も余り良いとは言えない状態になっています。

とはいえこれはスポーツカーなども含むデザインコンシャスなクルマではよくある状況で好きなデザインのためなら多少の不憫は飲み込まないといけないのかも知れません。

不安な場合は安全装備もありますので万全な視認性は確保できていると思います。

スズキイグニスの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

ここまではスズキイグニスの運転しやすいか運転しにくいかという情報をお知らせさせて頂きました。

ここからはイグニスの自動ブレーキに関する情報を検証してみたいと思います。

最近発売される新型車にはほとんど装備されているほど普及が著しい自動ブレーキを含む安全機能ですがイグニスにはどの様な機能が設定されているのか調べてみました。

イグニスにはスズキセーフティサポートというユニットで完全機能が搭載されています。

事故を未然に防ぎ、万一のときの安全を確保するために、運転をサポートする様々な技術で、ヒヤリとする場面も限りなくゼロに近づけていきます。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

デュアルカメラブレーキサポートはいわゆる自動ブレーキですが左右2つのカメラが前車や歩行者との距離とらえ、そのサイズから歩行者やクルマかを検知します。

また、車線の左右の白線も認識するなど、カメラでの情報をもとに警報や衝突被害軽減ブレーキで未然に事故を防ぐ事を助ける、進化した安全機能です。

誤発進抑制機能はシフトをDに入れて停車または約10km/h以下での徐行中に、前方約4m以内の障害物を認識します。アクセルペダルを強く踏むと、自動的にエンジンパワーを少なくして発進のパニックを抑制すると同時に、ブザー音とメーター内の表示・表示灯によって警報を伝えます。

コンビニの駐車場などでの操作ミスによる衝突回避に貢献します。

車線逸脱警報機能は走行中に車線の左右区画線を検知し、進路を予測します。

車線をはみ出すと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示・表示灯によって警報を発し、ドライバーに注意を促します。

ふらつき警報機能は走行中に車線の左右区画線を検知し、直前の走行データをもとに自車の走行パターンを計測します。万一車両が左右に振られ、システムがふらつきと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示・表示灯によって警報を発し、ドライバーに注意を促します。

先行車発進お知らせ機能はシフトがDの位置でブレーキ操作をして停車中に先行車が発進すると自車との距離を計測します。

前車が発進してから離れても気が付かずに発進せずに止まっていると、ブザー音とメーター内の表示によって、ドライバーに先行車の発進をお知らせします。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

イグニスにはステレオカメラによる安全機能が装備されていますが作動速度が5〜50km未満の場合は衝突を回避できる可能性があります。

対象物の環境によってはブレーキが作動しない場合もあるため、あくまで衝突支援機能という認識を高める事が重要ですね。

スズキイグニスの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

ここまではスズキイグニスの自動ブレーキや運転しやすいか運転しにくいかといった情報をお知らせさせて頂きました。

ここからはイグニスの横滑り防止装置などについて検証してみたいと思います。

進化が著しい最近のクルマに付随する電子機能ですがイグニスにはどの様な機能が装備されているのか調べてみました。

車庫入れなどに自信がないユーザーは多いと思いますが運転支援機能もずいぶん進化している様です。

自分のクルマを真上から見下ろす様な感覚で周囲の確認ができる全方位モニターはとても便利な機能です。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/safety/

メーカーオプションの全方位モニター用カメラパッケージ装着車には、クルマの前後左右4カ所にカメラを設置してあります。

オプション設定されている対応ナビゲーションを装着すれば、クルマを真上から見たような映像などをモニターに映し出す全方位モニタ-にする事ができます。これで運転席から見えにくい場所を画面上で確認でき、狭い場所での駐車も安心して行えますね。

ナビゲーション本体の操作で、前後やサイドなど視点を切り替えて周囲の環境を映し出します。

ヒルホールドコントロールは坂道発進の時にブレーキから足を放しても約2秒間の間ブレーキを作動させてクルマを固定してくれます。

ESPは車両走行安定補助システムでカーブで横滑りを抑制させるスタビリティーコントロールと発進時に駆動輪の空転を抑制するトラクションコントロールと急なブレーキの時にタイヤのロックを防止するABSを総合的に制御するシステムです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/safety/

センサーで走行状況を監視しながら必要に応じてエンジンとブレーキをコンピュータで制御しながら安全運転に貢献します。

エマージェンシーストップシグナルは55km以上で急ブレーキをかけた時ハザードランプを高速で点滅させて後続のクルマに急ブレーキを知らせます。

LEDヘッドランプ/LEDポジションランプ/LEDフロントフォグランプは車外の環境により自動的に点灯して消灯もするオートライトシステム付きです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/safety/

リアのフォグランプは濃霧や豪雨などの極端に視界が悪い時に後続のクルマに自車の位置をわかりやすく知らせます。

軽量衝撃ボディTECTは衝突時の衝撃を効率よく吸収して分散させるボディー構造です。

張力の高い鋼板を広い部分に採用した車体構造やコンピューターによる構造解析により、安全安心と更なる軽い車体の実現を両立しています。

イグニスの安全機能はとても充実していますね。

 

 

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/safety/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ