インプレッサ

【スバル・インプレッサ】納期や納車状況はどう?納車待ちはあるの?

自動車を買ってから納車されるまで、どれくらいかかるのか、

多くの人はとても気になると思います。

そこで今回は、スバルインプレッサを購入してから、実際に納車されるまで

どれくらいの時間がかかるのか、また、納車遅れなどのケースがあるのかどうか、調査しました。

できるだけスムーズな納車が実現できるよう、参考にしていただけたら幸いです。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スバルインプレッサの納車はいつ?納車情報紹介

スバルインプレッサが納車までにかかる期間は、早くても2か月、遅くて3か月少し程のようです。

スバルは、インプレッサに限らず基本的に納車に関してはそれなりに

時間が掛かる傾向があり、スバルインプレッサに関しても例外ではありません。

人によっては下記するような特別な工夫なくして、一か月半ばで納車されたということもあるようですが、

それは相当レアなケースであり、基本的には3か月くらいは納車に掛かると考えておいたほうがいいでしょう。

特にスバルインプレッサ自体がかなりの人気車の部類に入り、メーカーでも慢性的な在庫不足が長い間続いています。

工場(群馬製作所)をフル回転させて、それでもまだ生産が追い付いていないというかなりの品薄状態です。

その他、スバルインプレッサに追加したオプションの種類や数によっても、納車日は変動するようです。

沢山のオプションを追加したということであれば、より時間がかかるでしょう。

スバルインプレッサの納車情報としては、以上のようになります。

引用:https://gazoo.com/

ちなみに、スバルインプレッサスポーツ2.0i-S EyeSightを購入する場合、スバルインプレッサのほかのグレードを

買ったときよりも、半月ないし一か月ほど納車時期が早まります。

引用:https://www.subaru.jp/

なぜ納車時期が早まるかというと、

スバルインプレッサスポーツ2.0i-S EyeSightが現行モデルにおける一番人気であり、その分メーカーも

他のモデルよりも力を入れて、スバルインプレッサスポーツ2.0i-S EyeSightの製造数を確保しているようです。

そのため、顧客のニーズに対する当該グレードの生産がある程度追いついているので、

他のグレードよりも比較的早く納車されるという理屈になっています。

実際にスバルの営業担当者からも、「スバルインプレッサ2.0i-S EyeSightであれば、他のグレードよりも早く納車することができます!」

などとサジェストしてくる場合もあるそうです。

場合によっては「即納車することができます!」なんてことを言ってくれる場合もあるようです。

引用:www.good-sales.net/

特別ほかのグレードに対して執着がなかったり、

何らかの事情があって、納車まで3か月近くも待てないというようなことであれば、

スバルインプレッサ2.0i-S EyeSightを購入するのも一つの手かもしれません。

とはいえ、納車および納期については注文状況等によって多少前後するものなので、

きちんと営業担当者に確認、相談をした上で交渉していくことをおすすめいたします。

 

また、キャンセル車の狙うというのも一つの手です。

引用:takeka.hatenablog.com

自分よりも先に注文した人がキャンセルをしてキャンセル車が

出た場合、それを自分のところに回してほしいと、事前に伝えておくのです。

そうすると、キャンセル車が出た際に、「お客様のお求めと同じモデルのものが

キャンセルで一台浮いていますが、どうされますか?」とサジェストしてもらえる場合があります。

もしもキャンセル車でも構わない、ということであれば、

このようにキャンセル車を回してもらえるように準備しておいて損はないでしょう。

もちろん、絶対にキャンセル車が出る保証はありませんが、もしもそれが出た場合、優先的に

キャンセル車を回してもらえる可能性が高まります。

納車を早めたいなら、少しでも早くなるようにこのように話を通しておいて損はありません。

ただし、キャンセル車を狙っている人は他にもいます。

キャンセル車が発生したからといって必ずしもそれが自分のところに

回ってくるというわけではないので、注意しましょう。

スバルインプレッサの実際に納車された人、納車待ちの人

引用:https://news-subaru.com/

スバルインプレッサを納車された人の様子を見てみました。

上記したように、「スバルインプレッサのキャンセル車を選んだことで早い時期に納車された」

「スバルインプレッサ2.0i-S EyeSightを選んだことで、少し早く納車された」

という報告がよく見かけられます。

やはり早いタイミングで納車されている人は、キャンセル車の受け入れか、グレードの変更をするなどして工夫をこらしているようですね。

特に、グレードをスバルインプレッサ2.0i-S EyeSightにすることによって、通常より

半月から一か月ほど早いタイミングで納車されているケースがかなり多く見受けられます。

もちろんスバルインプレッサ2.0i-S EyeSightというグレードではダメだ! というような事情があれば別です。

しかし、当該グレードでも十分に満足できる上に納期はできるだけ早いほうがいいという条件が

揃っているのであれば、スバルインプレッサ2.0i-S EyeSightを進んで購入するというのは

かなり有効な手段と言えるでしょう。

逆に納期待ちの人たちのどぎまぎした様子もよく発信されています。

「納車日が予定日より1日遅れることになった」、「予定日から5日遅れるらしい」

などと、待ちに待った納車日が先送りされてしまうことを悲しく思う書き込みやツイートが目立っています。

それでも、スバルインプレッサの全体の受注台数から考えれば、嘆かわしいツイートの数も少ないし、そして納車遅れに憤る人も見受けられず、

メーカーがかなり善処して納車対応しているのではないかと思います。

スバルインプレッサの納車遅れのケース

引用:https://news-subaru.com/

自動車の購入についてまわる納車遅れについてですが、

残念ながら、スバルインプレッサについても、納車が予定よりも遅れてしまったというケースは発生しています。

スバルインプレッサそのものが大変な人気商品であり、注文が増加したりすると納期遅れとなってしまう

ことが多々あるようです。

上記したように数日の納期遅れは一定数報告があります。

「予定日から1日遅れ」、「予定日から5日遅れ」「一週間も遅れた…」

Twitter上には、多少の納期遅れを報告するツイートがいくつかあります。また、納車予定日が伸びに伸ばされ

「一体いつになったら納車されるんだろう」と嘆いている書き込みもあります。

やはり人気車種ということを踏まえれば、納車遅れはついてまわるもののようです。

とはいえ、何か月も遅れた、というような書き込みは見られず、

納車が遅れたたとしても数日から一週間ほどの範囲内で収まっている様子です。

また、納車遅れに対して憤慨するような情報も全くと言っていいほど見当たりません。

なので、大幅な納車遅れに対する心配はあまりないと言ってよいでしょう。

 

ちなみに、スバルインプレッサ含むスバル車の世界生産の60%を担っている「群馬製作所」も、好調な受注が続ていることで、
現場はかなり繁忙な状態なんだそうです。

引用:https://www.carsensor.net/

そしてその活況はネットニュースでも取り上げられています。

このような状況を見ても、受注に対して生産が追い付いていないということがわかります。

しかも、スバルの自動車生産拠点は、日本にはこの「群馬製作所」ただ一か所しかありません。

もしも増産をするなら生産拠点を増やすということが

考えられますが、今のところすぐさまに他の生産拠点を作るというような話もありません。

よって、スバルインプレッサを製造する能力は現時点において頭打ちの状態になっています。

つまり、注文過多の状況が落ち着かない限り、スバルインプレッサの納車に時間がかかる、あるいは納車遅れ

という問題はついて回ってくるでしょう。

このように、生産拠点が限定されている点、そしてスバルインプレッサに注文が

多く集まっているこの活況を鑑みれば、多少の納車遅れは仕方ないとして、覚悟しておいたほうがよいでしょう。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ