N-BOX

【ホンダ・N-BOX】安全性は?運転しやすい?自動ブレーキは?

軽自動車は、広さから、スライドドア、燃費性能から

安全性能へ普通車に匹敵する性能になっています。

軽自動車の中でもここ数年売り上げナンバーワンを

走っているホンダ・N-BOX。

2017年JNCAPの予防安全性能において、

ホンダ・N-BOXは軽自動車における

最高得点を獲得「予防安全性能評価ASV++」

しました。

新型ホンダ・N-BOXはさらに安全性能に力をいれています。

ホンダ・N-BOXの安全性能について紹介します。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

ホンダN-BOXは運転しやすい?しにくい?

https://kakaku.com

ホンダ・N-BOXの乗り心地はどうなのでしょうか。

紹介します。

ホンダ・N-BOXは、乗り心地は全体的には良いという評価が多いですが、

気になる点もあるそうです。

内装・エンジン・その他に分けて紹介します。

ホンダ・N-BOXの乗り心地(内装編)

ホンダ・N-BOXの内装での乗り心地はどうでしょうか。

・広くて乗り心地がよい、長時間でも運転しやすい

・背が低い人は背丈が高くて運転しやすい

・収納が少なく、運転手1人で乗っている際は困る

・メーターが上にあり、圧迫感がある

https://clicccar.com

ホンダ・N-BOXの内装面の一番のポイントは、

室内の幅が広く快適に過ごせるということです。

広いと、長距離の運転でも4人乗っていても疲れずに

乗ることができますので、ほとんどの人が満足しています。

高さが高い分、身長が低い人には届かない、運転しにくいという点。

身長の高い人には、軽自動車は低くて運転しにくかったが、

運転しやすくなったという2つの点があげられます。

 

次に、内装面ですが、

現在の車のメーターは、運転席メーターから、

センターメーターに移行、その後現在は、運転席メーターに

戻っている(軽自動車・普通車問わず)傾向があります。

ホンダ・N-BOXは、運転席メーターにあり、車高が高いことから

圧迫感があり背が低い人にはメーターが見づらく運転しにくいといった

声も聞かれます。

また、ホンダ・N-BOXは、他の軽自動車に比べて収納が少なく

物足りないといった声も聞かれます。

https://kakakumag.com

ホンダ・N-BOXの乗り心地(エンジン編)

ホンダ・N-BOXのエンジン面での乗り心地について紹介します。

・軽自動車の中でもパワーがある

・ecoモードにすると登坂に不満が

・エンジン音が大きい

ホンダ・N-BOXのエンジンの乗り心地に関しては、

ホンダ・-BOXの最大の欠点・長所があります。

普通車から、軽自動車に乗り換える人に特に人気のある

ホンダ・N-BOXの長所の1つは、ノーマル車でもパワーが

あることです。

 

軽自動車は、エンジンの大きさが決まっているので、

パワーは普通車に比べると威力が弱いです。

しかし、さすがホンダ車といえるように、ホンダ・N-BOXは

パワーがあります。

それと同時に、ライバル車よりもエンジン音が大きいという

短所があります。

エンジン音がどんなものか気になる人は、ぜひ試乗を

おすすめします。気になる人は気になると思います。

新型ホンダN-BOXになり少し改善されたようですが、

気になる人は、気になります。

https://news.goo.ne.jp

ホンダ・N-BOXの乗り心地(その他)

その他の乗り心地はどうでしょう。

・ハンドルが軽い

・車高が高い分、風を受けハンドルをとられやすい

といった点があげられます。

ホンダ・N-BOXはハンドルが細いので、ハンドルカバーを

つける人も多いようです。

ホンダN-BOXの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

https://car-mo.jp

ホンダ・N-BOXの安全性はどうなのか紹介します。

新型ホンダ・N-BOXで一番の魅力は、

Honda SENSING

が、標準装備されていることです。

Honda SENSINGとは、安全運転支援システムのことで、

・誤発進抑制機能

・後方誤発進抑制機能

・歩行者事故低減ステアリング

・路外逸脱抑制機能

・ACC

・LKAS

・オートハイビーム

・先行車発進お知らせ機能

・標識認識機能

のシステムがついています。

ここで一番の注目は、ACCとオートハイビームです。

ACCは、設定した車の速度内で自動で加減速し、

車の一定の車間距離を保つことです。

オートハイビームも、暗さに応じて自動でハイビームを

つけるというどちらも軽自動車初の機能です。

Honda SENSINGは、ホンダ・N-BOXのすべての車に

標準装備されています。

実際の評価を見てみましょう。

https://www.honda.co.jp

安全性能評価

・被害軽減ブレーキ(対車両):32.0点(32点満点中)

・被害軽減ブレーキ(対歩行者):22.6点(25点満点中)

・車線逸脱制御16.0点(16.0点満点中)

・後方視界情報6.0点(6.0点満点中)

ライバル車も安全性能に力を入れています。

被害軽減ブレーキの対車両に関しては、どの車も変わりません。

しかし、変わりがあるのは、被害軽減ブレーキの対歩行者に

関してです。

ライバル車は、被害軽減ブレーキの点数が20点以下の車が多く、

差があり、ホンダ・N-BOXの安全性能が優れている理由の一つです。

※自動ブレーキがあるからといってブレーキを踏まなくていい訳では

ありませんので注意しましょう。

https://www.sankei.com

自動ブレーキは、自分の運転を守るために装備されているものです。

軽自動車は、車体が普通車やドラックと衝突すると他の車より

危険性が高いです。

安全性能の中に、相手からぶつかってくる危険性にも対応しなければ

いけません。そこで注目されるのが、

・シートベルト

・サイドエアバッグ

・カーテンエアバッグ

です。ホンダ・N-BOXは、G・G/L以外のすべてのグレード、

カスタムではすべてのグレードで標準装備されています。

車に乗っている時間が長い人には安心の安全性能です。

ホンダN-BOXの横滑り防止機能の性能はいかに!?

ホンダ・N-BOXの横滑り防止機能の性能はどうでしょう。

紹介します。

https://info.drivegosearch.jp

ホンダ・N-BOXでは、VSA(車両挙動安定化制御システム)

と呼ばれている横滑り防止機能です。

メーカーによっては、ESP、ESC、DSCと呼ばれています。

VSAは、急ブレーキを踏んだ際に車輪ロックがかかる機能を

防ぐABSと、高速道路などスピードが加速した際にタイヤが

浮くことを防ぐ機能、横滑りを防ぎ、車体の安定性を保つ機能です。

 

ホンダ・N–BOXのVSAの性能はどうなのでしょうか。

雪道走行での口コミを見てみると、

・発車時に、VSAの機能をONにすると、タイヤが滑って走れない

・凹凸道では、車体がぶれず、振動も少ない

・アイスバーンのでは、ロックがかからない

といった口コミでした。

雪道の発進はVSAをオフにしていないと発進できないという

口コミが多くみられました。

ホンダ・N-BOXは、メーター付近にスイッチがついており、

そのボタンを押すとVSA機能がオフになります。

ほとんどの人がボタンを押すことはなく、雪道の発車時に

オフにしているようです。

https://221616.com

VSA機能がついていることによって、雨天時の運転、

雪道での運転が楽になったという口コミが多いです。

しかし、注意しなければならないこともあります。

VSA機能はあくまでも軽減する機能であり、

・雪道で必ず滑らない

・雨の運転でスリップを必ずしないわけではない

ということです。

雪道でもVSA機能がついているから普段通りに運転して

良いわけではありません。

あくまでもサポート機能であることを頭において

慎重な運転を心がけましょう。

【ホンダ・N-BOX】安全性は?運転しやすい?自動ブレーキは?まとめ

https://clicccar.com

ホンダ・N-BOXの乗り心地・安全性能を見てきましたが

いかがでしたでしょうか。

自動ブレーキ、誤発進抑制機能はあくまでも予防です。

使用しなくてよいのが大前提です。

軽自動車は、普通車に比べて車の大きさが小さく、軽い分

衝突した際、重傷・重体・最悪の場合、死に至ることも

少なくありません。

車に乗る際に必ず心がけることは、

安全運転をすることです。

安全性能は、車を乗る上で大切なことですが、安全性能が

ついているから安心して、危険運転をしてよいわけではなく、

安全性能がついていてもついていなくても安全運転を

心がけましょう。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ