比較・ランキング

【トヨタ・ルーミー】VS【ホンダ・N-BOX】はどっちが良い?

トヨタルーミーホンダN-BOXについて調べてみました。

実際のところ、価格はどのくらい違うのでしょうか?

また大きさや燃費は、どうなのでしょうか?

調査していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【トヨタ・ルーミー】VS【ホンダ・N-BOX】は価格はどっち?

引用:https://papaburo.com/

ここからは、対決形式で書いていきたいと思います。

ではトヨタ・ルーミー対ホンダ・N-BOXのメーカー対決です。

今回は、3回戦勝負でいきましょう。

①手数(グレードの種類)②一番上同士と一番下同士の価格差の安い方③ユーザーレビューの満足度

では先行、ルーミーの公式価格(税込み)から、

・【X】    2WD車  約146万 4WD車   約164万

・【X“S”】   2WD車  約153万 4WD車   約170万

・【G】    2WD車   約168万 4WD車   約186万

・【G-T】   2WD車   約180万

・【カスタムG】 2WD車   約184万 4WD車  約201万

・【カスタムG-T】 2WD車 約197万

・【G“Cozy Edition”】  2WD車 約173万 4WD車 約190万

引用:https://toyota.jp/

後攻、N-BOXの公式価格(税込み)は、

・【G】 2WD車 約139万 4WD車 約152万

・【G・L 】 2WD車 約150万 4WD車 約163万

・【特別仕様車 G・L 】 カッパーブラウンスタイル

2WD車 約169万 4WD車 約182万

・【G・L ターボ】  2WD車 約170万 4WD車 約183万

・【特別仕様車 G・L ターボ  カッパーブラウンスタイル】

2WD車 約179万 4WD車 約192万

・【G・EX】  2WD車 約160万 4WD車 約173万

・【特別仕様車 G・EX カッパーブラウンスタイル】

2WD車 約175万 4WD車 約188万

・【G・EX ターボ】  2WD車 約175万 4WD車  約188万

・【特別仕様車 G・EX ターボ  カッパーブラウンスタイル】

2WD車 約185万 4WD車 約198万

・【G・スロープ】  2WD車 約158万 4WD車 約170万

・【G・スロープL】 2WD車 約169万 4WD車 約181万

・【G・スロープL ターボ】  2WD車 約189万 4WD車 約201万

・【Custom G・L】 2WD車 約170万 4WD車 約183万

・【Custom G・L ターボ】  2WD車 約190万 4WD車 約203万

・【Custom G・EX】 2WD車 約175万 4WD車 約188万

・【G・EX ターボ】  2WD車 約195万 4WD車 約208万

・【Custom G・スロープL】 2WD車 約189万 4WD車 約201万

・【Custom G・スロープL ターボ  ※車いす専用装備 非装着車】

2WD車 約214万 4WD車 約227万

引用:https://www.honda.co.jp/

①両車とにかく手数(グレードの種類)が多いです。

ルーミーは7種類、N-BOXは、18種類のグレードがあります。

K-1の武尊選手のようなラッシュで、種類では圧倒的にN-BOXに軍配が上がりました。

引用:https://www.irasutoya.com/

②一番上の価格差勝負は、

ルーミー カスタムG 4WD車 約201万

N-BOX Custom G・スロープL ターボ ※車いす専用装備 非装着車 4WD車 約227万

約26万差でルーミー。

一番下同士では、

ルーミー X 2WD車 約146万

N-BOX G 2WD車 約139万

約7万差でN-BOX 。

ルーミーが先行するも、男子テニスの錦織選手のような粘りでN-BOXがタイに戻しました。

今回の価格差対決は引き分けです。

引用:https://chouseisan.com/

③ユーザーレビューの満足度はどうでしょうか?

まずは、ルーミーから

・【高い。トヨタ何故スペイド、ポルテの1.3L廃止したのでしょうか、出来が雲泥の差です。】

・【トヨタ店とカローラ店の競合で値引きも 満足のいくものでした。購入を考えている人は是非試乗をお勧めします。】

・【妥当な値段。最近のコンパクトカーの中でそんなに高くは感じませんね。☆4想像以上の値引きで満足なので☆5】

・【修理代の元手等でかなり安く買えました。定価だと意見が分かれると思います。

今では買って良かったと思ってます。通勤時間が楽しくなりました。

良くないところも全部含めて愛おしいです(笑)】

・【カスタムGTレーザーブルーを5000km乗って本当に「買って良かった!」

「我が家にとって安い買い物だった♪」と思ってます♪

自分は3か月間中傷まがいな情報が溢れる中でしたが我慢した甲斐がありました!】

引用:https://toyota.jp/

今度はN-BOXのレビューです。

・【当初は高いと思いましたが、今では価格相応と感じています。】

・【初めて見積もりを出してもらった時は軽自動車でこの値段か…とビックリしました!

お高い買い物でしたが、乗り心地もよくN BOXを購入して良かったと思っています。】

・【安くないのが残念、高い完成度です、残念な箇所が少ないですね。ステップワゴンやフリードからの

ダウンサイジング購入が多いのもわかる気がします。】

・【軽自動車としては高価な部類ですが、ベースグレードでもHonda SENSINGや

LEDヘッドライト(オートハイビーム付)を装備しているなど相応に充実した装備

なので不満はありません。】

・【オプションで8型純正カーナビ・ルーフスポイラー・フロントグリルを取り付け

センシング付きで210万、この車の素晴らしさを考えますと価格以上の車ですね。】

引用:https://www.honda.co.jp/

ユーザーレビューでの満足度としますと、残念ながらルーミーは賛否両論あるのが調査の感想です。

値引きには、満足されている方が多かったです。

N-BOXに関しては、値段は高いけど満足度が上回っているというのが調査の感想でした。

よって満足度対決はN-BOXの勝利とします。

①N-BOX②引き分け③N-BOXで価格対決はN-BOXの勝利でした。

ですが、ルーミーも気に入った方のレビューがとても車愛にあふれたものがありました。

引用:https://www.pakutaso.com/

【5000km乗って本当に「買って良かった!」「我が家にとって安い買い物だった♪」】

そう言ってくださるユーザーがいてくれて、メーカー冥利に尽きるのではないでしょうか。

【トヨタ・ルーミー】VS【ホンダ・N-BOX】大きさは?

引用:https://www.travelbook.co.jp/

今度は、大きさ対決です。

なんだか、カブトムシ対決みたいで書いていて楽しいです(笑)。

では、先攻のルーミーから外寸法を紹介します。

引用:https://toyota.jp/

ルーミーは、全長3700mm、幅1670mm、全高1735mm。

それでは後攻、N-BOXの入場です。

引用:https://www.honda.co.jp/

後攻、N-BOXの外寸法は、全長3395mm、全幅1475mm、全高1790mm。

全長は約30cmルーミーの方が長く、全幅はルーミーが約20cm広く、全高はN-BOXが約4cm高い。

結果、大きさ第一試合は、ルーミーに軍配が上がりました。

引用:https://publicdomainq.net/

それでは大きさの第2試合目は、室内の広さ対決です。

ルーミーもN-BOXも共に、5人乗りです。

では、先攻のルーミーから調査していきます。

室内寸法は、長さ2180mm、幅1480mm、高さ1355mmです。

引用:https://toyota.jp/

それでは後攻のN-BOXです。

室内寸法は、長さ2240mm(スロープ使用2060mm)、幅1350mm、高さ1400mmです。

引用:https://www.honda.co.jp/

今回は、2-1の判定勝利です。

両車の差は、室内長さは6cmでN-BOX、室内幅は13cmでルーミー、室内高は約5cmでN-BOX。

結果、大きさ第二試合は、N-BOXに軍配が上がりました。

全長に関してはルーミーが約30cm長いのにN-BOXの方が室内長は6cm長い!

室内幅は全幅と同じく、こぶし一個分くらいルーミーの方が広いです。

室内髙は、全高と同じくN-BOXが少し高いです。

ルーミーも高い方ですが、N-BOXの140cmというのは高いですね。

これは、ホンダの特許技術「センタータンクレイアウト」によるものです。

燃料タンクを後席から前席の下に置くことで、その分の広さを有効活用しています。

引用:https://www.honda.co.jp/

大きさ第三試合は、収納スペース対決です。

それでは調査していきましょう。

まずは先攻、ルーミーからです。

開口高1088mm、荷室長1500~1540mm(ネット調べ)、シートスライド幅240mmで勝負です。

引用:https://toyota.jp/

では後攻、N-BOXです。

開口高1205mm、荷室長1535mm、シートスライド幅190mmです。

引用:https://www.honda.co.jp/

開口高は、N-BOXが約12cmこぶし一個分くらい高いです。

荷室長は、ルーミーに公式がないのですが、ネット調べだとほぼN-BOXと引き分けのようです。

それにしても両車、荷室長が長いですね。

シートスライド幅は、ルーミーが6cm広いです。

これに関しては、他の車に比べてもルーミーは広いと思います。

この勝負は引き分けとします。

今はトヨタの子会社ですが、ダイハツのスペースの作り方もホンダに負けてませんね。

お互い収納も充実しています。

ルーミーは座席の後ろにカップホルダー付きの簡易テーブルがついている等、充実していますし、

N-BOXもインパネトレー(助手席)やフロントドアミドルポケット、コンビニフックなど

収納に関してはお互いに、いい勝負をしていると思います。

【トヨタ・ルーミー】VS【ホンダ・N-BOX】燃費はどっち?

引用:http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/

それでは、燃費対決です。

燃費対決は公式燃費JC08モードと実燃費ユーザーレビューで行います。

2WD車、4WD車、ターボで比較していきます。

それでは、先攻ルーミーの公式燃費は

・X、X“S”、G、カスタムG 2WD車 24.6km/L、4WD車 22.0km/L。

・G-T、カスタムG-T 2WD車(ターボ) 21.8km/L。

引用:https://toyota.jp/

では後攻N-BOXです。

・G、G・L、Custom G・L 、
2WD車 27.0km/L、4WD車 25.4km/L。

・G・EX、G・スロープ 、G・スロープL、Custom G・EX 、Custom G・スロープL

2WD車 27.0km/L、4WD車 24.2km/L。

・G・L ターボ 、G・EX ターボ 、G・スロープL ターボ 、CustomG・スロープL ターボ

2WD車(ターボ) 25.6km/L 4WD車(ターボ) 23.4km/L。

・Custom G・L ターボ 、 Custom G・EX ターボ

2WD車(ターボ) 25.0km/L 4WD車(ターボ) 23.0km/L。

引用:https://www.honda.co.jp/

2WD車同士では、ルーミー 24.6km/Lに対して、N-BOX 27.0km/L。

よって第一試合はN-BOX。

4WD車同士では、ルーミー 22.0km/Lに対して、N-BOX 24.2~25.4km/L。

よって第二試合もN-BOX。

ターボ(2WD)車同士では、ルーミー 21.8km/Lに対して、N-BOX 25.0~25.6km/L。

よって第三試合もN-BOX。

公式燃費対決の結果は三連勝でN-BOXに軍配が上がりました。

ちなみに、N-BOXは4WD車(ターボ)は23.0~23.4km/Lでルーミーの2WD車(ターボ)より

燃費が1.2~1.6km/L良いのです。

これは、クルマ全体の動きを燃費優先で自動制御するECONモードや

停車中、さらに停車前からエンジンをストップするアイドリングストップシステムで

パワーを追求しながら、燃費のよさも両立したホンダの勝利だと思います。

それから、車両重量が挙げられると思います。

N-BOXは0.89~1.02tと軽いのです。

この軽さも勝負の決め手の一つだと思います。

とはいえ、ルーミーも1.1tあるのに、燃費2ケタ台で健闘していると思います。

引用:https://www.honda.co.jp/

最後はユーザーレビュー対決です。

では先攻ルーミーから調査していきます。

・【渋滞無(アイドリングストップオフ)で14km/ℓくらい。】

・【1000㌔走行のなかで最高燃費は高速メインの片道80kmのお出かけ時に23.6km/ℓです。】

・【待ち乗り(チョイ乗り)ですが 8~10Km/L位でしょうか?(エアコンは常時ON)ちょっとガッカリです】

・【短距離の街乗りを繰り返しても、12~13km/Lは走っています。

信号も多く、ストップ&ゴーばかりで、しかもターボ車であることを考えれば良い数字だと思います。

やはり1000ccに重いボディで、100km前後の高速走行は燃費的にはきびしいかも。

瞬間燃費で良くても13~15km/Lくらい。

一般道で50km巡行の場合、20km/Lをしばしば超えます。

ターボだから燃費が悪いと決めつける事はなさそうです。

良くも悪くも走る道と乗り方で大きく違ってきます。】

引用:https://toyota.jp/

では、後攻N-BOXを調査していきます。

・【ハイトワゴンでは上出来の燃費、普通にリッター15以上は出る。】

・【夏場、冬場は13、14kmそれ以外は16、17km高速は20kmは行く。最高で24kmを超えたことあり。】

・【遠出ではよいですが、夏場の短距離では10キロ/kmと落ち込みが激しいです。】

・【街乗りかつターボが効きにくい2,000回転以下で走っているとかなり燃費がいいです。

カタログ値以上の燃費になることが多いかも(エアコンOFF時)。

国道や高速でそれなりに加速したり、エアコンON状態ではカタログ値にはおよばないけど、

それでも19km/L以上は走るので満足しています。】

引用:https://www.honda.co.jp/

両車いい勝負だと思いますが、調査の結果、N-BOXの良いレビューの方がやや多かったです。

今回の結果は、N-BOXの勝利とします。

ですが、ルーミーに関しては、車体重量がN-BOXより約0.1t重いのに

街乗りでのレビューで12~13km/L、ターボで50km巡行で20km/L、

高速メインの片道80kmのお出かけ時に23.6km/Lを記録したことはすごいと思います。

引用:https://missionmikke.com/

燃費は乗り方や道の形状、信号の多さでも大きく変わってくると思いますが、

これからもメーカーの方には追及していただきたいですね。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/roomy/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ