イグニス

【スズキ・イグニス】サイズ比較とサイズ感はどう?他車とも比較!

コンパクトクロスオーバーとして貴重な存在感を発揮するスズキイグニスですが実際の大きさが気になる方も多いと思います。

今回はイグニスの大きさやサイズ感などを検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキイグニスの大きさはどのくらい?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/interior/

コンパクトクロスオーバーといってもかなり抽象的で分かりにくいです。

スズキイグニスの大きさを調べてみました。

全長 3700mm

全幅 1660mm

全高 1595mm

ホイールベース 2435m

室内長 2020mm

室内幅 1365mm

室内高 1250mm

車両重量

2WD 880kg

4WD    920kg

最小回転半径 4.7m

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/interior/

実際の数値を見てみるとコンパクトと言われているクロスオーバーに比べてかなり小柄になっています。

軽自動車よりは大きいですがコンパクトカーでいうとスイフトよりも小さいことになります。

スズキには同じ排気量のクラスに様々なジャンルのクルマが設定されています。

スポーティなスイフトや使い勝手やスペースを重視したソリオなどがありますがクロスオーバーというジャンルを選択して造られた意味はどうなのでしょう。

オーソドックスなデザインにしてしまうとこのクラスにはライバルが多く存在するために埋没してしまいます。

あえてデザインチックに振ることで独特の雰囲気を出す事に成功しているようです。

サイドから見たウインドウの切り欠きはアルトにも似たいますし、ピラーに奢られている3本線はかつてのフロンテクーペを彷彿とさせる雰囲気があり、躍動感を出していますね。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/interior/

前から見るとわかりますが車体の上に行くに従って段々と絞られたデザインになっています。

こうすることでタイヤ部分の張り出し感が強くなり、コンパクトな車体ながら張りのあるデザインになるわけです。

スペースが必要なクルマは他にもありますからある程度は室内サイズを犠牲にしてでもエクステリアの雰囲気を重要視していますね。

こういったデザインは年数が経過しても陳腐化しにくく、長く乗りたい方にはうってつけだと思います。

クルマに乗る目的が移動の道具だという方が多いのが最近ですが眺めて楽しむ道具があっても良いのではないでしょうか。

コンパクトサイズのクルマはどうしても販売価格に制限があるためにコスト面からデザイン面は後回しになってしまう事があると思います。

それでもデザイナーの工夫次第ではコストをかけずとも主張のあるエクステリアが生み出せるのは素晴らしい事なのです。

スズキイグニスの実際のサイズ感はどんな感じ?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/luggage/

ここまではスズキイグニスの大きさについてお知らせさせて頂きました。

ここからはイグニスのサイズ感について検証してみたいと思います。

国産車のクロスオーバーというとコンパクトとはいってもそこそこの大きさになる事が多いですね。

スズキイグニスは日本国内の広いとはいけない道路に合わせる形で作られました。

いわゆる5ナンバーサイズの横幅は1695mmになっていますがデザインを優先すると、その横幅を超えてしまう場合が殆どなのです。

イグニスの全幅は1660mmと5ナンバーサイズにさえも余裕がある作りでスペース優先のクルマ作りを得意とするスズキがあえて更に絞ったコンパクトさを捻出してきた事はインパクトがありますね。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/luggage/

3700mmという全長からも取り回しの良さは折り紙つきで、市街地ではその小回り性の良さから重宝しそうな存在です。

車体の各部にかつてのスズキ車のモチーフが取り入れられている様でCピラーのフロンテクーペの他にフロントフェンダーからはエスクード、ヘッドライトはセルボからと歴代名車を思い出させる形で趣を醸し出しています。

デザインだけでは今風には物足らずに、そこはマイルドハイブリッドというシステムをエンジンに組み込んで最近らしさも採用している事がテクノロジーに進んでいる国産車らしいですね。

フルハイブリッドとの差別化ではやはりコストの面もあるでしょう。

ハイブリッドは部分的なモーター走行が可能になりますがシステムも重くなりますしコストが上がり、車両価格が上がってしまいます。

スズキの軽自動車ではエネチャージと呼ばれていて、そこは呼び名を変更する事で差別化を図ってはいますが先進化のイメージを出すためにはマイルドであってもハイブリッドは必須である必要があったのかもしれません。

実際にその軽い車体とマイルドハイブリッドの取り合わせはアクアには届かないまでもかなりの良い燃費性能を発揮していますからコンパクトな車体サイズが効いていると言えるでしょう。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/performance_eco/

4WDであってもエアバッグや安全装備を備えても900kg程度に収まっているのは素晴らしいですね。

安全装備については豊富に装備はされていますが、デュアルカメラがスイフトに装備されている単眼カメラ+レーザーレーダーではなく、ステレオカメラであるところが物足りないところで、マイナーチェンジなどでアップデートして欲しい部分でもあります。

サイズ感のお陰で取り回しが良い分を最大限に生かして貰いたいですね。

スズキイグニスのサイズ比較をします!

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

ここまではスズキイグニスの大きさやサイズ感についてお知らせさせて頂きました。

ここからはイグニスのサイズ比較について検証してみたいと思います。

イグニスのサイズを記しておきます。

全長3700mm

全幅1660mm

全高1595mm

ライバルと見られる比較対象のクルマのサイズをいくつか調べてみました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/

軽自動車である同じスズキのハスラーです。

全長3395mm

全幅1475mm

全高1665mm

 

イグニスに比較すると全長は305mm小さくなっていて、全幅も235mmコンパクトですね。

ホイールベースはほぼ同等ですので室内の広さは大きな差が無い様です。

引用:https://toyota.jp/passo/design/?padid=ag341_from_passo_navi_design

トヨタパッソと比較してみます。

全長3660mm

全幅1665mm

全高1525mm

全長はイグニスが40mm長く、全幅はパッソが5mm広くなっています。

ハスラーとパッソはサイドの絞り込みが少なく、スクエアに立っているために頭上空間に余裕がありますが、イグニスは上に向かって絞られたデザインですから頭上周りに余裕がありません。

広さに定評のあるホンダフィットはどうでしょう。

全長3955mm

全幅1695mm

全高1525mm

ホイールベースはフィットが95mm長くなっていますからイグニスと比較して、かなり余裕が生まれていますね。

運転席に座った景色ではイグニスはボンネットが平な形状ですので車体の先まで目に入れる事ができますが、フィットはボンネット先端が丸く下がっているために確認はしにくくなっています。

フロントウインドウにノッチを設けずに一体化したデザインを実現するためにこのようになりました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/styling/

同じスズキのクロスビーはどうでしょう。

全長3760mm

全幅1670mm

全高1705mm

クロスビーは全長が60mm長く、全幅はほぼ同じですが、室内長はクロスビーが長くなっています。

イグニスはデザイン優先ですから前の席の居住性は問題ありませんが後部座席の広さが課題になってきます。

イグニスの後部座席はスライド式で最大限にすれば少し広くなりますが大柄な大人が長時間乗るには辛いかもしれません。

標準的な体型の大人が4人座るには充分な広さが確保できています。

ハッチの後ろ部分が切り欠き状のデザインになっていて、後部座席の頭上空間がやや犠牲になっていますね。

イグニスのサイズで空間を広く取ろうとすればどうしてもスクエアなデザインになってしまいますから難しいところですね。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ