ランドクルーザープラド

【トヨタ・ランドクルーザープラド】安全性はどう?運転しやすいの?

トヨタ・ランドクルーザープラドは本格的なSUV車です。

ランドクルーザー同様に悪路に強く、耐久性のあるボディを備えています。

そのランドクルーザープラドの安全性はどうなのでしょう?

運転のしやすさとあわせて安全性をチェックしてみます。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

トヨタランドクルーザープラドは運転しやすい?しにくい?

引用:https://carview.yahoo.co.jp/

車には運転しやすい車と、運転しにくい車があります。

運転しやすい車の特徴として、このような部分が挙げられてます。

・車の大きさが小さい
・小回りが利く
・死角が少なく、幅が分かりやすい。

この条件をみていくと軽自動車があてはまりますが、ランドクルーザープラドのような大きくて、背が高い車の運転はどうなのでしょう?

大きな車は本当に運転しにくいのでしょうか?

ランドクルーザープラドの運転に関する部分をチェックしてみました。

まずは運転時に関わる車のサイズから。

引用:https://diamond.jp/

ランドクルーザープラドのサイズ
・全長×全幅×全高:4,825mm×1,885mm×1,835mm
・ホイールベース: 2,790mm

ランドクルーザープラドは全長が約4800mmと大きいです。

トヨタの人気コンパクトカー・アクアと比較すると
アクアの全長が4050mmなので、ランドクルーザープラドは約800mm長い。

ランドクルーザープラドは大きい印象がありましたが、
車の全長がアクアとたった800mmしか変わらないのは逆に驚きです!

大きい車の方が運転しにくい感じはありますが、普通車と比べてめちゃくちゃ大きなわけではないため、車の車両感覚に慣れると普通に運転できてしまうかもしれません。

引用:https://cobby.jp/

一般的に、小回りが利く車は運転しやすい車といえます。

車の小回りが利くかどうかという部分は、最小回転半径を見ると知ることができます。

ランドクルーザープラドの
最小回転半径は5.8m

コンパクトカーのデミオの最小回転半径は約5mです。

ランドクルーザープラドは車の大きさがあるので、小回りが利かないのは仕方がないですが、コンパクトカーと比較して0.8mの違いなら、それほど悪くはないです。

また車の死角や車両感覚については、運転席の位置が大きく関わります。

引用:https://toyota.jp/

運転席に座ってボディの感覚がつかみやすい車は、運転しやすい車といえます。

ランドクルーザープラドは箱型に近い形状で、座面の高さがあり、車の感覚はつかみやすい。

また車のインパネは水平になっていて、悪路や斜度のある道でもその感覚をつかみやすいように配慮されています。

ランドクルーザープラドはSUVとしても大きなサイズの車ですが、大きさを感じさせず運転がしやすくなっています。

四輪駆動車ならではの配慮もされ、市街地走行からオフロード走行まで、運転を楽しめる車になっているのではないでしょうか。

トヨタランドクルーザープラドの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

引用:https://toyota.jp/

車に乗る時には、「安全性」も重要です。

自分だけではなく、大切な家族や友人も乗ることもある車は、安全性の高い方がいいですよね。

最近では車の安全性や未然に事故を防いでくれる、サポートパーツも増え安全性が高まってきています。

ではトヨタのランドクルーザープラドの安全性はどうなのでしょう?

車の安全性の部分をチェックしてみました。

ランドクルーザープラドにはトヨタ・セーフティ・センスという安全装備が備わっています。

<トヨタ・セーフティ・センス(衝突回避支援パッケージ)>
・自動ブレーキ:プリクラッシュセーフティ
・車線はみ出しアラート:レーンディパーチャーアラート
・自動ハイビーム:オートマチックハイビーム
・追従ドライブ支援:レーダークルーズコントロール

トヨタ・セーフティ・センスはミリ波レーダーと単眼カメラを併用した、検知センサーがあることで歩行者の認識も可能。

このような機能で、もしもの事故の回避や衝突時の被害を軽減してくれる装備がついています。

その中でも重要なのが、「自動ブレーキ」です、

自動ブレーキはプリクラッシュセーフティとも呼ばれ、衝突の回避や衝突時にある被害の軽減をサポートしてくれます。

引用:https://www.fukuoka-toyota.jp/

まずは警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせてから、ブレーキを踏めた場合はブレーキアシストし、もし踏めなくてもプリクラッシュブレーキを作動。

自動ブレーキが作動することで、衝突を回避できたり、衝撃を和らげてくれるのは、もしもの時にとても大事なことだと思います。

そしてプリクラッシュブレーキは、歩行者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動と、低速から作動するのはありがたいですね。

このようなトヨタ・セーフティ・センス以外に、予防安全に関する機能もあります。

・ドライブスタートコントロール
・クリアランスソナー&バックソナー

ドライブスタートコントロールは、急発進を抑制して、被害の軽減をサポートする機能。

引用:https://toyota.jp/

最近増えている前進や後退時の事故。

アクセルとブレーキの踏み間違えは、このような機能があると、もしもの時に助かることもあるのではないかと思います。

クリアランスソナー&バックソナーも装備され、超音波で障害物の存在を知らせてくれます。

引用:https://toyota.jp/

運転時超音波センサーが、車両周辺の障害物の接近を感知してくれて、モニターや音で知らせてくれます。

これなら狭い場所の駐車や、車庫入れの際にも助かりそう。

ランドクルーザープラドには、自動ブレーキをはじめとした安全装備が数多く装着されているため、安全性の高い車だと思います。

トヨタランドクルーザープラドの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用:https://matome.response.jp/

車には様々な安全装備がついています。

そして、年々その安全装備の性能は向上し、レベルの高いものになっています。

中でも、ESCと呼ばれる「横滑り防止装置」が進化。

ESCは単純に横滑りを防止するだけでなく、もう少し複雑な制御も行うようになっています。

ESCはクルマが外側に膨らみそうになったり、スピンしそうになったときに、スピンを抑えるシステム。

このような機能は、クルマの操縦安定性の向上に高い効果があります。

引用:https://www.mjnet.co.jp/

ESCはメーカーによっその呼び名が異なっています。

・トヨタではVSC
・ホンダはVSA
・日産はVDC
・スバルはVDC
・マツダはDSC

基本的にブレーキを使用して、車の姿勢をコントロールするという部分は同じです。

トヨタのランドクルーザープラドではESCではなく「VSC」という名前になっており、ランドクルーザープラドにも装備されています。

VSC&TRCは横滑りなどのスリップを抑制。

引用:https://toyota.jp/

急激なステアリング操作を行った時や、滑りやすい路面などで発生する車両の横滑りをセンサーが検知して、車をコントロールしてくれます。

滑りやすい路面でのタイヤのスリップを抑制して、車の安定性を確保してくれるので、雪道などの悪路でも走りやすくなります。

運転時に突然起きる横滑りも、このような機能があれば回避できるかもしれません。

ランドクルーザープラドには横滑りだけではなく、ブレーキをアシストする機能もついています。

「EBD付マルチテレインABS&ブレーキアシスト」という機能。

この装備は、オフロードでも優れた制動性能を発揮してくれます。

引用:https://toyota.jp/

いまではもう多くの車に装備されているABS。

ブレーキをかけた際のタイヤのロックを防止する機能がABSですが、ランドクルーザープラドはABSに加えて車両状態に応じて各輪に適切な制動力配分を行います。

ダート路・砂利路などのオフロード路面でも、優れた制動性能を発揮するブレーキを装着。

しっかり悪路を走行することを考えられて作られた車がランドクルーザープラドです。

オフロード走行時でも、市街地を走る時でも、このような機能があるのは心強いです。

ただ注意点として、EBD付マルチテレインABS&ブレーキアシストは、2.8Lディーゼル車に標準装備です。

引用:https://matome.response.jp/

今回は、トヨタ・ランドクルーザープラドの「安全性や運転のしやすさ」をチェックしました。

ボディは大きめのSUVですが、車内からの見やすさや運転のしやすさが配慮されており、それほど運転がしにくい車ではないと感じます。

また安全装備は充実していて、ボディ強度もあるため安全性の高い車でと言えます。

ランドクルーザープラドで、市街地から、オフロード走行まで車の運転を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ