ランドクルーザープラド

【トヨタ・ランドクルーザープラド】後部座席や荷室は?車中泊は?

ランドクルーザープラドは大きなボディを持った迫力のあるSUV車。

外観が非常に大きいためランドクルーザープラドは、車内の居住性も高そうなイメージがあります。

ランドクルーザープラドの後席や荷室の広さはどうなのか?

車中泊が出来るかどうかをチェックしてみました。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

トヨタランドクルーザープラドの後部座席の広さは?

引用:https://www.suv-land.jp/

ランドクルーザープラドは日本の大手自動車メーカー・トヨタのSUV車です。

悪路の走破力を考えた耐久性の高い四輪駆動車の車体と、足まわりを持っている車。

4WDシステムを搭載し、オフロード性能を重視し悪路の走破力を考えて作られており、海外でも人気の高い名車です。

ランドクルーザープラドはSUVタイプなので、背が高く、大きな印象がありますが、車内の広さはどうなのでしょう?

ランドクルーザープラドの後部座席の広さを、チェックしてみました。

引用:https://car.biglobe.ne.jp/

ランドクルーザープラドのボディサイズはこのようになっています。

・全長×全幅×全高:4760mm×1885mm×1885mm
・ホイールベース:2790mm

全長4700mmを越える大型のボディを持ち、全高もあり、大きな車体はインパクト抜群!

街中を走っていてもその大きなボディはインパクトがあり、存在感があります。

大きくて目立つ外観を持つランドクルーザープラドですが、室内の大きさはどうなのでしょう?

ランドクルーザープラドの車内はこのようになっています。

引用:http://car-me.jp/

ランドクルーザープラドの車内サイズ
・室内長:2520mm
・室内幅:1565mm
・室内高:1240mm

ランドクルーザープラドの車内は室内長が2520mmあり、室内の長さはSUVの中でもかなり長い車。

兄弟車のランドクルーザーは室内長が2690mmあり、ランドクルーザープラドよりも少し大きいですが、2500mmを超える車内サイズはSUVの中でトップクラスです。

その車内はただ広いだけではなく、シートアレンジも可能になっています!

例えばランドクルーザープラドの後席には、このようなシートアレンジ機構を装備。

・セカンドシートリクライニング機構・スライド機構
・セカンドシートウォークイン機構(左席)

シートスライドの幅があり、リアシートを両方倒すことができるため、シートを倒せばラゲッジを広く使うことができてとても便利です。

引用:https://cobby.jp/

このように後席を広く使用することができるシート機構がありますが、注意点もあります。

その注意点とはランドクルーザープラドには、「5人乗り車」と「7人乗り車」があり、リアシート形状が異なっていること。

リクライニング機構やシートスライド量が違うため、後席スペースが違っています。

5人乗り車の場合はセカンドシートのリクライニング機構に加え、リヤシート座面を跳ね上げて、背もたれを前に倒し、ラゲージスペースをつくり出せます。

7人乗り車の場合はセカンドシートリクライニング機構・スライド機構があり、セカンドシートの足元にゆとりがあります。

左右のシートは独立で操作ができるため、とても便利です!

引用:https://toyota.jp/

セカンドシートウォークイン機構も装備し、左席のシートはシートを前に倒すと、連動してセカンドシートが前方へスライド。

サードシートへの乗り降りがスムーズになります。

このような機構が7人乗りに標準装備されています。

また、TZ-G、TX“Lパッケージ”(7人乗り)には、スイッチを押すだけで、サードシートが自動的に格納・復帰する機能が標準装備。

引用:https://toyota.jp/

スイッチボタンで格納できるのはとても楽チンですよね。

そのスイッチはバックドア側とリヤドア側にあるため、どちらからでもシートを格納して荷室を広くすることが可能。

サードシートをフロア格納することで、フラットなラゲッジスペースを作れるのはありがたい機能です。

このようにランドクルーザープラドは、大きなボディを持ち、車内レイアウトを状況により変えれる、自由度のある車内空間を持った広い車です。

ただ「5人乗り」と「7人乗り」では、若干シートのレイアウトやリクライニング機構が違いますので、乗る人数とシートのレイアウト形状を考えて選ぶといいですよ。

トヨタランドクルーザープラドの荷室容量はどのくらいなの?

引用:https://carvel.xyz/

ランドクルーザープラドは大きな車なので、荷物を積んで、大勢でドライブに出かけることもあるかもしれません。

また大きなキャンプ道具を積んで、アウトドアを楽しむ方も多いのではないでしょうか?

アウトドアやキャンプではたくさんの荷物を積むことがあり、その際に重要なのは車のラゲッジの荷室容量です。

もちろんランドクルーザープラドは荷室も広くて容量も多い車ですが、乗車定員によって荷室の容量に違いがあります。

5人乗りの荷室

引用:https://toyota.jp/

ランドクルーザープラドの5人乗りの荷室容量

・2人乗車時:1,151L
・5人乗車時:621L
(バックウインドウ下端で測定)

荷室の幅は最大1390mm、
荷室長は最長1,680mm、高さは1,040mm。

7人乗りの荷室

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

ランドクルーザープラドの7人乗りの荷室容量
・2人乗車時:974L
・5人乗車時:553L
・7人フル乗車時:104L
(シートバック上端までの高さで測定)

荷室幅は最大1380mm、
荷室長は最長2,070mm
荷室高は最大で860mm
(デッキフロア~天井まで:サードシート格納状態)

ランドクルーザープラドの5人乗りと7人乗り荷室容量を比較すると、「5人乗り」の方が容量が大きいです。

2人乗車時も5人乗車時も「5人乗り」の方が容量が大きいです。

荷室に荷物を多く積みたい方は、「5人乗り」の方がいいと思います。

ただ、7人乗りにはメリットがあります。

7人乗りはシートレイアウトが変えれるため
7人乗りの荷室長は最長2,070mmとることができます。

室内の長さがあるので、長いものを積んだり、フラットな状態が必要な方は「7人乗り」がいいです。

5人乗りか7人乗りかは、車に積む荷物の量と乗車人数を考えて選ぶといいと思います。

トヨタランドクルーザープラドでの車中泊は可能か?

引用:http://www.shachu-haku.com/

近年、クルマ旅をする方も多く、車中泊をする方が増えています。

車中泊までいかなくても、車の中で仮眠をする方も多いのではないでしょうか?

仮眠ができる車や車中泊に対応できる車も増え、車内の車中泊に関するパーツも多く、今後も車中泊がより増えていいきそうな感じです。

注目度の高い車中泊ですが、ランドクルーザープラドでは車中泊が可能なのでしょうか?

ランドクルーザープラドでの車中泊に関してチェックしてみました。

引用:http://www.kobo-links.net/

ランドクルーザープラドは全長、全幅、全高と乗用車の中でも最大級のクラス。

これだけ大きなボディなら簡単に車中泊のスペースを確保できそうな感じがします。

ただランドクルーザープラドは、乗車定員が「5人乗り車」と「7人乗り車」の2パターン設定があり車内のレイアウトが異なります。

「5人乗り」と「7人乗り」では、後席で車中泊することを考えれば「7人乗り」の方がいいです。

7人乗りの方がいい理由は7人乗りは3列目シートが格納できて、後部にフラットに近いスペースができるからです。

7人乗り車の荷室長は、最長2,070mm。

7人乗りの方がフラット部分の長さが長いため、後部で横になるなら7人乗りの方が車中泊に向きそうです。

ただしどちらも完全なフラットではなく、若干傾斜があるため、車中泊ができるマットなどを使用するのがオススメです!

ランドクルーザープラドには社外品パーツでも、車中泊に使用出来るパーツもあるため、車中泊マットを使うのがいいです。

一般的なのは、ウレタンマットやクッションです。

引用:http://www.shachu-haku.com/

このようなパーツを使用すれば、荷室の段差を埋めることが可能。

エアータイプのマットもあり、持ち運びのラクなパーツもあります。

車中泊パーツを使用すれば、ランドクルーザープラドでの車中泊をより快適にすることができますよ。

また車中泊時には、「サンシェード」もあった方がいいです。

引用:https://fastkuller.ee/

サンシェードは窓に貼るだけで、車内のプライバシーを守ったり保温効果もあります。

車内でゆっくり休みたい方は、サンシェードを使用すると、落ち着いて休めると思いますよ。

注意点として汎用ではなく、専用設計のタイプの方がフィッティングがいいので、車種専用タイプを選んだ方がいいです。

シェードはいろいろなメーカーから出ていて、種類や価格も違うので、トータルで判断してくださいね。

ランドクルーザープラドは車内の後部がフラットに近い感じになり、車の大きさがあるため身長180センチぐらいの方でも横になれます。

このようにランドクルーザープラドでは、車中泊を楽しむことが可能です。

引用:https://page.auctions.yahoo.co.jp/

今回は、「ランドクルーザープラドの後部座席や荷室容量と車中泊はできるか」をチェックしました。

ランドクルーザープラドは車の大きさもあり、シートレイアウトも変えることができて荷物も十分積めます。

車内の後席シートを倒せばフラットになるので、仮眠や車中泊ができます。

オフロードの走破性も高いランドクルーザープラドで、キャンプや車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ