ジムニー

【スズキ・ジムニー】内装や内装色は何が選べるの?内寸はどう?

スズキジムニーの内装や内装色はどうなっているのでしょうか。

スズキジムニーの室内内寸、ラゲッジスペースの大きさも知りたいですね。

アウトドアで使用するなら、性能も気になります。

ここでは、スズキジムニーの内装をご紹介します。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スズキジムニーの内寸はどうなの?

引用:https://kurashi-no.jp/

まず、スズキ・ジムニーはどんなことができるのかご説明します。

スズキ・ジムニーは、オフロードを走行できる車では最小です。

後部座席を全て荷室として使用すると、大きなキャンプグッズも運ぶことができます。

スズキ・ジムニーの特徴は、ジープのタフギアでアウトドアを楽しむことができることです。

ジムニーの走行性能は、山道や川、森林なども走ることができます。

塗装されていない道でも、悪天候でも、ジムニーはキャンプをする上では、不測の事態も対応できます。

アウトドアを目的に開発されたスズキ・ジムニーの車内空間は、どうなのでしょうか。

まず、スズキ・ジムニーの内寸をご紹介します。

室内寸法

引用:https://kuruma-kamisama.com/

長さ:1,795mm、幅:1,300mm、高さ:1,200mm

乗車定員:4名

後部座席

引用:https://minkara.carview.co.jp/

後部座席にドアはありません。

3ドアですので、後部座席に乗る場合は、前列から乗り込みます。

大人二人は横幅が窮屈です。クッションは固めです。

ラゲッジスペース

引用:https://spyder7.com/

リヤシートを倒すと、大容量352L。

荷室開口幅(上):1,030mm、荷室開口高:850mm、荷室開口幅(上):1,015mm、荷室開口地上高:760mm

荷室高:850mm、荷室幅:1,300mm、荷室床面長:980mm、荷室床面長:240mm

積載量

引用:https://tozanguchinavi.com/

ゴルフバッグ:9.5インチが横に2個可能

登山道具:二人分

XCとXLは、防汚タイプラゲッジフロアです。シートアレンジも可能、長尺物の積載もできます。

後部座席を倒さないと、大きなに荷物を積むことはできないです。

アウトドアで汚れが気になる場合は、XCとXLのグレードなら、気にならないです。

フルフラット

引用:https://www.webcartop.jp/

新型のジムニーは、前列を倒すと、フルフラットになります。

以下、フルフラットにする手順です。

1、全てヘッドレストを外します。

2、後部座席の背もたれを前に倒します。

3、前方座席を一番前にスライドします。

4、前方座席の背もたれを目いっぱい後ろに倒します。

長尺物の積載

引用:http://blog.livedoor.jp/

脚立も積むことができます。

収納

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

ラゲッジアンダーボックスやラゲッジポケット、助手席シートアンダートレーなど収納スペースが多くあります。

車内泊

引用:http://www.metio.jp/

車中泊は、助手席シートを倒して、後部座席はそのままふるフラット、後部座席に体を、足は伸ばして車内泊ができます。

車内泊するには、マットを敷きましょう。段差を無くして、固さを軽減させます。

車内泊は、2人が限界です。

シングルベッドのサイズ(幅 97cm×丈195cm)のスペースはとれます。

スズキジムニーの内装色の選択できる範囲は?

引用:http://studio-ih.com/

スズキ・ジムニーの内寸やラゲッジの大きさをみてきましたが、内装は快適なのでしょうか。

ここでは、スズキ・ジムニーの内装をご紹介します。

内装

スズキ・ジムニーの内装は、どのようになってるのか、グレードで違いがあるのか見ていきましょう。

インテリア

引用:https://www.youtube.com/

水平基調でデザインされて、立体感のあるインストルメントパネルとアームレストは、オフロードで車両姿勢を把握しやすいです。操作部には、傷や汚れが目立ちにくい表面処理されています。

助手席乗降グリップ

引用:https://carsmeet.jp/

乗り降りしやすくサポートします。アシストグリップです。

ドアグリップ

大型のドアグリップです。

センタースイッチ

引用:https://gazoo.com/

左右にパワーウィンドウスイッチ、センターにESPスイッチ、ヒルディセントコントロールスイッチを配置しています。

エアコン

引用:http://www.carsensorlab.net/

XCとXLは、フルオートエアコンです。

XGは、マニュアルエアコンです。

立方体メータークラスター

引用:https://www.suzuki.co.jp/

XCでは、ドットディスプレイです。XLとXGでは、セグメントディスプレイです。

内装色

引用:https://www.autocar.jp/

ブラックやシルバーを基調としたダークカラーを中心に配色しています。

シート

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

XCとXLのリヤシートは、12段階に角度調整可能なリクライニング機能を搭載しています。

引用:https://kei-car-life.com/

XCとXL

撥水ファブリックです。ぬれても、ドリンクをこぼしても、すぐ拭き取ることができます。

XG

ファブリックです。(撥水ファブリックではないです)水をはじきません。

ステアリングホイール

引用:https://minkara.carview.co.jp/

新型のジムニーは、ステアリングホイールが35mm幅で調整可能なチルトステアリング機能。

XC(本革巻)

引用:https://www.webcg.net/

本革巻ステアリングホイールです。

XLとXG(ウレタン素材)

ウレタンステアリングホイールです。

スズキジムニーの内装を改造したい?できます!!

引用:https://motorlife.exblog.jp/

スズキ・ジムニーは、1970年発売からフルモデルチェンジは2回のみです。

先代のモデルは、1998年からの20年続いたモデルです。

そして、2018年7月にフルモデルチェンジしました。

スズキ・ジムニーは、本格的なオフロードのSUVです。

改造・カスタムが人気です。数多くのパーツを販売しています。

シートをレザーに変えたり、ステアリング素材をレザーにカスタムしたり、フロアマットを交換するだけでもイメージは変わります。

ここでは、スズキ・ジムニーの内装の改造をご紹介します。

内装カスタム

引用:https://www.pinterest.jp/

スズキ・ジムニーは、外装のカスタムも人気ですが、内装カスタムも見ていきましょう。

シート

引用:https://autos.goo.ne.jp/

スズキ・ジムニーとスズキ・ジムニーシエラにシートカバーがあります。純正では不満な人は、こちらのシートはいかがでしょうか。シートにかぶせるだけです。

シフトベースパネル

引用:http://samuraiproduce.jp/

スズキ・ジムニーの新型に対応しています。グレードはXC/XL/XGに適合しています。ジムニーシエラにも使用できます。素材はステンレスです。4カラーから選べます。艶有りヘアラインブラック。鏡面仕上げ。サテンシルバーメッキ。カーボン調。インターネットショッピングで価格は、4,000円ほどで購入できます。

カラーパーツ

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

新型のジムニーのカラーパーツです。インターネットショッピングで、4,000円ほどで購入できます。

フロアマット

引用:http://rahvatants.ut.ee/

フロアマットを変えてみてはいかがでしょうか。純正のフロアマット(ジュータン)など複数があります。

電気系

引用:http://jimny-kai.seesaa.net/

スズキ・ジムニーのメーターはカスタムできます。電機部品やメーター改造は、自分でできる人はできます。ヒューズボックスからアクセサリーを繫げましょう。間違えてつなぐとエンジンがかからなくなるので注意しましょう。

アルミペダル

引用:https://minkara.carview.co.jp/

スズキ・ジムニーのペダルをスポーツペダルに交換するカスタムはどうでしょうか。見た目も機能も優れています。

ドリンクホルダー

引用:https://buyee.jp/

ドリンクホルダーです。ドリンク2本、スマートフォン、タバコが入ります。

アウトドアにカスタム

引用:http://www.k-products.jp/

アウトドアは、キャンプだけではなく、釣りでもスズキ・ジムニーのカスタムが人気です。

砂浜も岩場の上流も進めます。

ベッドクッション

引用:https://minkara.carview.co.jp/

座席をフルフラットにして、ソロキャンプで使用する場合は、ねることができます。自作でベッドを作る人もいます。クッション材で作成できます。

フロントプライバシーサンシェード

引用:https://kuruma-kamisama.com/

アウトドアで使用する場合は、プライバシーや防犯の観点で目隠しは必要です。ジムニー専用のカーテンも販売しています。

LEDランタン

引用:https://minkara.carview.co.jp/

キャンプで使用する場合は、点灯する光が必要です。バッテリーを上げないためにも照明にいかがでしょうか。

ロッドホルダー

引用:https://dressup-navi.net/

釣り好きには、ロッドホルダーはどうでしょうか。スズキ・ジムニー純正もありますが、市販でも改造できます。カータープも持って行くと、ランチタイムは楽しいですね。

 

 

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ