インプレッサ

【スバル・インプレッサ】維持費やローンは?残価設定にするべき?

総合安全を掲げる、スバルインプレッサ、ここでは、インプレッサスポーツなんですけど、実際購入するとなると、いくらになるの?

ローンを組んだ場合は、いくら? 残価設定にした場合は? 維持費は?

どうしても、この車が欲しいと思われたら必見です。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スバルインプレッサのローンはどのくらい?

引用:https://www.subaru.jp

スバルインプレッサスポーツ。かっこいいですよね。

乗ってみたいですよね。でも、値段が、正直ほとんどの人が、同じ気持ちだと思います。

実際、1.6Lで1940000円から2160000円。

2.0Lで2180000円から2400000円ぐらいするんですよね。

最高級のリニアトロニック2WDで、2390000円から、2610000円もするんです。

金利がついて、支払総額があがるから、一括でという人もいますけど、車大好き若者世代としては、

やっぱり、ローンを組みますよね。毎月の支払いが楽ですものね。

だったら、1940000円の車が、ローンを組んでどのくらいの総額になるのか。2610000円の車ではどうなのか。知っておくべきですよね。当然だと思います。

まあ、車と言うものは、いろいろなオプションも考えて、価格を決めていきますので、当然、値段も上がるわけです。

それほど、高額になると、ほとんどの人がローンを組んでしまいます。

しかし、出来るならば、安く見積もりたいわけですから、プラン設定は、十分に検討していきたいですよね。

頭金を使うのか?ボーナスは併用するのか?支払回数はどのくらいにするのか?後で、説明する残価設定にするのかなどね。

そう言ったことも踏まえて、シュミレーションしていきましょう。

 

引用:https://www.subaru.jp

まず、シンプルに頭金、ボーナス無しで5年のローンを組んだと仮定しましょう。

総額1940000円の車を、 年8%の金利で5年のローンを組んだとします。

わかりやすいように、頭金、ボーナス無しで行きますね。

1940000×0.08=155200が、1年間の金利ですよね。

これを、5年のローンですから776000が、5年間の総利息ですよね。

ちょっと、びっくりしませんか?

ローンが払いやすくて、利用する人が多いので、これだけの金利を払わなければならないリスクを、果たして、承知しているのでしょうか?

これだけの金利を払って、果たしてローンを組みますか?

 

しかし、これには、からくりがあります。車の金利は残価にかかってくるので、最初の金利の額は大きく見積もられますが、支払の終盤は、元本も減ってくるので、支払う金利の額も小さくなります。

つまり、先の総額1940000の車なら、1回目は、金利が12756ほど、これを、元金に加えてに46089円ほどになります。

2回目以降は、1回分を差し引いた残価、1907667円ほどに金利がかかりますから、12543円が、金利と言うことになって、45876円ほどになります。

 

2年目以降も総額から、消費した元本を引いた残価に金利かかる計算をして繰り返します。

そうすると、2年目、1552024円。3年目、1164008円。4年目、776012円。5年目、388016円ほどに金利がかかる計算になるのです。

引用:https://www,subaru.jp

このようにして計算すると、1回目は、月46089円。2回目以降、月45876円。13回目以降、月42956円。25回目以降、月39986。37回目以降、月37435円。49回目以降、月36413円ほどになるという計算です。

総額2432295円ということになり、利息は、490000円ほどという計算です。これでも、総額500000円ほどの金利がかけられるわけですから、大きいですよね。

月々40000円ぐらいを5年間、払っていかなくてはいけないというのも、家計への負担は大きいと思います。

一般的に車を購入するのに、目安となる予算は、年収の半分ぐらいだと言われます。

賢いローンの組み方をしていきたいものですよね。

次に、具体的的な方法を見ていきたいと思います。

スバルインプレッサの残価設定はいくらなの?

引用:https://www.subaru,jp

残価設定プランとはなんでしょう?

残価設定プランとは、数年後にその車を下取り車として出した場合の下取り予想価格を差し引いた金額を分割で支払っていくプランです。

最終的には、①同じ販売店の別の車に乗り換える。②車を返却する。③差し引いた金額分を一括で購入又は分割で支払い、その車を購入する。と言う選択肢があります。

つまり、一般的なリース契約と言う形をとるのです。

 

もし、車のローンをあまり捻出したくないのであれば、もちろん、頭金を多く用意するほうがいいですし、ボーナス併用型と言うプランもあります。

しかし、これは、ボーナス支払い月を、早めに設定しないと、通常ローンよりも支払総額が増えてしまうので、注意が必要です。

それは、車の金利が、残価に課せられるという理由からです。

 

いずれも、月々の支払いを安く見積もることはできますが、車を購入するという過程で、家計への負担は、計り知れません。

ボーナス併用型を設定する時期を間違えれば、頭金なしボーナス併用無しプランよりも、支払総額が増えると言う現象が起こります。

何度も言います。金利は、残価に課せられます。

引用:https://www.subaru.jp

そこで、残価設定型プランが注目されます。

それでは、スバルインプレッサスポーツを残価設定型プランで購入すると、果たして、いくらぐらいになるのでしょうか?

再び、シュミレーションしてみます。

金利は、5.5%として計算します。

頭金、ボーナス併用は無しと考えます。また。最終回の支払いは1000000円とします。

先ほどの例のように総額1940000円とし、5年のローンとします。

1回目20181円ほど、2回目以降20012円ほど、最終回1055000円ほどとなります。

これならば、家計に優しくないですか?

しかし、リース契約と同じですから、車は、ローン期間中、その状態を維持しなければなりません。管理が行き届かないと、新たなリスクが生まれます。

まあ、当然のことですけど、自分の家族のように大切に扱うことが、大事なんですよね。

これに、ボーナス併用などを加えると、月々の金額はさらに安くなります。

金利は、残価にかかると言うことを、頭の中に入れといて、賢いカーライフを楽しみたいですよね。

それと、車を持つことに対して忘れてはならないのは、維持管理費ですよね。どれくらいかかるんでしょうね。それらは、見えないお金ですもんね。

引用:https://www.subaru.jp

残価設定型にするのは、得か、損か。いろいろ考えるに、使う人の心がけ次第だと思います。

残価設定にする方が、月々の支払額が抑えられますので、家計に楽ですよね。絶対、おすすめですよ。

しかし、大切に使わないと、5年目の支払額が増えることになります。

まあ、5年間、乗っている車が新車同然で返せたら、それだけでもすごいことだと思いますけどね。

何度も言いますが、家族同然と思い、愛着を持って、乗りこなしてほしいものです。

それでは、次に、いったい、維持費は、どんなものが、どれくらいかかるか。具体的にみていきましょう。

スバルインプレッサの維持費結局どのくらいかかるの?

引用:https://www.subaru.jp

車の維持費って、どんなものがあるのでしょう。

①自動車税などの税金

②任意保険などの保険料

③駐車場代

④ガソリン代

➄高速道路などにかかる交通費

⑥車検代

⑦タイヤ交換などのメンテナンス費用

などですよね。この他にも、見えない費用が、たくさん、出てくるような気がします。

もっとも、節約できる費用もありますが、車が単なる移動手段にとどまらず、生活の一部として存在するのであれば、結構な費用がかかるのを覚悟しなければなりません。

でも、結局はいくらかかるの?

引用:https://www.subaru.jp

これですよね。

先に書いた7つのうち、節約できるものはなんでしょうか?

①自動車税などの税金。これは、節約しようがありません。②任意保険などの保険料も同様です。

③駐車場代は、どうでしょうか?自宅に駐車スペースがあれば、問題ないですが、そのスペースが確保できない為、借りているんですから、これを、カットすることは出来ないですよね。

④ガソリン代➄高速道路などの交通費、これは節約できます。

しかし、これも、車を家族の一部のような存在だと考えれば、人によっては、この費用を節約することは、難しいでしょう。

⑥車検代⑦タイヤ交換などのメンテナンス。この費用は、絶対、節約できませんよね。

しかしですよ。すべては、車に乗る人次第なんですよね。

要は、本当に家族のように愛情を持って、大切に乗っていれば、維持費はいくらでも節約出来ると言うことです。

【スバルインプレッサ】維持費やローンは?残価設定にするべき?のまとめ

引用:https://www.subaru.jp

どうですか?しかし、車の購入は、何よりも計画性が大事です。選ぶ車は年収の半分ぐらいの価格の車を選ぶといいでしょう。そうすれば、ローンを組んだ時の家計の負担もやさしいです。

月々の支払いを抑えたいなら、残価設定型プランがおすすめですが、その場合、自分の家族と同じように、愛情を持って大切に使うことが大事です。

頭金やボーナス併用型にするなど、賢いローンの組み方をすることにより、月々の支払いや、支払総額を減らすことが出来ると言うことを理解し、日々のカーライフを楽しんでいきたいものです。車は、高い買い物です。

そして、使う人によって、走る凶器ともなりえます。しかしまた、乗る人によって、生活に潤いを与えることも出来るのです。

私たちは、日々、正しい理解の元、安全で快適な生活をおくっていきたいものです。

引用:https://www.subaru.jp

スバルは、総合安全を柱とした、快適なカーライフを応援しています。

それは、老若男女、すべての人に車と言う家族を大切に扱っていただき、未来につながる技術革新を正しい知識で推奨していってもらいたいと言う気持ちの表れだと思います。

 

アイキャッチ画像引用:https://navikuru-car.com/hybrid-stationwagon-17551

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ