ジムニー

【スズキ・ジムニー】中古車の相場はどうなの?新古車が欲しい!

20年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたスズキジムニー

待望のモデルチェンジであり、かつ、伝統のフォルムに最新の技術が詰めまれた他に類を見ない1台になったとあり、当初の目標販売台数を大きく売れ行きを見せています。

それゆえに欲しくても中々ゲットできない1台となり、最大で1年を超える納車待ちになっていると評判です。

それゆえ気になるのが中古市場。

ここで中古市場についてチェックしていきましょう。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキジムニーの中古車や型落ち品は?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

まずはスズキ・ジムニーの中古市場に関連して、その歴史について振り返ったり、型落ち品について調べてみます。

特に、型落ちだけどジムニーの新車なんてものがあれば良いですよね。

探してみましょう。

スズキジムニーの歴史を振り返る

引用元:http://www.suzuki.co.jp

まずはジムニーの歴史について振り返ってみましょう。

1970年代:

初代ジムニーが登場したのは1970年。

その歴史にはプロローグがあり、当時の鈴木修社長(現会長)がホープ自動車から、軽四輪駆動車「ホープスター・ON型4WD」の製造権を買い取ったことに起因します。

悪路を駆け巡る軽四輪駆動車の実用性に可能性を感じて購入。

これがジムニー誕生に繋がる大きな転換点となりました。

その後、自社の既存技術をしっかりと組み込み、四輪駆動車としての実用性と軽自動車としての手軽さを両立した車として、大きなインパクトを持って世に送り出され、受け入れられました。

その後もエンジンを空冷から水冷に転換して寒冷地耐久性を維持させ、日本全体において大きな商業的成功を収める1台となりました。

1980年代:

1981年には待望のフルモデルチェンジが行われ、2代目ジムニーが誕生いたしました。

従来、オフロードにおける機能性を重要視してきたジムニーですが、ここでオンロードへの対応性を強化しています。

ここで、それまでの実用四輪駆動車から、次世代のオフロード車に向けての一歩を踏み出したと言えるでしょう。

2000年代:

2000年代を迎える少し前、1998年に3代目へのフルモデルチェンジを果たしたスズキ・ジムニー。

その姿はこれまでから大きく変わるものであり、外観もそれまでの角ばったものから、丸みを帯びたフォルムにモデルチェンジを果たしました。

軽自動車規格の改正に合わせておこなわれたこのモデルチェンジ。

それまでの幌・バンモデルも廃止となりました。

そして20年。ついに4代目となる現行モデルが登場しましたね。

型落ち品(新車)ってある?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

先述の通り、目標台数を大きく超える販売台数を販売している新型ジムニー。

納車が1年待ちとなると、中には「それは待てない!」と考える方もいるかもしれません。

そこで、先代型のジムニーを新車で(いわゆる型落ち品)って事ができないか?

って事考えますよね。

そこで型落ち品についても調べてみました。

JB23タイプの届出済未使用車も多少、中古市場において登録がありました。

支払総額はおおよそ170〜180万円ほどでした。

現行タイプの乗り出し価格からみると、グレードにもよりますが、おおよそ50万円マイナスです。

中古車市場には「登録済み未使用車」というものが存在します。

これはいわゆる「新古車」というもので、この登録済みとは、「一度陸運局に登録済み」ということを指します。

簡単に言えば、書類上は一度人手に渡ったので、中古車だが、実態としては新車と同じく未使用状態というものです。

先代型および現行型については一部このような車が存在しますので、これをチェックするのも一つの手段ですね。

スズキジムニーの中古相場はいくら?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

前章では、スズキ・ジムニーの歴史にも触れてみました。

ジムニーの中古車市場はどうなのか?

先代でも良いからやっぱりジムニーがいい!!

という方に向けて調査です。

先代スズキジムニーの中古市場

引用元:http://www.suzuki.co.jp

すでにご紹介の通り、スズキジムニーは長いスパーンでモデルチェンジをしています。

ですので、現状流通している車両についてはほぼ、先代モデルと現行モデルとなってきます。

そこで、まずは先代モデルからチェックしていきましょう。

(平均中古車販売価格:2019年1月現在です)

新車販売価格:新車時価格115〜169.1万円
中古車平均価格85.9万円

<生産時期別>

2014年4月〜2018年6月生産:平均価格148.9万円

2012年5月〜2014年3月生産:平均価格119.0万円

2008年6月〜2012年4月生産:平均価格95.7万円

2004年10月〜2008年5月生産:平均価格74.0万円

2002年1月〜2004年9月生産:平均価格55.1万円

1999年10月〜2001年12月生産:平均価格39.3万円

1998年10月〜1999年9月生産:平均価格40.5万円

おおよそ、新車販売価格に対して半分ほどのバリューがあります。

これ自体がこのようにロングセラーモデルということを考えると高めと言えます。

次に現行モデルについてチェックしていきましょう。

新車販売価格:145.8〜184.1万円

2018年7月〜現在生産:平均価格195.6万円

特筆すべきところですが、全く価値が下がっておらず、むしろ価値が上昇しています。

これも納期待ち1年というところと関連するところでしょう。

先代モデルの場合、ジムニーを気軽に手に入れるというところで良い選択肢でしょう。

一方、現行モデルの場合はすぐにジムニーに乗りたい方が在庫に出会えた場合、迷わず飛びついても良いかもしれません。

先代と新型の価格比較をしてみた

引用元:http://www.suzuki.co.jp

まずは先代モデルからみていきましょう。

新車販売価格

XG 4WD(5MT) 129.6万円

XG 4WD(4AT) 140.7万円

XC 4WD(5MT) 151.4万円

XC 4WD(4AT) 162.5万円

中古車平均価格:148.9万円

一方で現行モデルです。

新車販売価格

XG 4WD(5MT) 145.8万円

XG 4WD(4AT) 155.5万円

XC 4WD(5MT) 174.4万円

XC 4WD(4AT) 184.1万円

中古車平均価格:198.4万円

非常に端的な特徴が出ていると言えます。

1_先代モデルも新車販売価格に対して、中古車平均価格が下がっておらず、リセールバリューという面からみても驚異的な率を記録しています。

XGグレードの4ATモデルの場合、新車販売価格が140.7万円ですが、これに対して中古車販売データを検索したところ、一番やすく売られている車両でも120万円の売値がついています。

これは多くの方が必要としておられ、価格が高騰した状態を維持していると言えます。

2_現行モデルについても、調べてみると中古車平均価格は下がるどころか高騰しています。

上記の通り、新車販売価格に対して、1割以上の価値向上が見込まれています。

同じくXGグレード4ATモデルの場合、新車販売価格が155.5万円ですが、これに足して中古車販売データを検索したところ、1台のみヒットしました。

その販売価格は185.7万円。

オプション設定等も考えると新車同様の価値として販売されています。

先代モデルから通して、スズキ・ジムニーが全く価値が下落せず、高い価値を持って販売されていることがわかります。

スズキジムニーの新古車はいくらで手に入る?探す方法は?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

ここまでスズキ・ジムニーの中古車市場について多角的にご説明してきました。

その中で、現行型のジムニーについて、多少なりとも流通していることをご紹介いたしました。

これは中古車と一部新古車というものになります。

この新古車がどのような経緯で流通するのか、そして価格としてはどのような相場になっているのかについて調べてみました。

新古車ってどういう経緯で流通するの?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

まずは新古車というものがどのような経緯で流通するのかについてです。

自動車がメーカーから市場に流通するためには、新車の場合は必ず正規販売店を経由します。

したがって、新古車が流通するにあたっても必ずディーラーが関わっていると言えます。

そこから、市場に流れるわけですね。

新古車は陸運局登録をしているにも関わらず、未使用という車になりますので、この「陸運局登録」が目的と言えます。

この目的をなぜ行うのか。

これは、ディーラーが持つ「ノルマ」「販売成績」と関わりがあります。

自社で購入してでも「ノルマ」「販売成績」を達成することがディーラー側では不可欠であると考えているのです。

例えば、私自身が知るディーラーでは決算期に「販売成績1位」を達成するために購入をしていました。

ノルマは達成していたとしても、この成績を得るために行うディーラーがあるわけです。

そうして、自社で購入された車両はオークションなど中古車市場に流れていきます。

これが新古車が流通する仕組みです。

新古車の価格は?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

新古車はここまで見ていただいてお判りの通り、ディーラー側の事情で中古車扱いになっているだけで、中身としてはほぼ新車であると言えます。

スズキ・ジムニーの場合、新車がなかなか納車待ちで買えないという現状があるわけですから、自身の希望に合う1台があった場合は新古車を購入されるのも一つの方法だと思います。

新古車の価格ですが、調べてみると以下の通りです。

XGグレード 185.7万円〜

XLグレード 174.0万円〜

XCグレード 187.1万円〜

支払総額としてはほぼ新車と同様ですね。

すぐに手に入る一つの方法としてぜひ調べて見てください。

スズキジムニー中古に関するまとめ

引用元:http://www.suzuki.co.jp

通常、中古自動車市場は新車市場とは全く関係なく、安く希望の車を調達するために利用することが多いと思いますが、スズキ・ジムニーに関しては新車があまりに品薄なため、「今すぐ乗りたい」という層に利用されるという稀有なケースとなっています。

みなさんも「今すぐ乗りたい」とお思いの場合、ぜひとも調べてみてはいかがかと思います。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://ar.pinterest.com/pin/732186851896730535/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ