ジムニー

【スズキ・ジムニー】カラーや色見本を紹介!人気カラーは何!?

20年ぶりのフルモデルチェンジをおこなったスズキジムニー

軽自動車ながら本格的なオフロードマシンとして、他に類を見ない独自の人気を誇ります。

ここでは、そのスズキジムニーのカラーリングについてまとめてみます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スズキジムニーの色見本は?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

新しいボディを身にまとったスズキジムニーは全部で13色のカラー展開が用意されています。

先代ジムニーが3色だったことを考えると大きな変更点の一つといえます。

まずはジムニーの全色を紹介し、先代からの継承色などについても触れてみます。


スズキジムニーの全色を紹介

引用元:http://www.suzuki.co.jp

スズキジムニーは全13色のカラー展開が行われています。

オフロードマシンはこれまでどちらかというと地味なイメージが付きまとっており、これは先代のスズキジムニーにも共通して言えることでした。

それだけに外観的な変化はかなり大きなインパクトを持って受け止められたのではないかと思います。

そんなカラー展開を紹介していきます。

<有彩色>

キネティックイエロー(ZZB)設定グレード:XC、XL

シフォンアイボリーメタリック(ZVG)設定グレード:XC、XL
ブリスクブルーメタリック(ZWY)設定グレード:XC、XL
ジャングルグリーン(ZZC)設定グレード:XC、XL、XG
<無彩色>

ミディアムグレー(ZVL)設定グレード:XC、XL
ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)設定グレード:XC、XL、XG
シルキーシルバーメタリック(Z2S)設定グレード:XC、XL、XG
ピュアホワイトパール(ZVR)設定グレード:XC
スペリアホワイト(26U)設定グレード:XL、XG

<2トン色>

キネティックイエロー ブラック2トーンルーフ(DG5)設定グレード:XC

シフォンアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ(2BW)設定グレード:XC

ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ(CZW)設定グレード:XC

キネティックイエロー ブラックトップ2トーン(DHG)設定グレード:XC

従来のイメージに近いのが無彩色の展開だと思います。

これに、有彩色のシリーズや2トン色などが加わり、大幅に華やかになりました。

また、各色に設定グレード情報を加えました。グレードにより選択できる色が異なりますのでご注意ください。

モデルチェンジでカラーラインナップ変更は?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

2018年に行われた20年ぶりのフルモデルチェンジ。

これにより、設定された色は大幅に変更になっています。

このカラーリングに関する変更点について確認していきましょう。

先代ジムニーであるJB23型では、「ジムニー」の他に特別仕様車である「ジムニーランドベンチャー」がありました。

それぞれの専用色をご紹介します。

ジムニー:

ノクターンブルーパール(ZJP)

シルキーシルバーメタリック(Z2S)

スペリアホワイト(26U)

ジムニーランドベンチャー:

クールカーキパールメタリック(ZVD)

スチールシルバーメタリック(ZVC)

パールホワイト(Z7T)

ノクターンブルーパール(ZJP)

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

全部でシエラが3色とランドベンチャーが5色。ノクターンブルーパールは両方設定なので、計7色という設定となります。

フルモデルチェンジで大きくカラー展開が変わったことがわかりますね。

3代目ジムニーと新型ジムニーと継続発売される色は?

引用元:http://www.suzuki.co.jp

前項までに新型ジムニーと先代ジムニーのカラーラインナップをご紹介しました。

ここで、継承された色がわかってくるのでご紹介いたします。

シルキーシルバーメタリック(Z2S)

スペリアホワイト(26U)

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

この3色が引き続き販売される色となりますね。

いずれも人気色であることが予想されます。

スズキジムニーの人気カラーはこれだった!

引用元:http://www.suzuki.co.jp

前章では、新型ジムニーと先代ジムニーのカラーラインナップをご紹介させていただきました。

新型ジムニーは非常に豊富なカラー展開となっており、2トン色も用意されています。

そのような中で人気色はどの色になるのでしょうか。調べていきます。

人気色を紹介しよう

引用元:http://www.suzuki.co.jp

スズキジムニーは新型にフルモデルチェンジされて全13色という豊富な色展開になりました。

そこで、人気のカラーはどのようなものなのかについて調べてみましょう。

そこで、まずは一般的な人気色はどのようなものでしょう。

ご紹介すると、このようになります。

<一般的な日本の自動車人気色>

1位 ホワイト

2位 ブラック
3位 シルバー
4位 ブルー
5位 レッド
6位 ブラウン
7位 グレー
8位 その他
いわゆる無彩色系が上位に並びますね。

これを念頭に、次に新型スズキジムニーの人気色ランキングをご紹介しましょう。

1位 ジャングルグリーン
2位 シフォンアイボリーメタリック

3位 ピュアホワイトパール
4位 ブルーイッシュブラックパール3
5位 ミディアムグレー
6位 スペリアホワイト
7位 キネティックイエロー

8位 ブリスクブルーメタリック

非常に特徴的なランキングになっています。

1位がジャングルグリーンということで前述の人気色とは全く違う展開となっていますね。

1位ジャングルグリーン、2位シフォンアイボリーメタリックという展開からも、スズキジムニーに対するユーザーの特別な思い入れを感じますし、リセールバリューという面から考えても良い選択をされていると感じます。

カラーセラピーから考えてみよう

引用元:http://www.suzuki.co.jp

スズキジムニーでは豊富なカラーラインナップがあるだけに、どんな色を選択したかによって、どんな心理状態かもわかるかもしれません。

ということで、代表的なボディーカラーをセラピーという視点で考えてみました。

 

ブルー:カラーイメージは「静寂・誠実・信頼・平和・落ち着き」など。誠実さと、知性や冷静さを裏に持った平和主義から大抵のことに対して受け入れてしまう。そこで我慢している部分もあるようです。コミュニケーションが内向きの傾向もあるようです。無難な色として選択している一方で何かを表現したいという欲求にも裏打ちされているようです。

藍色:かラーイメージは「集中、安息、深遠、不安、精神的」など。直感力だったり洞察力だったりという部分に天才的な部分を発揮する一方で孤立感や孤独を感じる傾向にも。自己探求や現実逃避といった方向性にも向きがちです。

イエロー:カラーイメージは「明るい、楽しい、陽気、躍動、注意」など。明るく明朗で希望に満ちている反面、自己主張が激しく、個人主義に陥りがちであり、ちょっと神経質だったりもするようです。

 

カラーを選ぶ時のご自身の傾向について参考にしてみてください。

自己分析をおこなった上で、車との楽しい付き合い方を模索して、楽しいドライブライフを手に入れてみてくださいね。

スズキジムニーの手入れはこうやろう

引用元:http://www.suzuki.co.jp

カラーバリエーションが豊富になって、色彩豊かになった新型ジムニー。

そんなジムニーはオフロードで活躍する場面も多々あるかと思いますので、上手なお手入れをしていただき、いつまでも輝くジムニーとお付き合いいただきたいものです。

そんなジムニーのお手入れについてまとめてみます。

上手な洗車&ワックス

引用元:http://www.suzuki.co.jp

まずは洗車とワックスがけについて。ワックスは結構夏の晴れた日にかけがちですが、曇天の方が向いているのご存知でしたか?

詳しく手順をご紹介します。

1_洗車スポンジは柔らかいものを使いましょう。最近はメタリック塗装が多いので、特に傷に弱いと思います。
2_洗車するなら曇りの日がベスト。天気が良すぎると洗ったそばから乾燥して水垢になります。
3_タイヤから洗いましょう。できればスポンジも使い分けられた方が良いですね。
4_出来るだけ洗剤は泡だてて。洗車機なんか泡がすごいですよね。泡が汚れを落とします。
5_洗い流す際には水を勢いよく流しましょう。
6_もしボディに鉄粉が付いていたら、鉄粉除去スプレーでしっかりと流しましょう。
7_水垢取りも専用シャンプーを使うとさらに良いです。
8_拭き取りはウェスでしっかりとやさしく。
9_ワックスは全体を一気に塗るのではなく、部分ごとに塗っては拭き取る方が美しく仕上がります。

市販のワックスはおおよそ1.5〜2ヶ月くらいの効果があるそうです。

また、洗車やワックスのやりすぎは逆に塗装を痛めるという点にも注意しましょう。

スズキが推奨するコーティング技術

引用元:http://www.suzuki.co.jp

前項のようなお手入れは実際にはかなり面倒ですよね。

洗車機などでは車の表面にも傷がつくとも言われてますので、楽して美しいスズキジムニーを保ちたいですよね。

そのような方向けに、スズキではディーラーによりコーティング処理をオプションとして用意されています。

〝スズキSGコート〟と呼ばれるこのオプション。軽自動車であるスズキジムニーの場合48,600円で施工してもらうことができます。

そのコーティング剤の説明は以下の通りです。

ガラス同様の高耐久ガラス質層の表面に撥水層を化学的に組み込むことによって、ガラス質の耐久性と高級感ある撥水性を両立させたハイブリッド型コーティング剤です。

光沢が5年継続し、年1回の無料点検時には専用トリートメントでメンテしてくれます。

とっても楽そうですし、キレイさが継続するのがうれしいですね。

スズキジムニー・カラーに関するまとめ

20年ぶりのフルモデルチェンジを経て、古きオフロードの名車感と現代風のオシャレさを併せ持った究極の1台となったスズキジムニー。

全13色のカラフルなボディにアウトドアに街乗りに完璧に対応する様々な機能をコンパクトが詰め込まれています。

豊富なラインナップが自分の個性にあった1台がきっと見つかるはず。

自分好みのスズキジムニーをぜひとも見つけていただきたいと思います。

 

 

アイキャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ