ジムニー

【スズキ・ジムニー】モデルチェンジ予想!情報・時期はどうなの?

車は数年ごとにモデルチェンジを行うことがあります。

もちろんスズキジムニーもモデルチェンジが行われます。

次のモデルチェンジはいつなのか?

ジムニーのモデルチェンジの情報を紹介していきます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スズキジムニーのモデルチェンジ情報とは?


引用:https://minkara.carview.co.jp/

スズキは20年振りのフルモデルチェンジとなる新型「ジムニー」

ジムニーはモデルチェンジを行い、2018年7月に発売されました。

箱型のボディが特徴の軽自動車で、ジムニーのサイズはこのようになっています。

・全長:3395mm
・全幅:1475mm
・全高:1725mm
・ホイールベース:2250mm

軽自動車としては標準的なサイズのボディを持ち、SUVタイプのため背は高めです。

ジムニーに搭載しているエンジンは、スズキの軽自動車ハスラーと同じエンジン(R06A型)

0.6リッター
直3DOHCのターボエンジン。


引用:https://motor-fan.jp/

エンジンパワーはこのようになっています。
【最高出力】64ps/6000rpm
【最大トルク】9.8kgm/3500rpm

パワーは標準的ですが、トルクが高いのがポイント!

悪路を走ることを想定して、低回転で高いトルクを発生します。

気になるジムニーの燃費は、
【AT車】13.2km/ℓ 【MT車】16.2km/ℓ です。
(WLTC)

フルモデルチェンジにより、ジムニーはこのようなボディとエンジンを手に入れました。

その新型ジムニーには安全面の改良も行われています。
『ラダーフレームの採用』

新型ジムニーは今までと変わらずラダーフレームを採用。

強度があるラダーフレームはジムニーの特徴ですね。

そしてジムニーのさらに大きな変更は、自動ブレーキが装備されたこと。

『デュアルセンサーブレーキサポート』


引用:https://car.watch.impress.co.jp/

スズキの安全運転支援装備が追加。

単眼カメラとレーザーレーダーの自動ブレーキが採用。

ついにジムニーに自動ブレーキが搭載されましたよ!
(※グレードXCと追加オプション)

このような安全装備が充実し車の安全面も大きく向上したジムニーの価格は、このようになっています。

【XG MT】1458000円
【XC AT】1841400円

ジムニーの価格帯は145万8000円から184万1400円

新車価格が150万円を切るので、手が出しやすい車になっていますよ。

ジムニーは2018年のモデルチェンジにより、四輪駆動車としてさらなる進化を遂げています。

20年ぶりのモデルチェンジで更なる人気の高まりを見せているのがスズキ・ジムニーです。

スズキジムニーのモデルチェンジを予想します!

引用:https://response.jp/

ジムニーは2018年に新型ジムニーとして生まれ変わりました。

旧型と比べ数多くの変更点があり、車の見た目も丸みを帯びた旧型から、四角さが強調されるデザインになりました。

新型になったのはジムニーだけでなく、普通車のジムニーシエラも同時にモデルチェンジしています。

ジムニーは軽自動車ですがジムニーシェラは普通車です。

引用:https://motor-fan.jp/

見た目は似ていますがジムニーシエラの方が、ジムニーよりサイズがひと回り大きくなっています。

ジムニーシエラのサイズ
・全長:3550mm
・全幅:1645mm
・全高:1730mm
・ホイールベース:2250mm

ジムニーより一回り大きくもちろんエンジンも大きいです。

ジムニーシエラは1.5リッター 直4ガソリンを搭載。

エンジンが違うためパワーやトルクもジムニーを大きく上回ります!

【最高出力】102ps/6000rpm
【最大トルク】13.3kgm/4000rpm

このようにジムニーの2つのモデルが同時に、2018年にモデルチェンジを行いました。

引用:https://carview.yahoo.co.jp/

では次のモデルチェンジはいつになるのでしょう?

おそらく当分の間フルモデルチェンジはなさそうです。

旧型も20年続いていますので、まだまだ先になると思います。

ただ、マイナーチェンジは今後行われると思います。

なぜかというとジムニーにはいくつかのデメリットがあるんです。

ジムニーのデメリットとしてよく上げられるのは、燃費の部分。

ハイブリッド車ではないため、ジムニーは燃費がいい車ではありません。

ジムニーの燃費の
カタログ数値は16.2km/L
(WLTCモード)

ハスラーのターボ車は
23.2~27.8km/Lです。
(JC08 モード)

同じターボ車と比較してもジムニーの燃費は良いとは言えません。

この部分は今後、改善してきそうな感じもします。

また多くのメーカーが力を入れている予防安全装置。

ジムニーの予防安全装置となるスズキセーフティサポートは、全車標準装備ではありません。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

自動ブレーキなどの装備の「スズキセーフティーサポート」が付いているのはXCとオプション選択時のみです。

すべてのグレードについているわけではないため、今後標準になるかもしれません。
(XLとXGはオプションです。)

外装のパーツなどは選ぶグレードによっても違いもあるため、今後いろいろな改良が進みそうですよ。

マイナーチェンジは行われそうですが、モデルチェンジは当分先だと思います。

その頃のジムニーは完全に自動運転になっているかもしれませんね。

スズキジムニーのモデルチェンジ時期はいつ頃?

引用:https://garageryosk.com/

ジムニーは約20年ぶりに2018年にモデルチェンジを行いました。

今までのジムニーを見ても、そう頻繁にモデルチェンジを行う車ではありません。

初代の登場は1970年。

現在4代目のモデルになっています。

その歴史あるジムニーは今も存在していて、ジムニーの歴史はとても長いです。

初代が登場後もうすぐ50年になりますからね。

初代は屋根がない、幌タイプがありましたが、現在では普通に街中を乗れる快適仕様になっています。

ただデザインを見てみると、初代からずーっと同じような雰囲気を持っている車。

ジムニーの過去モデルはこのようになっています。

<ジムニーの種類>
・初代 (1970年 – 1981年)
・2代目 (1981年 – 1998年)
・3代目(1998年-2018年)
・4代目(2018年-)

<初代ジムニー>


引用:https://autoc-one.jp/

初代ジムニーは1970年に登場。

小型のクロカン4WDです。

初代はLJ10型

1972年まで発売したモデルでエンジンは空冷式直列2気筒、排気量は359ccのエンジンを搭載。

今の軽自動車の半分ぐらいの排気量。

車のサイズも今より小さいですよ。

その後、1976年に軽自動車の規格ができ、それに合わせて変更されています。

LJ50型の水冷直列3気筒エンジン
539CCでパワーは26ps

現在のジムニーとは排気量もパワーも大きく違いますね。

このようなモデルからジムニーはスタートしています。

<2代目ジムニー>


引用:https://www.suv-freaks.jp/

約17年続いた2代目ジムニーです。
(1981年~1998年まで販売)

2代目のジムニーは4駆ブームにのり、多くの人の記憶に残る車です。

排気量は550ccと660ccのラインナップがありました。

インタークーラーターボエンジンが使われたのはこの2代目になり、エンジン出力は52PSまで向上しています。

<3代目ジムニー>

引用:http://news.livedoor.com/

3代目のジムニーは長く続き約20年。

軽自動車規格改定に伴い1998年に登場。

その後は10回のマイナーチェンジを行いながら進化し、安全性や快適性も向上しています。

JB23ジムニーのスペック
・全長:3395mm
・全幅:1475mm
・全高:1680mm
・ホイールベース:2250mm

エンジン 水冷直列3気筒ターボ

デザインもスマートな感じになっていて、若干四駆っぽさが失われた感もありますが、オンロード性能が向上したモデルです。

デザインはJB23型になり、箱型から丸みを帯びたものに大きく変更。

丸みがある分、優しい感じの雰囲気もあります。

ジムニーの旧型JB23型はマイナーチェンジを10回行っているため、JB23-1型~JB23-10型まであります。

エアバッグ、ABSを全車標準装備になったり、エンジンが改良されたり、ボディカラーが変わったり、室内のパーツが変更されたりしました。

マイナーチェンジによって、微妙な変更がありますので、型の違いに注意してくださいね。

3代目のジムニーは20年ほど続いていたので、2年に1回はマイナーチェンジをした計算になります。

このようにジムニーは長い歴史があり、2018年の7月に新型ジムニー4代目が登場しました。

引用:https://www.webcg.net/

今までと同じようにラダーフレームを採用し、角ばったスクエアボディの丸目のヘッドライトはジムニーらしさが満点です。

ジムニーを比較してみると年式ごとに時代を反映した特徴がありますが、クロカン4WDでオフロードの走破性が高い部分は変わっていません。

その部分は変わらずにデザインが良くなり、装備が充実しています。

過去のジムニーは今でも人気が高いモデルがありますが、新型はさらに高い人気となっています。

次のモデルチェンジの時期ですが、おそらくまだまだ先になると思います。

前の型は20年以上続いたことを考えると、ここ数年は変わらないと思われます。

引用:https://news.infoseek.co.jp/

またジムニーは旧型も中古市場で人気が高いです。

価格の高いモデルもあり新型、旧型とも人気がある車なので、これからも多くの人に愛されていきそうですよ。

マイナーチェンジも多く、購入するモデルにより微妙な変化があるため、中古車の購入時は注意が必要です。

このような歴史のある名車を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

アイキャッチ画像引用:https://motorz-garage.com/topic/detail/4325

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ