インプレッサ

【スバル・インプレッサ】アクセサリーおすすめ!電源とソケットも紹介

ドラレコやレーダーなどを後付けするならアクセサリー電源は確認しないといけません。

逆に、アクセサリー電源がわかると、車内を自分好みに変えていくのがとても簡単です。

スバルインプレッサはどこから電源が取れるのでしょうか。まとめてみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スバルインプレッサのアクセサリー電源はこれです!

スバルインプレッサのアクセサリー電源をみてみましょう。

その前に、アクセサリー電源をショートさせてしまうと、電装系がダメになってしまう可能性があります。

また。ご自身で作業をする場合は、感電の危険性もゼロではありません。

なので、必ずバッテリーの接続を外してから作業するようにしましょう。

引用:https://tottori-hoken.com

スバルインプレッサのアクセサリー電源の取りかたは非常に簡単です。

ペダルのすぐ手前側に電源カプラーがあります。ここから電源をとることが可能です。

これに市販されている、電源取り出し用カプラーを接続することで、電源を取り出すことができます。

実際に取り出すことができる電源は、常時電源、アクセサリー電源、イルミネーション電源、ドアオープン時出力線です。

常時電源はその名の通り、常時通電している電源です。キーが刺さっていようがいまいが、エンジンがかかっていようがいまいが、常に通電します。

引用:https://www.diylabo.jp

あまり消費電力の大きいものを接続すると、駐車中にバッテリーがすぐに上がってしまうことにもなりかねないので、注意が必要です。

次にアクセサリー電源ですが、これはイグニッション電源とも言われていて、イグニッションがオンになっているときに通電します。

車内のほとんどの設備、例えばナビやオーディオ、車内灯などはこれと同様で、イグニッションがオンになっていると通電します。

次にイルミネーション電源ですが、これでは、ちょうどスモールランプがONになった時に通電するようになっています。

引用:http://gakkura.com

例えば、車の外装に電飾を施した場合などは、この電源が非常に便利だと思います。

最後にドアオープン時出力線ですが、これも文字通り、ドアを開けた時にのみ通電する電源です。

例えば、乗り降りの際に、サイトシルが光ったり、ドアのすぐ下が明るく照らされたり、そうした改造をする際は、こちらから電源を引くと良いと思います。

また、ヒューズボックスから取ることもできます。

引用:https://www.subaru.jp

インプレッサのヒューズボックスのアクセスは意外と簡単です。

エンジンスタートストップのボタンがついているインパネ部分のさらに下の方にいくと、ボンネット開閉のレバーがあると思います。

その少し手前に、引っ張るとボコッと取れるインテリアパネルがあります。

その中にヒューズボックスがあります。蓋は取ってしまって、作業しましょう。

引用:https://www.diylabo.jp

ここからは、検電テスターが必要になってきます。こちらはアマゾンで数百円から売っているものです。

電装系のカスタムをすることがある人は、必須のアイテムなので、かならず用意するようにしましょう。

アクセサリー電源を探すには、まずキーがロックの状態で通電している端子を検電テスターで探します。そして、ACCの状態で通電している端子を検電テスターで探します。ACCの状態で通電していて、ロックの状態で通電していない端子がアクセサリーヒューズです。

引用:https://autoc-one.jp

アクセサリーヒューズがどれかわかったら、どのソケットを使うかを決めます。この際に、必ず接続する機器のヒューズよりも容量が大きいものを選ぶようにしましょう。

今度はヒューズ電源を用意します。ヒューズ電源は、ヒューズボックスから電源を取ってくるのに必要な部品ですが、一個300円程度で売っているものです。

ペンチでヒューズを抜き取って、検電テスターで電源側のソケットがどちらかを調べます。

わかったら、電源側のソケットに電源ヒューズを接続します。これで、アクセサリー電源を取り出すことができます。

スバルインプレッサのアクセサリーソケットはこれ!

アクセサリー電源の取り出し方は、上記で説明しました。

わかりやすいように、画像でも載せておきますね。

引用;https://autoc-one.jp

写真のように赤く囲っているところは、引っ張ると外れるようになっています。そこをガボッと外すとヒューズボックスにアクセスできるようになっています。

ただ、二つ目のやり方でやる際に、いちいち検電するのは面倒だとおもった方もいるかもしれません。
そういう方のために、アクセサリーソケットがどれかをお教えします。

引用:https://minkara.carview.co.jp

ズバリこれです。

また。万が一のことがありますから、支障が出ないように、12VPLUGのソケットから使うのが良さそうです。

DOOR LOCKのヒューズであれば万が一切れてしまっても、自走できるので、こちらから使うことをオススメします。

また、それぞれのソケットの図の上に書かれている、「15A」や「20A」と言った数字は、それぞれのソケットの容量を示しています。

引用:http://takacello.net

実際に機器に接続して使用する際には、その容量を超えないような機器を接続してください。

もし初心者の方が読者のみなさんの中にいらっしゃるかもしれないので、書いておきますが車のヒューズから電源を取ることには少しリスクがあることを理解していただきたいです。

もしアクセサリー電源から電源を取るだけであれば、そこまで大きな問題にはいたらいないのですが、例えばそれだけでは足りなくてイグニッション電源から電源を取るとします。

もし、その段階で作業中であったり、電源をとって機器を使用中している最中に故障した場合、イグニッション電源のヒューズが飛んでしまう恐れがあります。

引用:https://www.gulf-insider.com

そうなるとエンジンを制御しているコンピューターであるECUが動かなくなってしまうため、エンジンがかからなくなってしまいます。

ヒューズボックスにはアクセサリー電源もあればイグニッション電源もあるので、間違って意図していない大部のソケットを使ってしまうことがあります。

どのソケットであれば万が一ヒューズが飛んでしまっても問題があって、どのソケットでは問題がないのかをしっかりと見てから、使うようにしましょう。

スバルインプレッサのアクセサリーオススメはこれだ!

まずは純正オプションで取り付けなかった方には、ドライブレコーダーをオススメしたいです。

最近非常に人気のあるドライブレコーダーをいくつか紹介します。

まずこちら、コムテックのZDR024です。

コムテックは車載のドライブレコーダーやレーダーでは非常に有名なブランドです。

このドライブレコーダーの良いところは、まずコンパクトな点です。これをバックミラーの裏側に取り付けてしまえば、ほとんど目立たないでしょう。

引用:https://www.drive-recorder.xyz

また、GPS搭載ですので、速度も記録することができます。スピードを出しがちな人にとってはあまり嬉しくない機能かもしれませんが。

また、信号を自動で認識する機能やHDRを搭載しているので、明るい色の車の車体が白く飛んだりすることはありません。

さらに、バッテリーを内蔵していて、例えば電源がオフになっている駐車中でも、衝撃を感知したら録画を始めることができるので、当て逃げも監視することができます。

また、ケンウッドもドライブレコーダーでは有名なメーカーです。
DRVMP740は注目の最新機種です。

引用:https://twitter.com

何と言ってもセカンドカメラが付いていて、車内も撮影できるところが魅力です。
また、夜間でも撮影ができるよう赤外線LEDカメラも搭載しています。

また、F1.8というかなり明るいレンズが使われているので、記録できる映像もかなり鮮明です。

そして、24時間の最長録画時間を誇るので、どのようなシーンでも衝撃を感知して、記録をすることができます。
また、運転支援機能も搭載されています。例えば、前方の障害物の接近を感知して警告してくれる機能や、車線からずれてしまっていることを自動で認識して警告してくれる機能などです。また、信号を見落としてて発進が遅れた時なども警告してくれます。

上記の二つは機能面では大差ありません。どちらも注目のメーカーの最新機種なのでどちらを選んでも間違い無いでしょう。

次はレーダー探知機です。

引用:https://www.autobacs.com

もちろんスピードの出し過ぎはよくありませんが、制限速度でずっと走るわけには行かないのも事実です。

なのでやはりレーダーの取り付けは必要でしょう。

レーダーに必要は昨日は、やはり移動式の小型オービスのデータ受信に対応しているかどうかです。

GPSデータだけではスマホアプリと一緒ですから、やはり移動式を感知するにはレーダー受信も必要ですね。

また、wi-fiに対応して自動でデータベースを更新できるかも重要です。古いデータでは新しいオービスに対応できません。

コムテックのZERO 806Vです。

これは、上記の基本的な性能を備えています。

また、ユーザー投稿システムと言って、ユーザーから取締りの報告を受けて、データベースを更新する機能もあります。

 

アイキャッチ画像引用:https://oppositelock.kinja.com/2018-subaru-impreza-2-0i-sport-5-door-the-oppositelock-1821660921

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ