比較・ランキング

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・C-HR】はどっちを選ぶ!?

伝統的なスタイルを維持しつつ、今の時代に合わせた進化を見せるスズキジムニーと、最新の技術をもってSUV市場を席巻するトヨタC-HR

同じフィールドで出会うこともありながら、全く違う進化を遂げているこの2台について、様々な角度から比較してみましょう。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・C-HR】は価格はどっち?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

まずは価格面から比較してみたいと思います。

それぞれにどのような価格設定をしており、どのような違いがあるのか。

しっかりと見ていきましょう。

スズキ・ジムニーの価格設定について

引用元:http://www.suzuki.co.jp

スズキ・ジムニーは型式R06A型、水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボのエンジンを搭載した3種類のグレード設定をしています。

パワートレインは全て共通、グレードの違いとしては全て搭載機能の違いによるものというものです。

設定はXC〜XGの3つで、1,458,000円〜1,841,400円の価格設定となっています。

おおよそですが、メイン価格帯は1,500,000〜1,600,000円という部分になってきますね。

軽自動車としては決して安いものではありませんが、マルチなSUVとしては非常にお求めやすいラインだと思います。

トヨタ・C-HRの価格設定について

引用元:https://toyota.jp

一方で、トヨタ先進のハイブリッドシステムを搭載したマシンであるC-HR。

1.8L直噴ターボ+モーター設定のハイブリッドタイプと、1.2L直噴ターボ設定のエンジンのみタイプの2種となります。

グレード設定は全部で10種類。

価格は2,290,000円〜2,979,200円の設定になっています。

メインの価格帯は2,600,000円という部分でしょう。

こちらはハイブリッドとしては非常にSUVライクに設定されていますが、一方でノンハイブリッドモデル設定もあります。

せっかくトヨタC-HRなので、やはりハイブリッドモデルでこそ、その特徴が活かされますね。

価格面から比較

ご覧いただいたように、価格帯で比較するとおおよそ100万円の設定の開きがあります。

価格重視で比較される場合、この金額差は非常に大きいと思います。

ランニングコストという面で考えた時に、スズキ・ジムニーはエコカー減税の対象ではありませんが、軽自動車という設定税額の低さは利点になるでしょう。

一方、トヨタC-HRについては先進のハイブリッド技術が搭載されていますので、ハイブリッドモデルを選択された場合はエコカー減税の対象にしっかりとなってきます。

そのような維持費もトータル的に考えてみましょう。

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・C-HR】大きさは?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

次に、この2台の大きさについて比較していきたいと思います。

もちろん、普通乗用車と軽自動車の比較となりますので、そのフィールドは全く違うものです。

ですが、用途を考える上で広さも大変重要な情報ですので、整理してみていきましょう。

スズキ・ジムニーの大きさについて

引用元:http://www.suzuki.co.jp

まずはスズキ・ジムニーの大きさについてまとめてまいります。

外寸は全長3395mm×全幅1475mm×全高1725mm

室内寸法は室内長1795mm×室内幅1300mm×室内高1200mm

ラゲッジルーム寸法もチェックしましょう。

荷室長240mm(通常時)、荷室長980mm(後部座席収納時)×荷室幅1300mm×荷室高850mm

軽自動車特有のコンパクトな寸法設定ですね。

おおよそですが、2名乗車がメイン設定となってくると思います。

後部座席を倒して使った場合、ゴルフバッグが2個入るんですね。

車中泊の場合はソロ車中泊がリアルなところですね。

トヨタ・C-HRの大きさについて

引用元:https://toyota.jp

次にトヨタ・C-HRについてサイズ感をチェックしていきましょう。

外寸は全長4360mm×全幅1795mm×全高1550mm

室内寸法は室内長1800mm×室内幅1455mm×室内高1210mm

ラゲッジルーム寸法もみていきます。

荷室長770mm(通常時)、荷室長1825mm(後部座席収納時)×荷室幅955mm×荷室高675mm

外寸に対して、室内寸法が思ったより広くないように感じます。

ただ、ラゲッジルームについては広さを確保していますね。

使い方としては2名乗車+荷物という設定がメインだと思います。

大きさ面から比較

大きさ面で比較した時、外寸だとおおよそ1000mmの違いがありますが、室内寸法で比較した場合、あまり大きな違いがないというところにびっくりです。

一番の違いはラゲッジルームが取れているかそうでないかの違い。

やはり、ジムニーとC-HRの違いは荷室寸法と言えるでしょう。

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・C-HR】燃費はどっち?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

最後に燃費面から2台を比較していきましょう。

ご承知の通り、トヨタC-HRは先進の技術を持って素晴らしい燃費性能を持ちます。

その燃費性能は国内トップレベルと言えるでしょう。

一方でスズキ・ジムニーは正直に言って、燃費面についてはあまり重視していません。

その違いについてそれぞれチェックしていきます。

トヨタ・C-HRの燃費について

引用元:https://toyota.jp

一方トヨタのC-HRです。

トヨタC-HRは1.5Lハイブリッドと1.2Lガソリンターボの2種類、ガソリンタイプについては2WDと4WDの設定があり、この3種により燃費が異なってきます。
一番燃費性能の高いハイブリッドが30.2km/L、ついでガソリン2WDが16.4km/L、ガソリン4WDは15.4km/Lとなります。

なお、この燃費カタログ値はJC08モードによる計測となります。

やはり、ハイブリット車のもつ燃費性能は驚異的です。

ノンハイブリッドモデルは実は燃費性能にあまり優劣がなく、ハイブリッドモデルではっきりと差が出ている印象です。

スズキ・ジムニーの燃費について

引用元:http://www.suzuki.co.jp

スズキ・ジムニーの燃費については前述しておりますが、改めて次の通りです。

スズキ・ジムニーは型式R06A型、水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボのエンジンを搭載しており、燃費は13.2km/L(4AT)、16.2km/L(5MT)です。

なお、この燃費データはWLTCモードによる計測です。

2018年10月以降に発売される車についてはこのWLTCモードによる燃費表示が義務付けられています。

おおよそですが、JC08モードと比べると、1〜2割、WLTCモードの方が厳しい結果が出てまいります。

燃費面から比較

燃費についてスズキ・ジムニーとトヨタ・C-HRを比較すると、トヨタC-HRのハイブリッドモデルとの比較においては、もちろん比べるまでもなく圧倒的にトヨタ・C-HRハイブリッドモデルが優れています。

しかし、トヨタ・C-HRのガソリンモデルとの比較になると実は大差がないというびっくりするような結果です。

同じWLTCモードベースで考えると、トヨタC-HRのガソリンタイプは14〜15km/L程度の燃費になることが想定されます。

ガソリンモデルとの比較だと、燃費面からも考えても、スズキ・ジムニー、ありです。

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・C-HR】比較のまとめ

引用元:http://www.suzuki.co.jp

多岐に渡った面からスズキ・ジムニーとトヨタ・C-HRを比較してまいりました。

本格的オフロード系マシンであるスズキ・ジムニーと街乗り系SUVであるトヨタ・C-HR。

用途に応じて良い方を選択してもらえればと思います。

特に価格面においては大きな差ががありますので、そこらへんも念頭に置きつつ、どんな車でおやすみの日を楽しむか。

わくわくする悩みですね。

 

 

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ