比較・ランキング

【ホンダ・N-BOX】VS【日産・デイズルークス】はどっち!?

スーパーハイトワゴンとして人気を博しているホンダN-BOXと、日産デイズルークス

どちらも切れ味の光る表情に都会的なエクステリアが主に主婦層から支持の高い軽自動車ツートップです。

安全性能や室内の広さ、選べるグレードの幅広さは軽自動車トップクラスですが、この2台で燃費や内寸にどれほど差があるのか?

それぞれの価格・室内の広さ・燃費性能を掘り下げて見ていきましょう!

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【ホンダ・N-BOX】VS【日産・デイズルークス】は価格はどっち?

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

まずは価格から見ていきましょう。

性能や内寸の前に一番気になるのがやはり予算ですからね!

今回は2台の一番リーズナブルなグレードと、最も高いランクグレード車両の価格と標準パーツ、セレクトカラーなどの違いを紹介します。

早速、二台を見比べていきましょう。

N-BOXのグレードと価格

最もリーズナブルなグレード「N-BOX G・Honda SENSING」

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

1.385.640円(FF車両)

1.516.320円(4WD車両)

セレクトカラー:10色

標準装備

フロントライト:「プロジェクターライト」フルLEDヘッドライト

リアシート機能:チップアップ&ダイブイン、スライドリアシート

ウィンドウ:スーパーUV・IRカットパッケージ(360℃)

上位ランクグレード「N-BOX 特別仕様車 G・EX Honda SENSING カッパーブラウンスタイル」

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

1.689.120円(FF車両)

1.819.800円(4WD車両)

セレクトカラー:ツートーンカラー2色

標準装備

ドア:パワースライドドア リアシート右側ドア

フロントシート:サイドエアバッグシステム&サイドカーテンエアバッグシステム(前席及び鉱石対応)

ホイール:ホワイトスチール&ハーフホイールカッパー 14インチホイール

エクステリア:クロームメッキアウタードアハンドル装備

ステアリング:ピアノブラックカラーステアリングガーニッシュ(カッパー塗装)

インパネ:助手席インパネーションガーニッシュ カッパーメタル仕様

>デイズルークスのグレードと価格300

最もリーズナブルなグレード「日産デイズルークス グレードS」

引用:ttps://www3.nissan.co.jp/

1.317.600円(FF車両)

1.438.560円(4WD車両)

セレクトカラー:12色 ツートーン2色

標準装備

フロントライト:オートレライザー付き LEDヘッドランプ(LEDポジションランプ) + ハイビームアシスト

ドアミラー: サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)

エンジンスタート:プッシュエンジンスターター

エアコン機能;オートエアコン(タッチパネル式、作動確認機能付)

ブレーキ機能:インテリジェント エマージェンシーブレーキ

上位ランクグレード「日産デイズルークス ハイウェイスターXGパッケージ」

引用:ttps://www3.nissan.co.jp/

1.711.800円(FF車両)

1.832.760円(4WD車両)

セレクトカラー:11色 ツートーン3色

標準装備

フロントライト:オートレライザー付き LEDヘッドランプ(LEDポジションランプ) + ハイビームアシスト

ドアミラー: サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)

エンジンスタート:プッシュエンジンスターター

エアコン機能;オートエアコン(タッチパネル式、作動確認機能付)

ブレーキ機能:インテリジェント エマージェンシーブレーキ

N-BOXとデイズルークスの価格比較

以上が価格の比較になります。

価格自体には、ほとんど差がありませんね。

強いて言えば4WD仕様車はN-BOXが若干高いくらいです。

選べる色の数は日産デイズルークスに軍配があがります。

2トーンカラーが安いグレードから選べて、高位グレードになれば更に1色ツートーンが増えるので色のバリエーションが欲しい方はデイズルークスが良いでしょう。

しかしながら、標準装備に関してはN-BOXの高位グレードが大きく優れています!

ステアリングやガーニッシュなどの高級感が高まる装備もですが、一番はパワースライドですね。

デイズルークスは下のグレードも上のグレードも標準装備がさして変わらないのはちょっと痛手かなと思いました。

【ホンダ・N-BOX】VS【日産・デイズルークス】大きさは?

続いて室内の広さを徹底追及です。

同じスーパーハイトワゴンとしてどちらが室内を快適に過ごせるのか?

シートアレンジやラゲッジスペースの使用方法など気になりますよね。

外見からほとんどかわらないようにも見えますが、実際のサイズを見比べてみました。

N-BOXの内寸と荷室の広さ

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

室内の長さ:224cm

室内の高さ:140cm

荷室の横幅:112cm

低床性:地上からラゲッジスペースまでの距離、47cm

軽には珍しいチップアップ&ダイブイン機構付きスライドシートが装備されていますね。

リアシートを倒さなくても、前にスライドさせることでラゲッジスペースをたっぷり確保できる!

その上シートをダイブインさせればフルフラットモードも可能で大きな荷物も収納が可能です。

シートを最後尾まで寄せて後部座席をチップアップさせれば、オープンにした状態のベビーカーをまるまる収納できるほど広い空間が広がります。

デイズルークスの内寸と荷室の広さ

引用:ttps://www3.nissan.co.jp/

室内の長さ:224cm

室内の高さ:140cm

荷室の横幅:109cm

荷室の開口高:109cm

フルフラットでのラゲッジルーム長:132cm

低床性:地上からラゲッジスペースまでの距離、60cm

後部座席ロングスライド!軽自動車トップクラスを誇る、後部座席の広さです。

前席とリアシートを最大まで話せば、距離26cmの空間を活かして室内を快適に過ごせます。

天井も高いので、お子様のお着替えなどもすらすらできちゃうでしょう。

N-BOXとデイズルークスの大きさ比較

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

今回は室内の広さ大きさでしたが、結果は数字を見てもらった通りです。

全体的にN-BOXが少しだけ広い設定でしょう。

しかし、最も差があると感じたのは実は地上高です!

13cmの差ですがこれで結構変わるんですよね、特に女性が自転車等を積み込むときは大きく負担が変わります。

ホンダN-BOXにはチップアップ機能が付いているので、利用シーンも更に多いでしょう。

大荷物を頻繁に積み下ろしすることを考えればN-BOXが便利かなと思いました。

【ホンダ・N-BOX】VS【日産・デイズルークス】燃費はどっち?

引用:ttps://www3.nissan.co.jp/

最後に燃費性能を掘り下げます。

旧モデル時代から燃費性能に難があった日産デイズルークスですが、現在のパワーが気になりますよね?

スポーツカーの技術でエンジン技術を培ってきたN-BOXとどのような差があるのか、見ていきましょう!

N-BOXの燃費性能と走行性能は?

燃費性能:JC08モード 27.0km/L

実走:市街地モードで17km/L・高速道路で22km/L

平均的に17km/Lの燃費を下回ることなく走行できます。

自動で車を低燃費モードにするECONスイッチで、エアコンやエンジンの働きをオートで制御してくれるので、常にスイッチを入れれば更に燃費性能を期待できるでしょう。

メーター部分はアンビエントメーター仕様で、現在の運転の仕方がエコドライブかそうでないかをモニターの色で教えてくれる機能がついています。

i-VTECエンジン搭載で、エコな燃費かつ伸びやかな走行が楽しめます。

加速や高速運転でもパワフルな走りを実現させるホンダが誇るエンジンです。

ハイブリッドでもないのにこの燃費性能、やはりホンダは強い!

デイズルークスの燃費性能は?

燃費性能:JC08モード 22.0km/L

実走:市街地モードで12km/L・高速道路で15km/L

平均的に12か13km/Lの燃費ですが、渋滞時は11km/Lを下回ることもあるそうです。

クルーズコントロール機能もついており、高速走行時に自動で加速してくれます。

速度は時速40~100kmの範囲で一定の速度を保つ機能です。

アクセルペダルから足を離せてスイッチ一つでこの機能をONにできるので、長距離運転などで疲れたドライバーの負担を軽くしてくれる優秀な機能!

N-BOXとデイズルークスの燃費性能、走行性能比較

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

室内に続き、燃費性能もN-BOXが圧倒的でした。

やはり馬力が違いますね。

ユーザーの声では、まだデイズルークスにはエンジンに改良の余地があるとの意見が多かったのが悔やまれます。

しかしながらデイズルークスは先進機能をいかしたものも多く、クルーズコントロールが付いているのが大きいポイントでしょう。

荷室の大きさも軽自動車トップクラスで或ることには変わりありません!

加えて日産の安全機能も搭載されているので、やはりシティドライブでの活用性は高いと見えます。

どちらも優れた2台でした。

荷室の広さに機能面で言えば、主婦層が使うには十分すぎるほどスペックです。

エンジン機能の技術で言えば、ホンダN-BOXは高速走行や燃費性能にも高い能力を発揮します。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ