イグニス

【スズキ・イグニス】値引きで買いたい!相場はどうなっているの?

コンパクトなボディに使いやすさが全て詰まったクロスオーバーSUV〝イグニス〟。

乗り手を選ばないそのコンセプトは非常に高い人気を誇っています。

そんなイグニスは元々手頃な価格設定がなされてますが、せっかくだから値引きは1円でも多くゲットしたいものですよね。

その秘訣をお教えします。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキイグニスの値引き相場はどのくらい?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

まずはスズキ・イグニスの値引き相場を探っていきたいと思います。

販売店で車を買う場合は値引きというものが存在しますが、この値引きは仕組みを知っているのと知らないのとでは大きな違いが生まれます。

これは担当者との主導権争いに影響しますのでしっかり理解することをお勧めします。

値引きの仕組みを理解しよう

引用元:http://www.suzuki.co.jp

ディーラーで「値引きしますね」と言われても、実はそれは下取り値引きだったりすれば、実はディーラー側の利益率にはそれほど影響しなかったりする。。。

このように、値引きの仕組みを知らなければ営業マンさんのペースで話が進み、結局、わりと正規な価格で購入することになるかもしれません。

ここで「下取り値引き」という言葉を用いましたが、他にも「車両値引き」「オプション値引き」と値引きには3つのカテゴリがあります。

ここで、それぞれについて勉強してみましょう。

車両値引き・・・車両本体に対する値引き。こちらが一番大きくなる可能性を秘めています。

オプション値引き・・・オプション装着品に対しての値引き。上手く使えばオプションを装着しつつ予算内に収まる可能性を秘めます。

下取り値引き・・・購入時に下取ってもらう車に対する割引。例えば、本来50万円で下取るのを60万円で下取りますって言えば、10万円が値引きと言えます。

この3つの下取りを正しく理解すれば、「それは車両値引きですか?」という一言が出てきますね。

ここが値引きを引き出す一つのポイントでもあります。

値引きの相場は?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

次にスズキ・イグニスにおける値引きの相場を調べていきたいと思います。

2016年2月に発売されて以来、若干の期間が経過していますので、徐々に値引き額が増額しています。

発売以来の寄せられている口コミ情報をベースに計算してみると次の通りでした。

平均購入価格:172.25万円

平均車両値引き:12.5万円

平均オプション値引き:6.25万円

つまり、下取りを別として、平均で153.5万円で購入されているのが相場となりますね。

いかがでしょう。

なかなかに良いコスパですね。

しかし、ここではさらに良い値引きを引き出すためのことを考えていきましょう。

スズキイグニスの値引きの限度はどこまでいけるか!?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

前章で実購入価格の相場として、153.5万円という金額がでてきました。

しかし、せっかくスズキ・イグニスを手に入れるのであれば、より良い条件を引き出したいものです。

ここでは値引きの限界値を調べていくとともに、限界まで引き出すための交渉材料についてまとめていきます。

値引き限界値をチェック

引用元:http://www.suzuki.co.jp

私が調べた値引き実績情報において、MAX値は次の通りです。

車両値引き限界値:30万円、次点25万円

オプション値引き限界値:40万円、次点30万円

車両+オプション値引き合計限界値:70万円、次点55万円

ちなみに、70万円の値引きを獲得されている方は車両購入額が187万円で合計の値引き額が70万円、差し引き117万円で購入されています。

ここに、下取り車両があった場合、かなりの確率で100万円を切った額で購入することが可能ですね。

このような情報を参考にしていきましょう。

限界までいく交渉材料を紹介

引用元:http://www.suzuki.co.jp

では、値引きを限界近くまで引き出すには、交渉の対象をよく理解する必要があります。

交渉の対象とは2つあり、一つは車自体。もう一つはそれを販売するディーラー。

この2つに対してきちんと理解し、交渉材料を整えていきましょう。

<基礎情報>

購入対象:スズキ・イグニス

車両本体購入額:138万円〜187万円

車両+オプション値引き目標:50万円以上、限界設定額70万円

交渉のポイント:

●他メーカーからの乗り換え(特にダイハツ)

●ライバル車視察に先に行った(ダイハツ・キャストとマツダ・CX3)

●この場で契約するという前提を伝える(相手の本気を引き出す)

●下取り値引きを安易に相手に利用させない(車両とオプションでの努力を引き出す)

●値引き交渉をとことんしたら、納車サービスなども交渉する。

販売店担当者とどのような交渉をするのかはとても重要です。

上記のような理屈に基づいた情報を活用して、相手を否定せずに交渉することが大事です。

交渉を通じて、しっかりと信頼関係を築きましょう。

スズキイグニスでの値引き目標はここだ!

引用元:http://www.suzuki.co.jp

ここまで値引きに関する知識・情報をここまでまとめてきました。

ここで、具体的な値引き達成戦略に入っていきましょう。

値引き目標を具体的に設定し、その達成に向けた段取りを構築する。

とっても大事な流れですね。

値引き目標を設定しよう

引用元:http://www.suzuki.co.jp

では具体的に値引きをゲットするための流れとして、目標をしっかりと設定したいと思います。

目標としては、1_どのグレードを狙うか、2_オプションはどう考えるか、3_下取りは分けて考えるという前提で考えましょう。

1_グレード別に目標額を設定する。

どのようなグレードを狙うのかも大事です。

これは、ディーラーがメインで売りたいグレードを担当者との会話から読み取ることが大事です。

2_オプション値引きもしっかりとる。

スズキ・イグニスはオプション値引きも比較的しっかりと出ているように感じます。

みなさんの情報では、HYBRID MZモデルがオプション値引き実績が高いようです。

3_下取りを安易に行わず、買取比較で相場を押さえておく。

下取り値引きに安易に逃げられないよう、事前に買取時の価格を把握しておきましょう。

目標達成のための段取りを紹介

引用元:http://www.suzuki.co.jp

それでは最後に今までの情報を元に少しでもお買い得な価格で購入できるよう、購入前の準備をまとめてみます。

より良い条件で購入するためには、とにかく準備あるのみだと思います。

どれだけの情報を事前に用意しておくかで販売店の営業担当者との交渉結果が変わってきます。

・予算を明確化しましょう。おおよそ、いくらくらいの予算で車を買うのかをあらかじめハッキリと決めておきましょう。また、合わせて値引き目標も

明確化しておきましょう。(その際、前までの値引き情報から元に高めに設定することをお忘れなく)。

・現在お乗りの車がある場合は車買取価格比較サイトなどを利用して、売却時の価値を知っておきましょう。

・ターゲットとなる販売価格を押さえておきましょう。(正規額+オプション額~値引き目標額=予算となるわけですから、ここは明確化しておきましょう)

・比較対象となるライバル車に関する情報をしっかりと押さえておきましょう。

・あらかじめ「買いに行く日」なのか「前調べに行く日」なのかを明確にしておく。

・購入先として考えている販売店の他に、近隣販売店を調べておきましょう。

=販売店は店舗によって資本系列が違ったりしますし、販売店の中でも営業担当者は個人成績がかかっていますので、営業担当者は「自分から買っていただきたい」と思っています。

以上のことはしっかりと準備して臨んだ方が良いと思います。高価な買い物ですからしっかりと準備をすることで購入価格に差が出ます。

スズキイグニス値引きに関するまとめ

引用元:http://www.suzuki.co.jp

スズキ・イグニスに関する値引き情報をまとめてみましたがいかがでしたか。

2016年2月に発売以来、安定した形で販売が続けられています。

それだけ、販売者と購入者の関係がしっかりと構築されている証拠だと思います。

みなさんも信頼関係を構築し、その中で譲ることなく限界まで値引きを獲得してください。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ