比較・ランキング

【ホンダ・N-BOX】VS【スズキ・スペーシア】はどっち!?

以前まで、軽自動車と言えばスズキ車と言われるほど人気である

ワゴンRで有名なスズキ自動車。

ホンダN-BOXスズキスペーシアは、

2018年度上半期の1位と2位の車です。

ホンダ・N-BOXスズキスペーシアの魅力はそれぞれ

どこにあるのでしょう。

価格・大きさ・燃費を比較しましたので紹介します。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

【ホンダ・N-BOX】VS【スズキ・スペーシア】価格はどっち?

https://autoc-one.jp

ホンダ・N-BOXとスズキ・スペーシアの価格を比較してみましょう。

ホンダ・N-BOXのグレード別価格

ホンダのグレード別価格をみてみましょう。

G・Honda SENSING

2WD:1,385,640円

4WD:1,516,320円

G・L Honda SENSING

2WD:1,499,040円

4WD:1,629,720円

G・EX Honda SENSING

2WD:1,596,240円

4WD:1,726,920円

G・Lダーボ Honda SENSING

2WD:1,695,600円

4WD:1,826,280円

G・EXターボ Honda SENSING

2WD:1,749,600円

4WD:1,880,280円

http://kakaku.com

スズキ・スペーシアのグレード別価格

新型スペーシア価格

ハイブリッドG

2WD:1,333,800円

4WD:1,454,760円

ハイブリッドX

2WD:1,468,800円

4WD:1,530,360円

スペーシアカスタム価格

ハイブリッドGS

2WD:1,576,800円

4WD:1,697,760円

ハイブリッドXS

2WD:1,690,200円

4WD:1,811,160円

ターボ2WD:1,787,400円

ターボ4WD:1,908,360円

https://www.webcg.net

まず注目したいのが価格です。

新型N-BOXは、約138万~188万円、

新型スペーシアは、約133万~198万円と

新型スペーシアの方が最低価格は安いですが、

価格差が広いのが特徴です。

それぞれの価格に全く異なった理由について紹介します。

ホンダ・新型N-BOXとスズキ・新型スペーシアの価格の違い

・エンジン

大きな違いは、ホンダ・N-BOXはガソリンエンジンなのに対し、スズキ・スペーシアは、

全車ハイブリッド車なことです。

スズキ・スペーシアのハイブリッド車で133万円は安いですね。

このことは、燃費のところで詳しく紹介します。

・安全性能

次に注目するところは、安全性能です。

ホンダ・N-BOXはホンダSENSINGという機能を標準装備しています。

スズキ・スペーシアは、Safety Supportを装備しています

違いをみてみましょう。

ホンダ・SENSING

・衝突軽減ブレーキ

・誤発進抑制器用

・先行車お知らせ機能

・標識認識機能

・車線維持システム

・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)

・路外逸脱抑制機能

・歩行者事故低減ステアリング

・渋滞追従機能付ACC

スズキ・Safety Support

・車線逸脱警報機能

・ふらつき警報機能

・ハイビーム自動アシスト

・標識認識機能

※全方位モニターカメラ用カメラパッケージをつけている方のみ

・先行車発進お知らせ機能

・誤発進抑制機能

・後方誤発進抑制機能

・デュアルセンサーブレーキサポート

・ヘッドアップディスプレイ

https://www.webcartop.jp

価格の差は安全性能と言っていいほど、安全機能は

ホンダ・N-BOXは力をいれています。

最近の軽自動車の傾向は、

広さ→スライドドア→安全性能

といった感じで、どの車も安全性能に力をいれています。

高齢者の誤発進事故などが多い中で、なるべく事故のない

運転を意識している人が多いからであると言われています。

スズキ・スペーシアも、ホンダ・N-BOXもどちらも

赤外線レーザー、ミリ波レーダーにより歩行者と

車両を検知して、衝突の危険が生じると警報を発する。

http://keijidousya.com/

大きな違いはエアバッグです。

スズキ・スペーシアは、緊急自動ブレーキと併せて

サイドエアバッグを装着しますが、頭部のエアバッグは

カスタムのみにしか標準装備されていません

その点、ホンダ・N-BOXでは、ほとんどのグレードにサイドエアバッグと

カーテンエアバッグを標準装備され、標準装備されていないグレードも

オプションですべての車に装備されている。

もう一つの違いは、ホンダ・N-BOXにのみ車間距離を自動制御しながら

追従走行できるアダプディグクルーズコントロール(ACC)パワーステアリング

を採用しています。一定の速度でペダルを踏まずに走行できる

疲れが軽減できる機能がついています。

価格自体は、どちらとも変わりません。

ホンダ・N-BOXは、安全性能に力をいれており、スズキ・スペーシアは、

燃費に力をいれています。

全く異なる2つのタイプので、初期費用すべてを計算すると

価格の安さだけでいくと、スズキ・スペーシアに軍配が上がります。

【ホンダ・N-BOX】VS【スズキ・スペーシア】大きさは?

https://kakakumag.com

次に大きさについて比較してみましょう。

ホンダ・N-BOXの大きさ

・全長:3,395㎜

・全幅:1,475㎜

全高:1,790㎜

室内長:2,180㎜

・室内幅:1,350㎜

・室内高:1,400㎜

・開口高:1,200㎜

・開口幅:1,055㎜

開口部地上高:480㎜

https://autoc-one.jp

スズキ・スペーシアの大きさ

・全長:3,395㎜

・全幅:1,475㎜

全高:1,785㎜

室内長:2,155㎜

・室内幅:1,345㎜

・室内高:1,410㎜

・開口高:1,150㎜

・開口幅:1,030㎜

開口部地上高:510㎜

https://carview.yahoo.co.jp

ホンダ・N-BOXとスズキ・スペーシアの大きさを紹介しました。

全長は、今のコンパクト軽自動車はほとんどの車が3,395㎜と軽自動車の

基準ギリギリまでのばしているため変わりません。

次に注目ポイントは全高です。

新型スペーシア以前のスズキ・スペーシアは、1,775㎜で、少し運転席が

低い感じがしていました。

新型スペーシアで10㎜あげたことにより、ホンダ・N-BOXとほぼ変わらず

男性でも乗りやすい高さになっています。

車に高さを求める人には、どちらももってこいの車です。

 

一番の大きな違いといっていい、室内の長さは

・N-BOX:2,180㎜

・スズキ・スペーシア:2,155㎜

この差ではないでしょうか。

ホンダ・N-BOXのセールスポイントでもある室内の長さは

長さが長いことにより、運転席・後部座先もゆったり座れます。

スズキ・スペーシアもゆったりは座れますが、比較をすると

圧倒的にホンダ・N-BOXの方が快適に座れます。

https://autoc-one.jp

もう一つのポイントが、トランクの広さです。

ホンダ・N-BOXが

・開口高:1,200㎜

・開口幅:1,055㎜

・開口部地上高:480㎜

に対して、スズキ・スペーシアは、

・開口高:1,150㎜

・開口幅:1,030㎜

・開口部地上高:510㎜

と、開口部地上高は、荷物を載せるときの高さですので、

低い方が乗せやすいのでホンダ・N-BOX。

荷物を載せれる広さ、高さに関してもホンダ・N-BOXが

広く荷物を載せることができます。

では、大きさに関してはホンダ・N-BOXは全て勝ってしまうのでしょうか。

スズキ・スペーシアは、広さを補う分細かい収納が多く確保されています。

収納の多さに関してはスズキ・スペーシアが多いです。

【ホンダ・N-BOX】VS【スズキ・スペーシア】燃費はどっち?

https://kakakumag.com

ホンダ・N-BOXとスズキ・スペーシアの燃費について紹介します。

それぞれのカタログ燃費は

ホンダ・N-BOX

・2WD:JO08 :27.0km/l

・4WD:JO08:25.4km/l

・ターボ2WD:JO08:25.6km/l

・ターボ4WD:JO08:23.4km/l

スズキ・スペーシア

・2WD:JO08 :30.0km/l

・4WD:JO08:26.2km/l

・ターボ2WD:JO08:25.6km/l

・ターボ4WD:JO08:24.0km/l

 

です。この時点で差がついていますが、実燃費をみてみましょう。

実燃費は、

ホンダ・N-BOX

10km/l~20km/l

街中:13km/l~15km/l

高速:20km/l

スズキ・スペーシア

20.0km/l~25.0km/l

街中:20.2km/l

高速:22.6km/l

 

ホンダ・N-BOXもスズキ・スペーシアも660㏄エンジンは

変わりません。

どちらもターボ車と、ターボ車を搭載しない自然吸気です。

ここまでは変わりませんが、大きな燃費の差は、

スズキ・スペーシアには、全てがマイルドハイブリッド車

であることです。

マイルドハイブリッド車は、減速時、アイドリングストップ後に

発電し、ところどころでハイブリッドの機能を発揮する車であることです。

また、重量は、

ホンダ・N-BOXが890㎏~1,030㎏

スズキ・スペーシアが850㎏~920㎏

とスズキスペーシアの方が軽量で、小回りもきく車であるといえます。

ホンダ・N-BOXとスズキ・スペーシアのターボ車に関しては

ほとんど実燃費も変わりません。

しかし、カタログ燃費・実燃費共にスズキ・スペーシアに軍配が

あがります。

【ホンダ・N-BOX】VS【スズキ・スペーシア】はどっち!?まとめ

https://autoc-one.jp

いかがでしたでしょうか。

ホンダ・N-BOXは、広さと安全性能、使い心地を重視。

スズキ・スペーシアはマイルドハイブリッド車を全車搭載することで

燃費の向上といったそれぞれで別の特徴があります。

どの部分を重視するかによってどちらを選ぶかが分かれます。

どちらも人気の軽自動車ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ