イグニス

【スズキ・イグニス】タイヤサイズは?タイヤ交換方法を紹介する!

コンパクトクロスオーバーとして個性的なスズキイグニスですがタイヤ交換の情報が気になる方も多いと思います。

今回はイグニスのタイヤサイズやタイヤ交換に関する情報を検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキイグニスのタイヤのサイズは?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34068#image-6

イグニスはスモールサイズのクロスオーバーとして他にはないデザインで同じメーカーのスイフトとの差別化を図っています。

本格オフローダーとしてよりもタウンカーとしての性格が重視されていることからマイルドハイブリッド方式が採用されて燃費重視のセッティングが施されています。

エンジンは1.2Lが基本でモーターのみの走行は出来ませんが高機能なアイドリングストップシステムが装備されていますから市街地走行が多いユーザーには有難い存在ですね。

その走行性能に合わせる様にタイヤサイズや装着されているタイヤの種類もエコノミータイプの物がセレクトされています。

クロスオーバータイプですから通常のコンパクトカーと比較するとサイズも珍しい物になっていますね。

イグニスに採用されているタイヤサイズはグレードによって違いがあるのですがどの様な物か調べてみました。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34068#image-6

HIBRID MZ 175/60R16

HIBRID MX 175/60R16

HIBRID MG 175/65R15

新車装着タイヤとしてブリヂストンのエコピアEP150の175/60R16が装着されています。

コンパクトカーとしては珍しく16インチサイズが採用されていますがクロスオーバーとしてのデザインを確立させるという狙いもあるのだと思います。

ブリヂストンのエコピアはコンパクトカーではよく採用されているウェット性能・ライフ性能と低燃費性能を高次元で実現しているロングライフのタイヤです。

ショルダーブロックの剛性を高めた設計ですから街中での据え切りや小回りでの偏摩耗に配慮された作りになっています。

同社の従来製品に比べて転がり抵抗の軽減は5%、摩耗寿命の向上は16%、耐偏摩耗性能に関しては41%もの向上が達成されています。

合わせてデザインされているアルミホイールは純正でも洗練されていて、ブラックに塗装してあるのは足元を引き締める効果がありますね。

独特のスクエアなスポークが組み合わされたホイールはクロスオーバーらしくランドクルーズを感じさせるものでとても似合っていると思います。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34068#image-6

コンパクトカーですとポップなデザインが採用されがちですがスズキには軽自動車にハスラーやラパンなどポップなクルマがありますから上手く棲み分けがなされています。

スズキイグニスのタイヤのサイズアップはどうやる?

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34068#image-6

ここまではスズキイグニスのタイヤサイズに関する情報をお知らせさせて頂きました。

ここからはイグニスのタイヤサイズアップに関する情報を検証してみたいと思います。

イグニスのグレードは3段階ありますがそのうちのMGはホイールキャップとなっています。

上位グレードのMZとMXには標準でアルミホイールが装着されていて、比較的良いデザインですから拘らないユーザーならばこれでも充分満足できるレベルだと思います。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34068#image-6

それでも雰囲気を演出したいならアルミホイールを交換すればまた、違う雰囲気を楽しむ事ができますね。

ホイールキャップのMGなら積極的に効果すればよりクロスオーバー色の強いデザインに変化される事も可能です。

イグニスのMGグレードは15インチ、MZとMXグレードは16インチのホイールサイズですがもっとドレスアップしたい場合はホイールサイズのインチアップを検討しても良いでしょう。

15インチサイズを16インチにサイズアップする場合はもともと純正サイズですからフェンダーとのクリアランスを工夫する事はあまり考えなくても済みます。

16インチをさらにサイズアップする場合はフェンダーとのクリアランスを注意する必要がありますね。

標準装備のタイヤサイズは175/60R16となっています。

ひとつサイズアップして17インチにするには195/45R17のサイズになります。

タイヤサイズを変更するには極端なサイズを入れてしまうとホイールハウスとのすきまが空きすぎたりフェンダーと干渉してして物理的にはみ出してしまう可能性がありますからショップの店員さんによく相談して決定した方が良いでしょう。

あまり扁平率を低くしてしまうとスタッドレスタイヤが必要になった時に高額になってしまいますから注意が必要ですし、サイズが小さすぎてもブレーキ周りとの干渉も考えられますから慎重に選択していきましょう。

せっかく低燃費モデルを購入してもドレスアップにコストをかけすぎてしまっては何にもなりません。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34068#image-6

また、純正装着のエコピアタイヤと性能の異なる種類の製品を選択するとドライビングのフィーリングが異なりすぎる可能性が考えられます。

スポーティな性能のタイヤはコーナーでのグリップは抜群ですが燃費性能は落ちてしまいます。

イグニスはそもそもスポーティにドライビングする性格のクルマではありませんが使い方はユーザーが決める事です。

せっかくですからアーバンなイメージを生かしたドレスアップにしたいですね。

スズキイグニスのタイヤ交換をしたい!交換方法を紹介!

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34068#image-6

ここまではスズキイグニスのタイヤサイズやタイヤサイズアップに関する情報をお知らせさせて頂きました。

ここからはイグニスのタイヤ交換や交換方法に関する情報を検証してみたいと思います。

タイヤ交換をする方法は様々なやり方がありますが、その目的によってショップの使い分けが必要となってきます。

カーディーラー

ガソリンスタンド

カー用品店

タイヤ専門店

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34068#image-6

ガソリンスタンドは最も身近である方法で、全国どこでも何かしらの店舗が存在していますから出先でパンクしてしまった場合などは有難い存在ですね。

タイヤは専門性が高い製品ですから今履いているタイヤを新品に交換するのでしたらおススメですがイグニスのタイヤは珍しいサイズなので在庫があるか確認した方が良いでしょう。

ガソリンスタンドの店員さんは整備のスキルに差がありますから専門的な技術や知識までは期待できないかもしれません。

タイヤ専門店やカー用品店は品揃えの豊富さが利点としてあげられます。

タイヤの他にアルミホイールなども展示しておりますから実物を見て説明を受けてから取り付けられるのもメリットですね。

インチアップなどしたい場合は最も手慣れてしますから似合うホイールやサイズを変える事に関する注意点も熟知していると思います。

価格はガソリンスタンドとそれほど変わらない場合が多い様ですが、ネットなどでセールを行なっている時もありますからマメにチェックしておくと良いでしょう。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34068#image-6

カーディーラーも購入したところなら身近な場所になります。

スズキイグニスの販売場所ですから純正のサイズなら在庫に困る事はないでしょう。

メーカーで訓練を受けた整備士がいますから技術も保証が付きますし店舗に赴いた時のサービスでも不満を感じる事は少ないと思います。

ただし、価格は純正タイヤでもほぼ定価で販売されていますからコストパフォーマンスが良いとはいいかねます。

タイヤ交換の方法は車体からタイヤをホイールごと外します。

古いタイヤをホイールから外して新しいタイヤをホイールに組み込みます。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34068#image-6

次にバランスの調整をしていきますが、重りをホイールに装着しながらとっていきます。

回転した時にブレがあると安定性に問題がでますから均等に回転する様に調整してブレなくします。

タイヤは普段から空気圧や溝の残りなどをチェックする習慣が大切ですね。

空気圧が低くなっていると偏摩耗やパンクなどの可能性が高くなりますから注意が必要です。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ