ランドクルーザープラド

【トヨタ・ランドクルーザープラド】試乗評価は実際にどうなの?

1989年生誕から実に30年という長い歴史を持つランドクルーザープラド

2017年にマイナーチェンジを行い、より洗練されたSUVが完成しました。

今回は、新たな魅力のつまった新型ランドクルーザープラドの試乗に

フォーカスを当てて、実際にどんな乗り心地か調べてみました。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

トヨタランドクルーザープラドの試乗レポート!

トヨタランドクルーザープラドの試乗レポート!

https://toyota.jp

ランドクルーザープラドの試乗をしてみましょう!

乗り込む前のエクステリアがマイナーチェンジによって非常に良くなったと評判です。

最近のトヨタのクルマはいかつい感じの顔つきが多いのですが、

新型ランドクルーザープラドも大型フロントグリルとヘッドランプを、

ひとくくりにして力強い顔つきになっています。

力強い走りに期待がもてそうな精悍な顔つきになっていますね。

トヨタランドクルーザープラドの試乗レポート!

https://review.kakaku.com

乗り込んでみて最初に感じることは、220mmもの車高があることも理由ですが、

着座位置が高いので、非常に見晴らしがよく、

視界が開けているということです。

口コミなど見てみますと、インパネ回りがややオールファッションな印象を

受けるという意見もありますが、指摘されればそうかな、という感じです。

確かにボタンがやたらとあって、慣れるまで一瞬戸惑いますね。

ハンドルは握りやすくなっています。

トヨタランドクルーザープラドの試乗レポート!

https://www.webcg.net

市街地を運転する際に、運転のしやすさは特に気になることころはありません。

ただ、はやり排気量の大きいディーゼルエンジンを搭載していますので、

アイドリング中の車内の振動・騒音はそれなりに大きいと感じます。

口コミにもみられたように、アイドリングストップ機能はあった方が良いかもしれません。

また、実際に乗られたユーザーの口コミによると、渋滞に巻き込まれると燃費が、

3km/Lになったという声も見られました。さすがにこれは極端な例かもしれませんが、

こうした燃費の面からもアイドリングストップはあった方がよいかもしれません。

さて、市街地から郊外に出ますと、なかなか良い走りを楽しめます。

路面の凹凸もある程度までであれば吸収しており、快適です。

ハンドリングも2.3トンという大きさでありながら、予想以上に軽快です。

2.8リッターディーゼルターボエンジンの力強いトルクで、

カーブの多い曲がりくねった道も難なく走行できます。

トヨタランドクルーザープラドの試乗レポート!

https://www.webcg.net

郊外路から高速道路に乗りますと、より一層快適な走りを楽しめます。

本線合流や、追い越し加速でアクセルを踏んだ時も、

ディーゼルエンジンらしく力強い走りと同時に充分な瞬発力を味わえます。

高速道路を走っているときは、橋の上などでうける強い横風の中でも

2.3トンの重量を活かして微動だにせず、市街地であれほど気になった

エンジン音もほとんど聞こえず、非常に静かな室内でした。

試乗された方の口コミなどを見ますと、アクセルレスポンスが鈍く感じる、

という声や、それに伴う車重に対するエンジンの非力さを指摘する声も

見られましたが、こと高速道路の走行に限って言えば、全くそうした気配を感じませんでした。

オフロードよりもむしろ高速道路を走るために作られたのではないか、

と思われるくらいでした。

トヨタランドクルーザープラドの実際に乗ってみた試乗評価は?

トヨタランドクルーザープラドの実際に乗ってみた試乗評価は?

https://www.flexdream.net

さて、ここではランドクルーザープラドに実際に乗ってみた試乗評価を見てみましょう。

まず、走行前の状態から確認してみます。

・3列目シートはバックドアを開けたら左側にあるスイッチを押すことで

電動で格納できるのがとても便利。

・大きな荷物はテールゲートを横にあけて、直接荷室に積むことができるので、

特に重い荷物の時にはとても便利。女性にも操作しやすいと思う。

・メーターパネルのデザインが見やすい。駆動モードなどを表示する、

センターのディスプレイが大変見やすくなっている。

トヨタランドクルーザープラドの実際に乗ってみた試乗評価は?

https://www.webcg.net

インテリアについては色々好みがあると思いますが、

総じて「高級感が増した」「都会的になった」という声が非常に多くみられました。

次に、走行性能はどうでしょうか。

・市街地はなかなか静かな感じでよいです。

・高速はどうしてもややフラつき気味ですが、走行音は静かです。

・やっぱり左折時は曲がりづらい。慣れて感覚をつかむまでは注意したい。

・よい!エンジンとATがあっているのか運転していてとても気持ちいい。

・以前パジェロに乗っていたが、走行性能はフルタイム4WDだけあって、

雨の日や、風の強い日などの安心感は非常に高い。

雪道も新雪道・圧雪路ともに安定しているし、挙動も制御しやすかった。

トヨタランドクルーザープラドの実際に乗ってみた試乗評価は?

http://www.challengedrive.net

・サスペンションが固いのが四駆だと思っていたが、ランドクルーザープラドの

衝撃吸収性の高さには驚いた。道路のつなぎ目もちゃんと吸収してくれる。

視野も広いし、乗っていて安心できる。

・後部座席は長時間の運転でも気持ち悪くならないそうです。

以前ヴェルファイアに乗っていたときは、たまに酔うことがあった。

フラつきが大きいので、プラドの方が酔うかと思ったが、

足がしっかりしているから酔いにくいと思われる。

・ディーゼルということでエンジン音が気になるかと思っていたが、

それほど気になるものではなかった。むしろエンジンフィーリングが良く、

心地よいおとをだしてくれている、という感想。

また、ロードノイズもうまく抑えられている印象。足回りは非常に柔らかく、

乗り心地は予想していたよりもかなり良かった。

トヨタランドクルーザープラドの実際に乗ってみた試乗評価は?

https://autoc-one.jp

・一方でコーナリングの安定性も思っていたよりはイマイチだった。

少しスピードが出ている状態でコーナーにさしかかると、

リアが結構振られるように感じた。

・スペックからしてパワー不足かと思っていたが、ディーゼルエンジンだけあって、

低速トルクは非常に太く、発進時にももたつくようなことは全くなかった。

坂道も苦にはならず、低回転でのエンジンフィーリングもなかなか良いので、

街乗りで心地よく乗るという走り方もあっているかもしれない。

・外観のイメージとチョット異なる走りをすることが分かった。

外見ハードに見えるが、乗り心地がよく、普通の高級車的に快適に走るのが

向いているクルマのように感じた。もう少しパワー性能があるといいかもしれない。

トヨタランドクルーザープラドはこう乗れ!試乗のポイント

トヨタランドクルーザープラドはこう乗れ!試乗のポイント

https://www.webcg.net

試乗評価を色々見てきましたが、乗る人の感覚や、主にどんなところを乗るのか

(市街地・郊外路・高速道路)によって、まったくといっていいほど、

印象が大きく変わっている、ということがお分かりになったと思います。

こうなったら、やはり自分で乗ってみるしかない!ということになりますが、

試乗の際にチェックしてみたほうが良いポイントをいくつか挙げてみましょう。

・乗り降りのしやすさを確認してみましょう。

最低でも地上高が220mmもあるので、乗降性はよいわけではありません。

ステップとAピラーにグリップがありますが、乗り降りしやすいか確認してみましょう。

ファミリーで使う場合には、お子さんなども充分乗り降り可能か確認した方がよいでしょう。

・視界の確保を確認してみましょう。

基本的に着座位置が高いので、直線走行に関しては視認性は問題ないと思います。

しかし、車体が大きいこともあって、左前方の感覚はつかみづらいといわれています。

また、ボンネットが視界に入ってきます。

この辺りは安全性に繋がりますので、実際に乗ることでしっかり確認してみましょう。

・ディーゼルであったら、エンジン音が気になるかどうか確認してみましょう。

この辺りは個人によって感覚が大きく異なりますので、体感が必要です。

・車の取り回しを確認してみましょう。

着座位置の高さや見切りのよさ、ドアミラーの大きさによって

視認性がはよいと思われます。タイヤの切れ角が意外に大きいこともあり、

ボディサイズが大きい割には扱いやすいといわれていますが、

ここも実際に確認してみましょう。

・ハンドルの重さを確認してみましょう。

人によってもう少し軽くハンドリングできた方が楽しく運転できる、という声もあります。

・コーナリングの安定性を確認してみましょう。

こちらも安全に直結することなのでしっかり確認したいところですね。

少しスピードが出た状態で、コーナーを迎えると後ろが結構ふらつく感覚を持つ

という声もあります。

・走行感覚を確認してみましょう。

新型ランドクルーザープラドは変速ショックをきれいに消し、走行感覚は滑らか

といわれています。しかし、一般の乗用車のような操縦性とはまた異なりますから、

特にはじめて乗る際は気をつけましょう。

・レーダクルーズコントロールを確認してみましょう。

トヨタランドクルーザープラドはこう乗れ!試乗のポイント

https://toyota.jp

新型ランドクルーザープラドは、トヨタセーフティセンスPが全車に標準装備。

歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させるようになっています。

また、車間距離を自動制御できるレーダークルーズコントロールも備わっています。

ただ、このレーダークルーズコントロールは全車速追従型ではありません。

社則が時速40㎞以下か設定速度よりも時速16km以上に低下すると自動的に解除されます。

例えば時速100㎞に設定した時でも、先行車が減速して時速84㎞を下回ると解除されます。

最近は全車速追従型のより高機能なクルーズコントロールが増えているので、

そのつもりで使うと大変危険ですので、可能であれば実際に確認してみましょう。

このほかにも実際乗ってみないとわからない点は多くあります。

トヨタランドクルーザープラドはこう乗れ!試乗のポイント

https://www.webcg.net

ランドクルーザープラドが少しでも気になったら、どんどん乗ってみましょう!

そして、あなたの一台を見つけてください!

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ