イグニス

【スズキ・イグニス】後部座席や荷室は?車中泊はできるのか!?

コンパクトクロスオーバーとして個性的な存在であるスズキイグニスですが後部座席などの使い勝手が気になる方が多いのではないでしょうか。

今回はイグニスの後部座席のスペースや荷室の広さ、車中泊はできるのかについて検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スズキイグニスの後部座席の広さは?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/luggage/

イグニスは全長3700mmですから軽自動車よりも少し大きいくらいのサイズで、普段の足にはとても使い勝手が良さそうですね。

全幅は1660mmと5ナンバー枠よりも一回り小さなサイズになっており、その関係で室内幅も1365mmとやや狭目になっています。

シートの大きさはたっぷりとしていて、その分センターコンソールがコンパクトにまとめられている印象です。

全高も余裕がありますからヘッドクリアランスも十分で運転席の居心地は快適になっています。

イグニスはデザインに力を入れて造られたクルマですから拘りが随所に見られ、上に行く程に絞られた車体の構造から車内の横面が少し圧迫感があるように感じられます。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/interior/

イグニスを購入する方はこのあたりは承知で乗ると思われますから1つの個性と捉えれば納得のいくレベルでもあります。

後部座席に目を移すとリアウインドウの切り欠きが気になってしまいますね。

スクエアの一角が削られたインパクトあるリアウインドウで外観の見た目はカッコいいのですが室内から眺めるとウインドウにカバーが設えてありもう少し上手い処理の仕方があったのではないかと思いました。

実は後部座席は前後にスライドできるようになっていて、1番後ろにスライドした時の広さは大人が乗ってもそこそこの広さが確保されています。

フロントシートとの間はギリギリではなく、少し余裕が生まれるくらいですから十分に座れます。

一方で頭上空間は余裕がありません。

スライドシートを1番下げた状態ではヘッドレスト付近のルーフが下がった状態の部分と重なってしまい、身体の大きな方では頭がルーフに触れてしまう程です。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/interior/

それでも足もとの広さを選ぶか頭上空間の余裕を選ぶか選択できるのですから良心的とも言えますね。

大柄な身体の方でも近距離なら全く問題なく、小柄な方ならば長距離でも問題はないでしょう。

ミニバンの室内空間に慣れた方だとイグニスの後部座席で長距離は厳しそうです。

コンセプトから考えるとフル乗車でのロングドライブというシチュエーションは想像しにくいですから2〜3人での近距離〜中距離での使い方なら快適に過ごせそうですね。

スズキイグニスの荷室容量はどのくらいなの?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

ここまではスズキイグニスの後部座席についてお知らせさせて頂きました。

ここからはイグニスの荷室容量について検証してみたいと思います。

イグニスの上位グレードでは後部座席がスライドシートになっており、荷室がフレキシブルに活用できるようにできています。

普段からどう使うかで荷室の広さを変えられるのはありがたいですが実際の広さはどの位あるのか調べてみました。

イグニスの後部座席を最大限に後ろにスライドした場合の荷室の寸法は次の通りです。

荷室高725mm

荷室幅1166mm

荷室奥行き430mm

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

ペットボトル1ケース程度は余裕で入りそうで、これだけの広さがあれば普段の買い物で不便な思いをする事はないでしょう。

次に後部座席を1番前にスライドした場合の荷室寸法を調べてみました。

荷室高725mm

荷室幅1160mm

荷室奥行き595mm

荷室の高さと幅は当然ながら変わりませんが奥行きが広くなりました。

1番前にスライドすると荷室の奥行きが165mm広くなりましたがこのスペースが確保できているのは大きいですね。

嵩張る大きさの物を買い物した時にコンパクトカーでは荷物が載せられるのかどうか不安になる事がありますが余裕が残されているのか心理的に安心できます。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

普段あまり後部座席に人を載せないなら1番前にスライドさせて荷室を常に広く固定して使う事も可能になっています。

イグニスは後部座席を折りたたんでフルフラットにして使うことができます。

レバーは後部座席の肩の部分についていて、力を使わず簡単に折りたたむ事が出来るようになっています。

後部座席を折りたたんで使用した場合の寸法は次の様になっています。

荷室高725mm

荷室幅1160mm

荷室奥行き1230mm

この使い方ですとかなり荷物が収納出来そうですね。

さらには荷物フロアを持ち上げると床下に荷室スペースがあることに気付かされます。

サイドにジャッキなどが収納されていますが広さは106Lの容量があるようで、ちょっとしたメンテナンス道具などでしたら収納出来そうです。

この床下収納は実は2WDのみの設定で、4WDでは異なる構造になっています、ジャッキなどは省かれてはいますが深さが浅くなり、容量は36Lとかなり少なくなってしまいます。

4WDではパワートレーンが床下に存在しますから構造上仕方がないですね。

参加までにイグニスのトランク容量は258Lとなっています。

スズキイグニスでの車中泊は可能か?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

ここまではスズキイグニスの後部座席の広さや荷室容量などの情報をお知らせさせて頂きました。

ここからはイグニスで車中泊はできるのかについて検証してみたいと思います。

クルマの寸法を考えると車中泊は難しそうなイメージですがどうなのでしょうか。

イグニスの室内長は1945mmありますからシートアレンジなのですが運転席と助手席を最大限にリクライニングしても後部座席とフルフラットにはできない構造になっています。

後部座席はスライドシートになっていて、165mmほどスライドできるのですが最大限に後ろにスライドしても前席のヘッドレストを外した状態のシートとフラットにはできません。

荷室はどうなのでしょうか。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

後部座席を前に倒して荷室とフルフラットにする事は可能ですがバックドアからフロントシートまでの寸法は1230mmとなっています。

小学生くらいのお子様でしたら車中泊ができそうですが大人が寝るのには少々スペースが足りない気がします。

身体をくの字型に曲げれば1人なら車中泊が出来そうですけどあまり現実的でもないようです。

シートアレンジの工夫次第では車中泊が可能だという意見が見られました。

それは後部座席はフルフラットにした状態で運転席と助手席のヘッドレストを外し、フルにリクライニングさせることで、車内フルフラットにはなりませんがスペースを作り出すことは可能だということです。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

しかしながらこの方法はフロントシートとリアシートの間に大きなくぼみが出来てしまうために、間にクッションなどを引き詰めてフラットの状態を作らなければ快適になる事は出来ないでしょう。

イグニスは5ナンバー枠よりも全幅が狭いために車内幅も1365mmになっています。

センターコンソールもかなりコンパクトに設計されていますからシートとシートの間は軽自動車とそれほど変わりない位になっています。

デザイン優先の車体デザインですから上に行く程に車内が絞られる様な構造になっていて、頭上スペースは限りが出てくる様ですね。

それでも工夫次第では3人は難しくても2人なら車中泊は可能なのではないでしょうか。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/33936

結論からするとスズキイグニスの車体サイズでは2人までなら車中泊が可能であるという結果になりました。

ただ、スペースには限りがありますので余裕ある空間を求める方はワンボックスミニバンや軽自動車でもハイトワゴンならスペースに余裕がありますのでおススメです。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ