イグニス

【スズキ・イグニス】維持費やローンは?残価設定はどのくらい!?

コンパクトクロスオーバーとして個性的なオーナーにしじされているスズキイグニスですが購入する時のローンの種類などが気になります。

今回はイグニスの残価設定ローンやローンの種類、維持費などの情報を検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキイグニスのローンはどのくらい?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

クルマを購入する時の支払い方法キャッシュやローンなど方法はいくつかあります。

ディーラーローンであるスズキファイナンスは最も利用しやすい方法ですが金利が気になる方が多いと思いますので調べてみました。

スズキファイナンスの2019年1月現在の金利は3.9%になっています。

一般的にディーラーローンは審査が通りやすいのですが金利は高めになっていますので借り入れの総額が大きくなると金利の負担も大きくてなってきます。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

銀行ローンはディーラーローンよりも金利は低いのですが審査が厳しくなる傾向があります。

厳しいといっても普通に仕事をしていて安定した収入があり、過去に延滞などの事故がない限りは利用はできます。

ディーラーローンは信販会社が本人に変わって一括で支払い、ユーザーが信販会社に月々の返済をしていく形になります。

従ってクルマの名義はローンが終わるまでは信販会社になります。

車検証の所有者欄に信販会社の社名が記入されている場合はローンが終わっていない場合ですね。

銀行ローンはユーザーが銀行から融資を受けてディーラーに振込で一括支払いをします。

従ってクルマの名義はユーザーの個人名になっています。

売却する事になっても所有者がユーザーの場合は何の手続きも必要ありません。

ディーラーローンのメリットは購入する時に同時に申し込めますので他に行かなくても済み、時間と手間がかかりません。

書類に記入をしたら問い合わせもその場で行い、融資決定までの時間が短くてすみます。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

欠点としては銀行ローンと比較してどうしても金利が高くなり、支払い総額が上がってしまう事です。

銀行ローンのメリットは金利が低くて済むことで支払い総額を抑える事ができます。

金額が大きくなるほど金利の負担も増えますから臨機応変に所有したいところです。

デメリットは申し込みをしても審査に数日かかることです。

必要書類を揃えて銀行の窓口まで出かける時間も必要ですね。

過去にローンの延滞がある場合は審査に通らない場合もあり、基準が少し厳しめになっていますが通常の生活を営んでいれば殆どの場合は融資が通るでしょう。

スズキイグニスの残価設定はいくらなの?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

ここまではスズキイグニスのローン関連の情報をお知らせさせて頂きました。

ここからはイグニスの残価設定ローンについての情報を検証してみたいと思います。

クルマを購入する時は出来るだけ支払いを楽にしたいですね。

そんな時に最近では残価設定ローンがよく使用される様になってきました。

残価設定ローンの特徴は車両価格の一部をあらかじめ残価として設定しておき、残りの金額を月々の支払いとする支払い方法です。

スズキの残価設定ローンはかえるプランお呼ばれており、3年プラン、4年プラン、5年プランが設定されています。

それぞれのプランごとの最終支払額の残存価値を調べてみました。

引用:http://www.suzuki-finance.co.jp/credit/kaeru-plan/kaeru-plan_36/index.html

3年プランの場合。

軽自動車50%

登録車40%

4年プランの場合は新型エブリイのみの適用となります。

軽自動車40%

5年プランの場合。

軽自動車30%

登録車20%

気になる金利ですが実質年率で軽自動車では3.9%で登録車の場合は2.9%となっています。

かえるプランのポイントは。

1、月々の支払いが楽になる。

車両本体価格の一部をあらかじめ残価として、最終回支払額として設定します。残りの金額を分割払いすることで、月々のお支払いが軽減されます。

そのため、ワンランク上のクルマも乗ることが可能になります。

2、最終回の支払い方法が選択できます。

具体的にはクルマを返却してスズキの新車に乗り換える。

クルマを返却する。

最終回分を一括または分割払いにしてそのまま乗り続けるの3通りから選ぶ事ができます。

3、メンテナンスパックが付いています。

引用:http://www.suzuki-finance.co.jp/credit/kaeru-plan/kaeru-plan_36/index.html

5年プランの場合は車検証もメンテナンスパックの中に含まれます。

ただし最終回の支払いに一括または分割を選択した場合はメンテナンスパックは適用されません。

4、残価が保証されていますからその後の中古車市場の相場に関係されなく安心して乗る事ができます。

5、きれいに乗った場合は最大5万円のキャッシュバックがつきます。

かえるプランのクルマ引き取り条件としての注意事項はクルマが一定の状態である事が必要になります。

新車の場合、3年間の走行距離が40,000km以内。

中古車の場合、3年間の積算累計走行距離が40,000km以内。

自動車の査定による減点(走行距離を除く)が50点(50,000円相当)以内。

過酷な使用(レース等による過酷な走行等)や違法改造がないこと。

法令およびスズキが指定する点検・整備を受けていること。

当該自動車に係る契約期間中の自動車税(軽自動車税を含む)をお客様がお支払いされていること。

スズキイグニスの維持費結局どのくらいかかるの?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

ここまではスズキイグニスのローン関連の情報や残価設定ローンについての情報をお知らせさせて頂きました。

ここからはイグニスのランニングコストなどの維持費の情報を検証していきたいと思います。

クルマを維持しているには様々な諸費用がかかります。

イグニスはコンパクトカーですからそれほどコストは高くはないと思いますがどのくらいなのか気になりますね。

まずは税金関連の情報を調べてみました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

イグニスはエコカー減税の適用になりますが4WDモデルは対象外となりますから少しややこしくなりますね。

2WDの場合の自動車税は34,500円ですが購入時は月割りで納めら形になります。

2年目はエコカー減税の適用で17,500円になり、3年目以降からは34,500円となります。

重量税は初年度から3年目までは2,500円で4年目から5,000円となります。

4WDの場合の初年度は34,500円を月割りで納める形になります。

エコカー減税の適用外ですので2年目以降から34,500円を納めます。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

重量税はエコカー減税の対象外ですから初年度から8,200円を納めます。

燃料費ですがイグニスの1年間で1万キロ走行した場合に消費するガソリン代をレギュラー1Lで150円の設定で調べてみました。

2WD車の場合は実燃費が18km/Lとすると10,000km÷18km/L=555L×150円=83,250円÷12=6,937円

となり年間で83,250円、1ヶ月で6,937円となりました。

4WDの場合は実燃費が15km/Lとすると10,000km÷15km/L=666L×150円=99,000円÷8,325円となり年間で99,000円、1ヶ月で8,325円となりました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/interior/

軽自動車程ではありませんが車体が軽いために重量税も低くなり、維持費はかなり低くて済みそうです。

車検費用には固定費で自賠責保険と重量税が必要ですがエコカー減税が適用になっている間は車検費用も7〜8万円程度で済みそうです。

任意保険は年齢や年間走行距離で差が出てしまいますがベーシックなプランで26歳以上ならば年間で3万円程度でしょうか。

メンテナンスパックに加入していればオイル代は必要ありませんが、1.2Lガソリン車ならば4,000円程度でしょう。

タイヤサイズは175/60R16ですから1本で10,000円とすると4本で40,000円位ですね。

イグニスは維持費の面でも魅力的なようです。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ