比較・ランキング

ジェイドとステップワゴンを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

どちらもホンダ車の中で支持を集めているジェイドステップワゴンですが、乗り心地や燃費はどっちが良いの?

大きさから、維持費まで徹底的に比較します!

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ジェイドとステップワゴンの乗り心地や大きさはどっち?

最初にジェイドステップワゴンの大きさについて比較してみましょう。

大きさの比較

引用:https://www.honda.co.jp/JADE/

ジェイドの大きさは以下となります。

全長→4.660m

全幅→1.775m

全高→1.530m~1.540m(グレードによって異なる)

ホイールベース→2.760m

最低地上高→0.140m~0.150m(グレードによって異なる)

車両重量→1.430kg~1.510kg(グレードによって異なる)

トレッド(前/後)→1.535m/1.530mまたは1.545m/1.540m

となっています。

このまま室内の大きさについても一緒に調べてみましょう。

室内長→2.200mm(6名乗りは2.850mm)

室内幅→1.505mm

室内高→1.230mm

乗車定員→5名または6名

となっています。

一方のステップワゴンの大きさについてもお伝えします。

 

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンの大きさは以下の通り

全長→4.690m~4.760m(グレードによって異なる)

全幅→1.695m

全高→1.840m~1.855m(グレードによって異なる)

ホイールベース→2.890m

最低地上高→0.150m~0.155m

車両重量→1.620kg~1.820kg

トレッド(前/後)→1.470m/1.485m

となっています。

室内の大きさについては

室内長→3.220m

室内幅→1.500m

室内高→1.405m~1.425m(グレードによって異なる)

乗車定員→7名または8名

となっています。

ジェイドステップワゴンを比較してみると、似た大きさではありますが全長は+30~100mm、全幅は+80mmとジェイドの方が大きく、ステップワゴンの方が全高は+310mm~325mmも大きい結果となりました。

ジェイドの方が全体的に大きい見た目となりますが、高さがあるステップワゴンの室内は圧迫感が少なくて済みそうです。

乗り心地の比較

大きさにも関係している乗り心地について、ここでは比較していきます。

どっちも乗り心地に関する性能について一緒にご紹介します。

引用:https://www.honda.co.jp/JADE/

ジェイドの室内空間は後座空間にも力を入れており、ゆったりと寛げるよう工夫がされています。

例えば

・余裕ある足元スペース

・心地よい静粛性

・反転テーブル

などで体感することが出来ます。

また2列シートには座り心地の良いように、厚みのあるシートを搭載しエアコンの吹き出し口を設けるなど、快適で過ごしやすい空間となっています。

その他にも遮音ガラスの採用でガラスの厚みを最適化し、静粛性に配慮することで運転中の不快さを少なく会話を愉しめる、ひとつ上の静粛性を目指しました。

また粗い路面や高速道路でも静かな心地よさを保つため、ノイズリデューシングアルミホイールを搭載しています。

走行性能についても「長時間のドライブでも乗る人すべてに喜びを。」をコンセプトに、高速道路や山道などで力強い走りだけでなくスムーズな乗り心地を実現し走りの質を磨き上げました。

そのため、ドライバーにも同乗者にも心地よい時間をもたらします。

例えば

全開加速ステップアップシフト制御の機能でダイレクトな加速感を得られ、アクセルを深く踏み込むとエンジンが高回転まで速く到達します。

また高回転域でステップ変速がリズミカルに行うため、エンジンサウンドと加速の調和ある走りが愉しめます。

また、ダブルウイッシュボーン・リアサスペンションを採用したことで上質さとなめらかさを実現し、カーブの多い道や高速道路などで細かな振動を抑え、高い操縦安定性となめらかな乗り心地が得られます。

一方のステップワゴンについても乗り心地に関連する性能をご紹介します。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンの室内空間は1列目、2列目、3列目、全部の席におもてなし満載でどの席も特等席になるように高い質感も、便利さも、快適さも満足できるように工夫されています。

例えば1列目は

・冷えた車内でも座面と背もたれをあたためるシートヒーター

・スマートフォンなどを置けるセンターテーブル

2列目には

・コンビニフック付きシートバックテーブル

・スライドドア両側にロールサンシェード

3列目には

・3列目でも不自由ないアクセサリーソケット

などそれぞれにあった機能が装備されています。

他にも

・IRカット〈遮熱〉/UVカット機能付フロントウインドウガラスを搭載し、日射しの強い時も赤外線と紫外線を軽減して快適に。

・運転席、助手席、後座のゾーンで快適になるよう調節できるトリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーを搭載し快適な室内空間をつくっています。

走行性能についても快適に過ごせる機能が搭載しています。

例えば

・EVドライブモード、エンジンとモーターを併用するハイブリットドライブモード、エンジンだけの力で走るエンジンドライブモードの3つのモードをシーンで使い分ける3モードパワートレイン

・8人乗っても発進からターボが効いてそのまま伸びのある爽快な加速が得られる、静かながらもパワフルで低燃費なターボエンジン

・リアルタイムAWD(インテリジェント・コントロール・システム)で登坂や雪道の発進時でも安心できるようにセンサーで路面状況や走行状況を知らせ、必要時は4WD走行に切り替わる。

など乗り心地に対して、力を注いでいます。

両車どっちも、乗り心地に対する性能は大変素晴らしいことが分かりました。

では実際の乗り心地はどうでしょうか。

オーナーからの乗り心地に対する口コミも比較してみましょう。

ジェイド 乗り心地に対する口コミは以下の通りです。

「なんせ乗り心地がイイ!!18インチのタイヤなのにゴツゴツ感は気にならない。

3ナンバーサイズの車なので、サスのキャパが大きいんでしょう。」

「乗り心地は最高です。
コーナーでフラつきもなくしっかりと路面を捉えてくれてて安心感があります」

一方のステップワゴン 乗り心地に対する口コミは以下の通りです。

「フラットな乗り心地は同乗者も安心。低重心とはいいがたい車高ですが、安定感あります。」

「硬すぎず柔らか過ぎずちょうど良いサスペンション。上手くローリングも抑えられてます。

乗り物酔いしやすい長男が3列目に乗っても酔わなくなりました。」

ジェイドステップワゴンのどっちも良い口コミが目立つ結果となりました。

ジェイドとステップワゴンの維持費はどっち?

大切なガソリン代に直結する燃費に対しては後でお伝えするとして、ここでは購入してからずっと付きまとう維持費についてどっちがお得か比較してみましょう。

どっちもハイブリット車とガソリン車の両車があり、それによって維持費も大きく変わってきます。

そのひとつとして、エコカー減税が大きな軸となっています。

両車ともハイブリット車・ガソリン車のどっちもエコカー減税対象車となっていて、車両重量税や車両取得税が減税となっています。

これを踏まえて、維持費について考えてみましょう。

ジェイドの維持費については以下の通りです。

引用:https://www.honda.co.jp/JADE/

ジェイドの総排気量は1.496Lとなっています。

そのため、自動車税は約3万4500円となります。

ハイブリット車のみエコカー減税対象のため、75%減税となります。

また、ジェイドの車両重量はグレードによって異なりますが1.430kg~1.510kgとなっています。

したがって、自動車重量税(本則税率 )は1500kg以下は約2万2500円、それ以上は約3万円となっています。

エコカー減税対象車だと、自動車重量税も対象ですがハイブリット車とガソリン車では減税額が違います。

ハイブリット車だと75%減額、ガソリン車だと20%減税となります。

自動車取得税についてもハイブリット車だとここから80%減税、ガソリン車だと20%減税となります。

では次にステップワゴンの維持費についても調べてみましょう。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンの総排気量は、ハイブリット車で1.993L・ガソリン車で1.496Lとなっています。

そのため本来ですと、自動車税はハイブリット車が約4万5000円、ガソリン車は約3万4500円となります。

ですがエコカー減税のため、ハイブリット車のみ75%減税となります。

またステップワゴンの車両重量が1620kg~1820kgですので、自動車重量税は3万円となります。

こちらもエコカー減税のため、ハイブリット車は免税となりガソリン車は25%減税となります。

また自動車取得税に関してもエコカー減税のためハイブリット車は免税となり、ガソリン車は20%減税となります。

その他にも、ガソリン代、保険代、駐車場代、メンテナンス代、車検代などが両車の維持費として関わってきます。

ご自身の生活に合わせて一度予想を立ててみることをおススメします。

ジェイドとステップワゴンの燃費はどっち?

ここではガソリン代に直結する燃費についてどっちが効率が良いか比較してみましょう。

まずジェイドステップワゴンの燃費についてお伝えします。

ジェイドの燃費はガソリン車で17.6~18.0L/km、ハイブリット車で24.2L/kmとなっています。

一方のステップワゴンの燃費は15.0L/km~17.0L/km、ハイブリット車で25.0L/kmとなっています。

比較してみるとガソリン車はジェイドの方が燃費効率が良く、ハイブリット車はステップワゴンの方が燃費効率が良いことが分かりますね。

これを計算式に当てはめて、ガソリン代も計算し比較してみましょう。

どっちも走行距離は1年間で10000kmとし、ガソリン代は140円とします。

計算式は下記を使用します。

ガソリン1リットルの値段×移動距離÷燃費

ジェイド ガソリン車の燃費18.0L/kmを計算してみましょう。

140円×10000km÷18.0L/km=7万7778円 となりました。

年間のガソリン代を約7万7778円とし、月割すると

7万7778円÷12か月=6482円 となり、

ジェイド・ガソリン車 月のガソリン車は約6482円となりました。

ジェイド ハイブリット車の燃費24.2L/kmも計算してみましょう。

140円×10000km÷24.2L/km=5万7851円 となりました。

年間のガソリン代を約5万7851円とし、月割すると

57851円×12か月=4821円 となり

ジェイド・ハイブリット車 月のガソリン代は約4821円となりました。

同じジェイドでも比較をすると年間約2万円の違いとなりました。

引用:https://www.honda.co.jp/JADE/

一方のステップワゴンについても燃費からガソリン代を計算してみましょう。

まずはステップワゴン ガソリン車の燃費17.0kmで計算してみましょう。

140円×10000km÷17.0L/km=8万2353円 となりました。

年間ガソリン代が8万2353円とし、

月割にすると8万2353円×12か月=6863円 となり

ステップワゴン・ガソリン車 月のガソリン代は6863円となりました。

また、ステップワゴン ハイブリット車の燃費25.0L/kmを計算してみましょう。

140円×10000km÷25.0L/km=5万6000円 となりました。

年間ガソリン代を5万6000円とし、月割にすると

5万6000円×12か月=4667円 となり

ステップワゴン・ハイブリット車 月のガソリン代は4667円となりました。

ステップワゴンの両車を比較してみると、年間で26000円の違いとなりました。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

また、ジェイドステップワゴンも比較してみましょう。

ガソリン車だと年間5000円ほどジェイドがお得ですが、ハイブリット車だと年間2000円ほどステップワゴンがお得な結果となりました。

さまざまな方面からジェイドステップワゴンを比較してみましたが、あなたの想像通りの結果でしたか?

個人的にはステップワゴンの高さがあり3列目も見通しが良い室内空間も魅力ですが、長距離ドライブでも疲れない工夫がされているジェイドの性能も気になります。

皆さんも、ご自身にあった一台を是非見つけてくださいね!

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ