比較・ランキング

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】はどっち?

ステーションワゴンを買う時にどの車に乗ろうかと気になることもあるかと思います。

候補としてあがるのは、スバルレヴォーグマツダアテンザワゴンではないでしょうか。

どちらの方が価格が安いのか、またどちらの方が大きいのか。

燃費はどっちがいい?

そんな疑問を全てまとめてみました!

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】は価格はどっち?

購入する時に気になる価格、出来れば予算を考える時も安くしたいと思うでしょう。

では実際にスバル・レヴォーグとマツダ・アテンザワゴンを比較した時、どちらが安いでしょうか。

気になる価格をチェックしたいと思います。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】は価格はどっち?

http://kakaku.com/kuruma/used/item/19337848/

どちらの方が安い?

まずはレヴォーグの価格から見ていきましょう。

レヴォーグの価格は286万~405万となります。

レヴォーグにはハイブリッド車はありませんので、代わりに1.6Lのガソリン車と2.0Lのガソリン車があります。

次にアテンザワゴンはどうでしょう。

アテンザワゴンは282万~419万、アテンザワゴンはディーゼル車もあります。

価格では総合的に引き分けといえるのではないでしょうか。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】は価格はどっち?

アテンザワゴンにはガソリン車の他にも、ディーゼル車があります。

アテンザワゴンの最高価格はディーゼル車の価格によるもの。

ガソリン車のみの最安値ならば僅かにアテンザワゴンの方が価格は安いといえるでしょう。

しかしオプションを付けることを考えると、価格はどちらも変わらなくなるといえます。

自分がほしい装備によってはどうしても価格は高くなってしまうものです。

もちろん価格だけではなく、性能や大きさも重要でしょう。

レヴォーグとアテンザワゴン、どちらも価格以上の魅力ある車です。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】は価格はどっち?

レヴォーグとアテンザワゴンの価格は引き分けといえる結果となりました。

大きな買い物だからこそ満足できる形で乗っていたいものです。

自分好みにするためにオプションを付けることもあるでしょう。

どちらも価格以上に満足できる買い物をしたいですね。

次は大きさについてご紹介します。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】大きさは?

車を選ぶとどうしても直面する大きさの問題。

大きさによっては運転がしやすいのか、荷物は乗るのか気になるのではないでしょうか?

そんなあなたにレヴォーグとアテンザワゴンどちらが大きいかご紹介します。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】大きさは?

https://car.biglobe.ne.jp/used_car/detail-pub-962018101901020614014/

どちらの方が大きい?

先にレヴォーグの大きさを見ていきましょう。

レヴォーグの全長は4690㎜、全幅は1780㎜、全高は1485㎜となっています。

そして室内長は2005㎜、室内幅は1490㎜、室内高は1205㎜のようです。

次はアテンザワゴンの大きさを見てみましょう。

アテンザワゴンの全長は4805㎜、全幅は1840㎜、全高は1480㎜となります。

そして室内長は1930㎜、室内幅は1550㎜、室内高は1170㎜となっています。

大きさはアテンザワゴンの方が大きい結果が分かりました。

しかし室内の広さはややレヴォーグの方が上のようです。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】大きさは?

大きさや広さだけではなく、座り心地や運転のしやすさも気になるところ。

レヴォーグは山道でもすんなり走れるので、レジャーを楽しむ方には嬉しいのではないでしょうか。

シートは硬めなので、硬いのが好みな人はあまり気にならないかもしれません。

もしも座っていてお尻が痛いと感じる人はクッションなど置くといいでしょう。

アテンザワゴンは峠道でのシフトダウンが少なく、また小回りが利くようです。

シートはやはり硬いようですが、疲れにくいと感じる人が多いようです。

またディーゼル車は音はドアを閉めると静かに感じるのであまり気にならないでしょう。

どちらが乗りやすいかは試乗をして体験してみるといいかもしれません。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】大きさは?

出来れば少し遠出をした方が、運転していて疲れる、また乗っていて疲れるということも分かるのではないでしょうか。

そして、日常で車を使う時に問題になるのは荷台の問題ではないでしょうか。

時に買い物した時など荷物が多い時もありますし、旅行ならば人によっては荷物も多くなるもの。

荷台の広さも気になるのではないでしょうか。

調べてみたところ、室内の広さがレヴォーグの方がやや広いこともあり荷台も広いようです。

とはいえアテンザワゴンも決して狭いわけではありません。

どちらも広さは申し分ないといえる広さなので、荷台の心配はしなくても大丈夫なようです。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】大きさは?

大きさはアテンザワゴンの方が大きいようです。

どちらもサイズとしては大きいようにも感じられますが、小回りが利くので安心ですね。

乗り心地は個人差もあるので、しっかり試乗で自分に合うかどうかみることをおすすめします。

次は燃費についてご紹介しましょう。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】燃費はどっち?

生活に必要不可欠な車ですが、燃費は特に気になるものではないでしょうか。

燃費が良いと嬉しくなるものです。

最後に燃費について比較していきましょう。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】燃費はどっち?

https://car.biglobe.ne.jp/used_car/detail-pub-916018120201020026001/

燃費はどっちが良いの?

まずはレヴォーグについて見てみましょう。

レヴォーグの燃費は1.6Lで13.2㎞/L、2.0Lで16.0㎞/Lとされています。

実際はどうなのかというと、1.6Lで9.8㎞/L~18.3㎞/L、2.0Lでは9.2㎞/L~16.5㎞/Lのようです。

アテンザワゴンの燃費はどうなのでしょうか。

燃費はガソリン車では14.5㎞/L~16.6㎞/L、ディーゼル車は17.0㎞/L~19.6㎞/Lとなっています。

実燃費はどうなのかというと、ガソリン車は8㎞/L~18㎞/L、ディーゼル車は13㎞/L~18.7㎞/Lのようです。

燃費の良さとしてはディーゼル車のアテンザワゴンが燃費が良いということになります。

レヴォーグはガソリン車しかありません。

ガソリン車として比べるとレヴォーグの方がやや燃費がいいといえるでしょう。

両車ともにガソリン車でも燃費の良さは良いといえるのではないでしょうか。

そしてレヴォーグにはハイブリッド車がモデルチェンジで出るので、その時にはまた違った結果がでるかもしれません。

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】燃費はどっち?

特にハイブリッド車やディーゼル車は長距離でこそ、より一層燃費の良さを発揮します。

ディーゼル車のアテンザワゴンと、ハイブリッド車になったレヴォーグはいい勝負になるのではないでしょうか。

また運転によっても燃費はよくなるものですので、運転する際には是非燃費を意識してみるといいかもしれません。

スピードは適度に出すことを心がけたり、急発進や急ブレーキを避けたりするとより燃費が良くなります。

運転と状況次第では20㎞/Lにもなります。

他にも運転だけではなく車のメンテナンスをしっかりした方がいいようです。

何故なら車の不調も悪くなると燃費は下がっていきます。

そんな時は思わぬ事故にも繋がるので、出来る限りしっかりとメンテナンスをしっかりした方がいいでしょう。

長く乗る愛車だからこそ、燃費をうまく良くすることで維持費を減らずことに繋がるのでないでしょうか?

【スバル・レヴォーグ】VS【マツダ・アテンザワゴン】燃費はどっち?

https://car.biglobe.ne.jp/used_car/detail-pub-941018112200507077001/

燃費の良いのはアテンザワゴンのディーゼル車となりました。

ガソリン車でも良い勝負となったスバル・レヴォーグとマツダ・アテンザワゴン。

どちらもこの比較で魅力ある車だと思えるものばかりでした。

是非どちらか決める時はインテリアや内装、オプションもじっくり見てみるといいかもしれません。

ここで紹介しきれない魅力が分かるので、購入の決め手を見つけることができるでしょう。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ