レヴォーグ

【スバル・レヴォーグ】内装や内装色は選べるの?内寸はどうなの?

今人気車種となっているスバルレヴォーグ

やはり車を買うとしたら内装や内装色は気になるところですよね。

今回はそんなスバルレヴォーグの内装について調べてみました。

それでは紹介していきます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スバルレヴォーグの内寸はどうなの?

スバルレヴォーグの内寸はどうなの?

引用 https://kakaku.com/

まずはじめはレヴォーグの内装に関しての大きさから紹介していきたいと思います。

スポーツカーやクーペなら内装の高級感だけで内装の大きさは気にしないという方も多いかと思いますが、レヴォーグはミドルクラスワゴンになりますので、積載の面や後部座席の居住性なども気になる部分かと思います。

そのためとりあえずは大きさという面にフォーカスを当てて紹介します。

スバルレヴォーグの内寸はどうなの?

まずは数値的な部分から

レヴォーグの内装サイズは長さ2005mm ×幅1490mm ×高さ1205mmとなっています。

こちらの値は後部座席までの長さになっています。

測定の仕方は各メーカーによって違うようなので、参考程度にみていただければいいかと思います。

ただ後部座席までの長さが2000mmを超えている車種は後部座席部分もそれほど狭苦しいイメージは無いです。

ただレヴォーグの後部座席は高級感ある作りとなっており、背もたれからの座面が長めに作られているため少し足元は窮屈になってしまうようです。

その分長距離の乗り心地はかなりいいようなので、そのバランスになるかと思います。

ぜひ一度座ってみて体感してみてください。

スバルレヴォーグの内寸はどうなの?

引用 https://tesdra.com/

次はラゲッジルームの大きさになります。

ラゲッジルームはさすがツーリングワゴンを長い間世に送り出してきたスバルというだけあってかなり使い勝手のいいものになっているようです。

おそらくこのミドルクラスのワゴンの積載を考えさせたらスバルはトップクラスの結果を出してきてくれることでしょう。

それくらい期待していいラゲッジルームのできになっています。

開口部の大きさはもちろん奥行きも十分にありますし、通常のトランクの下部にあるサブトランクもかなりの大容量が用意されています。

スバルレヴォーグの内寸はどうなの?

引用 https://car.watch.impress.co.jp/

サブトランクにそんな大きさが必要なのかと思う方もいるかと思いますが、広いトランクにおいて、小物が収納できるスペースがあるというのはかなりありがたいことなのです。

また通常はトランクルームの下に隠れているので、トランクルーム自体が綺麗になるというメリットもあります。

通常の5名乗車状態でもゴルフバッグが4つ入るスペースが用意されていますし、4対2対4のシート分割が可能なので、スキーの板やスノーボードも多彩なシートアレンジで簡単に収納することができるようです。

このように内寸はもちろん使い勝手に直結するユーティリティもかなりのレベルで用意されていると言っていい出来の良さになっていると思います。

もちろんそれぞれの荷物のサイズで入るものや入らないものがあると思いますので、気になる方は販売店で直接聞いてみてくださいね。

スバルレヴォーグの内装色の選択できる範囲は?

スバルレヴォーグの内装色の選択できる範囲は?

引用 https://response.jp/

次はレヴォーグの内装色について紹介していきたいと思います。

新車を買うとなったら色はやはり迷いどころですよね。

外装色はその車やモデルごとにイメージカラーが設定されていたりして、その色がよく見えがちですし、やはり無難な黒や白も捨てがたい色かと思います。

そんな中で色を選ぶというのは新車でしかできない楽しみとも言えるのでは無いでしょうか。

これは内装にも言えることで、外装ほど自由度が高いわけではありませんが、やはり運転中に一番目にする部分になりますのでこだわりたいですよね。

というわけで今回はレヴォーグの内装色についても紹介していきたいと思います。

スバルレヴォーグの内装色の選択できる範囲は?

引用 https://tesdra.com/

やはりメインとなるのは黒ベースの内装と白ベースの内装ということになりそうです。

内装はあまり派手すぎると落ち着きがなくなってしまいますし、ちょうどいいのでは無いかなと思います。

またSTISportの仕様にはボルドーレッドの内装が用意されています。

こちらの内装は派手な赤というのではなく、落ち着いた品のあるワインレッドのような色になっています。

こちらもレヴォーグの大人なワゴンのイメージを崩さないいい色では無いでしょうか。

またSTISportに使用されるボルドーレッドはシートだけでなく内装全体の色々なところにアクセントとして使われているので、黒や白では単調になりがちな内装をオシャレに演出してくれるという側面もあります。

内装にこだわる方は必見なのでは無いでしょうか。

またGT-Sのグレードにはオプションとして本革シートとブルーステッチの入った内装が用意されているようです。

スバルレヴォーグの内装色の選択できる範囲は?

引用 https://minkara.carview.co.jp/

上位グレードになるとやはり装備も豪華になっていきますね。

本革シートは高級感もさることながら座りごごちも最高なので、是非とも試してみていただきたいです。

やはり長い間座るシートにはこだわったほうがいいかと思います。

シートが体に合わないと運転自体が苦痛に感じてしまうと思うのでせっかく買うならそのようなことは避けたいですよね。

スバルレヴォーグの内装を改造したい?できます!!

最後は内装の改造に関して紹介していきます。

やはり自分の車を持ったらレンタカーなどとは違いますので、自分の使い勝手のいいように改造していきたいですよね。

とはいってもかなり完成されている内装にはなるのでそのイメージを壊さないようなカスタムパーツをスバルの正規オプションパーツも担当しているSTIから紹介していきたいと思います。

まずはじめはまずはシフトノブです。

スバルレヴォーグの内装を改造したい?できます!!

引用 https://www.sti.jp/

シフトノブは運転する際に何度も触るものですし、室内のちょうど真ん中に位置するアイテムになるので変更するとかなり効果的かと思います。

STIのものはノブのところにロゴが刺繍で入っており、通常のシフトノブよりも上質感を出してくれるかと思います。

また手で触れる部分には本革が使用されているので、触りごごちと操作性のバランスを取ってくれているのでは無いでしょうか。

スバル純正のオプションパーツとして登録されているので、安心して取り付けるとができますね。

つぎはハンドルです。

スバルレヴォーグの内装を改造したい?できます!!

引用 https://www.sti.jp/

STIのハンドルにはコンプリートカーにも採用されたウルトラスエードが採用されています。

ウルトラスエードはグリップ力に重きをおいている素材で、グローブをつけた状態だけでなく、素手の時でもハンドルが滑りにくく操作性が向上するようになっています。

またウルトラスエード自体が高級な素材で触り心地もかなりいいようです。

何よりSTIが開発したパーツですので、現在のハンドルについているスイッチ類などがそのまま流用できます。

いくらいいハンドルを取り付けたとしても、基本的にはスイッチ類はなくなってしまうので、スイッチがたくさんついていて便利になってるレヴォーグのハンドルの昨日はそのままに周りの素材を変更できるというのはかなりの利点かと思います。

もちろんそれなりにお値段も張りますが、十分にそれだけの価値のあるハンドルになっているかと思います。

最後に紹介するのはエンジンスタートスイッチです。

スバルレヴォーグの内装を改造したい?できます!!

引用 https://www.sti.jp/

基本的なエンジンスタートスイッチは内装になじむような地味なデザインとなっていますが、これは違います。

真っ赤なボタンで一目見ただけで目を引くアイテムかと思います。

エンジンをかけるときにやる気にさせてくれるスイッチなのでは無いでしょうか。

キーシリンダーでエンジンをかけている時にはなかったパーツですが、ここ最近急激に伸びてきているカスタムパーツのように思います。

このように今回はレヴォーグの内装の大きさからカスタムパーツまでを紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

何かの参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ