レヴォーグ

【スバル・レヴォーグ】価格・費用は?グレードで違いはあるのか?

レヴォーグを検討しているけど、他のメーカーのワゴンと比べたらどうだろう。

ハイパワーとはよく聞くけどどうだろうと、お悩みの方々にも読んでいただければグレードの選択から乗り出し価格までおおよその費用感もお分かりいただけます。

よく見比べて、ベストなスバルレヴォーグを選びましょう!

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スバルレヴォーグの価格や値段はいくら?

スバルレヴォーグの価格や値段はいくら?引用:https://gqjapan.jp/car/review/20180518/subaru-levorg

まずは、各グレードの値段を比較してみましょう。

2.0STI    Sport EyeSight:4,050,000円

1.6STI    Sport EyeSight:3,564,000円

2.0GT-S  EyeSight:3,618,000円

1.6GT-S  EyeSight:3,078,000円

1.6GT    EyeSight S-style:2,926,800円

1.6GT    EyeSight:2,862,000円

エントリーモデルで比較

レヴォーグのエントリーモデルとしては1.6GT Eye Sightが286.2万からとなっており、最上級クラスが2.0STI Sport Eye Sightの405万となります。

価格差は118.8万円となり、選ぶ際には慎重になる必要がありそうです。

スバルレヴォーグの価格や値段はいくら?引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/32330

1.6Lのワゴン車というくくりでは他のメーカーにはありませんが、一番近しいのはトヨタのカローラフィールダーで比較してみると。

・カローラフィールダー 1.5G

  •  価格:2,296,080円
  •  駆動方式:4WD
  •  最高出力:103ps / 6,000rpm
  •  最大トルク:13.5kgf.m / 4,400rpm
  •  燃費:16km / L

・レヴォーグ 1.6GT Eye Sight

  •  価格:2,862,000円
  •  駆動方式:AWD(常時四輪駆動)
  •  最高出力:170ps / 4,800-5,600rpm
  •  最大トルク:25.5kgf.m / 1,800-4,800rpm
  •  燃費:16km / L

この2車種を比べるとおおよそ570,000円ほどの価格差があります。

ただ、この出力の違いは明らかで70psほどの出力の違いにつけてターボエンジンとEye Sightが標準装備です。

カローラフィールダーは自動ブレーキのベーシック版が付いているのみですのでこの価格の差でレヴォーグが買えるのであれば考えようによってはお買い得でしょう。

とはいえ、エントリーモデルでこの価格というのは決して易しい値段ではないのでよく考えましょう。

スバルレヴォーグの価格や値段はいくら?引用:https://www.gaisha-suv4wd.net/audi-a4-allroad-2017/

ハイエンドモデルで比較

次は最上級モデルの2.0 STI Sport Eye Sightと、マツダアテンザXD Lパッケージ、アウディ A4 all road quattroとで見比べていきましょう!

国内で販売されているモデルでは一番近しいモデルたちの中でみるとこうなります。

・マツダ アテンザワゴン XD Lパッケージ クリーンディーゼルターボ2.2L

  •  価格:4,190,400円
  •  駆動方式:4WD
  •  最高出力:190ps / 4,500rpm
  •  最大トルク:45.9kgf.m / 2,000rpm
  •  燃費:17km / L (WLTCモード)

・アウディA4 2.0L all road quattro ターボ

  •  価格:6,580,000円
  •  駆動方式:4WD
  •  最高出力:252ps / 5,000-6,000rpm
  •  最大トルク:37.7kgf.m / 1,600-4,500rpm
  •  燃費:14.6km / L (JC08モード)

・レヴォーグ 2.0STI Sport Eye Sight

  •  価格:4,050,000円
  •  駆動方式:4WD
  •  最高出力:300ps / 5,600rpm
  •  最大トルク:40.8kgf.m / 12,000-4,800rpm
  •  燃費:13.2km / L(JC08モード)

スバルレヴォーグの価格や値段はいくら?引用:https://www.webcg.net/articles/-/35402

アテンザと比べると-140,400円というお買い得感はとても魅力です!

マツダはクリーンディーゼル搭載なのでランニングコストで考えると費用は抑えられるかもしれませんね。

アウディA4とはなんと、-2,530,000円も費用が違います!唯一アウディA4だけが2.0Lターボの4WDで純粋に比べることができます。

ただ、輸入車というアドバンテージのために価格も大きく違います。

スペックもとても良いのですが、何よりアウディはそもそもドイツのラグジュアリーメーカーですので価格も当然それなりです。

このように、レヴォーグSTIのパフォーマンスを鑑みるととてもコストパフォーマンスも抜群ということがお分かりいただけるでしょう。

スバルレヴォーグの費用はどのくらいかかる?

レヴォーグを新車で購入してみたときにかかる費用はどのぐらいか。

まず国内で新車を購入した最には、車両代金の10~20%ほど必要になってきます。

どういったものがかかってくるか以下でみてみましょう!

スバルレヴォーグの費用はどのくらいかかる?

法定費用

・自動車税

排気量により毎年課税され2.0Lのクルマは39,500円ほど

・自動車取得税

自動車購入時に掛かる税金で購入代金に2~3%ほど課税。

取得価格 = ( 課税標準基準額 + 一部オプション費用 )× 残価率

オプション等々込み込みの価格に3%がかかってきます。

レヴォーグ2.0L STIをフルノーマルで購入したら121,500円が課税されます。

現状消費税との二重課税となっており2019年10月の消費増税の最に廃止される予定です。

 

・重量税

新車購入時、車検時にかかる税金。1.5t~2.0tのクルマなので25,200円かかってきます。

・自己賠償責任保険

強制保険なので必ず入らなくてはなりません。

25ヶ月で28,780円、37ヶ月で40,040円のどちらかで加入することとなります。

ただ、保障内容はとても簡素でいずれも最高で死亡保障3,000万円、障害による保障120万円、後遺障害による保障4,000万となります。

もし事故で被害者を死亡させてしまった際にはとても賄いきれませんので任意保険は必須です。

・消費税

税金などの法定費用以外のすべてに8%が課税されます。

 

これは、必ずかかってくる費用ですのでよく抑えておきましょう。

スバルレヴォーグの費用はどのくらいかかる?

登録費用

・検査登録手続き代行費用

陸運局でのナンバー取得を代行していただくための費用。

15,000〜30,000円ほどの費用がかかってきます。

・車庫証明手続き代行費用

車庫証明の取得を代行していただくための費用。

15,000〜30,000円ほどの費用がかかってきます。

簡単に警察署で取得可能ですので節約しやすい費用のひとつです。

・預かり法定費用

陸運局で登録時におおよそ2,000~4,000円、警察署で車庫証明におおよそ2,600円の各手続きに使用する印紙代として必要です。

・納車費用

納車時に自宅まで輸送してもら費用なので取りに行くなどして節約可。

・ナンバープレート料金

陸運局で交付してもらうナンバープレート自体の価格。

1,440〜1,880円ほどとなっており、希望ナンバーの取得には4,000円〜5,000円が別途必要となります。 

・自動車リサイクル料金

新車購入時に10,000〜20,000円徴収されます。

購入時のクルマを廃車する際の費用を負担する必要がありますが、途中でクルマを売却すると返却されます。

・下取り費用、査定費用

ディーラーに下取り、査定時に請求される手数料。

民間の中古車屋のほうが高いので、別途売ってから臨みましょう。      

査定で5,000円、下取り時に10,000円ほど請求されるのでほぼ無意味です。

 

お願いするものはお願いする、自分でやるものは自分でやる!メリハリをつけて臨みましょう。

スバルレヴォーグのグレードの違いは?MT車はあるの?

スバルレヴォーグのグレードの違いは?MT車はあるの?引用:https://www.apokaru.com/entry/2016/01/26/subaru-levorg/

まずはグレードによる違いをみていきましょう!

まず全車に共通していることは。。スバルの代名詞という装備です。

・全車共通

  •  エンジン:水平対向直噴ターボ”DIT”
  •  駆動方式:AWD(常時全輪駆動)
  •  安全装備:Eye Sight

また、大きくことなるのは1.6Lと2.0Lのグレードで異なるものがあります。

使用燃料、燃費、アイドリングストップ機能、トランスミッション、この4点は大きく異なってきます。

スバルレヴォーグのグレードの違いは?MT車はあるの?引用:https://b-cles.jp/car/maintenance/flat_engine.html

・1.6Lモデル

  •  使用燃料:レギュラーガソリン
  •  燃費:16km / L
  •  アイドリングストップ機能:有
  •  トランスミッション:リアトロニック

・2.0Lモデル

  •  使用燃料:ハイオク
  •  燃費:13.2km / L
  •  アイドリングストップ機能:無
  •  トランスミッション:スポーツリアトロニック

そもそもターボ車ですが1.6Lの方が比較的タウンユースに配慮したモデルといえるでしょう。

レギュラーガソリンでこのパフォーマンスが出せるのはとても魅力的ですね!

また、2.0Lのグレードは比較的走りに徹したモデルとなっており、300psは伊達じゃないですね〜!

スバルレヴォーグのグレードの違いは?MT車はあるの?引用:https://motorcars.jp/the-highest-grade-of-sti-collaboration-to-subaru-levorg-sti-sport-pre-start20160527

STIモデル

このモデルはよりスパルタンに仕上げてあります。

ビルシュタインダンパーにはじまり,切削光沢の18インチアルミホイール、アルミ鍛造フロントロアアーム、本革ボルドーカラーのシート、専用マフラーカッター…

上げたらキリが無いほどの専用装備が施されているのです。

「強靭でしなやかな走り」を達成するべくSTIが専用設計しているバーツで武装された走りは、パッと見普通のワゴン車ですが走り始めると完全にスポーツカーなのです。

質感を追求し「上質な内外装」「上質な走り心地」を実現したSTIコンプリートカーとは異なる価値のクルマなのです。

スバルレヴォーグのグレードの違いは?MT車はあるの?

また、現状のレヴォーグのトランスミッションは全てCVTリアトロニックの無段階変速機搭載です。

全グレードでマニュアルモード付きではありますが、MTのグレード自体は設定が無く今後の動向に注目ですね。

これだけスポーティなセッティングなのであっても良いとは思いますが。。。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ