インプレッサ

【スバル・インプレッサ】値引きで買いたい!相場や限度額はどう!?

新車を買う際は、できるだけ値引きを引き出して安く買いたいもの。

スバルインプレッサを購入する際、どこまで値引きができるのか?

いくらくらい値引きすることができれば合格ラインなのか、

そのあたりについて詳しく調査してまとめました。

スバルインプレッサを購入する際の参考にしてもらえればと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スバルインプレッサの値引き相場はどのくらい?

インターネット上ではスバルインプレッサの値引きの実例報告が多数上がっており、

中には後述するように500,000円以上の値引きを実現した猛者もいるようですが、

大体は150,000-200,000円くらいの値引きが実施されたという報告が多いです。

あまりにもドラスティックな値引きや、全く値引き交渉に意欲がなかったり、

そもそも交渉するという事を知らずに営業担当者に言われるがままだったであろう

ケースを除いて考えると、スバルインプレッサの値引き相場は、おおむね150,000-200,000円前後でしょう。

ちなみにスバルは、競合他社と比較して、値引きに対してかなり渋い傾向があると言われています。

更にその上に、スバルインプレッサという車種自体が値引きに対して堅い部分があります。

以上の事からスバルインプレッサの値引き交渉の難易度は高い部類に入ります。

よって、300,000円や400,000円といったような大きな値引きは

難しく、先述した150,000-200,000円ほどの値引きに落ち着く場合が多いです。

引用:https://www.kuruma-sateim.com/

とはいえ、いくらスバルやスバルインプレッサが値引きに対して堅いとしても、

ディーラーも自動車を販売するという使命を帯びている以上、値引きという戦略を取るという選択肢は持っています。

できるだけその選択肢を使わせることが最大のポイントになります。

また、スバルインプレッサのディーラーオプションにおける値引きを狙うのも重要です。

引用:ucar-best.com/

車体価格に対する値引きには限界がありますが、ディーラーオプションを豊富につけてもらうなどして、

よりお得な契約をまとめていくのも大切になってきます。

営業担当者からサジェストされるがまま頷いて交渉を進めるのではなく、

ディーラーオプションを上手に使って値引き額を上げて行きましょう。

スバルインプレッサの値引きの限度はどこまでいけるか!?

新車でスバルインプレッサを購入する際、

どこまで値引きが出来るのか、調べてみました。

その上で分かったことは、粘り強い交渉で物凄い値引きを引き出している人がいるということです。

インターネットを見渡してみると、先述したようにスバルインプレッサ 1.6i-L EyeSightを、なんと552,000円もの値引きを

実現して購入できた、などという報告があります。

引用:https://nanaki.biz/

これはインターネット上におけるスバルインプレッサの値引き報告でもかなりずば抜けた部類に入ります。

そのほかのサイトを見渡してみても、これ以上高額な値引きを実現した上でスバルインプレッサを購入することができたというような人は見当たりません。

スバルインプレッサに対する値引きの限度ではないかと思います。

いくらスバルが値引きに対してシビアな会社であるとはいえ、付け入るスキは十分にあり、大幅な値下げも可能性としては見込める

ということの何よりの証拠と言えるでしょう。

大きな値引きを実現するためには、やはり粘り強い交渉と十分な下準備に裏打ちされた戦略が必要になってきます。

引用:https://beauty.yahoo.co.jp/

スバルインプレッサと何を競合させるかなど、しっかり策を練った上で値引き交渉に立ち向かいましょう。

とはいえ、限度いっぱいのおよそ552,000円の値引きを達成するにはかなりの交渉スキルと運が重なったうえでの結果と言えます。

あくまでも予測ですが、およそ552,000円という金額は、何かディーラーやメーカーに落ち度が

あるようなイベントが起こり、その補填として値引きが行われた、ディーラーと購入者にある意味での

交流があって値引きが図られたなど、なんらかの特殊な要因が絡んでいる可能性もあります。

友人のよしみでディーラーオプションを大量に無償で追加した、などが考えられます。

中にはそういったご経験をされた方もいるのではないでしょうか。

そういった特例を除いて、あまり限度いっぱいにこだわりすぎると、営業担当者からの心象を悪くして、その後の値引き戦略に
悪影響を及ぼしかねないので、ほどほどにしておきましょう。

また、店舗内で展示車として扱われているスバルインプレッサを狙うのも一つの方法です。

引用:https://minkara.carview.co.jp/

展示されている車は多数のお客さんに触れられたりしているため、新車は新車でも、普通の納車

されるものよりも、何となく「落ちる」感じがしますよね。

当然こちらとしても、「展示車だったら、その分、値引きして欲しい!」という心理が働きます。

相手にしても、その点はちゃんと理解していて、展示車のスバルインプレッサなら大きな値引きを実施してくれる可能性があります。

その上で上手に交渉を進めて通常の値引きを引き出すことができれば、トータルの値引き金額はかなりのものになるのではないでしょうか。

上記した、限度いっぱいの値引きの金額に近いところも、現実味を帯びてくることでしょう。

スバルインプレッサでの値引き目標はここだ!

引用:https://response.jp/

商戦期かそうでないかなど、外的要因によっても目標価格は変わってきます。

ただ、スバルインプレッサの数ある値引き購入報告を平均して考えると、
おおむね【1800,000円〜220,000円】ほど値引きすることができれば十分に目標価格到達であると言われているようです。

この数字を目標にしてディーラーとの交渉に臨みましょう。
先述したように、スバルは値引きに対して渋い対応を取るメーカーなので、値引き交渉の難易度はやや高いです。
とはいえ、ポジティブな要因もあります。スバルインプレッサについては、
同カテゴリーにトヨタがカローラのスポーツタイプを発売して殴り込んできた来たことなどもあり、

スバル側もこのカテゴリーにおけるシェアを奪われないよう必死になっています。

引用:fsv-image.autoc-one.jp/

そのため、多少なりとも値引きする側にとって有利な情勢になっています。(上の練馬ナンバー車がトヨタカローラスポーツの写真です)

このトヨタカローラスポーツをはじめとした同カテゴリーの

マツダアクセラスポーツ、ホンダシビックハッチバック、ホンダシャトルあたりと

競合させながら値引きを目指していくことが基本戦略になります。

ライバル車の存在をチラつかせつつ、営業担当者の顔色や発言に注視し、押したり引いたりして値引きをうまく引き出しましょう。

また、冒頭でも少し触れたように、商戦期や決算前の2月から3月などが値引き交渉の時期として

大きなチャンスになります。

 

他にも、スバルインプレッサの弱点を突く、という方法もあります。スバルインプレッサは、

どちらかというと華美な装飾を抑えてシンプルなデザインをウリにしている部分があります。

引用:kakaku.com/

それを裏に返せば、「少し地味」「やや保守的すぎる」「シンプルだが新鮮味に欠ける」といったような表現を取ることもできます。

その弱点を上手に使えば、スバルインプレッサを値引きで販売する動機とすることもできるでしょう。

スバルインプレッサの無骨さ、安定感のあるデザインを求めて購入することは大いに結構ですが、こと値引き交渉の場所の限っては、

正直になりすぎず、いろんな要素をうまく組み合わせて値引きを引き出しましょう。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ