インプレッサ

【スバル・インプレッサ】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比べる!

ハッチバックとして知られているスバルインプレッサですが、サイズ感はどのようになっているでしょうか?

実際のサイズ感と、他の車との比較を行ってみました。

それでは紹介していきます。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スバルインプレッサの大きさはどのくらい?

引用 http://nensiki.com/

まずは比較よりも何よりもインプレッサのサイズを知ることが重要ですよね。

まず外装のサイズ感を紹介して、そのあとに内装のサイズ感を紹介していきたいと思います。

まずは外装からです。

全長 4,460 mm x 全幅 1,775 mm x 全高 1,480 mm

サイズでみてもいまいちよくわからないかと思いますが、よくある3ナンバーハッチバックのサイズ感となっています。

引用 https://www.sanikleen.co.jp/

普通乗用車は一部の巨大な車をのぞいて、3ナンバーか5ナンバーのなかでまとまっているかと思うのですが、そのうちの3ナンバーということになっています。

5ナンバーの車両サイズは全長 4,700 mm x 全幅 1,700 mm x 全高 2,000 mmかつ排気量が2000cc以下となっているので幅だけが飛び出しているということがわかるかと思います。

だいたいの車が幅だけはみ出していていますが、インプレッサもその類ですね。

現代では税制や衝突安全性の観点から、幅だけが基準を超えた3ナンバー車というのが多く存在しています。

次は内装の大きさについて紹介していきます。

内装サイズは

長さ 2085 mm x 幅 1520 mm x 高さ 1200 mm

となっています。

引用 https://impreza-s.com/

ハッチバックになるので快適性重視の内装の広さとなっているのではないでしょうか?

ただ室内長さに関しては各メーカによって測り方や、車自体の構造の問題もあって計測方法が曖昧になっているという一面があります。

あとトランク部分は室内長には含まれていませんので注意してください。

この部分が大きいことによって、広々とした室内になっていることは間違い無いので、1つの参考としてみていただけると幸いです。

なおインプレッサのトランクの長さですが、820mmとなっています。

引用 https://www.subaru.jp/

後部座席のシートは6対4分割でシートアレンジが可能ですので、長尺物でも十分に積載し、運ぶことができるかと思います。

相当な長尺ものを運ぶ機会でもなければ、困る機会は無いのでは無いのでしょうか?

その点においては心配することは何も無いレベルの高さの出来になっていると思います。

スバルインプレッサの実際のサイズ感はどんな感じ?

引用 https://carview.yahoo.co.jp/

インプレッサのサイズ感について紹介していきたいと思います。

結論をシンプルにいうと、大きすぎることもなく、小さすぎることもない非常にちょうどいいサイズ感になっているのではないでしょうか。

まずボディサイズに関しても、日本の道路ではほぼ100パーセントはみ出すことのない幅感ですし、立体駐車場や機械式駐車場などと言った大きい車の駐車が制限されてしまうような大きさであることは一切ありません。

また逆に軽自動車にありがちな席に座っていると隣の人と肘が当たると言ったことや、後ろの席が狭すぎて後ろに座ると辛い思いをすると言ったようなこともないと思います。

そのような観点から見ても大きすぎず、小さすぎないちょうどいいサイズかなぁと思います。

初心者の方や慣れていない方が乗る際には車の長さが少し長いと感じるかもしれませんが、今は車のセンサー類もかなり進化していて、インプレッサもスバルの最新安全技術であるアイサイトを搭載するような、力の入っているモデルになっているので、最新技術によるアシストはかなり優秀かと思います。

引用 https://response.jp/

このような観点からも誰にでも乗りやすい、ちょうどいい車に仕上がっているのではないでしょうか?

また小回りに直結する最小回転半径ですが、5.3mと極めて平均的な値となっています。

決して小回りの効きやすいタイプの車ではありませんが、効きにくい車でもないので、十分運転しやすいかと思います。

スバルインプレッサのサイズ比較をします!

引用 https://car-mo.jp/

次はインプレッサの他者とのサイズ比較を行なっていきたいと思います。

今回はマツダアクセラスポーツ、トヨタオーリス、ホンダシャトル、トヨタカローラフィールダー、レクサスCT200hの5車種との比較を行なって見たいと思います。

まずはインプレッサのサイズをおさらいしておきましょう。

サイズは全長 4,460 mm x 全幅 1,775 mm x 全高 1,480 mmとなっています。

さて他の車種はどうなっているでしょうか?

一台ずつ紹介していきます。

引用 https://www.carsensor.net/

マツダアクセラスポーツ

全長 4,470 mm x 全幅 1,795 mm x 全高 1,480 mm

引用 https://response.jp/

トヨタオーリス

全長 4,245mm x 全幅 1,760 mm x 全高 1,530 mm

引用 https://www.honda.co.jp/

ホンダシャトル

全長 4,400mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,570 mm

引用 https://toyota.jp/

トヨタカローラフィールダー

全長 4,410mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,510 mm

引用 https://lexus.jp/

レクサスCT200h

全長 4,355mm x 全幅 1,795 mm x 全高 1,460 mm

となっています。

大きな差こそあまりありませんが、細かく見ていくとところどころ違う部分が見受けられますね。

まず全長ですが、トヨタオーリスとレクサスCT200h以外は4.4m台の値となっています。

オーリスとCT200hは4.2m台と4.3m台になっているので、少し小さいことがわかりますね。

この部分に関しては見え方の差こそあれあまり大きな違いはないかと思われます。

次は全幅ですね。

ここでは数値上の違いよりもナンバーの基準による差が大きくでた部分ではないでしょうか。

ホンダシャトルとトヨタカローラフィールダーは他の車に比べ、1.6m台の全幅となっています。

これは5ナンバー枠に収めようとする企業の努力がでた形となったのではないでしょうか。

5ナンバー枠というのは先ほども説明しましたが、全幅が1.7mまでにならなくてはならないので、この二車種は1.6m台の全幅になっていることがわかるかと思います。

現在は衝突安全性の観点とナンバーの違いによる税制の違いなどもないので、多くの車が3ナンバー化していますが、やはり細い道の多い日本では幅の大きさというのは大きな検討材料になるので、現在も5ナンバー枠の車に一定の人気があります。

ミドルクラスハッチバックにおいては、全長がかなりあるのでバランス的にはかなり難しいことが伺えるのですが、ここが企業努力の賜物と言えるのではないでしょうか?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

その他の車に関してはそれほど大きな違いはありませんが、やはり道路状況を考慮してか全ての車が1.7m台に収まっていることがわかりますね。

最後は全高の比較になります。

全高は車によってそれぞれ違いますが、1460mmから1570mmの間の100mmほどの間に収まっていることがわかりますね。

大きく変化することはないですが、1550mmを越えると機械式の駐車場に入れなくなってしまうことが多くなるので、機械式の駐車場によく止められる方は気になる部分かもしれません。

ただ値を超えているのはホンダシャトルだけになりますので、あまり大きな問題ではないかもしれませんね。

このように色々な車種との比較を行うと同じクラスにはなるのでそこまで大きな違いはないことがわかるかと思います。

ただ細かい部分において違いであったり、それによって選択肢としての幅も変わってくるかもしれませんね。

細かい部分ではありますが、意外と重要な部分だったりもするので決める前に一度目を通してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ