ジムニー

【スズキ・ジムニー】外寸や外装はどう?機械式駐車場には入る?

車を持っていると考える必要があるのが駐車場。

お出かけすると車の駐車場を探すこともあります。

よく街中で見かける機械式の立体駐車場。

スズキジムニーは機械式の立体駐車場に停めることができるのでしょう。

ジムニーの大きさや駐車場を調べてみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スズキジムニーの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?


引用:https://response.jp/

スズキ・ジムニーは軽自動車です。

軽自動車のサイズは、
・全長:3.4m以下
・全幅:1.48m以下
・高さ:2.0m以下
排気量は、660cc以下

このように軽自動車の規格は決まっています。

大きく見えるジムニーですが、このような軽自動車の規格内に入っています。

ここではジムニーの外寸の「横幅や長さや車高」をチェックしてみました。

まずジムニーには3つのグレードがあります。
・XG ベースグレードは、「XG」
・XL 中間グレードが、「XL」
・XC 上級グレードは「XC」です。

ジムニーのボディサイズはどのグレードも同じ。
・全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1725mm
・ホイールベース:2250mm
・車重:1030kg (MT車)

全長は軽自動車として規格の、
全長3.4mと全幅1.48mを少しだけ下回る軽としては限界サイズです。


引用:https://autoc-one.jp/

新型のジムニーは旧型と比較しても、サイズはほとんど変わっていません。

ジムニーの走行性能も高く、特に悪路では他の軽自動車の追従を許しません。

このような軽自動車サイズの四駆は大きな魅力ですね。

そのジムニーに搭載されるエンジンは、直3DOHC12Vターボエンジン。


引用:https://motor-fan.jp/

スズキ・ハスラーと同じタイプのエンジンです。

<エンジンパワー>
最大出力:47kw/6000rpm
最大トルク:96N・m 3500rpm

ガソリンはレギュラーガソリン。

ジムニーには5速マニュアルトランスミッション車と、4速オートマチックトランスミッション車があります。

このようなボディサイズにターボエンジンを搭載したジムニー。

外観は軽自動車としては大きなサイズで、車高の高さがあるのが大きな特徴。

パッと見た感じは軽自動車じゃないように見えます。

外観もスクエアタイプでおしゃれな感じになっていて、人気が高まっているのがスズキ・ジムニー。

スズキジムニーは機械式駐車場に入るのか!?


引用:https://www.webcg.net/

おしゃれな雰囲気のあるジムニー。

四輪駆動車でオフロード性能も高い車。

外観は車両の状況を把握しやすいように、箱形タイプのボディになっておりデコボコも少ない形状。

機能性も追求されたデザインです。

そんな走行性能や機能性の高い車ですが、オフロードではなく街乗りのみで使用する方は多いのではないでしょうか?

ジムニーを街乗りで使用すると駐車場に関する問題があります。

ジムニーのサイズは箱型で背が高く感じます。

そのため「駐車場は大丈夫なのか?」と思うことがあるかもしれません。

ジムニーの駐車場に関してチェックしてみました。

まず、ジムニーのボディサイズ
・全長:3395mm
・全幅:1475mm
・全高:1725mm

ジムニーはこのようなサイズですが、ミラーやアンテナ部分は車のサイズには含まれていませんので注意してください^^;

ジムニーの駐車場で困るのがよく見かける機械式の立体駐車場に駐車する時。

機械式の立体駐車場にジムニーは入るのかどうか?ということ。

立体駐車場


引用:http://5garage.com/

立体駐車場は機械仕掛けでパレットやエレベーターを使用し、立体的に車を格納し収容台数を確保する駐車場のこと。

一般的には軽自動車や普通自動車クラス向けです。

機械式の立体駐車場サイズ
全長 5,000mm
全幅 1,900mm
全高 1,550mm以下
(あくまで平均的なサイズです。)

ジムニーの全高:1725mm

このような機械式の立体駐車場の場合は全高が1550mm以下のため、ジムニーの駐車は不可です。
(ハイルーフ車も可能な、機械式の立体駐車場は可能です。)

全高2100mm以下の機械式の立体駐車場は大丈夫ですが、古めの機械式の立体駐車場は対応していないことも多いので、機械式の立体駐車場の入口の表記をチェックしてください。

ハイルーフ車タイプの場合はジムニーでも入れそうですが、立体駐車場では制限されることもあるので注意してください。

また大きさ以外に機械式の立体駐車場は、重量の決まりもあります。

通常の機械式の立体駐車場は重量が1800kgまで。

ジムニーの車重は1040kgなので問題ありません。

ただ高さだけは注意してくださいね。

機械式の立体駐車場はいくつか種類があり大きさも違うので、入口の表記などを確認したほうがいいですよ。

また機械式駐車装置での駐車は、ハンドル操作・ギヤ操作が多く周囲への注意も必要です。

事故も増えているので十分注意してくださいね。

その他の注意点としてジムニーの場合はカスタムして、車高をあげる方もいるかもしれません。

中古車を購入して車高が高くなっている場合もあります。

この場合は駐車場天井にドカンとぶつかることがあるかもしれませんので、特に気をつけてください。

スズキジムニーの気になる外装、外装パーツは?


引用:https://motor-fan.jp/

軽自動車でありながら優れた走行性能があり特徴的な外観、存在感のあるスズキジムニー。

そのジムニーをカスタムする方も多いです。

旧型ではカスタムを施した車を見ることが多く、新型も今後カスタムが増えてくるのではないかと思います。

ジムニーのパーツは多めで、カスタムの自由度があるため、好きなパーツを取り付ける方も多いです。

また純正でもジムニーの「XC」グレードは、LEDヘッドランプや16インチアルミホイールを装着し、見た目もかっこよく高級感がある仕上がりです。

ポジション内蔵LED


引用:http://creative311.com/

このようなヘッドライトをしており、ポジション灯LEDが内蔵されています。

それだけでなくライトウォッシャーまで標準装備されています!

ジムニーにはグレードにかかわらず、装着できる純正のオプションパーツも豊富な車。

ジムニーの純正パーツにはこのようなスタイルがあります。
・オフロードスタイル
・サバイバルスタイル
・ヘリンテージスタイル
・リバイバルスタイル
・エクステリアスタイル

個性的な5つのスタイルになっています。


引用:http://www.custom-wagon.com/

オフロードスタイルでは旧型のフロントグリルがモチーフになり、グリルが変わるだけで大きく車の印象が変わります。

どれも特徴のあるスタイルで、どのスタイルにしようか迷ってしまうほど。

ジムニーはボディカラーによっても、個性が発揮できますよ。

・キネティックイエロー
・シフォンアイボリーメタリック
・ブリスクブルーメタリック

このようなインパクト抜群のカラーがありますが、人気でおしゃれなのは「ジャングルグリーン」です。


引用:https://gqjapan.jp/

ジムニーはデカールの装着でも手軽に外観を変えることも可能なのでいろいろ楽しめますよ。

さらに個性的な外装にするなら、アフターパーツの装着がいいです。

例えば、「アルミホイール」です。

純正でもXCグレードは16インチアルミホイールが装着されています。

アルミホイールが装着されているだけでも雰囲気は変わりますが、純正品以外のアルミホイールを装着する方法があります。


引用:https://www.goo-net.com/

純正以外のホイールも種類があり、選択することができます。

ホイールを変えることで見た目が大きく変化するため、他のジムニーとは差別化することが可能ですよ。

ジムニーは外装のパーツも多いので、ぜひ自分の好きなスタイルを追求してみてください。

今回はジムニーの「外寸や機械式駐車場には入るかどうか?」をチェックしました。

機械式駐車場の場合は注意が必要ですが、大きくて、迫力があり、軽自動車と思わせないボディはジムニーの大きな魅力です。

クロカンタイプのジムニーですが、街乗りで楽しむのもアリです。

おしゃれな雰囲気のあるジムニーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

アイキャッチ画像引用:http://xn--ols92r56ds35c.tokyo/?p=23107

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ